「映画」カテゴリーの記事

【おっさん殺し】伝説の映画「ベスト・キッド」のその後を敵視線で描く! ドラマ『コブラ会』がどう考えてもおもしろそう

現在30代~50代にかけての男性ならば、おそらく映画『ベスト・キッド』を覚えているハズだ。主人公のダニエルが師匠ミヤギから受ける独特の修行方法は、当時の少年たちにとってそれはそれはカッコ良く映った。ほぼ同じ構成なのに最終的には3作が公開された、ある意味で伝説の映画である。

そんなベスト・キッドがドラマとして帰ってくる──。しかも面白いのがダニエルの宿敵「コブラ会」側の視線から描かれることで、あれから34年経った現在のダニエルやコブラ会が活躍するというから見逃せない。うむ、どう考えてもおもしろいだろコレ……。

続きを全部読む

【永久保存版】『トイストーリー3』を10倍楽しむためのトリビア16連発

泣ける映画といえば? タイタニック? きみに読む物語? 確かに泣ける映画はいろいろあるが、子どもと一緒に観れて、大切なものを思い出させてくれる泣ける映画といえば、やっぱり『トイストーリー3』だ! 

2018年3月23日、あの不朽の名作『トイストーリー3』が「金曜ロードSHOW!」で放送される。どうせ観るなら、より楽しみたい! 細部に隠されたバックストーリーを知って、とことん楽しみたい! という人もきっと多いだろう。

続きを全部読む

【衝撃】ベテラン声優が語る「アフレコのやり方」がヤバすぎる! 映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』に声優として参加してみた

突然だが、あなたは子供の頃、ゲームやアニメの中に入りたいと思ったことはないだろうか。私(中澤)は、ずっとそのようなことを考えていた。現実はつまらない。大冒険がしたかった。そんな子供の夢みたいなストーリーを描いた映画が『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』である。

2018年3月30日、興行収入が9億ドル(約961.6億円)を突破するほど海外で大ヒットを記録する本作が、ついに日本でMX4D / 4DX 先行上映開始される。その話題作の日本語吹き替え版に、なんと声優として参加することができたためレポートしたい。マ、マジかよ……。

続きを全部読む

正直、マジで面白かった! まもなく日本公開の大ヒット映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』を見るべき7つの理由

おもしろかった……! 小学生なみの感想で恐縮だが、つい先日、映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の試写会に行った際、エンドロールまで全て見終えた私の率直な感想は、単純明快に「面白い……」だったのである。実によく出来た映画だなァ〜と。久々に良い映画を見たなァ〜と。ひとことで言うなら「絶賛」だ。

ということで今回は、2018年3月30日(金)にMX4D / 4DX 先行上映、翌週4月6日(金)にはTOHOシネマズ日比谷ほか、全国ロードショー​される『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』を見るべき7つの理由をお伝えしたい。

続きを全部読む

まるで楽器! PC周辺機器の作動音だけで『ミッションインポッシブルのテーマ』を奏でる動画がスゴすぎる!!

時代と共にどんどん進化している電子機器。PCはもちろん、周辺機器の性能もいまだに便利になり続けている。コンパクトでありながらハイスペックな製品は、もはや当たり前の時代となった。

一方、今やすっかりお役御免となった機器に「フロッピーディスク」などがあるが、それらを使って芸術を作り出した人物がいる。PC周辺機器の作動音だけで奏でられる曲は、あの有名な『ミッションインポッシブルのテーマ』。驚異の表現力は必聴DA!

続きを全部読む

【どう見てもSF映画】超サイバーに改造されたアメ車「フォード・マスタング」がこちらです

サイバー感満載で多くの人々を魅了したSFアクション映画『トロン(Tron)』。かくいう私もファンのひとりで、暗闇にボワっと光るライトを見ただけで「なんかトロンっぽくてカッコイイな……」と思ってしまう次第だ。

それはさておき、2010年に映画『トロン:レガシー(Tron:Legacy)』が公開されてからメチャメチャ流行っているのが、クルマをトロン風に改造した「トロンカー」である。今回はその中から超カッコイイ「フォード・マスタング」のトロンカーをご覧に入れたい。

続きを全部読む

映画『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』の本予告編が大公開! ラスボス「サノス」めっちゃ強そうなんですけどォォオオオ!!

シリーズ19作目にしてマーベル映画の大きな節目となる『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』。2018年4月27日の映画公開に先駆けて、いよいよ本予告編が公開された。

第1作『アイアンマン』から第18作『ブラックパンサー』までに登場した主要キャラが勢ぞろいする本作だが、予告編での注目は何といってもラスボスの「サノス」である。ヤバい、どれだけスーパーヒーローが集結しようと勝てる気がしない……!

続きを全部読む

【超大物】映画『トレイン・ミッション』公開記念「リーアム・ニーソン」特別インタビュー / スター・ウォーズについても語った

これまでロケットニュース24には「マーク・ハミル」や「マット・デイモン」、さらには「サモ・ハン・キンポー」などなど世界的大物俳優が登場してきた。そして今回はなんと、あの「リーアム・ニーソン」がまさかの登場だ!

2018年3月30日から公開される映画『トレイン・ミッション』のプロモーション活動のため、約13年ぶりに来日を果たしたリーアム・ニーソン。噂される「スター・ウォーズのスピンオフ映画」についても直撃してきたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【動画あり】「アナ雪のエルサ」に扮した男性弁護士が大雪で動けなくなった警察車両を助けて拍手喝采

「エルサ」と聞いてなんのことか分からない人でも、「ありの〜ままの〜」「すこ〜しも寒くないわ」などと言われれば、ピンと来るはず。そう、2013年に公開されて一世を風靡したディズニー映画『アナと雪の女王(アナ雪)』の主人公・雪の女王がエルサである。

日本語吹き替え版で松たか子さんが声優を担当したことでも話題になったこの女王に、今ネット上で拍手喝采が集まっている。というのも大雪で動けなくなった警察車両を救出しているエルサが目撃され、その動画が大拡散中! さすがは雪の女王だ!! 

続きを全部読む

「娘がスター・ウォーズのTシャツを男っぽいからと学校に着て行くのをためらっています」とママがツイート → マーク・ハミルから励ましの言葉が返って来た!

ひと昔前と異なり、最近は「男だから女だから」と区別される風潮が少なくなってきている。とはいえ、まだ自我が確立しきれていない子供のなかには、自分が好きな物を堂々と主張できない子もいるだろう。女の子っぽい物が好きな男の子がいじめを心配して、やんちゃな振りをしたり……といった感じで逆もまた然りである。

今回ご紹介する女の子もそんな一例で、『スター・ウォーズ』のTシャツを学校に着て行きたいけど、男の子っぽいとイジメられるかも……と泣いていた。ただ、ママが娘の悩みをツイートしたところ、なんとルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルから直々に励ましのメッセージが届いたというのだ。

続きを全部読む

え、これがCG!? 映画『シェイプ・オブ・ウォーター』のメイキング動画で種明かしされた映像技術がマジでスゲぇ!

2018年3月4日(現地時間)に発表された第90回米アカデミー賞で作品賞に輝いた映画『シェイプ・オブ・ウォーター』。作品賞のほかにも、監督賞、作曲賞、美術賞と4部門でオスカーを獲得し、日本でも1日の公開から話題を集めている。

独創的なストーリーだけでなく、細部までリアルに作り込まれた “不思議な生きもの” が登場することでも話題の本作。YouTubeに大変興味深いメイキング動画が公開されているのでご紹介したい。

続きを全部読む

【知ってた】漫画好きにアンケートをとった結果 →「漫画の実写化は嬉しくない」が4割 / 逆にもっとも高評価な実写映画は納得のあの作品だった!

日本映画界で連発される漫画の実写映画化。愛情とリスペクトを込めて作られるならいいが、本当に原作見たの? と言いたくなるようなお粗末なシナリオと、政治が見え隠れする謎の人選により、芸能人コスプレ大会と化している作品も少なくない。まさに誰得、というやつである。

今回、大日本印刷 (DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトが、 全国の10代から40代男女400名を対象に「漫画の実写映画化に関する調査」を実施したところ、漫画ファンの複雑な本音が明らかになった。賛否が分かれる漫画の実写化、あなたならどう思うだろうか?

続きを全部読む

iPhoneだけで映画『Tron(トロン)』風の映像を撮る方法 / それっぽいアプリ+画面録画=何を撮っても超絶サイバーでカッコイイ!!

1982年の映画『Tron(トロン)』ならびに、2010年の映画『トロン: レガシー(Tron: Legacy)』が大好きなトロンっ子であれば、絶対に誰しもが「トロンの世界に行ってみたい」と思っているに違いない。早くああいう世界になれ! と。

実を言うと、もう、なっているのかもしれない。私の iPhoneごしに見える日常の景色は紛れもなくトロンであり、そのまま映像に残すことも可! ということで今回は、iPhoneだけで映画『Tron(トロン)』風の映像を撮る方法をお伝えしたい。

続きを全部読む

【100均検証】使い方はあなた次第! あまりにも自由度の高い「マルチスタンド」の使い方をイロイロ考えてみた結果…

元気ですかーっ! プロレスの世界には「ホウキ相手でもプロレスができる」という名言がありますが、100均研究の世界にも「どんな100円グッズでも面白おかしく転がして紹介することができる」という格言があるとかないとか。しかし今回……

面白おかしく転がすことができませんでした! いろいろ考え、いろいろ使ってみました。ところがどっこい、「あまりにも自由度の高すぎる商品」だったため、たいした使いこなし術が思いつかなかったのであります。私を悩ませた商品の名は……

続きを全部読む

【奇跡】実写映画『BLEACH』の朽木白哉がクオリティー高すぎてネット称賛「完成度高すぎてちょっと絶句」「なぜルキアもそうしないの…」

少年ジャンプの王道バトルマンガ『BLEACH』。死神の世界と人間界を描いた壮大な本作が、実写映画化されることは以前の記事でお伝えした。主役2人のビジュアル公開と共にネットでは非難の嵐が吹き荒れていた

そんな実写映画『BLEACH』が2018年3月9日に新キャストを解禁。また、非難の嵐かと思いきや、朽木白哉のクオリティーSUGEEEEEEEE! 逆に笑った。

続きを全部読む

最低映画を選ぶ「ラジー賞」を受賞した人気俳優ザ・ロックがメッセージを発信! 批判をユーモアで受け取る姿勢が超素敵!

元レスラーのザ・ロックことドウェイン・ジョンソンは俳優へ華麗なる転身を遂げ、カーアクション映画『ワイルド・スピード』をはじめとする大ヒット作品に出演し、ハリウッドで大活躍中だ。

ところが彼が出演した作品が、最低映画を選ぶゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)のある部門に輝いてしまったのである。不名誉な賞ながらも、ロック様は正々堂々と批判を受け止めユーモアを交えたメッセージを発信し、その潔さが超素敵なのである!

続きを全部読む

「目が覚めたらスマホの中に入っていた…」 日本を舞台にした短編ホラーが海外で話題 / スマホ依存者は身につまされる思いに!?

我々の生活にすっかり欠かせない存在となったスマホ。メールやSNSでコミュニケーションを取るときにも便利だし、地図で場所を探すことも出来る。しかし、あまりにもスマホに依存しすぎて、手放せなくなっている人も少なくないのでは?

そんな状態を皮肉ったような、「目が覚めたらスマホの中に入っていた…」という日本を舞台にした短編ホラーが、海外で話題になっているので紹介することにしたい。

続きを全部読む

【結論】台湾映画&ドラマなら全力で「Netflix」を推したい! 作品数も内容も圧倒的だった / 華流好きがNetflix、Hulu、Amazon、dTVを比較した結果 

突然だが華流好きの皆さん……! TSUTAYAに行ってこんな思いをしたことはないだろうか? アジアドラマや映画のコーナーに行っても、韓流しかない。棚全部が韓流。あってもカンフー映画が数本置かれているくらい。

「あれえ、アジア映画って、韓国とジャッキー・チェンだけなのかなァァァァ!?」 

私(沢井メグ)も長らくそう思ってきた一人だ。都心部の映画館では上映されることもあるが、見たいときに行けるとも限らない。現地に行ってせっせとDVDを買えというのか? Rakuten TV とかで1話ずつ課金するしかないのか? いや、映像配信サービスがあるじゃないか!

続きを全部読む

【要注意】アカデミー賞3部門受賞の映画『ダンケルク』をブルーレイ&DVDで見てはいけない理由

映画の祭典、第90回アカデミー賞授賞式が現地時間2018年3月4日(日本時間3月5日)、米ロサンゼルスで開催された。まずその大きなトピックとして、日本人アーティストの辻一弘さんが、メイク・ヘアスタイリング賞を受賞したことが挙げられるだろう。これは日本人として初の快挙なのだ。

さて、今回は3部門を受賞した『ダンケルク』について、まだ映画をご覧になっていない方に注意しておくことが1つある。どうか心して聞いてほしい。実はこの作品、すでブルーレイ&DVD化されているのだが、初めて見る人は絶対にそれらのソフトで見るべきではないのだ! なるべく、のような話ではないぞ。これは絶対である!!

続きを全部読む

あるパパが『スター・ウォーズ』ファンの息子に作った部屋がスゴい! ミレニアム・ファルコンを再現していて映画のセットみたい!!

2015年に10年ぶりの公開となった『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』以来、スピンオフの『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』と『ジェダイの復讐』が立て続けに製作され、ますます勢いを増している本シリーズ。

そんな作品の大ファンである息子のために、あるパパが映画に登場する宇宙船ミレニアム・ファルコンを部屋に再現して海外ニュースに取り上げられている。その出来栄えは超リアルで、まるで映画のセットのよう!

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 6
  4. 7
  5. 8
  6. 9
  7. 10
  8. 11
  9. 12
  10. ...
  11. 67