「醤油」にまつわる記事

【TKGのベスト醤油決定戦】紀ノ国屋で「不動の人気」だという『トリュフ醤油』 VS たまごかけごはん研究所が「世界で一番合う」と豪語する公式醤油

卵かけご飯(TKG)にもっとも合う醤油は何なのか? TKGを愛する者ならば、1度は考えたことがあるだろう。その問いに対して、TKGの権威とも言える組織が1つの答えを出していることをご存知だろうか。

答えとは、以前の記事でも紹介した「日本たまごかけごはん研究所の公式醤油」である。こちらの醤油は、同研究所が「たまごかけごはんに世界で一番合う」というウリ文句で販売しているものだ。

というわけで、それがTKGのベスト醤油に決定! ……といきたいところだが、世の中に醤油は数え切れないほどある。TKGに合うと言われている醤油だけでも、何種類もある。それらの中で「日本たまごかけごはん研究所の公式醤油」が本当にベストと言えるのか?

続きを全部読む

不気味な謎の漬物『魔界のオリーブ』を味わってみた / そして「魔界」の意味を思い知った

先日、何とはなしにネットを眺めていたところ、とんでもなく不気味な名前の食べ物を発見してしまった。衝撃的だったので読者の方々と共有したい。福島県にある漬物屋「香(こう)の蔵」から2020年6月17日に新発売されたその食べ物の名は、「魔界のオリーブ」という。

「オリーブ」はわかるが、「魔界」とは何なのか。危うさがすごい。口に含んだ瞬間、全身から紫色の液体を吹き出しながら卒倒しそうである。しかしそんな食べ物が平気で売られているはずもない。正体を確かめるべく、実物を入手してみることにした。

続きを全部読む

ロケットニュース24記者がオススメする調味料11選

新型コロナ対策で自宅にいる時間が増えた人は、たくさんいるだろう。そしてそれに伴い、自宅での料理にいつも以上に力を入れてる人も少なくないはず。

そんな料理熱が高まっている人におすすめしたいのが調味料選び。ふだん何気なく使っている調味料をこだわるだけで、家の味が劇的に美味しくなることだってある。

そこでロケットニュース24記者が愛用しているオススメ調味料を選んでみたので、ぜひ参考にしてみてほしい。あなたの毎日を変える “スーパー調味料” ときっと出会えるはずだ。

続きを全部読む

松屋カチャトーラにベトナム醤油『チンスー・トイオッ』を入れたらコクが増して激ウマに! 勢い余って紙皿ごと食べてしまうレベル!!

なんかひと味足りないんだよな。松屋のカチャトーラについてそう思ってしまうのは、シュクメルリを知っているからかもしれない。ウマイんだけど、シュクメルリやオリジナルカレーほどの衝撃がないのだ。剣道で言うと、踏み込みが足りずに一本が取れてない感じ

そこで、魔法の醤油『トイオッ』をかけてみることにした。上限レベルのシュクメルリすらも限界突破させたこの醤油なら、カチャトーラも踏み込めるかもしれない。

続きを全部読む

【魔法の醤油】ベトナムなら知らない人はいない国民的ヒット醤油「チンスー・トイオッ」が凄い! かけるだけで豆腐さえ激ウマに!!

日本人にとって最も馴染み深い調味料の1つである醤油。寿司や刺身につけるのはもちろん、そばや煮物にも大活躍、とにかく和食は醤油なしでは成り立たない。

そんな醤油はベトナムで独自の進化を遂げているようである。ベトナムなら知らない人はいないソースブランド『チンスー』の、国民的ヒット醤油「TOI&OT(トイオッ)」が凄いのだ。

続きを全部読む

【衝撃】もはや日本ではない「アメ横センタービル地下食品街」で “謎の醤油らしきブツ” を発見 → 刺身につけて食べてみた結果

まるでアジアの市場のような雰囲気が漂う上野アメ横。中でも圧倒的に日本ではない空気感に支配されているのが「アメ横センタービル地下食品街」だ。入り口の階段を降りるとそこは別世界。豚の頭や鴨や亀が食材として丸々置いていたりする。

そんなアメ横地下食品街で、“謎の醤油らしきブツ” が売られていた。英語や漢字ではない謎の文字列とアジアのボンボン的な子供のイラストが描かれたパッケージ。500mlのペットボトルで中身はサラサラの黒い液体だ。これもう買うしかないだろ。刺身にかけるしかないだろ

続きを全部読む

カネヨ『パンケーキにかける醤油』を食べてみた! 醤油のチカラってすごい! スイーツにかけたら100円の商品が4倍増しの味になった

日本人の醤油好きは異常。外国人の目には「何でも醤油味にしたがるよね、そして“刺身用”とか“卵かけご飯用”とか細分化までして、どんだけ醤油好きなのよって思う(笑)」と映るらしい。

変わり種の醤油はさまざまだが、先日、『パンケーキにかける醤油』なるものを発見! 醤油好き民族としては、気にならないわけがない。実際に購入してみた。

続きを全部読む

【知ってた?】安い醤油でも、「燻製」すれば高級感ある激ウマ醤油に生まれ変わる!

近頃「燻(くん)製ブーム」がじわじわ来ていると思う。東急ハンズや100円ショップなどでも、燻製のグッズが置いてあったり、SNS上でも自宅で燻製を作っている投稿をよく見かける。

私自身もキャンプがきっかけで燻製にはまり、家でも時々作ったりする。肉類やチーズ、卵などを燻製にすることが多いのだが、最近面白い情報を耳にした。それは「醤油を燻製にすると美味い」というもの。どういうことか気になったので、作ってみることにした!

続きを全部読む

【混乱】パッと見はしょう油、飲むとオレンジジュースの『なんちゃってオレンジ』が復活してるぞ~! ちゃんと飲むことができるヤツだから安心してくれよな!!

どこぞの名探偵ではないが、見た目と中身が違うなんてことはよくある話だ。ある日のこと、喉がかわいた記者はなにか飲むものを買おうと、自動販売機に小銭を投入。そこでふと、違和感を覚えた。

よくよく見るとドリンク専用自販機にかかわらず、明らかに醤油ボトル風の『なんちゃってオレンジ』という商品が並んでいたのだ。「なんちゃって♪」と可愛く言ってもダメ。おそらくオレンジジュースなのだろうが、このビジュアルは全く信用できない。となれば、実際に飲んでみるしかない……!! 

続きを全部読む

【コラム】馬刺しを「甘口醤油」で食べないのは人生損してる

いきなり&私事で恐縮なのだが、福岡県出身の記者は先日カルチャーショックを受けてしまった。場所は都内の某居酒屋。なぜそんなところでと思われるだろうが、受けたものは受けたのである。はぁ、ショック……。

原因となったのは馬刺し。同じ日本に住んでいながら地元とまったく違う食べ方をすることに気づき、当たり前だと思っていたのが当たり前じゃないと三十路を過ぎてから学ぶことになった。まさかまさかのそのまさか、馬刺しって甘口醤油で食べるものじゃないの!?

続きを全部読む

【第16回】グルメライター格付けチェック『しょう油』編 !「特選最高級しょう油」vs「コンビニのしょう油」

食通かどうかは別にして、食にこだわる人に「調味料だけはいいものを使った方がイイよ」と言われたことはないだろうか? いわく、料理の決め手となる調味料は味に大差があり、調味料さえ良ければ料理も美味しくなるというのだ。

ことの真偽はさておき、今回の『グルメライター格付けチェック』は、初となる調味料「しょう油」でライター達の味覚をチェックした。結論からいうと、答えが真っ二つに分かれる大混戦となったのだ……!

続きを全部読む

【天才かよ】醤油の代わりにイクラをかける「生ハムDEお寿司」がウマすぎて震えた

グルメの宝庫、北海道。人気の料理を挙げれば、ラーメン・スープカレー・海鮮・豚丼・ジンギスカン……などなど、どれもウマそうなものばかりだが、今回は道産子の筆者がそれらに勝るとも劣らない北海道の激ウマ弁当をご紹介したい。

その弁当の名前は、「生ハムDEお寿司」である。主に新千歳空港内で販売されている “空弁” であり、最近ネットユーザーの間でもウマいと評判の商品だ。

続きを全部読む

【北海道ラーメン探訪】化学調味料・ラード不使用なのに濃厚で旨味たっぷり! 札幌市「麺屋 ふくじゅ」の魚介醤油ラーメンが激ウマい!!

ここ最近、「無化調ラーメン」という言葉をよく見かけるようになった。ご存知の通り “化学調味料不使用のラーメン” という意味だが、中には、味が薄すぎてぼやけてしまっていたり、逆に塩分が強すぎたりと、“ウマい” とは言い難いラーメンが存在するのも確かだ。

第27回目となる今回の「北海道ラーメン探訪」は札幌市にある、激ウマ無化調ラーメンが食べられる『麺屋 ふくじゅ』をご紹介したい。無化調味料とラード不使用でありながら、濃厚で旨味たっぷりのラーメンが評判の店だ。それではレポートしていこう。

続きを全部読む

42.987223141.447195

【最強レシピ】 超簡単『焼きおでん』が劇的にウマい! バターの染み込んだ大根は超絶品!!

凍えるような寒さが続いている日本列島。暖房のきいた部屋から出るのも厳しい季節だが、この時期 格別に美味しいのが「おでん」である。そのまま食べてももちろん美味しいが、最近ではコンビニのおでんもハイレベルなことは、ご存知の人も多いだろう。

そんな冬の味覚・おでんを、一味違う激ウマ料理にするレシピが存在する。それが『焼きおでん』だ。調理方法はこの上なく簡単だから、絶対にみんな試すべし!

続きを全部読む

【実験】オレンジジュースすら透明に出来る浄水器『クリンスイ』で醤油をろ過したらどうなるのか?

水道水をそのまま飲む家庭は、最近は少ないのではないか。ミネラルウォーターをまとめ買いしたりと、飲み水にお金をかけるのが普通になった。浄水器もその選択肢の1つだが、今回の主役は、『クリンスイ』というポット型の浄水器だ。

『クリンスイ』は、なんでも雑菌やトリハロメタンなど15物質を除去出来るのだという。つまり、水をめっちゃキレイにろ過してくれるのだ。そのろ過能力は、オレンジジュースすら透明にしてしまうほどらしい。すげー! じゃあ醤油は? 醤油も透明になるの? 思いついてしまったので実験してみた。

続きを全部読む

【キュン死】崎陽軒の  “ひょうちゃん”  特大サイズの「しょう油さし」にヒトメボレ!!  可愛ェエ姿に癒やされようぜ!

シウマイ弁当でお馴染みの崎陽軒(きようけん)。その公式キャラクターといえば、“しょう油差し” の「ひょうちゃん」だ。白い陶器でできたアレ、皆さんもご存知ではないだろうか? その「ひょうちゃん」の特大サイズを発見してしまったのでご報告したい。

筆者は店頭でその愛くるしい姿を見つけた瞬間、恋に落ちてしまった……一目惚れである!! きっと皆さんも「なにこれ、可愛ィィイイイ」と、即買いレベルの恋に落ちること間違いないハズだッ!

続きを全部読む

プリン醤油が発売されるよりも前にすでに「ヨーグルトにかける醤油」が販売されていた件

以前の記事で、九州の醤油醸造元がプリンにかける専用醤油を開発したことをお伝えした。この醸造元「ごとう醤油」は大正2年(1913年)創業の老舗醸造元であり、「プリンに醤油をかけるとウニの味がする」という都市伝説を実証するために、専用醤油を作り上げたそうである。

そんななか、実はすでにヨーグルト専用醤油が販売されていることが判明した。こちらは岩手県花巻市の「佐々長醸造株式会社」が手がけたものである。ヨーグルトにかけると一体どんな味がするのだろうか? そしてプリンにかけたらどうなるのか、確かめてみたぞ!

続きを全部読む

プリン醤油だと!? 創業大正2年の老舗醤油醸造元が本気を出して専用の醤油を作ったぞ~

私はプリンが好きだ、プリンを愛している。もしもスイーツに生まれ変わるなら、必ずやプリンになりたいとさえ思っているほどプリンが好きだ。そんな私のプリン人生に革命が起きそうな予感がしている。

続きを全部読む

ローソンの『ゲンコツコロッケ』に醤油をかけて食べると激ウマ / 肉じゃがの風味が口のなかに広がってOCです

北海道産の北あかりという品種のじゃがいもを使用した『ゲンコツコロッケ』が、2014年6月3日からローソンで販売スタートした。

記者(私)も発売日に食べてみたのだが、普通のコロッケの倍ぐらいの大きさで食べ応えもあり、なかなかウマい! 以前発売して話題となった『ゲンコツメンチ』にタメをはれるウマさだ。

続きを全部読む

【衝撃】スノボ用品メーカーの「Burton」が醤油を作っていた! 大間の本マグロを使用した本格的な商品と判明

2014年2月7日から、いよいよソチ冬季オリンピックが開幕する。余すところあと数日、選手たちは気合いを入れているに違いないだろう。

日本からも多くの選手が参加するのだが、スノーボード用品メーカーの「バートン」(Burton)が、スノボ日本代表を激励するために、ちょっと変わった品物を用意したそうだ。その物とは、なんと醤油である! バートンの醤油ってマジかよッ!? そんなものあるのか、と思ったら本当にあった(笑)。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2