千絵ノムラ (Chie Nomura)

劇作家・演出家・役者 / ライター / スナック雨のママ

2月生まれ。横浜生まれ横浜育ち。劇団唐組、ドイツ留学を経て、演劇ユニット「ビニヰルテアタア」を設立。現在は演劇・文筆業の他、渋谷にある水曜日限定の「スナック雨」のママでもある。

「千絵ノムラ」担当の記事

【2021年福袋特集】TORAYA CAFÉの福袋は、老舗和菓子屋のモダンと品を楽しめる / 福袋特集記事という長い旅路のしめくくりにピッタリだった

長い長い旅がようやく終わろうとしている。当サイトの福袋特集で、私(千絵ノムラ)が担当する最後の記事に辿り着いたのだ。思えば、いままで福袋への偏見もあり買ったことすらなかった私が、一気に14袋の福袋を購入し記事を書いていたのだから不思議なものだ。元旦からの4日間、この壮大な旅のしめくくりに私が選んだのはTORAYA CAFÉの福袋

TORAYA CAFÉはその名の通り、創業約500年の歴史を誇る老舗和菓子屋の虎屋が運営するブランド。就職活動を一切しなかった私に母が「虎屋だけは受けて!」と言ったくらい、家族で虎屋の大ファンであり、私はもう尊敬を超えて「神」だと思っている。そんなTORAYA CAFÉの福袋は如何に!?

続きを全部読む

【2021年福袋特集】皇朝横浜中華街ハッピーニューイヤー福袋は、お正月のご馳走にピッタリだった

横浜中華街、それは魅惑の街。歩いているだけで楽しいし、あちこちから美味しそうな匂いが漂ってきて、ついつい立ち食いしてしまう。しかしこのご時世でなかなか行くこともできなくなってしまった。

しょんぼりしながら高島屋の福袋サイトを見ていると、いいものを見つけた! それがこの皇朝横浜中華街ハッピーニューイヤー福袋。おお! これなら中華街に行かなくても、中華街の味を楽しめるぞ! 昨年12月中に事前購入し、冷凍便にて3日の夜に届いたので、さっそく翌日の家族パーティーで出してみた!

続きを全部読む

【2021年福袋特集】北野エースのレトルトカレー福袋は、カレー好きじゃなくてもテンションあがるレベル

恥ずかしながら私(千絵ノムラ)は先月まで北野エースの存在を知らなかった。カフェレクセルの福袋を予約しに行った際に、向いに北野エースを発見し、「なんだこのカルディと成城石井をミックスしてさらに個性豊かな商品を取り揃えたようなスーパーは!」とがくぜんとした。めちゃめちゃ楽しそうではないか。

そんなこんなですっかりハマってしまい、ちょくちょく覗いていた。福袋記事も担当したいと思っていたが、先にショーン記者に担当が割り振られていたので、自分用にレトルトカレーの福袋を購入していた。するとショーン記者の記事はお菓子福袋ではないか! ということで、私が責任を持って北野エースのレトルトカレー福袋を紹介しよう。

続きを全部読む

【2021年福袋特集】コスメキッチンのラッキーバッグで、ひととおりのスキンケアはOK!

コスメキッチンは世界中のオーガニックコスメを中心にナチュラルアイテムを取り揃えているコスメショップで、東京だけで16店舗あり、女性の支持を集めている。

昨年の12月上旬、代官山駅改札前のコスメキッチンを通りがかると、「2021 コスメキッチン  ラッキーバッグ 2021 整理券配布中」の張り紙が! これは買うしかないと整理券をゲットし、12月中旬に受け取り、新年をまたいだ今、いざ中身を公開!

続きを全部読む

【2021年福袋特集】FAUCHON(フォション)の福袋は、パリジェンヌ気分を味わえる

コロナの影響を受けて、福袋の販売も見直されるご時世になった。販売中止するところもあれば、事前予約やネットのみという店も多い。百貨店の大手、高島屋も今年は店頭販売は一切せず、ネットか店頭での事前予約、もしくは事前購入のみとなっていた。

せっかくネットで選べるならと色々吟味し、数ある福袋の中で心惹かれたのはFAUCHON(フォション)。紅茶とジャムが有名なフランスの美食トップブランドである。高島屋でフォションを買う。うん、素敵だ。一体どんなものが入っているのだろうか。

続きを全部読む

【2021年福袋特集】ウンナナクールの福袋は、バランスはいいけど正直微妙……

ウンナナクール。衣料メーカー「ワコール」が展開する女性用下着ブランド。社名の「une nana cool」とはフランス語で「ちょっとかっこいい女の子」。シンプルな形とカラフルな色使い、ちょっと個性的な柄が特徴の人気ブランドである。かくいう私(千絵ノムラ)も大ファンだ。

そんなウンナナクールの福袋がRakuten Fashionから売りだされていた! ちょうど自分のサイズが残っていたので速攻で購入。一体どんな下着が入っているのだろうか!? 胸の鼓動を抑えながら、配送されてきた袋を開けてみた!

続きを全部読む

【2021年福袋特集】フランセのハッピーバッグはただただ可愛くて、オリジナルエコバッグは飾って愛でたいレベル

読者の諸君は洋菓子のフランセをご存知だろうか。戦後まもなく、渋谷の洋菓子店からはじまった「横濱フランセ」というブランドで、2016年にブランドリニューアルを行い「フランセ」となった。私(千絵ノムラ)は幼い頃からここのお菓子が大好きで、手土産などは必ずフランセのお菓子を持っていく。

当サイトの福袋特集に参戦するならサンリオの次にフランセを! と勝手に熱望しており、2日に店頭で並び、晴れて購入したのであった。すでに店頭で中身を公開していたのだが、あえて把握せず、家で開けるのを心待ちにしていた。それでは、いざ開封!!

続きを全部読む

【2021年福袋特集】イオンのスポーツコーデは、部屋着や公園着にばっちり

非難を恐れず正直に言うと、私(千絵ノムラ)は洋服系の福袋が嫌いだ。嫌いというよりも意味がないと思う。なぜなら絶対に好みのものが揃ってないからだ。好みのものが入っていたとしても、それは一部ですべてを活かせるわけがない。なら好みの服を普通に買う方が効率的に決まってる。今まで福袋を買ってこなかった理由はそれだ。

そんな私が当サイトの福袋特集で、まさかのイオンのレディース福袋担当になってしまった。絶対にやばい。絶望しか感じられない。まあ仕事だから仕方ないかと割り切ることにした。使わないのなら誰かにあげればいいのだし。ということで、期待ゼロで届いた福袋を開封してみた。

続きを全部読む

【2021年福袋特集】資生堂パーラーの福袋は、ちょっとした勝ち組の気分を味わえる

資生堂パーラー。この響きが私(千絵ノムラ)にはたまらない。上品かつオシャレで、ちょっとワンランク上の時間を過ごせそうな、そんな余韻。資生堂パーラーが福袋なんて大衆的なものをやるはずない、と思っていたら意外や意外、普通に販売するとのこと。

当日でも購入可能だが、確実なのはネットで事前購入し店頭で受け取り! という有難い情報を店員さんに教えてもらったので、その通りにした。そして2日に店頭に取りに行くと、「あ、事前購入の方ですね」と手前に並んでいる福袋とは別に、奥から出してくれた。やった! ちょっとだけVIP待遇! それでは待望の中身を!

続きを全部読む

【2021年福袋特集】ポンパドウルの福袋は、忘れていた大事なことを思いださせてくれた

横浜元町で生まれた焼き立てパンのお店、ポンパドウル。その赤い看板は横浜に住む人々にとっては馴染みのもの。店名はフランス王ルイ15世の愛人であり、フランスで初めて本格的なパンづくりに取り組んだ、ポンパドゥール夫人にちなんでいる。

そんなポンパドウルにも福袋があるという情報を店頭でゲット! 人気パンの詰め合わせ!? 米よりもパン派の私(千絵ノムラ)はさっそく予約。一体どんなパンが入っているのだろうか!!

続きを全部読む

【2021年福袋特集】リンツ2021年福袋「Lucky Bag 2021」は成人女性が必要な約4日分のカロリーだった!

チョコレート、それはお菓子の代名詞。身近にあるチョコレートだが、そのメーカーやブランドは千差万別。リンツと聞けば高級チョコレートの部類になるだろう。そう、リンツはスイスのプレミアムチョコレートブランドである。

そんなリンツを気兼ねなく好きなだけ食べたい! その望みを叶えるべく応募した福袋の抽選に見事当選! さっそく店舗で受け取ってきた。一体何が入っているのだろうか!?

続きを全部読む

【2021年福袋特集】カフェレクセル福袋「2021ハッピーバッグ」はエクセルシオールカフェよりも充実していた!

カフェレクセルというコーヒーチェーン店を知ってるだろうか。ドトールコーヒーが運営していて、東京は丸の内と東京国際フォーラム、神奈川は桜木町と鎌倉、そして大阪の御堂筋と合計5店舗。エクセルシオールカフェと兄弟のような位置づけだが、まだまだメジャーではない。

そんなカフェレクセルの福袋はエクセルシオールカフェと同様に、株式会社宝島社が開発・プロデュースする北欧デザインのライフスタイルブランド「kippis®(キッピス)」とのコラボ。エクセルシオールとどう違うのだろうか。購入してみた!

続きを全部読む

【2021年福袋特集】エクセルシオールカフェの2021 HAPPY BAGはとにかくトートバッグが◎!

チェーン店のコーヒーショップほど使い勝手がいいものはないだろう、と個人的に思う。どこの街にあっても基本的に仕様は同じなので気張る必要がなく、時間を潰したりボーッとするのにうってつけだ。その中でもエクセルシオールカフェはお値段も丁度よく、ゆったりできるので割と好きな方である。

今回の福袋特集に参戦するまで、まさかエクセルシオールカフェにも福袋があるなんてまったくもって知らなかった。エクセルシオール好きと言っておきながら恥ずかしい。その恥ずかしさを挽回するためにも、一体何が入っているのか事前予約で購入してみた。

続きを全部読む

【2021年福袋特集】サンリオのレジカゴバッグ福袋3000円は大人が買ってもOK! サンリオのわくわくを思い出させてくれたぞ

いま当サイトは福袋特集で盛り上がっているが、実はこれまでの人生で私(千絵ノムラ)は福袋を買ったことがない。今回はじめて福袋特集に参戦することになり、まず思いついたのがサンリオの福袋。何を隠そう私はキキララ(リトルツインスターズ)が大好きなのだ。

しかし事前抽選のサンリオオンラインショップオリジナル新春福袋2021はハズレてしまい、12月頭より悲しい日々を過ごしていたのだが、本日元旦、横浜そごうのサンリオショップ店頭でなんと福袋が売っていた!! さっそくキキララの福袋を購入してみた!

続きを全部読む

いま長期休業中のサブカル喫茶店はどうなっているか? 阿佐ヶ谷「よるのひるね」の店主に話を聞いてみた

どこの街にも憩いの店がある。飲み屋だったり喫茶店だったりと様々だが、ほぼ全ての店がこのコロナ禍で厳しい現状に置かれている。自粛中の休業の末、そのまま閉店してしまったりと寂しい末路を辿っている店は少なくない。

東京・阿佐ヶ谷にある、サブカルの聖地といわれている夜の喫茶店「よるのひるね」。この店もコロナ禍で休業を余儀なくされたひとつである。5月1日より長期休業しているが、一体どうなっているのだろうか? まずは簡単にお店の歴史から紹介していこう。

続きを全部読む

【気分は文豪】本郷の老舗旅館『鳳明館森川別館』で「1泊2日の文豪缶詰プラン」を体験してきた!

売れっ子作家といえば思い浮かぶは「カンヅメ生活」。締め切りが迫ると、日々の喧騒から逃れて静かな旅館やホテルで原稿執筆に没頭する。そんな「カンヅメ生活」に憧れる人も多いのではないだろうか。

「でも自分は別に売れっ子でもないし、その前にプロの作家でもないし、今のご時世カンヅメ生活してる作家も多いわけじゃないし、別に、しなくっても……」といじけてる諸君に朗報! なんと! 東京都文京区本郷にある老舗旅館で、文豪缶詰体験ができるのだ!! 諸君の思いを胸に、筆者がカンヅメ体験してきたぞ!!

続きを全部読む

【昭和の絵師】きみは同棲ブームを巻き起こした伝説の漫画家「上村一夫」を知ってるか!?  原画展もやってるよ!

その流麗(りゅうれい)な筆画から「昭和の絵師」と呼ばれた伝説の漫画家がいたことをご存知だろうか。彼の名は上村一夫(1940-1986)。シニア世代と呼ばれる人や、カルチャー好きなら聞いたことがあるかもしれない。1970年代前半に代表作『同棲時代』が大ヒットし、若者の間に同棲ブームが起こり「同棲」が流行語になるほどだった。

作画をつとめた漫画『修羅雪姫』は映画化され、これを見て感銘を受けた映画監督クエンティン・タランティーノは、映画『キル・ビル』の中でオマージュしたカットを作ったという。そんな伝説の漫画家・上村一夫の生誕80周年を記念して、代官山蔦屋書店で原画を展示するフェアが開催されているというので行ってみた!

続きを全部読む

【昔ながらのパン屋さん】渋谷の裏路地にこんなレトロ&ホッコリした気持ちになれるパン屋さんがあったとは…! 創業1977年『パリジャン』

お米大国と言えど、日本でも大事な主食の一つであるパン。古くは安土桃山時代に、ポルトガルの宣教師によって西洋のパンが日本へ伝来してきたと言われている。しかしパンが本格的に日本人に受け入れられるのは明治時代。だいたいこの150年のことなのだ。

あんぱん、メロンパン、食パンなどは日本オリジナル! 今やおしゃれなパン屋さんも多い。しかし、ふと目を凝らせば街の一角に、昔ながらのほっこりパン屋さんが確実に存在している! 今回紹介するのは、若者の街・渋谷! JR渋谷駅から徒歩6分ほどにあるパン屋さん「パリジャン」

続きを全部読む

【おうちで純喫茶】姫路名物アーモンドトーストを家でも味わいたく「老舗純喫茶のアーモンドバター」を取り寄せて作ってみた! おまけに「姫路おでんケーキ」も!!

いよいよ緊急事態宣言が解除され、ステイホームの呼びかけも日に日に少なくなっていくであろう今日この頃。だが、まだまだ旅行や遠出を日常化するのは先の話になるだろう。そうすると更に恋しくなるは、ご当地グルメ。

あの日あの時あの場所で食べたあれが、たまらなく恋しい!!  食べたい!! ということで、ケンミンショーにも登場した姫路の名物アーモンドトーストが、姫路に行かなくても家で食べられると聞き、さっそくお取り寄せしてみた!!

続きを全部読む

【ジビエお取り寄せ】おうちで「ヒグマハンバーグ」と「ヤギの睾丸麻婆豆腐」を食べてみた!

昨今、注目を集めているジビエ。ジビエが手軽に食べられる居酒屋やレストランが増えてきて、目にする機会も多くなってきた。しかしそんなジビエ料理屋もいま厳しい状況に置かれている。

横浜に本店をかまえ、渋谷にも支店があるという「珍獣屋」さん。コロナの影響で存続が厳しく、お取り寄せをTwitterからの注文限定で始めたという。なんと、どれも店舗では食べられない通販限定料理ばかり。

こんな機会だからこそ、おうちでジビエを食べてみたい‼︎  ということで、いくつかのメニューからヤギの睾丸麻婆豆腐(1480円)と自慢の熟成ヒグマのハンバーグ(200g 1980円)を頼んでみた!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5