「迷惑メール」にまつわる記事

【楽天系フィッシングメールに要注意】最新事例その4:ニセ「楽天カード株式会社」からの『定期的なID・パスワード変更のお願い/コンピュータウイルスにご注意を』

楽天系フィッシングメールの進化が止まらない。今までも「楽天カード株式会社」を名乗るフィッシングメールや、さらにクオリティがアップしたバージョンなどを注意喚起してきたが、月日が経つにつれ、さらに手口は巧妙化している。

……と前回前々回も、そして前前々回も同じことを書いたが、短期集中連載『最新の楽天系フィッシングメールに要注意』の最終回は、「定期的なID・パスワード変更のお願い/コンピュータウイルスにご注意を」を紹介したい。

続きを全部読む

【実録】ロシアのサイトを見てたら突然「Googleギフトが当選しました!」→ Googleクイズ → iPhoneX当選!! → 個人情報と229円抜かれる → なぜか最後はIQテスト

それはまるで白昼夢。なんだかよくわからない世界に行っていた。いいや、突然、飛ばされた。ロシアのサイトを眺めていたら、突然イミフな展開になった。何が起きたのかを簡単に説明するならタイトル通りなのだが、あらためて説明すると……

ロシアのサイトに飛んだら突然「Googleギフトが当選しました!」と表示され、なぜか唐突に「Googleマニア3択クイズ」が始まり、iPhoneXがもらえると思ったらメアドとクレカ情報と229円抜かれたあげく、なぜか最後は「IQテスト」がおっぱじまって、自分のバカさを再確認するハメになったのである。なんなんだ、いったい……。

続きを全部読む

【実録】昨年末、嵐のメンバー全員から一斉に迷惑メールが届いていたことに今さら気づいた → 内容を読んだら解散の危機だった

なにやら嵐が話題になっているので、なんとなく迷惑メールフォルダを発掘してみたところ……なんと昨年2017年11月ごろ、嵐のメンバー全員からドバドバドバッっと迷惑メールが届いていたことに今さら気づいた櫻井翔くん単独からの迷惑メールはよくあるが、「メンバー全員(&マネージャー)から五月雨式に」は珍しい。

いったい彼らは私に何を伝えたかったのか。なぜ「全員から」だったのか。その謎を解き明かすべく、あえて今、13通のメールを開封してみたい。

続きを全部読む

【楽天系フィッシングメールに要注意】最新事例その3:ニセ「楽天市場」からの『注文内容ご確認(自動配信メール)』

楽天系フィッシングメールの進化が止まらない。今までも「楽天カード株式会社」を名乗るフィッシングメールや、さらにクオリティがアップしたバージョンなどを注意喚起してきたが、月日が経つにつれ、さらに手口は巧妙化している。

……と前回も、そして前々回も同じことを書いたが、短期集中連載『最新の楽天系フィッシングメールに要注意』の第3回目は、「ニセ楽天市場からの注文内容ご確認(自動配信メール)」を紹介したい。

続きを全部読む

【楽天系フィッシングメールに要注意】最新事例その2:ニセ「楽天カード株式会社」からの『【楽天カード】カードご請求金額のご案内』

楽天系フィッシングメールの進化が止まらない。今までも「楽天カード株式会社」を名乗るフィッシングメールや、さらにクオリティがアップしたバージョンなどを注意喚起してきたが、月日が経つにつれ、さらに手口は巧妙化している。

……と前回も同じことを書いたが、短期集中連載『最新の楽天系フィッシングメールに要注意』の第2回目は、「楽天カードご請求金額のご案内」を紹介したい。

続きを全部読む

【楽天系フィッシングメールに要注意】最新事例その1:ニセ「楽天カード株式会社」からの『カード利用のお知らせ(本人ご利用分)』

楽天系フィッシングメールの進化が止まらない。今までも「楽天カード株式会社」を名乗るフィッシングメールや、さらにクオリティがアップしたバージョンなどを注意喚起してきたが、月日が経つにつれ、さらに手口は巧妙化している。

そこで今回から短期集中連載! 最新の「楽天系フィッシングメール」について、4回に分けて注意喚起情報&対策法をお伝えしたいと思っている。まず第1回目は、ニセ「楽天カード株式会社」からのメールを紹介したい。

続きを全部読む

【実録】私が迷惑メールの記事を書けなくなった理由

世界唯一の「迷惑メール評論家」を名乗っている私だが、最近めっきり迷惑メール系のネタを書いていない。人からもよく「羽鳥さん、もう戦っていないんですか?」と聞かれるが、実は水面下で戦っている。人知れず、地味〜に戦っている。

だが、どうにもこうにも戦いが「スイング」しないのだ。だから書いていない。人様にお見せできるエンターテイメントになっていないのだ。

スイングしない原因は、もちろん私にもあるかもしれないが、まちがいなく相手(迷惑メール業者)にもある。たとえば1年以上も前に泥仕合を繰り広げた「ミエコ」もそう。簡潔に説明したい。

続きを全部読む

【続・注意喚起】ついに楽天カード株式会社を装うフィッシングメールが本物と見分けのつかないクオリティに!

以前、「楽天カード株式会社」の名前を語った巧妙なフィッシングメールを紹介したが、あれから約3カ月……そのフィッシングメールはとうとう本物と見分けがつかないレベルに進化を遂げた!

しかも今回配信されてきたフィッシングメールは、以前に紹介した見分け方のコツを、ことごとく潰してきた巧妙な内容で、楽天カードユーザーである私(耕平)も99%信じかけた、今までにない超絶クオリティの仕上がりだ。

しかし、そんなかつてない難敵にも弱点はあった……。ということで、改めて注意喚起を促すとともに、その超巧妙なメールの見分け方と防止策をお伝えしよう。

続きを全部読む

【注意喚起】楽天カード株式会社を名乗るフィッシングメールのクオリティがガチでヤバい

以前、佐川急便を装ったフィッシングメールの数々をお伝えしたが、私(耕平)のメールボックスに、これまでの常識を凌駕した新手のフィッシングメールが受信された。

今回受信したのは「楽天カード株式会社」を装ったメールだ。私も楽天カードを毎月利用していることから、思わずいつものように金額などを確認していたところ、微妙な違和感を感じ、よく見たらフィッシングメールだったというもの。

そのクオリティが半端じゃなく、数々のスパムメールやフィッシングメールを分析していた私でも、その違和感に気づかなければコロッと騙されそうになったほどだ。こいつは世間に出回ったら本当にヤバい! 注意喚起を促すとともに防止策をお伝えしよう。

続きを全部読む

【実録】ついにホリエモンこと堀江貴文氏をかたる迷惑メールが登場 / ここ最近の「有名人系迷惑メール」の人選に異変が

もはや迷惑メールという存在は、「今さら誰が騙されるのだろう」的な存在になってきた。手法や内容は微妙に変化しているが、怪しい出会い系サイトや架空請求に飛ばすといった「最終的な目的(=金)」は昔のままで、なにひとつ進化していない。

ところがどっこい、ここ最近。どういうわけだか、芸能人や有名人をかたる系の迷惑メールに、地味な異変が生じているのである。その異変とは……ずばり、人選だ。

続きを全部読む

【実録注意喚起】Amazonマーケットプレイス詐欺の「販売業者」に電話したら相手が出た! あなたの電話番号が勝手に使われてしまう可能性も!!

いま、Amazonを舞台にした大規模な詐欺事件が横行している。どんな手口なのかをシンプルかつ簡単に説明すると、「Amazonのマーケットプレイスで、ありえないほどの激安価格で商品が売られている → 購入しても商品が届かない」てな感じだ。

彼らの真の目的は後々に説明するとして、どんな出品者が詐欺ってるのかなァ〜……と調査をしてみると、大きく分けて2つのパターンに分類されることがわかった。

まずひとつは、名前も英語の外国人風、住所も外国人の「見たまんま怪しい出品者」。過去の販売実績もゼロなので、すぐに怪しいと分かる。そしてもうひとつは、過去にAmazonで販売した実績のあるアカウントが乗っ取られているパターンだ。

続きを全部読む

【実録】ブラウザに関する意見調査を装ったフィッシング詐欺「2017年年次訪問者調査」にクレカ情報や個人情報を入れたりして最後まで進んだらこうなった

春と同時に福も来た!! なぜならば、さる4月6日、いつものようにパソコンを開いて、Webブラウザ「Chrome」でネットサーフィンをしていると……突如「本日のラッキーな訪問者はあなたです」と、実にめでたいポップアップが表示されたのである!

さらに「この簡単な調査を完了していただくと、弊社からの感謝の印として、 HD Streaming Movies® のいずれかが当たるチャンスが与えられます!」と書いてある。『HD Streaming Movies』が何なのか不明なうえ、『弊社』がどこなのかも不明なのだが、とにかくビッグなチャンスが到来した。今年は本当にツイテルツイテル〜!!

続きを全部読む

【実録注意喚起】iPhone「メッセージ」の未読が1万5000件あたりになると使い物にならなくなる

LINEやFacebookメッセンジャーなどの登場により、あまり使わなくなった感もある「携帯メール」ことSMS(MMS)。しかし、相手によってはバリバリ現役で使っていたりするので、定期的に未読のチェックはしておきたい。だがしかし……

ウザい迷惑メールもバリバリ届くSMSは、ついつい「未読」も増えがちだ。気がついたら未読件数が100、300、500……と増えていき、そのうち1000件、5000件……と膨れていくのだが、1万件を過ぎたら要注意。そのうち使い物にならなくなるぞ!

続きを全部読む

【実録】車のエンジン音を架空請求にしてみた

車を運転している時、きっと誰しもが「エンジン音が●●●だったらなァ〜」と妄想したことがあるだろう。ある人はV8エンジン! またある人はフェラーリのV12エンジン、またある人は大型バイクのVツインエンジン……と、その妄想は人それぞれ。

そんな妄想を実現させる夢のガジェットが、以前紹介した『SoundRacer X』なのだが……実はコレ、「自作のエンジン音」を追加することも可能なのだ。妄想が現実に! ということで、少し前にバトルした架空請求の音声をエンジン音にしてみた。

続きを全部読む

【要注意】佐川急便を装う「なりすましメール」のクオリティが上昇中 / クオリティ別に比較してみた!

昨今、ヤマト運輸を装った「なりすましメール」が世間を騒がせているが、同じく大手運送会社の佐川急便を装う迷惑メールも存在する。その内容も様々で、一発で「ウソだろ」とわかるものが多いが、最近はかなりの勢いでクオリティが上昇中……。

ということで、今回はそんな佐川急便の「なりすましメール」をクオリティ別に「松竹梅」のランク形式で解説しようと思う。

続きを全部読む

マイクロソフトが注意喚起! 『ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。』という件名のメールは詐欺なのでご注意を!!

情報の早さと深さでは他の追随を許さないインターネット。「気になるものがあればまずは検索」という癖がついている人も多いだろう。世界の裏側とも一瞬でつながれるインターネットは、現代社会を形作っている大きな要素の一つ。しかし、それは言わば光の側面。そして、光があるところには闇もある

「ネットの闇」として有名なものの1つがフィッシング詐欺。自分が信頼している有名企業の名前でメールが来ると、思わず見てしまう人もいるのではないだろうか。2017年1月31日、マイクロソフトがツイッターでフィッシングメールの注意喚起をしているためお伝えしたい。

続きを全部読む

【実録】アダルトサイトで動画を再生したら突然スマホから「カシャ」とシャッター音 → いきなり15万円も請求されたので業者に電話をしたらこうなった

いまだに騙される人が後を絶たない架空請求。男として、特に心を痛めるのが「アダルトサイトの架空請求で●●●万円騙し取られた」みたいな報道だ。つい最近では、なんと1124万円も払ってしまった群馬の男性が話題になっていた。なぜ……みんな騙される!?

ということで、今回ターゲットにしたのはアダルトサイトの架空請求。それも単なる架空請求ではなく、「スマホで動画を再生した瞬間にシャッター音が鳴ったうえ、法外な金額を請求してくる悪質なサイト」が標的だ。男性は無論、特に青少年は必読だぞ!

続きを全部読む

予告編【実録】GO羽鳥VS架空請求

Report:迷惑メール評論家・GO羽鳥
こちらもどうぞ → 『GO羽鳥の【実録】迷惑メールシリーズ

【実録】Amazonっぽい迷惑メール「Anazon(アナゾン)」は本当に何の面白みもないクソ迷惑メールなので要注意

多くの人は、迷惑メールが届いたら「ふざけんな!」と怒るだろう。もちろん私(羽鳥)も怒るが、まず迷惑メールを送ってきてくれたことには「ありがとう」と感謝している。しかし、その内容がつまらなかったら「ふざけんな!」と怒るのだ。

たとえば以前に紹介した迷惑メール『Amazone(アマゾーン)』は「ふざけんな」というよりも、キラリと光るセコ技に「なかなかやりおる」と私は唸った。巧妙なテクや心理戦を私は高く評価する。だがしかし、今回ご紹介する迷惑メールは……

続きを全部読む

【実録】隙あらばAmazonのサインイン情報をぶっこ抜こうとする迷惑メール『Amazone(アマゾーン)』に要注意

「羊の皮をかぶった狼」という言葉があるが、「バカっぽいけど実は策士な迷惑メール」もある。例えば今回ご紹介する迷惑メールもそのひとつだ。「Amazon(アマゾン)」からのメールかと思いきや、よ〜く見ると「Amazone(アマゾーン)」(笑)

──と、油断したら痛い目にあう。ナメてかかったらAmazonのアカウントごと乗っ取られる。クレカ情報もヤバイかも。さらにさらに、情報が抜けないと見るやサクっと諦め、別の方法で小銭を稼ごうとする……という実に策士な迷惑メールなのである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6