「タバコ」にまつわる記事

【喫煙者必見】タバコに対する依存度がわかる「ニコチン依存症チェック」を試してみた

世の中の喫煙者の多くがあのCMを知っているはずです。あのCMを見るたびに、気になっているはず。そう、小西真奈美さんが出演している「すぐ禁煙」のCMです。

・ニコチン依存症チェック
「すぐ禁煙で検索」と、小西さんが言っているのに、一度も検索したことがないとう喫煙者は多いのではないでしょうか。記者(私)もその一人でした。実際に検索してみたところ、禁煙するかどうかはさておき、興味深いコンテンツがあったので、お伝えしたいと思います。それは「ニコチン依存症チェック」です。簡易チェックですが、自分の依存度が即座にわかります。

続きを全部読む

【これはひどい】地下鉄車内でビール女がタバコをスパスパ → 傘オジサンがツンツン注意 → 女ブチギレでビールぶっかけ → 車内大混乱!

公共の場ではマナーが肝心。特に、密閉空間である電車内では他人の迷惑にならないようにふるまいたい。まさに「家でやりましょう」であり、それが大人のマナーである。そんななか、韓国の地下鉄内で起きたトラブル動画が大きな話題になっている。

続きを全部読む

喫煙者に朗報! 44歳までに禁煙できればまったく喫煙経験のない人と同程度まで寿命を回復できることが判明

これまでずっと禁煙できず、諦めかけている方に朗報。44歳までに禁煙できれば、まったく喫煙したことがない人と比べても寿命に大差はないことが判明したそうだ。また、すでに44歳を過ぎていても、早めに禁煙することでまだまだ寿命は取り返せることがわかったという。

続きを全部読む

豪州大学教授の提案「タバコを免許制にしよう!」に物議! 有識者からは「問題はタバコ産業にある」との指摘も

オーストラリアの大学教授が、喫煙に関して、驚くべき提言をしています。シドニー大学サイモン・チャップマン教授は、「タバコを免許制にしよう」と訴えているのです。彼の考えが物議をかもしており、イギリスの有識者は「問題は喫煙者ではなく、タバコ産業にある」と指摘しています。もしも免許制になったら、一体どうなるのでしょうか?

続きを全部読む

とある企業の採用情報ページに「あなたはタバコを吸いますか?」という質問 / YESと答えると……

世界的に禁煙の機運が高まっています。喫煙者はどこに行っても、肩身の狭い思いをしているようです。そんななかとある企業の採用情報ページが注目を集めています。その企業では「脱煙プログラム」を推進しており、入社前から喫煙の有無に厳しく対応しています。採用ページを開くと「あなたはタバコを吸いますか?」との質問が。「YES」と答えると……。

続きを全部読む

「禁煙はムリ」と考える人に朗報! 英研究者が「少しずつタバコを減らすことが有効」と主張

世界的に禁煙の機運が高まりつつあるなか、「いつかタバコを止めよう」と考えている喫煙者は多いはず、記者(私)もその一人だ。最近健康診断を受けたところ、医師に「ただちにタバコを止めなさい!」と言われた。しかしそう簡単に止められたら、とっくに止めていると言いたい。

一度でも禁煙にチャレンジして、挫折を味わった人ならわかることだが、ニコチンの「離脱症状」は驚くほどキツイ。そんな禁煙失敗者に朗報がある。イギリスの研究者によると、少しずつタバコの量を減らしていく方が、突然禁煙に踏み切るよりも効果的かもしれないというのだ。離脱症状を軽減できるかもしれないぞ。

続きを全部読む

【たばこ】JTが「マイルドセブン」の名前を「メビウス」に変更すると発表 / ネットの声「はぁ?」

数あるタバコの中でも人気銘柄である「マイルドセブン」、通称マイセン。インド南部チェンナイ在住のインド人喫煙者にマイセンを吸わせてみたところ、あまりにも気品あふれるマイルドな味に、瞳を潤ませながら「ビューティフル」と表現したほどである。

JTは本日8月8日、そんな由緒正しきマイルドセブンのブランド名を「メビウス」に変更すると発表した。理由は「グローバル No.1 プレミアムブランドを目指し、『ブランドのさらなる進化への意思』 『終わりなき進化を続けていくブランドであること』を全世界のお客様に示すため」だからだという。このマイルドセブン→メビウス報道に対し、日本のネットユーザーからは下記のような声があがっている。

続きを全部読む

有料喫煙スペース『ippuku(いっぷく)』に行ってみた / 一回50円の価値はあるのか?

本日(2012年7月2日)、東京都内の3箇所に利用料一回50円の喫煙スペース『ippuku(いっぷく)』がオープンした。オープンから約2週間は利用料無料のイベントを実施している。早速足を運び、居心地をたしかめてきたぞ。

続きを全部読む

タイの禁煙プロモーションCMが心にガツンとくると世界中で話題に

健康によくないのは事実であり、それを理解していながらも、やめられない……のが喫煙者にとってのタバコである。何かのきっかけがないと「やめられない」と言う喫煙者もいるだろうし、禁煙に失敗した者も数多い。

だが、何かの「きっかけ」になりそうなCMが、現在世界的に話題になっているのだ。YouTubeにアップされた動画のタイトルは「Thai Health Promotion Foundation- Smoking Kid」である。

続きを全部読む

1箱1000円の高級タバコ『ザ・ピース』を吸ってみた / ウマすぎてインド人もひっくり返るレベル

年々増税により高級品の仲間入りをしつつあるタバコ。増税と共に、世界的に高まる禁煙の機運を受けて、喫煙を卒業するスモーカーも少なくない。そんななか日本たばこ産業(JT)は従来品の約2倍の価格のタバコ、『ザ・ピース』の販売を2012年2月より開始した。

この商品は1箱1000円である。市販のタバコが概ね500円弱と足並みを揃えているなかで、飛び抜けて高額といえよう。果たして、その味はいかがなものか? 当編集部喫煙メンバーが試しに吸ってみたところ、全員が「めちゃめちゃウマイ!」と大絶賛した。

もしもこれをインドに持っていったならば、インドの喫煙者はウマすぎてひっくり返ってしまうかもしれないぞ!

続きを全部読む

中国の食堂でメシ食ったらタバコが入っていましたの巻

下町の食堂や屋台のご飯のうまさは異常だ。小汚い店ほど何故か料理がうまく感じられる。

そんなめちゃ清潔とは言い切れない中国の食堂で事件が起こった。ある市民が食事をしていた。そしてほぼ完食しかかったとき、底のほうからタバコの吸い殻が出てきたのである。

続きを全部読む

「対話のある自動販売機店」ではあまり対話がない

以前の記事で、東京・秋葉原(以下:アキバ)には、喫煙スペースが少ないことをお伝えした。駅の周辺には場所が設けられておらず、喫煙席のある飲食店に入ると人も多いはずだ。週末ともなると数少ない喫煙所には大勢の人が足を運び、肩をすり合わせるようにしてタバコを吸っているのである。

公共の灰皿であれば、気兼ねなく利用することができるのだが、タバコ屋さんが開放してくれるような場所であれば、ただで利用するのも忍びない、そう感じるのが喫煙者のマナーではないだろうか。せめてジュースの1本でも購入して、心のなかで「ありがとう」と言いたいものだ。

そんなルールを徹底して実行しているお店がある。そのお店は「対話のある自動販売機店 木倉食品」である。ここは飲み物の購入が必須の場所だ。

続きを全部読む

目の錯覚で違う長さに見えるタバコを動画で検証 / やっぱり同じ長さだった!

どう見ても長いタバコと短いタバコに見えるが、実はこれ、同じ長さなのである。遠近感のついた背景画により、違う長さに見えてしまうのである。

でも、ホントにホントなの? そんな目の錯覚をわかりやすく検証した動画が話題になっている。

続きを全部読む

【闇の大人たち】第43回:喫煙者に捧ぐ 世界一殺風景な喫煙室

ニコチン中毒の喫煙者たちが最も苦手とするもの、それは飛行機である。

航空機はもちろん全面禁煙。「俺はトイレの中で水を流しながら便器に向かって煙を吐く」と自慢していた中年バックパッカーもいたが、見つかれば説教では済まされない犯罪行為だ。

長時間のフライトほど吸えないストレスがたまる。そのため、喫煙者は搭乗前に目の色を変えて喫煙室を探し、ここぞとばかりにバカバカ煙を吸い込む。この日の私もそんな一人だった。

四年続いた禁煙にしくじった二週間後、モダンに生まれ変わったプノンペン国際空港にたどり着いた私は、パスポートチェックを終えるや真っ先に喫煙室を探した。それはおしゃれなアイスクリーム店の奥にあったのだが──

続きを全部読む

東日本大震災の影響により、数十種類の銘柄を出荷停止していた日本たばこ産業(JT)。生産中止になった銘柄も23種類あったが、4月から徐々に数種類の銘柄が再出荷されており、現在出荷されているのは36種類である。

そして新たに22銘柄を出荷再開することを、20日にJTが発表した。出荷の日時は7月4日。今回再開される銘柄22種類は以下の通りである。
 
続きを全部読む

運転免許で購入できるタバコ自販機が便利すぎる

喫煙者のみなさんは、taspo(タスポ)を持っているだろうか? 記者(私)は、面倒な性格のため持っていない。そのため、コンビニで主に買うことが多いのだが、たまにタバコを置いていない店があったりと、不便な思いをすることも多くなってきた。

そんな中、偶然にも福岡で、運転免許証でタバコを購入できる自販機を見つけた。東京ではほとんど見かけることはないこの自販機。実際に使ってみるととても便利なのだ!

続きを全部読む

飲酒運転のロシア人、タバコの箱で電話してるフリをする

人間、窮地に立たされると思わぬ「ごまかし」をすることがある。今回ご紹介するロシア人もそのひとり。飲酒検問にひっかかった彼は、平静を保とうと携帯電話でどこかに電話した……フリをしたのだ。

続きを全部読む

出会い系電子タバコ登場! 無線センサー内蔵の次世代電子タバコ「スマートパック」

高い税金に加え、肺がんのリスク、受動喫煙の被害、中毒性、などなど、タバコのもたらす悪影響を挙げればきりがないが、そのタバコの存在性そのものを覆すような次世代電子タバコが、来月アメリカで発売予定となっている。

同国の電子タバコメーカー・Blu社が6月に販売を開始するのは、無線センサーが搭載された次世代の電子タバコ、その名も「スマートパック」だ。

続きを全部読む

東日本大震災の影響により、たばこ工場も被災した日本たばこ産業(JT)。しばらく入手が困難な状況が続いていてが、銘柄によっては徐々に出荷されるようになり、比較的簡単に入手できるようになった。しかし、販売量が少ない23銘柄については廃止することを11日に発表した。

その23銘柄が、さきほどJTのサイトで発表されていたのでご報告したい。廃止される23銘柄は以下の通りである。

続きを全部読む

アルコールはヘロインやコカインや大麻やタバコよりも有害であるという研究結果が、海外医学誌「Lancet」で発表された。

David Nutt教授をはじめとする研究チームは、数十種類の薬物を、死亡率、依存度、精神への影響、社会的影響、家庭的影響、経済的コスト、国際的存在……などのカテゴリに分けて、それぞれ数値化。さらに個人的に害のある薬物、社会的に害のある薬物としてまとめ、総合的にアルコールが最も有害であると結論づけた。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9