「JT」にまつわる記事

JTが新型「Ploom TECH+」と「Ploom S」を決算説明会資料で公表! 2019年に発売予定

加熱式たばこ市場は、フィリップモリスの「アイコス(IQOS)」が1人勝ちの様相を呈している。ライバル、ブリティッシュ・アメリカ・タバコの「グロー(glo)」と、JTの「プルームテック(Ploom TECH)」は、水をあけられた状態だ。

そんななか、JTは10月31日に行われた2018年度第3四半期決算説明会の資料で、新型モデルの存在を明らかにした。2019年3月に、「Ploom TECH+」と「Ploom S」の発売を予定しているとのこと。これで巻き返しを図れるのか!?

続きを全部読む

【悲報】JTが「タバコの値上げ」を正式発表 → 2018年10月1日からセブンスターは1箱500円の時代へ…

2018年8月、日本たばこ産業株式会社ことJTが「タバコの値上げ」を正式に発表した。これは2018年10月1日からたばこ税が増税されることに伴うもので、2010年以来、約8年ぶりの大幅値上げとなる。

タバコも気付けば1箱200円から300円へ、300円から400円へと値上がりを続けてきたが、代表的な銘柄「セブンスター」はついに “1箱500円の時代” へ突入することになるから喫煙者は震えるしかない……。

続きを全部読む

一足お先にglo(グロー)の新味「スムース・フレッシュ(なめらかメンソール)」を吸ってみた

世はまさに、電気加熱式タバコ戦国時代。今の時点ではフィリップモリスジャパンの「iQOS(アイコス)」が独走中だが、JTの「PloomTECH(プルームテック)」に乗り換える者が出たと思えば、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンの「glo(グロー)」を熱烈に愛する者もいたりして、カオスな状態になってきた。

そんな中、ついにgloが10月2日から全国展開することを発表。それと同時に5種類もの新フレーバーが投入されることも明らかとなった。そのうちの1つ、「スムース・フレッシュ(なめらかメンソール)」が送られてきたので、一足お先に吸ってみた!

続きを全部読む

【衝撃タバコ知識】平成28年の男性喫煙率はたったの○○%! 昭和41年は83.7%だったのにィィイイイ!!

喫煙者にとっては何かと肩身が狭いこのご時世。多くのエリアで路上喫煙が禁止になったのはいいとして、徐々に少なくなる公共の喫煙所、着々と上がり続けるタバコの値段……など “喫煙者包囲網” はゆっくりと、だが確実にその鋭さを増している。

おそらく、ここ数年で「タバコをやめた」という人もかなりの数に上ると思われるが、果たして日本の喫煙者数は実際のところどうなっているのだろう? 今回は厚生労働省が発表した、昨年度(2016年・平成28年)の喫煙者数をご報告したい。

続きを全部読む

【徹底比較】日本で今売っている加熱式たばこ全種類「アイコス」「プルームテック」「グロー」のメンソール味を吸い比べてみた結果 → 最強はコレ!!

まさに今年は、加熱式たばこ元年だ! すでに全国流通しているフィリップモリスの『iQOS(アイコス)』は無論のこと、現在は福岡限定で展開中のJT『Ploom TECH(プルーム・テック)』の東京進出は6月予定で、全国展開は2018年らしい。

同じく仙台限定で展開中のブリティッシュ・アメリカン・タバコ『glo(グロー)』は、今年の後半には全国展開したい考えなのだとか。ということは……今年2017年中に、3社の加熱式たばこが東京に集結! ついに「加熱式たばこ戦国時代」の火蓋が切って落とされるのだ。ということで、一足お先に全種類を吸い比べてみたぞ!!

続きを全部読む

【徹底比較】アイコスとプルームテックはどちらが買いなのか

時代の流れというべきか、ここのところ空前絶後の大ブームとなっている「次世代たばこ」。もっとも有名なのはフィリップモリスから販売されているiQOS(アイコス)で、最近では利用者の増加が目に見えて明らかだ。

新バージョン「iQOS 2.4 Plus」の販売開始に「iQOS ストア銀座」がオープンと、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのアイコスだが、その独壇場に JT の「プルームテック」が待ったをかけた。そう、2017年2月に「6月から東京での販売開始」を発表したのである。

続きを全部読む

【正直レビュー】次世代たばこ「プルームテック」を吸ってみた / フレーバーは3種類

2017年6月から東京で販売が始まる「プルームテック」。ご存知の通り、これはJT(日本たばこ産業)の次世代たばこ。現在は福岡市限定で販売されているも、入手困難となっている商品だ。

バッテリーとカートリッジからなるたばこ用デバイス(プルームテック)に、たばこ葉が詰まった専用カプセルをセットすれば味を楽しめるとのことだが、はたしてどんなものなのか。運良くゲットすることができたので感想をお伝えしたい。

続きを全部読む

【素朴な疑問】同じ銘柄のタバコなのに「ショート」と「ロング」に味の差があるのは何故なのか? JTの人に聞いてみた

とかく喫煙者は肩身が狭いこのご時世。居酒屋はもちろん、最近では “禁煙のパチンコ屋”も登場するなど、タバコに対する風当たりはますます強くなっていくことだろう。……それでもタバコはやめられねぇ! タバコうめぇぇええ!! モクモク最高ォォォオオオッ!!

──と、いまだ喫煙率9割を誇る我らがロケットニュース24編集部だが、今回は喫煙者であれば誰もが感じたことがあるハズの「素朴な疑問」に迫ってみたのでご覧いただきたい。それは同じ銘柄のタバコなのに「ショートとロングに味の差があるのは何故なのか?」という謎についてである。

続きを全部読む

提供:JT

【パズルゲーム】ブロックをガンガン崩す『いっぷくクエスト』がやり出したら止まらない面白さ / クリアすると豪華賞品がもらえるぞ!

あっという間に10月、今年もせわしない年末がやってくる。毎日、毎日、めちゃ忙しい~! どこかでホッとひと息つきたい~! まとまった時間があったらゲームしたい~! けど、そんなこともいってられないのがサラリーマンである。悲しいネ、およよ。

そんなサラリーマンのみなさんに、ちょっとした空き時間にできちゃうパズルゲームをご紹介したい。ブロックをガンガン崩していくだけというシンプルさゆえ、心を無にして楽しめるぞ! しかも、ステージをクリアすると豪華賞品がもらえるぅ~! 豪華賞品、欲しいです!!!

続きを全部読む

提供:JT

【SNSあるある】大人の対応として正解!? それとも不正解!? いいと思っていないのに「いいね!」を押す / 元カノからの友だち申請を拒否など

今や、猫も杓子もSNSの時代。やれTwitterだ、Facebookだと、SNSで情報共有できちゃって超便利って感じである。しかし、SNSにもルールやマナーがあるワケで……ボクのSNSの使い方ってどーなんでしょーかっ!?

JT「大人たばこ養成講座」は、全国の20~60代の男女各200名、計1000名に対して大人やマナーについての価値観を問う設問を実施。このほど、その設問内容と調査結果をウェブサイトにて公開した。各設問には『大人力検定』などで知られるコラムニストの石原壮一郎氏のコメントが付いていて、非常に興味深い。

気になる結果を見ると……SNSで「大人力」を鍛えられているからか、20代が思った以上に大人な対応をしていることが判明! そうなのかっ! 「今の若いもんは」とか、言ってられないなっ!

続きを全部読む

提供:JT

【楽しすぎ】一服しながらできるシューティングゲームに激ハマり / クリックするだけでモンスターをガンガン倒せて爽快!

以前、一服しながら楽しめる神経衰弱ゲームをご紹介した。JT『ちょっと一服ひろば』内の「ちょっと一服ゲーム」で公開されているものだが、そこに新しくシューティングゲームが仲間入りしたようだ。

ちょっと一服しながらシューティングゲームでリフレッシュ。なんだか、大人じゃね? それって、なんだかかっこよくね? と、いうワケで、ちょっと一服しながらシューティングゲームを楽しんでみた。

続きを全部読む

【喫煙者注目】煙が臭い! 煙がウザい! といわれるから「無煙たばこ」という選択肢もアリかもしれないぞ

喫煙者に対する風当たりが厳しい昨今、随分肩身の狭い思いをしている喫煙者も多いはず。駅周辺の喫煙所は、以前よりもかなり少なくなってきているようにも感じられる。

おそらく、たばこを吸わない人にとってもっとも困るのが、煙ではないだろうか。モクモクと漂う煙に嫌悪感さえ覚えるという人もいるかもしれない。それがゆえに、喫煙者を疎ましがる風潮もなきにしもあらずだ。もしかしたら、喫煙者にとって「無煙タバコ」という選択肢もアリかもしれないぞ。煙さえ出なければ、周りに与える影響も多少は抑えられるのかも……。

続きを全部読む

【たばこ】JTが「マイルドセブン」の名前を「メビウス」に変更すると発表 / ネットの声「はぁ?」

数あるタバコの中でも人気銘柄である「マイルドセブン」、通称マイセン。インド南部チェンナイ在住のインド人喫煙者にマイセンを吸わせてみたところ、あまりにも気品あふれるマイルドな味に、瞳を潤ませながら「ビューティフル」と表現したほどである。

JTは本日8月8日、そんな由緒正しきマイルドセブンのブランド名を「メビウス」に変更すると発表した。理由は「グローバル No.1 プレミアムブランドを目指し、『ブランドのさらなる進化への意思』 『終わりなき進化を続けていくブランドであること』を全世界のお客様に示すため」だからだという。このマイルドセブン→メビウス報道に対し、日本のネットユーザーからは下記のような声があがっている。

続きを全部読む

東日本大震災の影響により、数十種類の銘柄を出荷停止していた日本たばこ産業(JT)。生産中止になった銘柄も23種類あったが、4月から徐々に数種類の銘柄が再出荷されており、現在出荷されているのは36種類である。

そして新たに22銘柄を出荷再開することを、20日にJTが発表した。出荷の日時は7月4日。今回再開される銘柄22種類は以下の通りである。
 
続きを全部読む

東日本大震災の影響により、たばこ工場も被災した日本たばこ産業(JT)。しばらく入手が困難な状況が続いていてが、銘柄によっては徐々に出荷されるようになり、比較的簡単に入手できるようになった。しかし、販売量が少ない23銘柄については廃止することを11日に発表した。

その23銘柄が、さきほどJTのサイトで発表されていたのでご報告したい。廃止される23銘柄は以下の通りである。

続きを全部読む

今年もあますところ、あとわずか。1年を振り返りさまざまな言葉が、メディアやインターネットをにぎわせた。今年の流行語大賞に輝いたのはNHK連続テレビドラマの「ゲゲゲの女房」でおなじみとなった「ゲゲゲの~」に決定したのだが、その裏で意外に多くの商品に用いられた言葉があるのをご存知だろうか? その言葉とは、「フリー」である。この1年、ありとあらゆる分野の商品に、フリーと名のついた商品が登場していたのである。

続きを全部読む