「福岡県」にまつわる記事

とんこつラーメン界の前田敦子! 九州ラーメン総選挙で1位を獲得した『暖暮』に行ってみた

総選挙1位。これはどんなジャンルであったとしても、並大抵のことではない。世間の「総選挙」といえばAKB48だが、その1位は有名中の有名人。その知名度からしても、絶対的な人気がなければ獲得できないことはわかる。

ところ変わって九州だと、ラーメンの1位を決める大会のひとつに「九州ラーメン総選挙」なるものがある。そして今回ご紹介するのが、過去にその1位を受賞した『暖暮(だんぼ)』。言ってみれば、ここはとんこつラーメン界の前田敦子である!

続きを全部読む

博多華丸さんもオススメ! とんこつラーメン『Shin Shin』は福岡県を訪れたら絶対に行くべき激ウマ店

今でこそ、全国各地で食べることができるようになった「とんこつラーメン」。しかし、全国区のお店が絶対的にウマいかと言われたら、必ずしもそうではない。発祥の地・福岡県にしかないラーメン店でも、激ウマ店舗は存在するものだ。

例えば今回ご紹介する『Shin Shin(しんしん)』もそのひとつ。知る人ぞ知る有名店だが、県外だと初めて聞く人も少なくないだろう。ココはラーメンランキングの上位に食い込んでくるところで、博多華丸さんのオススメとしても知られているお店である。

続きを全部読む

【スラムダンク豆知識】天才シューター「三井寿」の名前の由来は日本酒だった!?

1990年から週刊少年ジャンプで連載が始まり、空前のバスケブームを巻き起こした漫画『スラムダンク』。当時のチビッコたちはこの漫画を読み、バスケ部の門を叩いたものである。

そんなスラムダンクといえば個性的なキャラクターが魅力のひとつで、その中でも人気なのが三井寿だ。ミッチー、みっちゃんの愛称で親しまれる人物だが、彼の名前は日本酒が由来という説があることをご存知だろうか。

続きを全部読む

袋ラーメン『うまかっちゃん』のつけ麺verがウマいらしいので実際に食べてみた → 想像以上にイケまくりで昇天

世の中には数え切れないほどインスタント食品が出回っているが、最強の袋ラーメンといえば『うまかっちゃん』である。もし九州出身者であれば十中八九……いや、十中十中がそう答えることだろう。

みなさんは、そんな九州で不動の人気を誇る『うまかっちゃん』につけ麺verがあるのをご存知だろうか。九州、沖縄、山口での発売とのことなので、存在すら知らない人もいるかもだが、これがなかなかウマいらしい。ということで、実際に食べてみた!

続きを全部読む

福岡県で安心して「ウマいとんこつラーメン」を食べたいならココ! 濃厚ながらアッサリしている『雷蔵ラーメン』が猛烈オススメ!!

とんこつラーメンの発祥の地である福岡県には、星の数ほどラーメン店が存在する。それだけに、観光で訪れたならば「せっかくだからおいしいラーメンを食べたい」という人も多いだろう。

だが、胸が高鳴るものの、どこが本当においしいのかわからない人もいるハズ……。そこで今回は、自信を持ってオススメできる『雷蔵ラーメン』をご紹介したい。なにせココのラーメンは絶品。福岡県出身の私(筆者)が、これまで食べてきたとんこつラーメンの中でもトップクラスにウマいと思った店なのだ。

続きを全部読む

【ウマすぎ注意】100万個売れている「めんツナかんかん」は中毒者続出も納得できるほどの神商品だった

「知らぬが仏」という言葉が存在するように、世の中には知らない方がいいこともある。しかし、一方で知らないと損してしまうことも少なくない。例えば今回ご紹介する「めんツナかんかん」という缶詰がそれに当たる。

この缶詰は日本初の明太子メーカー「ふくや」が発売している商品で、発売開始から1年で100万個も売れ、中毒になる人が続出している。そう、知らぬは一生の損と言っても過言ではないほど激ウマなのだ!

続きを全部読む

器からはみ出るメガサイズのごぼう天が超圧巻! 東京進出も果たした行列必至の人気店・福岡県『大地のうどん』

福岡県の名物といえば、もちろん「とんこつラーメン」だ。一蘭や博多一風堂、さらには長浜など、全国各地にチェーン展開する店も多く、その存在は誰もが知るところ。100人いたら、半数以上は「福岡名物=とんこつラーメン」と答えることだろう。

では、それ以外の人は何を名物と答えるのか。明太子、もつ鍋などもあり得るが、ズバリ「うどん」だ。そしてその中でも強烈なインパクトを兼ね備えているのが、今回ご紹介する『大地のうどん』である。

続きを全部読む

【全画面推奨】再生回数が100万回を突破! 太宰府天満宮の4K動画が息を呑むほど美しい

福岡県太宰府市は、全国区で知名度が高い。894年に遣唐使を廃止した菅原道真が、太宰府天満宮に祀られているのはご存知の通り。「学問・至誠・厄除けの神様」としても有名なため、この神社には年間約700万人もの参拝者が訪れる。……となると、もはや知らない人はいないレベルであろう。

今では世界からの観光客も珍しくない太宰府市だが、その裏には隠れた努力があったようだ。というのも、つい先日同市が制作した再生数100万回オーバーの動画を覗いてみたところ……これが想像を上回る美しさで、新たな試みを感じるものだったからである!

続きを全部読む

【福岡グルメ】創業50年の老舗『大龍』はラーメン好きであれば絶対に通るべき道

突然だが、皆さんはとんこつラーメンの発祥地と聞いてどこを思い浮かべるだろうか。おそらくは福岡県、博多、長浜など。福岡県と想像した人は間違えていないが、正解は久留米市だ。ちなみにその始まりは、昭和12年(1937年)とも言われている。

そんな久留米市のラーメンの中でも、現地で知らない人はいない店に『大龍ラーメン』がある。今回は、昭和41年(1966年)創業と長い歴史を持つ一杯……ラーメン好きであれば絶対に通るべき道である同店をご紹介したい。

続きを全部読む

買って間違いが起きない福岡空港のお土産ベスト5

気を使わなくても大丈夫! 全然全然!! ……と言いつつも、心の奥底で期待している。それがお土産である。しかし、もらうと嬉しい一方で、渡す側になると何を買えばいいのかわからないのもお土産というもの。迷っているうちに時間がなくなり、適当に選んで痛い目を見た人もいることだろう。

そこで今回は、数あるお土産の中から九州の玄関「福岡空港」のオススメ商品をピックアップ! 胸を張ってオススメできるものをランキング形式でまとめたのでご紹介したい。題して「買って間違いが起きない福岡空港のお土産ベスト5」だ!

続きを全部読む

福岡県にある幻のグルメ「どきどきうどん」が超美味! クッキングパパに登場した『今浪うどん』で天国を見た

福岡県には「幻のグルメ」と言われる「どきどきうどん」が存在する。聞いたところによると、いろんな意味でドキドキする一品だそうだ。知っている人もそれなりにいるかもだが、初耳の人も多いことだろう。

そこで今回は、そんな「どきどきうどん」の中でも超有名店の『今浪うどん』をご紹介したい。はたして「どきどきうどん」とは、どんな食べ物だったのか。そしていろんな意味でドキドキするとは何なのか。その理由は次の通りだ!

続きを全部読む

【豆知識】なぜ九州地方では煎餅を「せんぺい」と呼ぶのか

福岡県出身者であれば絶対に知っているのが、東雲堂の「にわかせんぺい」。ケンカをした時の仲直りは、今も昔もこれ一択。母親が小太りの少年に「にわかせんぺい」を持たせ、そこから「ごめ〜ん」と謝りに行かせる CM は定番中の定番だ。

お土産としても人気の商品だが、その一方で「せんぺい」と呼ぶことに疑問を感じている人もいることだろう。普通なら「せんべい」と濁るところをトレンディエンジェルの斎藤さんのように「ペッ」とは、一体どういうことなのか。東雲堂に問い合わせてみたところ、その理由を教えてくれたぞ!

続きを全部読む

「ド」がつくほどの濃厚とんこつは唯一無二! 福岡市博多区『魁龍ラーメン』は有名人も足繁く通う中毒店

とんこつラーメンの超激戦区・福岡県には、数え切れないほどのお店がある。だが、すべてが似ているかといえばそうでなく、それぞれが独自の色を出しており、プライドを持って営業している。つまりはどこもプロだ。

そしてとんこつラーメンには、大きく分けて博多、長浜、久留米とあるのだが、トップクラスにヤバいとんこつなのが、久留米発祥の『魁龍ラーメン』。ここは虜(とりこ)になるお客さんが後を絶たない中毒店である。

続きを全部読む

【東京進出】5万本の「うまい棒」に囲まれたバーが新宿歌舞伎町に出店! 飲食業界に革命を起こす『スナックうまい棒』

1979年7月の発売以来、国民的スナック菓子として愛されている「うまい棒」。1本10円とその安さはもちろん、数多い “味” も魅力のひとつだ。もはや存在を知らない人はおらず、「うまい棒はこんなお菓子だよ」なんて説明するまでもないだろう。

コンビニをはじめ、どこにでも置いてある身近な存在の「うまい棒」だが、そのポテンシャルを最大限に引き出しているバーをご存知だろうか。その名も『スナックうまい棒』。この店は福岡県北九州市にあり、東京進出を控える飲食業界の新風だ。

続きを全部読む

とんこつの本場で食べる『塩ラーメン』が美味!「福岡=とんこつ」の方程式が崩れるくらいヤバかった

福岡県のラーメンといえば、もちろん「とんこつ」である。100人いたら、おそらく全員が口を揃えてそう言うことだろう。しかし、そんな思考回路も今日まで。なぜなら今、とんこつ王国で展開されている激ウマの塩ラーメンの存在を知るからだ。

その味を知ると、「とんこつ=福岡」という方程式が崩れてしまう人も続出することだろう。これから福岡でオススメのラーメンを聞かれたら「らぁめんシフク」と答える王国民も出てくるに違いない。

続きを全部読む

ラーメンに咲いた大輪のチャーシューはもはや芸術! 麺が見えないド迫力は一見の価値あり / 北九州『ラーメン力』

近年、デカ盛りがブームとなっており、飲食業界では「メタボリック上等」のメニューが多く存在する。それと同様、ラーメン界も「二郎」をはじめ、「大」など、麺が見えない状態でラーメンが姿を表すことも今となっては珍しくない。

そんな中、福岡県北九州市の八幡東区には器をチャーシューで覆うラーメン店があるという。店名は『ラーメン力(りき)』。実際に行ってみたところ……そのド迫力に圧倒されてしまった。

続きを全部読む

「猫の島」で出会った自由気ままなニャンコの写真20連発

つい先日、福岡県には「猫の島」と呼ばれる離島「藍島(あいのしま)」があることをお伝えした。右も左も猫づくしでヘブン度MAX。猫好きにとってはまさに「天国」のような場所であった。

しかしながら、場所が場所だけに遠くて簡単には行けない……という人もいるだろう。ということで今回は、「猫の島」のニャンコがどんな感じだったのか、撮影した写真を厳選してドドンと大放出! 怒涛の20連発でお届けしたい。

続きを全部読む

右も左も猫づくし! 福岡県には「猫の島」と呼ばれる猫天国が存在する

九州と本州を隔てる関門海峡の北西に「藍島(あいのしま)」という離島が存在するのをご存知だろうか。通称「猫の島」。猫好きの人からしたら「天国」のような場所である。

今や観光地となっている「藍島」だが、行ったことがなく、どれほどの天国かわからない人も数多いに違いない。そこで! 実際に足を運んでみて、そのヘブン度を確認してきたぞ!

続きを全部読む

【期間限定】人生で一度は見るべきと噂の絶景『河内藤園』に行ってみた / 福岡県北九州市

一度でいいから見てみたい。落語家の桂歌丸師匠であれば続く言葉は「女房がヘソクリ隠すとこ」だが、誰しも見たいと思うのは心が洗われるほどの絶景だろう。もしそれが世界が認める景色なら、なおさら見ておきたいものである。

そんな自然の美しさを堪能できるスポットが、福岡県北九州市に存在するのをご存知だろうか。その名も『河内藤園(かわちふじえん)』。アメリカCNNが「日本の最も美しい場所31選」に選出したのが、この名スポットだ。

続きを全部読む

超こってりなのに後味サッパリ! 昭和50年開業の老舗『太宰府八ちゃんラーメン』は人生で一度は味わうべき不思議な絶品

福岡県の中で有名な地区のひとつに太宰府市が挙げられる。ここには、菅原道真が祀ってある神社「太宰府天満宮」があるため、それもそのはず。全国各地から年間700万人もの参拝者が訪れるというのだから、知らない人はいないだろう。

そして太宰府市といえば、その近隣にある「九州国立博物館」や名物「梅ヶ枝餅」も観光のひとつとして人気が高いのだが……忘れてはいけないのが、根強いファンが多くいる名店「太宰府八ちゃんラーメン」である。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 5
  4. 6
  5. 7
  6. 8
  7. 9
  8. 10
  9. 11
  10. 12