「麻婆豆腐」にまつわる記事

【レシピあり】「麻辣豆腐(マーラーどうふ)」は麻婆豆腐と一文字違いで何が違うの? 実際に現地で食べていたのはコレだった / 沢井メグのリアル中華:第7回

日本人で「麻婆豆腐(マーボーどうふ)」を知らない人がいるだろうか? 「中華の神様」こと料理人の陳建民氏が日本風にアレンジして広めたもので、1970年代に普及。いまや幼稚園や保育園の給食にも登場するほどで、国民的中華と言っても過言ではない。

さて、そんな「麻婆豆腐」だが、中国には一文字違いの「麻辣豆腐(マーラーどうふ)」というものがあるのをご存知だろうか? 一文字違うだけで、結構異なる? 「婆」と「辣」って何が違うのさ!? まずは元中国住みの沢井メグが実際に食べていたものを紹介したい。

沢井メグのリアル中華 / 現地日本人にも超絶愛されているのに、なぜかイマイチ日本でメジャーでない中国料理』。第7回「麻辣豆腐(マーラーどうふ)」いってみよう!

続きを全部読む

「麻婆豆腐発祥の店の味」を再現だと!? マツコ番組で話題の激ウマ麻婆を、中国の本店に行ってきた男が食べてみた結果! 東京・上野『晴々飯店』

日本でも大人気の中華料理、麻婆豆腐。当然だが、その発祥は中国だ。中国四川省・成都にある「陳麻婆豆腐」が、世界で初めて麻婆豆腐を作ったと言われている。先日私(あひるねこ)は中国を訪れ、「陳麻婆豆腐」で実際に元祖・麻婆豆腐を食べてきた。

日本の麻婆とはまるで別物で驚いたものだが、なんとここ日本に「陳麻婆豆腐」の味を受け継いだ店があるというのだ。な~に~? それは本当アルか? ならば、つい最近本店を訪れたこの私が、どれだけ本場の味を再現できているか確かめてみなくてはなるまい! 突撃アルよ!!

続きを全部読む

実をいうと大阪王将の『ふわとろ麻婆天津飯』がマジで有能 / コスパ・ボリューム・味の三拍子そろってる

浮気をした。それも1度や2度じゃない。数え切れないくらいだ。特にここ最近は、何度も何度も……である。今や「無意識のうちに体が求めてしまう」と言ってもいい。だから今後も誘惑を断ち切れる自信なんて無いし、断ち切る気もない……。

「王将の話で大げさすぎるだろ!」と言われればその通りかもしれないが、餃子の王将派の私にとって、大阪王将に何度も通うのは浮気に似た罪悪感が伴うのも事実である。でも、もうそんなことはどうだっていい。開き直るようだが、『ふわとろ麻婆天津飯』の前では、ちんけな罪悪感など吹き飛んでしまうのだ。

続きを全部読む

【激ウマ】麻婆豆腐発祥の聖地「陳麻婆豆腐」本店に行ってきた! 日本よ、これが本場の麻婆豆腐だァァァァアアア!!

誰もが愛してやまない中華料理。その中でも1、2位を争う人気メニューと言えば、麻婆豆腐で決まりアルよ。それにしても、麻婆豆腐って何であんなにウマいんだろうな……ん? 待てよ。日本で食べてこんなにウマいなら、本場・中国で食べたらもっとウマいんじゃね?

というわけで、中国四川省にある麻婆豆腐発祥の店へ実際に行ってきたぞ。ハッキリ言って、本場の麻婆豆腐は日本で食べるよりもはるかに辛い。辛い上に、舌がビリビリと痺れる。しかし、ウマい! 安くてウマい!! 近所にあったら週8で通いたくなるレベルで、激烈にハオチーであった。

続きを全部読む

【クイズ】「A」と「B」のどっちが麻婆豆腐でしょうか? 一方はハーゲンダッツです

新商品が発売される度に、味に注目が集まる「ハーゲンダッツ」。2016年11月8日より、新たなシリーズ『デコレーションズ』(「チーズベリークッキー」と「バナナキャラメルクッキー」)の販売が開始されている。このシリーズは色合いにこだわったクッキーを散りばめた、まったく新しいコンセプトの商品なのだとか。

当然話題になっているのだが、味ではなく見た目に注目が集まっている。バナナキャラメルクッキーが麻婆豆腐に似ているというのだが……。実際に見てみると、たしかに似ている! そこで問題です!! AとB、どちらが麻婆豆腐でしょうか?

続きを全部読む

【カレーフェス】「麻婆豆腐 + カレー」が最高にウマイ! 本格中華居酒屋『一心』が「麻婆咖哩」で新境地!

今年で4回目を数える「下北沢カレーフェスティバル2015」。10月9日から10日間の日程で、約130店舗が出店し、カレーの美味しさを競っている。この期間だけは下北沢がインド化しているといっても過言ではないが、このフェスの楽しみ方の1つが、普段はカレーを出さないお店の「オリジナルカレー」を食べることだ。

そんなオリジナルカレーの中でも、筆者が自信をもって紹介したいカレーは、中華居酒屋『一心』の一品である。なんと本格中華を得意料理とする店主が今回のフェス用にカレーを作ったらしい。実は、すでにフェスを十分に楽しんで満腹だった筆者ではあったが、そんな情報を聞いてしまったら行くしかないだろーーー!!

続きを全部読む

【レシピ】中国で「麻婆豆腐より美味」と話題の『麻婆豆腐鶏』が白飯泥棒級にウマすぎる件 / 麻婆豆腐の素を使うと超簡単にできるぞ!

ピリっと辛くてごはんにめちゃ合う「麻婆豆腐」。特に中華が好きという人でなくても、一度くらいは食べたことがあるであろう日本で最もポピュラーな中華料理である。

中国には、その麻婆豆腐の進化版とも言える料理が存在するという。その名も「麻婆豆腐鶏(まーぼーどうふどり)」!! 何でもごはんが進みすぎて「白飯泥棒」というくらいのウマさらしいのだ! 一体どんな料理なのか、実際に作ってみたぞ。

続きを全部読む

顔面が麻痺するような刺激! 東京・原宿王ちゃんの中華の「地獄麻婆豆腐」はマジで地獄を見る

今はなき、東京・文京区の大沢食堂の「極辛カレー」は猛烈に辛かった。一口食べただけで血の気が引き、辛いという感覚を通り越して、痛いとさえ感じてしまうほど、強烈な代物だった。

その極辛カレーを、私(記者)は3度完食しており、多少の辛さには自信があるのだが、原宿に次元の違う辛さを提供する麻婆豆腐を発見した。王ちゃんの中華 原宿店には「地獄麻婆豆腐」なるものが存在する。地獄なんて大げさな! 名前だけだろ? 極辛カレーには絶対に負けるかと思い、挑戦したのだが、残念ながら完食に至らなかったのだ。チキショー……。

続きを全部読む

【衝撃】ふらんす亭が「ハンバーグ」と「麻婆豆腐」を合わせる斬新メニューを提供していた! 実際に食べてみた

ふらんす亭といえば、ハンバーグとステーキ・カレーを提供するチェーンレストランである。肉を食べたくなったら行くという人も多いかもしれない。そのふらんす亭が一部の店舗でかなり斬新なフェアを実施していることが判明した。

それはなんと「麻婆豆腐フェア」である! え!? 麻婆豆腐? 中華料理の代表格といってもいい麻婆豆腐のフェアってどういうこと? 店前にある看板を見ると、ハンバーグとチキンに麻婆豆腐をかけているようなのだが、本当に合うのか? ということで実際に食べてみた。

続きを全部読む

種類が豊富で確実にどれを注文するか迷ってしまう餃子専門店「餃子専科LEE」 / ただし麻婆豆腐を侮るな!

猛暑と呼ぶにふさわしい暑い日が続いている。皆さんは夏バテになってはいないだろうか? 記者(私)は暑さに体力を奪われているようで、いくら食っても腹が減って仕方がない。食欲がバカになったような気がしてならないのだが……。

とにかくスタミナをつけて夏を乗り切りたい! そこでおすすめしたいのが、東京・新宿歌舞伎町で古くから親しまれている餃子の専門店「餃子専科LEE」だ。ここは専科というだけあって豊富な種類の餃子を取り揃えている。いろいろな味を楽しむことができるうえに、餃子以外のメニューにも定評がある。ただし、麻婆豆腐には気を付けて欲しい。見た目と匂いがめちゃめちゃ食欲をそそるのだが、油断して食べると猛烈な辛さにやられるぞ!

続きを全部読む

【知ってた?】餃子の王将では麻婆豆腐を「激辛」にできる / 食べると全身がポカポカに!

熱狂的な信者を数多く生み出している餃子の王将。一部からは「週7で通っても飽きない」「通っていると言うより、ほぼ住んでいる」と言われている最強の中華料理チェーンだ。

どれを食べても激ウマな餃子の王将だが、人気メニューの1つが麻婆豆腐だろう。「食べたことがある」という人は多いだろうが、実は餃子の王将では、麻婆豆腐の味を激辛にできるのをご存じだろうか? 

続きを全部読む

【知ってた?】餃子の王将ではメニューに載っていない裏メニュー「麻婆丼」をオーダーできる / 価格面でもお得!

全国にファンを持つ人気中華料理チェーン、「餃子の王将」。餃子の王将には、語り尽くせない様々な魅力があるが、そのうちの1つが、メニューの幅広さだろう。だが、ただでさえメニュー豊富な餃子の王将に、実は裏メニューがあるという。

その1つと言われているのが、麻婆丼だ。麻婆豆腐はメニューにあるものの、麻婆丼は見たことがない。本当にやってくれるのか? 値段はどうなるのか? 実際に行って確かめてみた。

続きを全部読む

【グルメ】真の麻婆豆腐を食べたいなら『陳麻婆豆腐』に行くしか方法はない / 麻婆豆腐を世界で初めて作った店

真の麻婆豆腐を食べたいならば、『陳麻婆豆腐』に行くしか方法はない。この世には無数に美味しい麻婆豆腐が存在するが、「真の麻婆豆腐」という意味では『陳麻婆豆腐』で食べるしかないのだ。その食堂こそが、麻婆豆腐という料理を創った食堂だからである。

続きを全部読む

【グルメ】世界で初めて「麻婆豆腐」を作った店に行ってみた / 本店と新宿店の違いを検証

中華料理の王様といえば「麻婆豆腐」(まーぼーどうふ)だ。ピリッと辛いスパイス、アッサリとした豆腐、そして挽肉のウマミ、そのすべてが合わさり、美味しさが濃縮された料理である。そんな麻婆豆腐を世界で初めて作った店が、中国四川省の都市・成都にある『陳麻婆豆腐』だ。

・陳ばあさんが作った麻婆豆腐
1860年代に陳ばあさんが作ったのが最初といわれており、ジワジワと中国全土に広まっていった。そして現在、日本でも定番の中華料理として愛されている。今回は、その本店で元祖の味を堪能。さらに新宿店に出向き、味の違いがあるのか確かめてみた。

続きを全部読む

丸美屋の本格麻婆豆腐の素でエビチリを作るとマジウマすぎる件

最近は特設ページ『おかわりラボ』のキャラクターのハチャメチャぶりや、麻婆豆腐の素発売40周年記念で作られた『プレミアム麻婆豆腐の素』が美味しいと話題になっている食品メーカー『丸美屋』。

新発売の商品のみならず昔から家庭の食卓に欠かせない、非常にお手軽にできる料理の具材を作り続けている会社だが、やっぱり有名なのは甘口から辛口まで取り揃えられ、豆腐があればすぐできる『麻婆豆腐の素』である。

続きを全部読む

丸美屋『麻婆豆腐』公式キャラ4人がヤバすぎ! 好きな食べ物は寿司とカレー

丸美屋の『麻婆豆腐の素』シリーズといえば、簡単に本格的な麻婆豆腐を作ることができる絶品レトルト食品だ。もっと贅沢な味わいを堪能できる『プレミアム麻婆豆腐』も人気で、スーパーやコンビニなどでも入手困難な状態が続いているという。

そんな丸美屋に、公式キャラクター4人(ゆるキャラ)が存在するのをご存じだろうか? しかもインターネットコミュニケーションサイトTwitterでメーカーのキャラクターらしからぬ発言をしており、しかもキャラクター設定がおかしいというのだ。

ゆとり世代の「ひとりでランチしたい」新人、通勤電車の苦痛ばかり書きまくる、スイーツ女子(笑)などなど、個性的すぎるキャラクターばかりなのだ。いったいどんなキャラクター設定なんだ……。以下は、4人の丸美屋キャラクターの分析プロファイルである。
 
続きを全部読む