「ジャンプ」にまつわる記事

【朗報】『るろうに剣心・北海道編』が連載開始でござるゥゥゥウウウ! 今度こそ “あのキャラ” の活躍は見られるのか!?

この日を待っていた……。本当に待ちわたぞ……。『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』、連載再開キターーーーーーッ! うおおおおお薫殿ォォォォオオオオ!!

2017年11月、作者の和月伸宏さんが児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検されたことを受け、『るろうに剣心』は連載を休止していた。しかし、集英社は本日2018年4月23日、『るろうに剣心』 の連載を6月4日発売のジャンプスクエア7月号から再開すると発表したのだ!

続きを全部読む

全部わかったら少年ジャンプ博士! ほとんどの人が知らない「週刊少年ジャンプの隠れ名作」11選

50周年を迎えて盛り上がりを見せる週刊少年ジャンプ。「ジャンプ図書館」や「ユニクロコラボTシャツ」など様々なイベントが開催されており、現役の読者はもちろんのこと、かつてジャンプに夢中になった人たちをも熱い気持ちにさせている。だがしかし……。

少年ジャンプにはそんな節目の年を迎えてもほとんど光が当たらない「隠れ名作漫画」が存在する。果たしてあなたはいくつのタイトルをご存じだろうか? ドラゴンボールやワンピースもいいが、たまには彼らのことも思い出してあげてください……!

続きを全部読む

【あるある】実写映画『るろうに剣心 伝説の最期編』を見た原作ファンがつい思ってしまうこと45連発!

漫画の実写映画の中でも屈指の完成度を誇る『るろうに剣心』シリーズ。佐藤健さん、藤原竜也さんなど豪華な俳優陣が見せるガチなアクション&殺陣シーンは必見だ! 先週放送された『京都大火編』も大きな話題を呼んだでござるよ。

そして本日2018年4月6日、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にて3部作の完結編『るろうに剣心 伝説の最期編』が放送されるぞ。前回に引き続き、原作ファンが映画を見た時につい思ってしまうことを「あるある形式」でご紹介するでござる! もちろん時系列通りに書いてあるので、テレビを見ながら読むでござるよー!!

続きを全部読む

【あるある】実写映画『るろうに剣心 京都大火編』を見た原作ファンがつい思ってしまうこと45連発!

何かと酷評されがちな漫画の実写映画。配役が合ってないとか、ストーリー省略しすぎとか、大体ボロカスに叩かれてしまうものだ。そんな中、稀有(けう)な成功例としてよく名前が挙がるのが、佐藤健さん主演の『るろうに剣心』シリーズでござる。実は拙者(あひるねこ)、原作の大ファンなのでござるよ。

ちょうど本日2018年3月30日は、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にて第2部にあたる『京都大火編』が放送されるとのこと。そこで、原作ファンが映画を見た時につい思ってしまうことを「あるある形式」でご紹介するでござる! 時系列通りに書いてあるので、テレビを見ながら読んで欲しいでござるよ。

続きを全部読む

【PTA上等】週刊少年ジャンプのラブコメ漫画『ゆらぎ荘の幽奈さん』、1話に79個のお胸が描かれる

週刊少年ジャンプと言えば、友情・努力・勝利の3本柱。看板作品は、いつの時代もこの3つをテーマにしたものが多い。一方で、あまり口に出しては言えないが、密かに少年たちの熱い視線を集めるのが、たまに彗星のように登場するラブコメ作品だ

『電影少女』『I’s』『To LOVEる -とらぶる-』など、脈々と受け継がれる「PTA上等」の系譜。男子が大人になってから、当時のジャンプマンガを語る時、この系譜の作品が一番盛り上がる。今週号の『ゆらぎ荘の幽奈さん』はひょっとしたらそんな伝説の1つになるかもしれない。

続きを全部読む

【歓喜】今週の『ハンターハンター』で起きた18年ぶりの “事件” にファン大盛り上がり! ネットの声「笑うからやめろ」

2018年1月29日発売の「週刊少年ジャンプ」9号にて、約4カ月ぶりに連載再開となった『HUNTER x HUNTER』。今のところ毎週きちんと連載されているものの、いつまた長期休載に突入するか分からない。とにかく連載が少しでも続いてくれることを願うばかりだ。

さて、そんな『HUNTER x HUNTER』の最新話が話題になっている。本日2018年3月19日発売のジャンプ16号に掲載された第378話にて、約18年ぶりとなる “ある事件” が起きたことでファンが沸いているのだ! 一体何があったというのか?

続きを全部読む

【新事実】「週刊少年ジャンプ 1995年新年3・4合併号」が最大発行部数653万部を達成できた本当の理由

少年漫画の王様といえば、やはり「週刊少年ジャンプ」だろう。学生の頃、月曜日は友達とジャンプの感想を言い合うのが恒例だった。そう、ジャンプはみんなの共通言語だったのだ。そんなジャンプがもっとも勢いに乗っていたのが、1990年代である。

1995年に発行された「新年3・4合併号」は、最大発行部数653万部というとんでもない記録を打ち立て、その存在はもはや伝説となっている。だが、なぜそんなに売れたのだろうか? いくらなんでも売れすぎではないか? その理由を探っていた私(あひるねこ)は、ある一つの事実に辿り着いた。

続きを全部読む

【漫画週刊誌の日】元ネカフェ店員に「いま絶対読んでおくべき面白い漫画」を各誌から1作品ずつ選んでもらったらこうなった

本日3月17日は「漫画週刊誌の日」だそうだ。なんでも1959年のこの日に、日本初の少年週刊誌である「少年マガジン」と「少年サンデー」が創刊されたのだとか。へ~、ジャンプよりもマガジンとサンデーの方が先なんだな。これは勉強になった。

当時は少なかった漫画週刊誌も、現在では数がありすぎて、一体何冊あるのか分からないほど。でも、オモロイ漫画は読みたいやん? そこで、元ネカフェ店員にお願いして、いま絶対に読んでおくべき最高に面白い週刊漫画を、各誌から1作品ずつ厳選してもらったぞ!

続きを全部読む

【熱すぎる】「週刊少年ジャンプ」を50年分読める『ジャンプ図書館』が本日オープン! どこを見渡してもジャンプしかねェェェェエエ!!

1968年の創刊以来、いつだって少年たちの心を熱くし続けてきた「週刊少年ジャンプ」が、今年で50周年を迎えるという。50年の間に生まれた名作は数知れず。我々読者は、ジャンプと共に成長したと言っても過言ではないのだ。そんなすべてのジャンプチルドレンに朗報である。

本日2018年3月15日、創刊号を含む50年分ものジャンプが読める「ジャンプ図書館」がついにオープンしたぞ! 館内はどこを見渡してもジャンプ一色。机や椅子、内装に至るまですべてがジャンプで作られているという夢の空間だ。今回、オープン前の図書館に特別に入ることができたので、その様子を一足早くお伝えしよう!

続きを全部読む

【なぜ?】橋本環奈さん「移動中にジャンプ読んでます」→ 非難殺到「削除求めます!」「ジャンプ読者失格」

人呼んで「1000年に1人の逸材」橋本環奈さん。実写映画『銀魂』でヒロインの神楽を務めたことでも話題になった。そんな橋本さんが、「移動中にジャンプ読んでます」とツイートしたところ、Twitter民から非難が殺到。一体なぜ?

続きを全部読む

【話題】100作品、2万話以上の「ジャンプ漫画」が無料で読めるサイト『ジャンプPARTY』を実際に使ってみて思ったこと

すべての少年の心の友「週刊少年ジャンプ」が、今年で50周年を迎えるという。それを記念して、ジャンプに関連する様々なキャンペーンが始まっているぞ。本日2018年3月5日に公開となったウェブサイト「ジャンプPARTY」もその一つである。

「ジャンプPARTY」とは簡単に言うと、ジャンプの漫画が無料で読めるサイトのことだ。現在連載中の作品から過去の名作まで、その数なんと100作品、2万話以上! そこで、体の半分がジャンプでできていると医師に診断された夢を見たことがある私(あひるねこ)が、「ジャンプPARTY」を実際に使ってみた!!

続きを全部読む

【胸アツ速報】「週刊少年ジャンプ」を創刊号から50年分読める『ジャンプ図書館』がオープン決定! 2406冊が無料で読めるぞォォォオオ!!

1968年の創刊以来、多くの少年たちの心を魅了してきた「週刊少年ジャンプ」。私(あひるねこ)にとって、小学生の頃から月曜といえばジャンプの発売日だった。長い年月を共に過ごし、学校では教えてくれない大事なことをジャンプから教わった気がする。

そんな私を含む、すべてのジャンプチルドレンに朗報である。なんと、創刊号を含む50年分ものジャンプが読める『ジャンプ図書館』がオープンするというのだ! ちょっと待ってくれ。書いているだけで、興奮のあまり手が震えてきたぞ。そう、オレたちの夢が、ついに実現しようとしているのである……!

続きを全部読む

【どういうことだってばよ】中国に『ナルト』が好きすぎるラーメン屋があるらしい → 実際に行ってみたら予想の斜め上だった

海外でも人気がある日本のアニメや漫画。自分が好きな作品が外国の人にも同じように受け入れられていると、なんだか誇らしい気分になってくる。かつて少年ジャンプで連載されていた大ヒット忍者漫画『ナルト -NARUTO-』も、海外で非常に人気がある作品だ。

以前、こんな話を耳にした。中国に、『ナルト』のことが好きすぎるラーメン屋があるという。面白そうなのでいつか行ってみたいと思っていたら、先日ちょうど中国に行く機会があったため、実際にお店を訪れることにした。しかし、そこには目を疑う衝撃の光景が広がっていたのである。

続きを全部読む

【衝撃】ジャンプで連載の漫画『時間の支配者』が唐突に打ち切り → 続きの読み方のハードルが高すぎると話題に

真っ白な原稿の上に、ペン一つで様々なドラマを生み出していく……。漫画は本当に素晴らしい。と同時に、非常に厳しい世界でもある。プロとして連載している以上、人気は常に意識しなければならないし、結果が伴わなければ打ち切りになってしまう。これまで、中途半端な形で終了してしまった作品をいくつも見てきた。

今、連載が打ち切りとなったある少年ジャンプ作品が話題になっている。打ち切りは打ち切りだが、完全に終了というわけではなく、続き自体はちゃんと読めるらしい。しかし、その続きの読み方のハードルがめちゃめちゃ高いのだ。正直、読める気がしないぞ。

続きを全部読む

【どう思う?】連載再開した「ハンターハンター」の団長とマチとの会話が話題に! セリフの読み方の順番で意見が分かれる

本日2018年1月29日発売の「週刊少年ジャンプ」9号にて、約4カ月ぶりに連載再開となった『HUNTER x HUNTER』。おそらくもう読んでいるとは思うが……え!? まだ読んでないの? おまえ、ノブナガさんに斬られっぞ!

とまあ、全国民待望の連載再開となったわけだが、一部のファンの間では、最新話における “ある1つのコマ” が話題になっている。もう少し正確に書くと、コマ内のセリフをどういう順番で読むのが正しいのかで、意見が真っ二つに分かれているようなのだ。

続きを全部読む

【待ちわびたぞ】本日発売の週刊少年ジャンプで「ハンターハンター」が連載再開! 幻影旅団キターーーーーーッ!!

1月も残りわずかだが、どうもまだ何かが始まっていないような気がしていた。ピースが足りていないような、そんな物足りなさだ……。しかし、本日2018年1月29日にそれは解決した。そう、『HUNTER x HUNTER』の連載が再開したのだ! よっしゃァァァァアア!!

おめでたいので繰り返す。長らく休載していた『HUNTER x HUNTER』が、本日発売の「週刊少年ジャンプ」9号から連載再開となった。ハッキリ言って、2018年は今日から始まったと言っても過言ではないだろう。久々に登場した “アイツら” にも注目だぞ。冨樫先生、マジでありがとうございます!

続きを全部読む

【悲報】12月16日から開催の『ジャンプフェスタ2018』、徹夜組が続出し行政の厳重注意を受ける事態に

2017年12月16日から開催されるジャンプの祭り『ジャンプフェスタ2018』。「週刊少年ジャンプ」はじめ色んなジャンプ関連雑誌の展示物やステージ、最新情報の発表などが行われるこのイベントを楽しみにしている人も多いだろう。

だが、開催前日にして本イベントに不穏な空気が流れている。なんと、徹夜組が続出し行政の厳重注意を受ける事態になっているという。

続きを全部読む

【マジかよ】『ハンターハンター』の2017年内の復活はあるのか? 集英社に問い合わせてみた結果

復活する度に話題となるマンガ『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』。2017年6月26日発売の週刊少年ジャンプ30号で連載再開したこのマンガが、再び深い眠りについたのは9月4日発売の40号だ。まあ、ここまでは規定路線。だがその時、今までになかった事件が発生した。

なんと巻末コメントで、作者の冨樫義博先生が「年内にもう1回復活します」と復活を示唆したのである。マジかよ! 震えて待ーつ!!

……とは言ったものの、気づけばもう11月。2017年もあと1カ月ちょっとである。本当に『ハンターハンター』は今年中に復活するのか。不安になったため集英社に問い合わせてみた。

続きを全部読む

【伝説再び】「ボボボーボ・ボーボボ」公式Twitterがキャラクター人気投票を実施してるぞ! やっぱり全員ボーボボじゃねーか!!

今から約15年前、週刊少年ジャンプに伝説のギャグ漫画が連載されていたことを、あなたは知っているだろうか? その漫画の名は『ボボボーボ・ボーボボ』。当時のジャンプ読者なら知らぬ者はない、ある意味衝撃的な作品である。

なんでもそのアニメ版がブルーレイBOX化するらしく、ここ数日ネット界隈では『ボボボーボ・ボーボボ』が話題になっている。それに合わせてか、公式Twitter上ではあの伝説の企画が再び実施されているぞ。そう、キャラクター人気投票である! 今回は一体どのキャラが栄えある1位に輝くのか!?

続きを全部読む

【困惑】『北斗の拳』を自宅に全巻送り付けてまで読ませようとしてくる「ケンシロウおじさん」は何のつもりなのか?

あなたは『北斗の拳』という漫画を知っているだろうか? 原作の武論尊先生と作画の原哲夫先生による、1980年代の「少年ジャンプ」を代表する作品である。まあ、このくらいの知識は持っているが、私(あひるねこ)は『北斗の拳』をちゃんと読んだことはない。

これに対し、そんなヤツが漫画を語るなと怒り出したのが当編集部のサンジュンである。さすがの私も反論を述べさせてもらったが、なんと今回、この男がさらにとんでもない行動に出たのでお伝えしたい。正直私は困惑を隠せないでいるのだが、あなたはこの暴挙についてどう思うだろうか?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4