映画館と言えばポップコーン! あの香りを嗅ぐと条件反射で「映画館に来たな~」という気分になるのだから、嗅覚というものは恐ろしい。いいよね、ポップコーン。ちょっと多目なあの量を、恋人ときゃっきゃしながら食べられたら最高だよね。

とはいえ、そうは問屋が卸さないのが人生。大人になればなるほどひとり映画の機会が増え、またそれが楽しくなるというもの。そんな大人のお伴として最適なのがビールだ。映画館のビールは高いって? ノンノン。コスパ云々はどうでもよくなる、幸せな世界がソコにはあるっ!!

・値段の問題ではない

とはいえ、値段も気になるよな。館により違いはあるだろうが、例えば先日記者が利用したTOHOシネマズでは、ビールが1杯750円。店員さんに量について聞いてみたところ「だいたい当館で販売しているジュースのMサイズと同じくらいですね~」とのことだった。

なるほど。ジュースのMサイズは370円なので、比較すると約400円も高い。しかーし、 “映画館ビール” の醍醐味(だいごみ)はコスパ云々ではないのだ。たとえこれが1杯千円でも、飲む価値は大いにアリ。 “映画を観ながらビールを飲むことができる” この点が大事なのだから。

・リラックス効果で映画がより楽しく

まず、ほろ酔い加減で映画を観ると気持ちがリラックスする。それだけでなく、少し苦手なジャンルの映画を観る際にもアルコールパワーが背中を押してくれるのだ。ちなみに記者はホラー映画『来る』を観た時にお世話になった。

また、少しばかりテンションも上がるため、映画の面白さも増すというもの。コメディなんか観ようものなら、笑いが止まらずハッピーな気分になること必至。複数人で観に行く時はふさわしくないかもしれないが、ひとり映画を楽しむならビールがオススメだ。記者の場合は、いつもの軽く10倍は美味しく楽しく感じる

View this post on Instagram

『来る』って来た。原作を読んでいたこともあって「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ」と超ビビリながら映画館に入り、怖さを紛らわそうと上映前にビールを2杯も飲んでしまったけど……全く怖くなかった! てか、まずもって原作と随分内容が違うではないか。多少血がブシャーってなったりするけどまぁそれくらいで、どちらかと言えばヒューマンドラマだった気がするな。冒頭の法事や結婚式の空々しさが絶妙だし俳優さんの演技が迫真すぎるしで良い意味で各方面のイメージを裏切ってた。原作と違って未解決な問題が山積みのままラストを迎えたのもどうすんのコレって感じの何とも言えない気持ち悪さが良かった。取り敢えずアレだ。◯◯◯◯◯食べたい。 #映画来る #masamiのイチオシ映画 #ビールと私と時々ウヰスキー

A post shared by Kinoshita_Masami (@masami_1010) on

ただひとつの欠点があり、それは……トイレに行きたくなること! つまりガブガブ飲むのは厳禁。ゆっくり大人な飲み方を心がけよう。それさえできれば、いつもの映画館がもっと楽しくなること間違いなし。大人諸君は騙されたと思って是非一度、 “映画館ビール” を試してみてくれよな!! 

執筆:K.Masami
Photo:Rocketnews24.