「ジャンプ」にまつわる記事

超速報! 伝説のギャグ漫画『珍遊記』が主演・松山ケンイチでまさかの実写映画化!!

時に笑い時に泣き、いつだって私たちに新鮮な感動を与えてくれる漫画。私(中澤)が小学校高学年の頃は、世にいうジャンプ黄金期。『スラムダンク』や『ドラゴンボール』、『幽遊白書』など記憶にも記録にも残る名作が次々と生まれてきた時期だ。

そんな数々の名作の中でも、どうしても私が忘れられない漫画がある。いや、この漫画を忘れられないのは私だけではあるまい。当時のジャンプ読者の間で今も語り継がれる伝説のギャグ漫画……そう、漫☆画太郎先生作『珍遊記』だ。なんとこの度、この漫画が松山ケンイチさん主演で実写映画化されるという。

続きを全部読む

【動画あり】飛びすぎ注意!「スポーツ用ホッピング」のジャンプ力が完全にスーパーマリオを超えている件

昔ながらの屋外での遊び道具と言えば、何を思い浮かべるだろうか? 筆者が思い浮かべたのは竹馬と一輪車、そして、ビヨーンと飛び跳ねて遊ぶアレである。鉄の棒にハンドルと足を乗せる台が付いていて、下の部分にバネが付いているアレといえば……「ホッピング」だ! 

知らない方の為に簡単に説明すると、飛び跳ねて遊ぶための棒といったところ。ということで、今回は尋常じゃない跳躍力を持つホッピングを動画と共にご紹介したい。マジで飛び過ぎ注意だぜ!

続きを全部読む

それ落下じゃね!?「ネコの失敗ジャンプ」だけを集めた動画集ニャ!

ネコ様が万能であることは、みなさんご存知の通り。赤ちゃんをお守りすることも、箱を組み立てることも、ウキウキ歩くことだって……もう何だって得意だ!

そしてニャンコは、ジャンプの失敗だって得意! え? “失敗” なのに得意? そう、ニャンコがジャンプを失敗する姿は最高なのだ! ということで今回は、「ネコのジャンプ失敗だけを集めた動画集」をご紹介しちゃうぞ!!

続きを全部読む

【動画あり】人間の真似をして超高い崖からジャンプするワンコが大人気!! ワンコから「ある人生哲学」も学べちゃうぞ!

誰でも、何か新しいことにチャレンジしたり新しい環境に飛び込む前は、恐れや不安を感じるものだ。だが、そんな恐怖心とは無縁な、強い精神力を持ち合わせているワンコが登場!

人間の真似をして、超高い崖から思い切ってダイブするワンコの動画「Dog Dives off Cliff in Malta」が話題となっている。このワンちゃんから、ある大事な人生哲学が学べそうなので紹介したい。

続きを全部読む

提供:バンダイナムコ

【大興奮】PS4『ワンピース 海賊無双3』の試遊イベントが最高にかっこいい件 / 白ひげ&エースの墓石の前にサボが佇んでて泣いた

2月15日は何の日か、もちろんみんな知ってるよな! そうだ、国民的漫画&アニメ「ワンピース」の人気キャラクター、エースの命日だよな! もし、リアルにエースの墓があったら、もちろんみんな行くよな……って、新宿アルタ前広場にあるぅ~!!!

2月14・15日の11~19時、東京・新宿アルタ前広場にて「『ワンピース 海賊無双3』先行試遊イベント~エースの意志を継げ!」が開催されている。白ひげとエースの墓石が展示されており、エースの墓石の前にはサボのパネルが……うぅ、泣けるぅ~!!!

続きを全部読む

【予想外動画】トラのジャンプ力はメチャすごい

ネコ科動物の身体能力はハンパない。走るのが速く、ジャンプひとつにしても凄まじい跳躍を見せる。身近な存在にニャンコがいるだけに、そのことを知っている人は多いだろう。

そんなネコ科動物だが、中でも凶暴な肉食動物として知られているトラの身体能力は、もっとスゴいことをご存知だろうか。YouTube にアップされた動画「Tiger jumps to catch meat, filmed in slow-motion」では、それが確認できるぞ!

続きを全部読む

【衝撃動画】命がいくつあっても足りない! スキーのジャンプ台からバイクで飛翔したスタントマン

先日、大型トラックの下に生じたわずかな隙間をF1マシンがくぐり抜けるギネス世界記録をご紹介した。その命知らずぶりにヒヤリとさせられたが、続いてはスキーのジャンプ台から飛んだバイクの映像をお伝えしたい。

YouTubeにアップされた動画のタイトルは「Skullcandy: Robbie Maddison’s Drop In」。絶対に失敗は許されない……大惨事と隣り合わせで大ジャンプを決行するスタントマンの運命はいかに。

続きを全部読む

【子犬動画】生まれて初めてのジャンプ! 勇気を振り絞って飛ぶ姿に世界がメロメロ

以前ロケットニュース24では、吠え方を覚えようとする子犬の動画を紹介した。「ワオ〜ン、ワオ〜ン」と絞り出されるような吠え声で、見た人を悶絶させた動画である。

今、またもや多くの犬好きを悶絶死させている子犬が話題になっている。その子犬は、生まれて初めてのジャンプに挑戦しているのだが……不安そうにぎこちなく飛ぶ様子がたまらないのだ。動画「Pierre the French bulldog puppy takes a leap of faith」では、その一部始終を確認できるぞ。

続きを全部読む

【マジかよ】ジャンプで大失態をかますネコの動画に世界が大ウケ / ネットの声「20回見ても面白い」

現在、1匹のネコを紹介した動画が、世界中の人を吹き出させている。動画はわずか16秒ほどのもので、ネコがジャンプしようとする様子を紹介したシンプルな内容。

しかし、そのネコが、ネコのイメージを覆しかねない大失敗をしてしまうのだ! そのありえない失態に、動画を見たユーザーは「笑いすぎて涙が出てきた」「20回繰り返し見ても面白い」といったコメントを動画サイトのコメント欄などに寄せている。気になるネコは、「Epic cat fail」で確認できるぞ。

続きを全部読む

ハンパない完成度! 埼玉・熊谷うちわ祭に飾られてたい・ろ・は・すのペットボトルアート「神龍」がスゴい!!

日本屈指の暑い街といえば、埼玉県の熊谷市が有名だ。パタパタとあおぐ “うちわ” は必須のアイテム。そして、そんな熊谷の祭りといえば、関東一の祇園こと『熊谷うちわ祭』である。

今年2013年の「熊谷うちわ祭」は7月19日から23日まで開催されたのだが、会場内に展示されていた手作りのペットボトル・アート作品がヤバかった! ハンパない完成度だったのでご報告しておきたい!!

続きを全部読む

【衝撃速報】週刊少年ジャンプのアプリで荒木飛呂彦先生が「パスタを作る動画」配信決定!!

人気少年漫画誌『週刊少年ジャンプ』は、2013年8月よりスマホ用アプリ「ジャンプLIVE(ライブ)」をリリースすることを発表している。アプリの詳細について順次公開しているのだが、最新の発表に驚くべき内容が盛り込まれていた。

・荒木飛呂彦先生がパスタ!?
その発表内容によると、アプリには大人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の作者である荒木飛呂彦先生が、パスタを作る動画が含まれているというのだ。なんで荒木先生が料理を作る様子を配信するのか!? ちょっと興味ある、いやかなり興味があるぞ!

続きを全部読む

ケニアの高校生が見せる超人ハイジャンプに海外ネットユーザー驚愕! 「信じられない」「これって世界記録?」

「超人」と呼ぶにふさわしい素晴らしい能力を持った高校生が、現在海外のネット上で話題になっている。見る人の度肝を抜くそのスーパー高校生とは、とてつもない跳躍力を持ったケニアの高校生たちである!

動画「Kenyan High School High Jump」に映し出されている通り、彼らはかなり高い位置にセットされた棒をいとも簡単に跳び越えちゃうのだ。「これは映像加工してるんじゃないの?」と思ってしまうくらい、本当に本当に彼らのジャンプ力は衝撃的!

続きを全部読む

【衝撃アニマル動画】跳躍力がハンパない陸上動物「スプリングボック」のジャンプが重力を無視しすぎている件

ジャンプが得意な動物といえば、うさぎやカンガルーを思い浮かべるかもしれない。しかし、彼ら以外にも忘れてはならない動物がいる。その動物とはスプリングボック、別名トビカモシカだ。

動画「Springbok pronking」を見て分かるとおり、スプリングボックのジャンプは、目を疑うほど非常に高い! 高く飛び上がりすぎて画面に映りきっていないシーンもあるほどだ。ジャンプというより重力から解放されて、ほとんど空中を飛んでいるようにも見える。

続きを全部読む

アメリカFBIの「フェンスを飛び越えるジャンプ」が目を疑うほど衝撃的だと話題に

アメリカの治安と秩序を守る政府機関「FBI」(連邦捜査局)。アメリカのドラマや映画によく登場し、多くの人がかっこいいイメージを持つそのFBIが、このたび衝撃的なジャンプを見せ、話題を呼んでいる。

話題のジャンプは、動画「FBI fence jump」で見ることができる。その動画には、FBIと書かれた服を着る人々が複数登場しており、どうやらこれはある事件現場を映したニュース映像のようだ。でも、肝心のFBIジャンプは一体どこに映っているのだろうか?

続きを全部読む

『週刊少年ジャンプ』に漫画を持ち込んだら編集者に「キツイですね」と言われた / その漫画をすべて公開中

幼い頃から一流の漫画家になりたいと思っていた私(佐藤)は、思い切ってジャンプに持ちこみをしてみた。集英社の「週刊少年ジャンプ」である。持ちこみのための手続きは簡単だ。電話をして、訪問希望日を伝えるだけ。

電話で「○月○日○時ごろにお伺いしたいのですが」と言うと、「では○○(担当者名)宛てでお越しください」と言われた。人生ではじめてマンガを描き、原稿を持って集英社に行ってみた。

続きを全部読む

これは秀逸! 週刊少年ジャンプ連載作品の1ページあたりの「コマ数」と「セリフ数」をまとめたグラフ

皆さんは漫画を読んでいて、画と文字のバランスが気になったことはないだろうか? 読みやすいと感じられるときもあれば、ちょっと読みづらいと思うときもあるはず。それらはもしかしたら、1ページあたりのコマ数やセリフ数が関係しているのかもしれない。とあるブロガーが、週刊少年ジャンプの連載作品(2012年13~26号まで)の、1ページあたりの「コマ数」と「セリフ数」を調査したグラフを公開している。それを見ると、各作品の傾向がよくわかるのである。

続きを全部読む

『週刊少年ジャンプ』で人気漫画『バクマン。』を連載中の漫画家大場つぐみ先生に関して、インターネット上である噂がささやかれている。その噂とは、「大場先生はガモウひろし先生ではないか」という噂で、2人を同一視するものだ。

ガモウひろし先生は、同じくジャンプで『ラッキーマン』というギャグ漫画を執筆していた人気ギャグ漫画家である。2人が同じ人物であることついて、いろいろとその裏づけとされる報告があるのだが、単刀直入に『週刊少年ジャンプ』の発刊元・集英社に問い合わせてみた。すると、意外な事実が明らかになったのだ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4