「タバコ」にまつわる記事

【素朴な疑問】「歩きタバコ」ならぬ『自転車タバコ』はNGなのか? 新宿区に聞いてみた

ここ数年、歩きタバコを禁止する自治体が急速に増えた。駅前にもごく限られたスペースにしか喫煙所は無く、喫煙者には世知辛いご時世になったといえるだろう。ただこれも時代の流れ。マナーを守ってタバコを楽しみたいものである。

ところで、今や多くの自治体で禁止されている「歩きタバコ」だが、自転車を運転しながらの喫煙、つまり『自転車タバコ』は禁止なのだろうか? 当編集部のある新宿区のホームページを見てみたが、答えが書いていなかったので直接問い合わせてみることにした。

続きを全部読む

【超豆知識】アロンアルファ公式サイトに「タバコの煙を吹きかけると速くくっつく」と書かれているので試してみた

家にひとつあると、いろいろ捗る瞬間接着剤。その代表としてすっかり定着しているのが、アロンアルファだ。そのアロンアルファの公式サイトを見たことがあるだろうか?

多分ほとんどの人が見たことがないと思うのだが、サイトに意外な豆知識が紹介されている。接着速度をはやくする裏ワザとして、タバコの煙を用いるというのだ。マジ!? タバコで何をするの?

続きを全部読む

【色恋相談室】自分は吸うのに私にだけ禁煙を要求する彼氏について

今回のご相談は、「棚上げ」に関するお悩みです。と言っても、高いところにある棚に、何かを収納したいけれども届かない……、といった類のお悩みではなく! 自分のことはさておき、相手にばかり求める恋人にお困りのご様子……。

続きを全部読む

喫煙者が喫煙者に対してもっとも許せない1つのこと / あるいは無限ループを脱する手立て

喫煙者はすっかり肩身が狭くなった。まあ時代の流れ、世界的な動きなので仕方のないことだと思う。都内では随分喫煙場所が限られるようになったとは言え、その喫煙所もキレイに使えないのだから、撤去されることがあってもこれまた仕方がない。正直喫煙者の私(佐藤)でも、喫煙者のマナーが良いとは言い切れないのである。

マナーの悪さと並んで、私が喫煙者に対して許せないことがある。吸わない人にはわからないかもしれないのだが、喫煙者が喫煙者に対してもっとも許せないことをお伝えしよう。

続きを全部読む

【正直レビュー】9月1日より主要都市で発売開始となった加熱式タバコ「iQOS」を試してみた

喫煙者の皆さんであれば、気づいているはず。最近コンビニに見たこともない商品が陳列されていることを。ロケットニュース24の愛煙家代表の私(佐藤)も気になっていた。見たことがない小さなサイズのマールボロの箱と一緒に、何か売っている。あれはなんだ? ということで興味本位でその商品「iQOS」を買ってみた。

これは火を使わず、灰も出ない加熱式タバコなのだとか。え? 電子タバコみたいなものなの? まあ想像するよりも、使ってみた方が早いということで、実際に試してみたぞ

続きを全部読む

「ニコチン中毒のオッサンにドン引きしたことベスト5」への弁明 / あるいは年長者としての責任について

まただ、またしてもだ。なかの記者が私(佐藤)のことを引き合いに出して、何か良からぬことを語っている。私もできることなら、彼のやることには目をつむっていたいところだが、時には愛のムチというものも必要だ。年長者としては彼のやることにでも責任を感じ、必要とあれば、「そうじゃないよ」と教えてあげなければならない。

・なかのよ、まだわからんか

今回彼が語っているのは、喫煙者である私の挙動に関してドン引きしたことらしい。私からすれば、「そんなことで引くの?」と思わざるを得ないところだが、やはり誤解があるらしい。その1つひとつを紐解いてみたいと思う。人と人が関わるときには、時に忍耐が必要だ。私は彼と向き合っていかなければならない。それが年長者の責任だ。

続きを全部読む

【タバコ実話】ニコチン中毒のオッサンにドン引きしたことベスト5

最近は分煙の技術も進み、タバコを吸う人も吸わない人も快適に過ごせる空間が増えている。だが、タバコ以外でも何事も “やりすぎ” はよろしくない。

ロケットニュース編集部の佐藤記者(オッサン)はまさにそんなやりすぎの典型で、誰が見ても完全に「ニコチン中毒」と言うほど常にタバコをスパスパスパスパ吸っているのだ。

続きを全部読む

「ヤニキチ佐藤記者のタバコに関する名言」への弁明 / あるいはタバコの魅力について

またしても、なかの記者が私(佐藤)をおとしめようとしている。以前は私を「クズ」呼ばわりして、クズ伝説なる記事を公開していた。そして今度は「ヤニキチ」呼ばわり。これが仲間に投げかける言葉だろうか。時に影になり日向になって彼のことを支えているというのに。その思いの一端さえも彼に届かないとは、心苦しい。

さて、今回の「ヤニキチ佐藤記者のタバコに関する名言ベスト5」について、彼は随分誤解しているようなので、あえて弁明させていただこう。もし仮に彼がいうように、私がヤニキチであったとしても、他の喫煙者の方に迷惑をかける訳にはいかないので、私なりの弁明をしたいと思う。

続きを全部読む

【愛煙家必見】ヤニキチ佐藤記者のタバコに関する名言ベスト5

ロケットニュース24いちタバコを愛する男といえば、もちろん佐藤記者である。非喫煙者からはヤニキチとしか思えないほどタバコが大好きな彼だが、あまりにタバコを好きすぎるせいか、ときたま意味不明な発言をすることがある。

佐藤記者と仕事をしてきた数年のなかで、筆者がいまでも心に残っている佐藤記者のヤニキチ名言集を、今回はランキング形式でご紹介したいと思う。喫煙者は共感するのかも知りたいので、ぜひ見ていただきたい。

続きを全部読む

喫煙者は数少ない喫煙所をもっと大事に使うべきではないか / あるタバコ店の貼り紙を見て思うこと

私(佐藤)はタバコを吸う。そんな私が言えることではないかもしれないのだが、喫煙者のマナーは良くないと思う。すべての喫煙者がそうだとは言わない。しかしマナーのひどい人は目に余るものがある。せめて喫煙場所をキレイに使う心がけを持っていても良いと思うのだが、一部のマナーを守らない人がいるため、灰皿はドンドン撤去されることになってしまうのだ。

最近街で見かけた、タバコ店の配慮についてお伝えしたいと思う。このお店には店頭に灰皿があり、敷地内で喫煙することができる。そのお店の店主は、本当はきっともっと力強く訴えたいはずなのに、喫煙者に配慮して灰皿をキレイに使うようにと、こう伝えている。

続きを全部読む

【まんが】どうでもいいこと山の如し「第115話:たばこの如し」 by 桃吐マキル

続きを全部読む

【喫煙者必見】タバコの煙をコーヒーフィルターに通すとこうなった / タバコを1本吸うとコレを体内に取り込んでるんだよってことが一発で分かる動画

言うまでもなく、タバコは体に悪い。よく言われるように、“百害あって一利なし” である。しかし、タバコを止めよう止めようと思ってはいるものの、止められない人が多いのもまた事実。

そこで今回は、そんな人にオススメの動画を紹介したい。その名も「STILL SMOKING!?」。タバコを1本吸うと、どれだけの物質を体内に取り込むことになるのかを、分かりやすく示した検証動画だ。これを見てもまだ吸うのか!?

続きを全部読む

【花粉症にも効く!?】車の中を煙だらけにして実験! これがタバコに強い『マスク・ベスト9』だ!

当たり前だが、タバコを吸わない人にとって、喫煙者の煙は非常につらい。路上でのタバコ、居酒屋でのタバコ、ベランダから臭うタバコ……昔よりも分煙が進んでいたとはいえ、まだまだ煙に出会う機会は多いかもしれない。

そんななか、突如として私にある1つのアイデアが浮かんだ。そう……! それは、「タバコの煙を一番通さないマスクは一体どれなのか?」ということ。これさえわかれば、「タバコの煙が苦手な人にとって有益な情報になるかも !? 」ということで、実際に実験してみた。

続きを全部読む

【喫煙者必見】まるでうごめく大蛇! 喫煙者の肺の映像がエグい / 見るとタバコを即投げ捨てたくなる

子供の頃、保健室に貼ってあるポスターなどで『喫煙者の肺の写真』を見たことがある人は多いはず。そして「こんな真っ黒になるんだったら、大人になっても絶対にタバコなんて吸わない!」とあの時固く決意したのに……気づけば自分がバリバリの喫煙者になっている、という人もいることだろう。

そこで今回は、今海外で絵的にショッキングすぎて話題になっている『喫煙者の肺の動画』をご紹介したい。静止画ではなく、生きている人の肺の映像だ。それが、閲覧注意レベルのグロテスクさ。実際にその目で見れば、どんな喫煙者でも持っているタバコを即捨てたくなる! もうこれでタバコともおさらばだ! ……多分。

続きを全部読む

タバコをポイ捨てして『185万円の罰金を言い渡された男性』がネットで注目の的に!! 「喫煙者は地球を灰皿に使用するのをやめるべき」などの声が

日本でも路上喫煙禁止条例を設けて、迷惑タバコやポイ捨て防止に働きかけている地域がある。公共の場でも禁煙エリアが増えたものの、残念なことに、路上でタバコの吸殻を見かける頻度はナカナカ減少しない。

そんななか、タバコをポイ捨てして「185万円の罰金を言い渡された男性」がネットで大きな注目を集めている。この罰金が高すぎるかどうかは、読者の皆さんの判断にお任せしたい。

続きを全部読む

【喫煙者の葛藤】「禁煙宣言」をした人の知られざる戦いの記録 / 家族さえ知らなかった秘密が死後四半世紀の時を経て明らかに!

多くの喫煙者にとって、禁煙は簡単に成功できるものではない。「吸いてぇー!」「でも吸えない!」「1本くらい大丈夫だろ……!」「いや、ここで吸ったら全てが台無しだ!!」という壮絶な葛藤の連続であり、途中で挫折する人は数えきれない。

そんな1人の戦いの記録が、画像共有サイト「imgur」にアップされていたので、ご紹介したい。ここまで聞くと、禁断症状で悶え苦しんでいる姿などを想像する人は多いだろうが、そうではない。むしろ苦しさはなく、どことなく痛快。……しかし、紛れもなく戦いの痕跡である。

続きを全部読む

【超ライフハック】タダで無限にタバコを吸い続ける方法 / ニコチンマスターが考案した喫煙システム『ISS』がスゴい

消費税も8%に増税し、タバコ代もかさんできた。今後さらに消費税が10%になったら、喫煙者は塩と白米しか食えなくなっちゃう! 死ぬ!!

このようにブチ切れているのは、ロケットニュースいちタバコを愛する男・佐藤記者。三度の飯よりタバコが大好きな彼にとってタバコ代の値上がりは、かなりの死活問題らしい。

続きを全部読む

【コラム】「タバコ止めたら」と簡単に言うけど喫煙者は離脱症状で悶絶するような思いをするのである

一昔前に比べて、喫煙者の肩身がすっかり狭くなった。路上喫煙を条例で禁止しているところも多く、店内禁煙の飲食店も少なくない。きっと非喫煙者の方は、「タバコなんて、やめりゃいいのに」と思っているかもしれない。

それが簡単に止められないのだ! ということで今回は、「タバコを止めるにあたって、どのような変化が喫煙者に起きているか」を、お伝えしたいと思う。道のりはかなり険しいんだよ。本当に……。

続きを全部読む

都内某所の喫煙所がナゾだらけ! 「男女喫煙エリアを分別」「空き箱の回収袋がある」など

禁煙志向に拍車がかかる昨今、都内でも随分喫煙できる場所は限られてきている。以前は吸えたはずの場所から、灰皿が撤去されることも少なくなく、今後喫煙者の肩身はさらに狭くなることだろう。

そんな状況下で、私(記者)は最近奇妙な喫煙所を発見した。その場所は、都内のある駅のすぐそば。自動販売機を設置しているタバコやの一角であった。駅を出てすぐの場所にあり、私は「助かるな~」という思いで設置された灰皿の前で一服。しかし良く見てみると、他の喫煙所では見かけない注意書きがされている。「殿方様吸殻入れ」とあるではないか。これ男性専用なの?

続きを全部読む

英国でひそかに流通する「闇タバコ」がヤバイ! 人糞・ネズミの糞・ハエの死骸・毒素などが含まれている可能性が浮上

以前よりも随分値上がりしたとはいえ、日本のタバコは世界的に観て比較的に安い。ヨーロッパやアメリカの一部では1000円前後で販売されており、いずれ日本もその価格に到達することになるのかもしれない。

実はタバコ価格の上昇にともない、イギリスでは闇タバコなるものが流通しているという。これは正規の販売ルートに乗っておらず、個人で売買が行われているそうだ。粗悪品であるだけでなく、一説によると人糞が混入していると言われているのである。そんなモノを吸って大丈夫なのか?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9