「映画館」にまつわる記事

「ユナイテッド・シネマ」が国内初の “ポップコーンのデリバリー” を開始 / 実際に利用してみたらハイレベルなサービスだった

例えば祭りの屋台の焼きそばや、海の家のカレー、そして映画館のポップコーン。非日常の場所で、あるいは特別な空気感の中で食べると一際美味しく感じる料理というのが、この世には存在すると思う。筆者はこれらを「郷土料理ならぬムード料理」と心の中で勝手に呼んでいる。

さて、ここで取り上げたいのが、有名シネコンの「ユナイテッド・シネマ」が先日2020年8月6日から開始したサービスである。なんとあの「Uber Eats」と連携して、映画館のポップコーンをデリバリーしだしたというのだ。筆者が勝手に「ムード料理」と呼んでいるものの界隈に、いま激震が走っている。

続きを全部読む

イオンシネマのワンデーフリーパスポートで映画鑑賞の限界に挑んでみた → お尻と頭が限界突破しそうに

なんとイオンシネマから、2500円(税込)で1日中映画見放題になる「ワンデーフリーパスポート」が2020年7月3日〜7月31日の期間限定で登場した。特別料金作品など一部対象外のものもあるが、1日中映画館で映画を見ていられるなんて、夢のような話だ。

そんな夢を叶えるべく、ワンデーフリーパスを使って映画鑑賞の限界に挑んだ結果、己の肉体の限界にも挑むはめになってしまった……。

続きを全部読む

【第7回】子供と乗り切るテレワーク / 休みの前日は秘技「映画館ごっこ」で罪滅ぼし

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか? 我が家ではなるべく娘中心の生活を心がけてきたつもりですが、基本的にはインドアな生活をしていたので娘のカロリーは消費し切れなかった印象です。今年に限っては致し方ないのかもしれませんね。

さて、あっという間にゴールデンウィークも過ぎ去り、我が家は「保育園なしのテレワーク期間」に再突入しました。休みの間ほどは構ってやれませんが、それでも娘のケアは最重要課題の1つです。今回は「今日は本当に何もしてやれなかった……」という時に使える秘技『映画館ごっこ』をご紹介しましょう。

続きを全部読む

【コロナの影響か】TOHOシネマズ日本橋の上映ラインナップに異変 → ネットの声「もはや拷問」「最高」「豪華すぎる」…でも心配なのは “アレ”

「異変」といっても、映画ファンにとってはある意味で「嬉しい異変」と言えるだろう。──と同時に、もどかしい「ジレンマ」も生むことになるかもしれないが。

なんの話かと言うと、東京・日本橋にある『TOHOシネマズ日本橋』では4月3日(金)から、映画史に燦然(さんぜん)と輝く名作をブッ込みまくった豪華ラインナップを上映するのだ! 

控えめに言っても最高すぎるだろ コレェェェ!!!! と歓喜してしまう作品は、次の通りだ。

続きを全部読む

新型コロナウイルスに映画業界も悲鳴 / 関係者「完全にお手上げ状態です」

いまや日本を含む一部の国や地域にとどまらず、世界中で感染例が報告されている新型コロナウイルス。その影響力は甚大で、健康そのものはもちろんのこと世界経済にも暗い影を落としている。

今回お伝えするのは映画業界。新型コロナウイルスは映画業界にどのような影響を及ぼしているのか? 関係者数名に話を聞いたところ、映画業界も例に漏れず、かなりヘビーな状況になっているようだ。

続きを全部読む

ロシアの戦車映画『T-34』を一晩ぶっ通しで鑑賞!? 狂気のオールナイト上映に参加して分かった至上の映画愛とは / 京都みなみ会館

「人と同じ」であることに安心感を覚えるジャパニーズにとって、個性を貫くというのは難しいことだ。たとえ頭のなかに画期的なアイデアが浮かんでも、それを口に出したり実行に移せる人は決して多くない。しかし──。

おそらく未だかつてないであろうアイデアを、実行に移してしまった映画館が京都に存在した。ロシアの戦車映画を一晩ぶっ通しで鑑賞するという、ハードボイルドすぎる上映会。そこから見えてきた至上の映画愛とは何か。現地取材でお届けします!

続きを全部読む

34.97956135.751285

【独断】『天気の子』を見るなら「TOHOシネマズ新宿」がベストである理由

『君の名は。』の新海誠監督による最新作『天気の子』が2019年7月19日、全国の劇場で公開された。世間からの注目度や予想される興行収入など、あらゆる点で今年を代表する作品であることは間違いないだろう。

さて、私(あひるねこ)も先週末、本作を見に映画館まで行ってきたのだが、そこで一つ確信したことがある。もったいぶらずに言ってしまおう。『天気の子』を見るなら、映画館は東京「TOHOシネマズ新宿」がベストだッ! 以下で理由をお伝えしたい。

続きを全部読む

【現地レポ】『千と千尋の神隠し』が中国で18年越しの公開! 初回上映の様子を正直にお伝えするぞ!!

本日2019年6月21日は日中両国にとって記念すべき日となる。言わずと知れたスタジオジブリの大大大ヒット作『千と千尋の神隠し』中国全土で初上映されるのだ。ちなみに中国のタイトル表記は『千与千寻』。「神隠し」がどこ行っちゃったのか気になるところである。

公開にあたって宮崎駿監督が中国ファンに向けて書いたメッセージとイラストがお披露目されるや、中国版ツイッター『微博』には6000近くのコメントが寄せられた。中国版ポスターが「美しい」と話題になるなど、注目の高さがうかがえる。

私は幸運にも、この歴史的瞬間を中国の地でむかえることになった。こうなったら朝一番のチケットを予約するほかないではないか。今日は熱気に沸く現地の様子を余すことなく、日本の皆さんにお伝えしたいと思う!

続きを全部読む

【100均検証】あらゆる場所が “ドリンクホルダー付き” になるダイソーの「ドリンククリップ」は心が躍るハッピーアイテム

映画館に行くと嬉しくなるのは、座席の手すりのところにドリンクホルダーが付いていること。オレ専用。それが嬉しい。長距離バスのドリンクホルダーだって意味もなくクイクイしてると嬉しくなるし、自動車のドリンクホルダーも「何を入れてやろうか」と心が躍る。ようするに……

ドリンクホルダー付きだとハッピーなのだ。

となると、あらゆる場所が “ドリンクホルダー付き” になるダイソーの「ドリンククリップ(100円)」は、いつもの日常に “嬉しさ” をプラスしてくれるハッピーアイテムといっても言い過ぎではないだろう。

続きを全部読む

【悲報】TOHOシネマズが映画料金の値上げを発表! 一般1900円に… / ネット声「100円はデカいぞ」「映画館に足運ばないやつが悪い」

最近、食品の値上げのニュースがよく報じられるが、その波がついに映画にまで及ぼうとしている。本日2019年3月18日、シネコン大手の「TOHOシネマズ」が映画鑑賞料金の値上げを発表したのだ。

改定されるのは2019年6月1日からで、これにより現在1800円の一般料金が1900円に変更となる。映画ファンにとっては痛い出費増になりそうだ。

続きを全部読む

【コラム】映画館で飲むビールはいつもの10倍美味しい

映画館と言えばポップコーン! あの香りを嗅ぐと条件反射で「映画館に来たな~」という気分になるのだから、嗅覚というものは恐ろしい。いいよね、ポップコーン。ちょっと多目なあの量を、恋人ときゃっきゃしながら食べられたら最高だよね。

とはいえ、そうは問屋が卸さないのが人生。大人になればなるほどひとり映画の機会が増え、またそれが楽しくなるというもの。そんな大人のお伴として最適なのがビールだ。映画館のビールは高いって? ノンノン。コスパ云々はどうでもよくなる、幸せな世界がソコにはあるっ!!

続きを全部読む

【激論】Twitterで「映画館でスマホを見ないでください」と投稿、波紋を呼ぶ → 反対派「神経質すぎる」「さっとなら良くない?」など

「お・も・て・な・し」の精神で勝ち取った2020年の東京オリンピックを約2年後に控える日本。さあ、世界のみなさん規律正しい日本にいつでもおいでなさい! ……と言いたいところだが、残念ながら普段生活をしているとマナーやモラルが欠如した行動を目にする機会はまあまあある。その1つが『映画館でスマホを見るヤツ問題』だ。

いまTwitter上ではこの『映画館でスマホ見るヤツ問題』がアツい話題になっている。総じて見ると多くの人がかねてから腹に据えかねる問題だったらしいが、一方で「何が問題なの?」という意見も少なからずあるから世も末……なのだろうか。

続きを全部読む

【要注意】アカデミー賞3部門受賞の映画『ダンケルク』をブルーレイ&DVDで見てはいけない理由

映画の祭典、第90回アカデミー賞授賞式が現地時間2018年3月4日(日本時間3月5日)、米ロサンゼルスで開催された。まずその大きなトピックとして、日本人アーティストの辻一弘さんが、メイク・ヘアスタイリング賞を受賞したことが挙げられるだろう。これは日本人として初の快挙なのだ。

さて、今回は3部門を受賞した『ダンケルク』について、まだ映画をご覧になっていない方に注意しておくことが1つある。どうか心して聞いてほしい。実はこの作品、すでブルーレイ&DVD化されているのだが、初めて見る人は絶対にそれらのソフトで見るべきではないのだ! なるべく、のような話ではないぞ。これは絶対である!!

続きを全部読む

【コラム】映画を見に行って、エンドロール後にまだ続きあった時の様々な感情について

映画館には特有のワクワク感がある。建物に入った瞬間のあの独特の匂いや、カーペットの歩き心地。ひんやりとした不思議な静けさ。スクリーンを横目に席に着く瞬間も、なかなかにたまらないものがある。映画館の非日常感が好きという人は、きっと多いのではないか。

ところで、あなたは映画が終わったらどのタイミングで席を立つだろうか。エンドロールの途中? それとも後? まあそれ自体は、周囲への配慮があるなら個人の自由だと思うが、たまにエンドロールの後にまだ続きが存在することがあるのだ。今回は、その時に沸き上がる様々な感情について考えてみたい。

続きを全部読む

【パパママ必見】“授乳OK上映” って何!? 日本最古級の映画館『高田世界館』が母乳をあげながら鑑賞できる回を始めてたので子供と行ってきた

子供が生まれると、何かと制約ができるものだ。そのひとつが「映画館での映画鑑賞」。子供向け映画でない限り、乳幼児を連れていけるわけもなく、「映画を見ている間だけ預ける」というのも難しい人が多いだろう。

私も1才になる娘がおり、生まれてから1度も映画館に足を運んではいない。次に映画を見に行けるのは何年か後のことかなぁ……と思っていたら! 

ある映画館で「大人向けの映画でベビー&幼児同伴OK」、しかも「授乳しながら見てもOK」という回があるというではないか! 映画を見ながら授乳もできてしまうとは……一体どういうことなのか、実際に行ってみた!

続きを全部読む

37.117405138.245175

米ホラー映画『アナベル 死霊人形の誕生』を鑑賞して「取り憑かれたかのように絶叫しまくる女性」の動画が恐ろしすぎる……

まだまだ暑い日が続くなか、少しでもヒンヤリした感覚を味わいたくて、ホラー映画を鑑賞したという人もいるのではないだろうか。

しかし、なかには背筋がゾクゾクするだけでなく、悪霊に取り憑かれたような状態に陥ってしまう人もいるようだ。というのも、米ホラー映画『アナベル 死霊人形の誕生』を見た後に絶叫しまくる女性の動画が、恐ろしすぎると話題になっているのである。

続きを全部読む

【沖縄の至宝】首里城より古い! 世界遺産級のビジュアルを誇る貴重なピンク映画館を貸し切りにしたよ! Byクーロン黒沢

沖縄を代表する観光地「首里城」から信号を2つ3つ渡って住宅街に入り、静かな道を右に左に歩くこと7分。なんの変哲もない民家が密集する細い路地のど真ん中に、廃墟を通り越した古代遺跡のような、ガビガビになった建物が!

建物のてっぺんには「首里劇場」という巨大な屋号。こちらは終戦間もない昭和25年(1950年)にオープン。年々ヨレヨレ度が増してゆくなか、今も自然体で営業を続ける沖縄最古・奇跡の映画館である!

続きを全部読む

26.221443127.716448

日本最古級の映画館ってどこか知ってる? 行ってみたら映画を見るのに最高の場所だった! 新潟『高田世界館』

映画は、もっとも気軽に楽しめるエンタメだ。その一方で、近年、映画館に足を運ぶ人が減っているという。県庁所在地から映画館が消滅した地域もあるというが、そんな状況下で100年以上の歴史を持つ現役シアターが存在するのをご存知だろうか?

そう、明治生まれの105才! もちろん日本最古級!! 3Dや4Dが流行するなか、ほぼ当時のたたずまいで営業中なのだ。一見、時代に逆行しているようにも聞こえるが、一体どんな映画館なのか。実際に行ってみた!

続きを全部読む

37.117405138.245175

【豆知識】県庁所在地に映画館がないのは奈良だけじゃない! 山口県山口市も映画館ゼロだった / 2012年に消滅していたと判明

以前、映画館が唯一ない都市として奈良市を紹介したが……申し訳ございませんっ! 完全に記者のリサーチ不足でした!! 実は奈良以外にも県庁所在地に映画館がない都市があったのだ。それは山口県山口市である。

山口市は2012年に市内の映画館が閉館して以降、県庁所在地に映画館がゼロの都市になってしまった。先んじて2010年に映画館が消滅した奈良市では、映画祭などが行われているが山口市の映画事情はどうなのだろう。実際に山口市の方に聞いてみた!

続きを全部読む

THXスペシャルサウンドで『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』を観た感想 →「マジですごい。2回目以降なら断然オススメ」

世界レベルで興行収入の記録を塗り替えるなど、大絶賛公開中の映画『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』。もうご覧になった方も多いとは思うが、「もう1回観たい!」という人も多いことだろう。そんな人にはぜひ “THXスペシャルサウンド” での観賞をオススメしたい。

実は筆者も半信半疑で「そこまで変わらないんじゃないの?」と思いつつの観賞だったのだが……これが全然違う! ストーリーに釘付けになってしまう初回ならともかく、2回目以降ならハッキリ違いがわかる、まさにハイパーサウンドだったのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2