「自動販売機」にまつわる記事

【コンビニ超え】有名店のラーメンを24時間販売する冷凍自販機「RAMEN STOCK 24」が画期的すぎてスゴイ! ラーメン凪、吉祥寺武蔵家など

ジュースの自販機ならそこらじゅうに転がっているが、ラーメンの冷凍自販機はさすがに見たことがなかった。しかも置いてあるのは「ラーメン凪」や「吉祥寺武蔵家」といった超有名店のラーメンだという。マジかよ、レジェンド級ではないか。

2021年6月より東京の板橋・中野・高田馬場にて(7月19日時点)24時間365日稼働している自販機、その名も『RAMEN STOCK 24(ラーメンストックニジュウヨン)」。どことなく当サイトに名前が似ていることもあり、私(あひるねこ)は知人に会うような気分で現場に駆け付けたのだった。

続きを全部読む

昭和ノスタルジー再び! レトロ自販機プラモデル「うどん・そば」の登場でドライブインがつくれる

株式会社ハセガワの80周年記念キット、昭和ノスタルジックなプラモデルシリーズに待望の第2弾が登場。第1弾のハンバーガーと並んでレトロ自販機の代名詞といえば「うどん・そば」である。

過去記事でも取り上げたように、現役でマシンが活躍する現場もたびたび話題になるから、むしろこちらの方がメジャーかもしれない。これは作らずにはいられない!

続きを全部読む

『ご当地レトルトカレー自販機』を発見したので買ってみた結果 → 人生39年間で1番ウマイカレーに出会った

コインを入れたら商品がガコンッ! 人と接触することなく購入できる自動販売機はコロナ禍の今こそ注目されるべき存在である気がする。そんな中、浅草で『ご当地レトルトカレー自販機』が置かれているのを発見した。

格安切符自販機に、昆虫食自販機どすこい自販機など、自販機も多種多様な今日この頃。ご当地レトルトカレーの自販機があっても不思議ではないが、自販機には「日本初!」と書かれていた。そう言えば、見たことない気がする。これが盲点というヤツか。そこで購入してみることにした。

続きを全部読む

新型冷凍自販機「ど冷えもん」にお金を入れて、昔ながらの醤油ラーメンを出してもらった / 東京・新宿『大平軒』

22世紀の未来からやってきたネコ型ロボットは『ドラえもん』だが、21世紀の新型冷凍自動販売機といえば……もちろん「ど冷えもん」である。一般冷凍食品はもちろん、外食店の冷凍食品も販売できる優れモノ。時短営業せざるを得ない店舗の救世主的存在らしい。

そんな「ど冷えもん」をいち早く取り入れたのが新宿・四谷のラーメン店『大平軒』。たしかに営業時間外でも “お店の味” が楽しめるなら良いかも……というワケで、ドヒエモンにお金を投入してラーメンを出してもらったぞ!

続きを全部読む

だしの自販機に売ってた『すっぽんスープ』が気になったので飲んでみた → なんて上品で贅沢な味ッ…!!

ジュースの自販機のようなたたずまいながら、「渾身のだし」の煽りが強い『だし職人』の自販機。おいしそうなだしが並ぶ中、ひと際存在感を放っていたものがあった。

それは、高級食材として知られるすっぽんのスープ。すっぽんと言えば滋養強壮……なんかスゴい味がしそう。

ジュースの自販機に売ってるスープの値段と比べるとややお高めだけど、すっぽんなんて食べたことないし、スープはどんな味がするのだろう? 実際に買って確かめてみよう!

続きを全部読む

昭和の遺物、懐かしの「レトロ自販機」プラモデルが登場! キミはあのシワシワのハンバーガーを覚えているか

ガンダムやスポーツカーなど、時代を超えて愛される定番商品がある一方、「誰得!?」と思うようなニッチな商品が、しれっと登場するプラモデル界。

先日も見つけてしまった。昭和生まれに刺さりまくるアイテムを。

ほんの数百円で、ほかほかに温められたハンバーガーが出てくる「レトロ自販機」である。いや、レトロなんてのは私たちが勝手に呼んでいるだけで、当時は「最先端自販機」だっただろう。いまや絶滅危惧種、感傷の涙を流しながら作ってみた。

続きを全部読む

切符を正規価格より安く買える『格安切符自販機』で電車に乗ってみた → 問題はないのかJRに聞いた結果

突然だが、皆さんは「格安切符自販機」というものをご存じだろうか? 私(中澤)は知らなかった。姫路で見かけるまでは

JR姫路駅前の東口を出てすぐ、ドーミーイン姫路との間くらいで異様な存在感を放っていたこの自販機。余白に所せましと張られた貼り紙は、切符が正規価格より安く購入できることをガンガンアピっているではないか。なんじゃこりゃあッ!

続きを全部読む

【どすこい】両国の「どすこい自販機」で60円の「どすこいドリンク」を買ってみた → 1日どすこいできるドリンクが出てきましたァァアアア!

先日、両国で取材をした帰りに「ついでに名物でも買っておくか~」と思いググってみたところ「あんこあられ」なる和スイーツがヒットした。元横綱・千代の富士さんもよく購入していた手土産らしい。なるほどなるほど、間違いなく美味しそうだな……

というわけで、両国駅から歩いてスグの『國技堂(こくぎどう)』を目指すことに。大正12年創業の老舗店とのことで期待値はグングン上昇。さあ果たして、どれほど美味しいのだろうか。おっ、のぼり旗を発見。お店に到着したよう……だが! まだ営業前。やべっ、営業時間を調べてなかった!

続きを全部読む

【違い検証】大人気の「飲むソフトクリーム」系ドリンクを飲み比べたら…異質なほどパンチの弱いヤツがいた / ローソン VS ミニストップ VS アキュア

ここ最近、飲むソフトクリーム系ドリンクが次々と発売されている。3月9日にローソンから『飲むソフトクリーム』が、3月16日にはミニストップから『のむソフトクリームバニラ』が、同日にはacure(アキュア)の『贅沢バニラミルク』も……といった具合。

まるで2年前のタピオカブームを彷彿とさせるペースであり、甘いものが好きな私にとっては嬉しい限り。しかしながら、さすがにここまで次々と発売されたら、何が良いのかよく分からない。

そもそも、飲むソフトクリーム系ドリンクというジャンルで味に差があるのかも分からない。どれを選んでも味はほぼ同じという結果だって、十分考えられる。……と思いながらとりあえず飲み比べてみたら、それぞれの味が全然違ったので報告したい。

続きを全部読む

自動販売機で「カキフライ」を買ってみた

誰でも不意に「カキフライ」を食べたくなる瞬間があるのではないか。「カキフライの気分だな」くらいの衝動ならまだ1日2日はガマンできるが、時として半日、いや1時間さえも待てないほど窮地に追い込まれることもある。今すぐ食わないと、おかしくなりそう的な。

まさに今日、私は崖っぷちだった。1粒でいいから食いてえ! そう思っていたのだが、なんと幸いなことに、たまたま訪れていた虎ノ門ヒルズに「カキフライを買える自動販売機」があると知った。それはちょうどイイ! 自販機でカキフライを買って食ってみるか!

続きを全部読む

自動販売機で「真珠の指輪」を買ってみた

昨年11月、東京・吉祥寺にちょっと変わったガチャが登場して話題になった。それは “真珠のガチャ” だ。1回1000円でハズレなし。愛媛県宇和海の「あこや真珠」が手に入るというものだった。

その進化系とも呼べる「真珠の自動販売機」が、渋谷のレイヤードミヤシタパークに登場した。真珠のアクセサリーを購入できるそうなので、指輪を購入してみたぞ!

続きを全部読む

提供:日本コカ・コーラ

実物大ガンダムの足元に「謎の自販機」を発見したので担当者に話を聞いてみた結果 → ガンダムとジョージアの共通点が判明する

ロマンスポットの宝庫である横浜。赤レンガ、みなとみらい、中華街とキラキラスポットは有名だが、現在、別の意味でロマンを追求しているのがガンダムファクトリーヨコハマにある実物大“動くガンダム”だ

天を衝く18メートルの巨体はアニメそのまま。しかも、立っているだけではなく動くのだから、なおさら現実のこととは思えない。いまだかつて誰も見たことがない光景がそこにある。まさにロマン。そんなガンダムの足元に謎の自販機が置かれているのを発見した。

続きを全部読む

【世界遺産】石見銀山で純和風な自販機を発見 / チョンマゲ姿の大名がコーラを買っていたとしても違和感はゼロ!

歴史的な建築物がある集落や町並みを観光資源としている地域では、コンビニやスーパーなどの建物が、街の雰囲気にふさわしい姿にデザインされている。つまりカメレオンのように、周囲の景色に違和感なく溶け込むよう工夫されているわけだ。

そんで先日、島根県の世界遺産である「石見銀山」の大森エリア、いわゆる江戸時代の代官所や武家屋敷が並んでいる地域で、すんごい自動販売機を発見したので報告したい。景色に溶け込もうと努力して、逆に死ぬほど目立ってしまうとは……もちろん良い意味でね。

続きを全部読む

愛されすぎてレトロ自販機が「うどんスープ味」のパウンドケーキに! 思わず「えっ」と二度見する驚きの再現度!!

かつて全国のドライブインやゲームセンター、市民プールなんかに並んでいた麺やハンバーガーの自動販売機。

お金を入れると加熱された温かい料理が出てくるもので、現役でがんばっている機器がときおり話題になる。修理したくても交換部品がないなど今や貴重な存在、「レトロ自販機」と呼ばれて密かなブームとなっているとか。

秋田県秋田市にも地域の名所となったうどん・そば自販機があるらしいのだけれど……あまりに愛されすぎてパウンドケーキになってしまった! どういうことか、これを見て欲しい!

続きを全部読む

【動画あり】羽田空港で『お~いお茶からくりマシーン』を発見! 160円で「お茶づくりの旅」へ出発できるぞ!

先日、羽田空港の第1ターミナルで、見慣れぬグリーンの自販機を発見した。近づいてよく見ると、どうやら伊藤園の「お~いお茶からくりマシーン」らしい。からくりマシーンといえば、コインを入れたら動き出すアレのことか。ほほう、面白そうだな。

実はすでに飛行機の搭乗手続きを済ませていて、出発までの時間を持て余していたところ。チョイ恥ずかしいけど1本買ってみるか、ってことで160円を投入。ボタンを押したらズドンッ! と「お~いお茶(500ml)」が落ちてきたぞ。さあいよいよ、からくりが始まる……。

続きを全部読む

【動画あり】プリングルズ専用の自販機が底なしのハッピー野郎すぎて元気をもらえるレベル / 今の世の中にはコイツが必要だ

一枚食べたら止まらないプリングルズ。シンプルな味で世界的に人気のグローバル・ポテトチップスである。ここ日本ではスーパーやコンビニの常連でもあるが……

なんとプリングルズ専用の自動販売機を発見した! 思いっきりパッケージの澄んだ目のオッサンがプリントされてるゥゥゥウウウ!!

続きを全部読む

【予想外】「りんごジュースだけの自販機」が上野に設置されたと聞いてダッシュで行ってみた結果 → 大切なことを教わった

突然だが、あなたは自動販売機でジュースを買う時、どれを買うか迷ったことはないだろうか? 私(中澤)は、結構いつも迷ってしまう。事前に決めていても、いざ色んなジュースを目の当たりにすると「こっちも良いな」となっちゃうのだ。

しかし、私を含む優柔不断さんたちも、こんな自販機なら迷わなくて済むかもしれない。JR上野駅構内にりんごジュースしか売っていない自販機が登場したのである。

続きを全部読む

【伝説の付録】幼稚園9月号に「セブンティーンアイスの自販機」が再登場したので作ってみたら…すごかった / 設計した人、ただ者ではない!

雑誌『幼稚園』の勢いが止まらない。過去記事でもリアルすぎるセブン銀行ATM公衆電話、そしてなりきり牛丼屋ができる「吉野家 ぎゅうどんづくりゲーム」などを紹介してきたが、ここに伝説の付録が復活した。

そのあまりの完成度で売り切れ続出、長い『幼稚園』の歴史でも初めて重版となったという昨年7月号の付録「セブンティーンアイスじはんき」が再登場。去年買えなかったお友達も必見だ。

続きを全部読む

ダイドードリンコから『ミスティオコーラ』が出てるやん!  “某有名コーラ” と飲み比べてみたところ驚くほどアレだった

みなさん、コーラはお好きですか。個人的な話で恐縮だが、記者がコーラと聞いて思い出すのは漫画『ガラスの仮面』だ。ある時どん底な状況にある主人公・北島マヤちゃんが、コークハイを半ば無理やり飲まされて大切な舞台に穴をあけてしまう回があった。記者はあの漫画で初めて「コーラというものを飲んでみたい」と思ったものだ。

ガラカメ、いつ最終回を迎えるんだろうな……。まあそれはさて置き、あのダイドードリンコが自販機限定でコーラを出してるってご存知? 真っ赤なパッケージが目を引くので、飲んだことがある人も多いだろう。コレって、あの某有名コーラと味の違いはあるのだろうか。ふと疑問に思ったので、飲み比べてみたぞ。

続きを全部読む

「日本アムウェイ」が販売するエナジードリンクを飲んでみた

エンナァジイイイィィィッッ! みんなエナってるか? 久しぶりだな。エナジードリンクをこよなく愛する男、エナジーマンだ!! 今回は読者から寄せられたエナジータレコミ、略してエナコミの検証をしていこうと思うぞ。

なんでも「日本アムウェイ」が販売するエナジードリンクの自販機があるらしいのだ。マジかよお前、とんでもねぇもんブチ込んでくるな。自販機が設置されている大まかな場所も書かれていたので、さっそく俺は現場へと向かうことにした。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4