「タバコ」にまつわる記事

【コラム】最近、タバコを買うときに気を付けてること

全国40人の愛煙家のみなさん……息してますか? どこもかしこも禁煙に次ぐ禁煙。いまやタバコが吸えない居酒屋もさほど珍しくありません。もう1度お伺いしましょう、愛煙家のみなさん……息してますか

さて、40人ってのは極端にせよ、喫煙者の肩身の狭さは日に日に増す一方ですよね。公共の喫煙所は目に見えて激減していますし、路上喫煙OKの自治体など もはや日本に存在しないのではないでしょうか? さらにヤバいのは頼みの綱だった “アソコ” まで激減していることです。

続きを全部読む

紙巻きタバコから転身できる? 普通のタバコより格安の「リトルシガー」を吸ってみた感想

タバコ一箱およそワンコイン。昔に比べて約2倍の価格になってしまったが、これも世の流れというやつだろう。タバコは税金の狙い撃ちにされやすいことに加え、東京オリンピックに向けて「禁煙」の流れが加速しているから仕方ない。

値上がりしたものは戻らないので諦めているのだが、最近どうも「リトルシガー」の存在が気になっている。何しろ、値段が普通の紙巻きタバコに比べてガクッと落ち、昨年12月に発売されたキャメルだと360円なのだ。安かろう悪かろう……なんて気もするけど、安くてウマかったら……それって最高やん?

続きを全部読む

禁煙外来の門を叩いて1年後、こうなった

今から約1年前、当サイトで「禁煙外来に行ってみたらこうだった」という記事を公開した。タイトル通りの内容で、すなわち、そこから私の禁煙ロードがスタートしたということ。あれから1年、現在どうなっているのかについて報告したい。

続きを全部読む

イギリスの喫煙マナーがヒドすぎる! 歩きタバコにポイ捨て当たり前!! でも日本もこうなるかもしれないと思う理由

どんどん喫煙者の肩身が狭くなっている日本。喫煙所や喫煙室は次々と姿を消し、もはや外ではほぼ吸えない状況だ。もちろん、歩きタバコ、ポイ捨てなどはもってのほか。マナーの悪い1人から、ネットが「喫煙者は全員死すべし」の大合唱となることもある

なんでも、ヨーロッパはもっと禁煙化が進んでいるらしい。日本は禁煙後進国とまで言われているのだとか。でも、本当にそうか? 私(中澤)が実際イギリスで見た光景は全然違ったんだけど

続きを全部読む

【注意喚起】200日以上続いた「禁煙」を終了させた最凶悪魔について / タバコをやめられたと思っても危険だから気をつけろ!

禁煙を妨害するものは何なのか。それを確かめるべく、自らタバコをやめて妨害要因を探ったことを過去の記事で紹介したのだが……覚えておられるだろうか。知らない人はそちらの記事を読んでいただくとして、今回は新たな妨害要因が判明したので紹介したい。

妨害要因とはいっても、これほど喫煙者に厳しい世の中では外的要因などはほとんど無いから、自分の心の中に生まれる誘惑の話。過去の記事ではそれらを悪魔と言っていたので、今回もそのように記載することにしよう。この度、私が発見した悪魔とは……

続きを全部読む

【強い】タバコが1箱あたり10円の値上げへ → だが喫煙者はビクともしない

2019年8月6日、JTが消費税率10%への引き上げに伴い「1箱あたり10円の値上げ」を発表した。いったいコレで何度目の値上げなのか? 喫煙者たちは盛大にブチギレている……と言いたいところだが。

記者も含めた当サイトの喫煙者たちは、驚くほど今回の値上げに動じていない。値上げに次ぐ値上げにもかかわらず、なぜ我々の心はこんなに穏やかなのか? 話を聞いたところ、悲しく切ない愛煙家たちの生きざまが垣間見えた。

続きを全部読む

【4コマ】第20回「モヤモヤ その2」ウササとクママ

続きを全部読む

【禁煙】半年間タバコをやめている間に「襲ってきた悪魔」と「悪魔を一撃で昇天させた呪文」

タバコをやめるのは地獄の苦しみ……という喫煙者は少なくない。そのあたりは個人差があるものの、人によっては悪魔に襲われる体験をすることも。どんな悪魔かというと、「頭痛を引き起こす悪魔」や「イライラに火をつけまくる悪魔」、「それだけだと寂しいと騒ぎ出す悪魔」など。

詳しくは、今から約1年半前に、私が禁煙したときの記事をご確認いただくとして、今回は新たに発見した悪魔の情報、さらに「悪魔を一撃で昇天させた呪文」について紹介したい。

続きを全部読む

【4コマ】第19回「モヤモヤ その1」ウササとクママ

続きを全部読む

【忠告】7月11日まで「セブンイレブンでタバコをまとめ買いしない方がイイ」たった1つの理由

日に日に肩身が狭くなっていく愛煙家のみなさん、こんにちは。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向け、さらに我々の生きづらさは増しそうですが、これも世の流れ。ルールとマナーを守ってタバコを楽しみましょう。

さて、とても当たり前の話ですが、毎日のタバコ代も結構バカになりませんよね? 免税店でもない限りタバコは安く手に入りませんし、PayPayの100億円キャッシュバックも終わっちゃいましたし。ただ、どうやら2019年7月11日から21日まではタバコが安く買えそうなんです……!

続きを全部読む

ちまたで注目を集めている「首かけ扇風機」を使ってみた! 喫煙者にとってちょっとした不都合があると判明

ちょっと前まで寒いなんて言っていたのに、気が付けば梅雨入りして蒸し暑い日が続く。陽射しはすでに夏を思わせるような強さを感じる。アツい! 2018年夏は記録的な猛暑だったが、今年も厳しい夏になるのだろうか?

このままでは乗り切れない! ということで、私(佐藤)は最近注目を集めているという、首かけ扇風機を買ってきた。実際に使用してみたところ、意外な弱点に気付いてしまった……

続きを全部読む

【さらば喫煙者】サイゼリヤが6月1日から全店舗禁煙に! 繰り返す、1078店すべてが禁煙になるぞォォォォオオオオ!!

サイゼリヤを愛し、サイゼリヤに愛されたすべての “サイゼリヤン” たちよ。ついに始まるぞ。サイゼリヤでタバコを一切吸えなくなる日がやって来るのだ。すでに多くの店舗で禁煙化が始まってはいるが、今回とうとう全店で禁煙になるのである。繰り返す、全店禁煙だ。

イタリアンレストラン「サイゼリヤ」は、2019年6月1日より全店舗で全席禁煙とすることを発表した。当初は9月からの予定だったが、3カ月早めての実施となる。喫煙者の “サイゼリヤン” 諸君は注意が必要だろう。

続きを全部読む

【大悲報】ルノアール、お前もか → 2020年4月から「紙巻たばこ禁止」へ

「ブルータス、お前もか」──。かの有名なシェイクスピアの悲劇「ジュリアス・シーザー」に登場するこの格言。基本的には、信頼していた者に裏切られた時に用いられる言葉で、その信頼度が強ければ強いほど言葉の悲観性は増す。それを踏まえて言おう「ルノアール、お前もか」と──。

日本経済新聞によると、2019年5月30日「喫茶室ルノアール」などを運営する銀座ルノアールが2020年4月からグループの直営店全店で「紙巻きたばこの喫煙を禁止する(加熱式たばこはOK)」と発表したという。まさか喫煙者のオアシス、ルノアールまで……! もう1度言わせてくれ……「ルノアール、お前もか」──。

続きを全部読む

【検証】もし範馬勇次郎がウェブライターだったら1カ月のタバコ代はいくらになるのか?

毎日パソコンと向かい合うウェブライター。そんなウェブライターはリフレッシュのタイミングが他の仕事より多いと思う

私(中澤)がロケットニュース24の編集部に来て驚いたことの1つは、喫煙者がみんな仕事中自由にタバコを吸いに行くこと。記事執筆後の一服、行き詰まった時などリフレッシュしまくりである。そこでふと思った。もし、範馬勇次郎がウェブライターだったら1カ月のタバコ代はいくらになるのか

続きを全部読む

【死闘180日】禁煙外来に通院中と通院後の全記録 / タバコをやめられた要因・止まらない肥満・デブのまま迎えた結婚式…など(ありのままの禁煙&減量日記)

どうせなら、もっとマシなものに依存して生きたい。他にいくらでもあるだろう。タバコよりマシなものが。なのになぜ、私は10年以上もタバコに依存しているのか……。いい加減、もう止めよう。タバコを

──そんな気持ちで、私が禁煙外来の門を叩いたのは2018年10月のこと。おかげで、今ではタバコをやめることは出来た……が! 決して楽ではなかった。色々あった。禁煙補助薬を飲まないこともあった。通院している身でありながら、タバコをガンガン吸ったこともあった。太ってどうしようもないこともあった。「あった」というか、肥満は現在進行系だ。

それはさておき、禁煙外来に通って起きた全てをさらけ出しているのが本記事。飾り立てたことや嘘を書いても仕方がないから、事実をありのままに記載している。「タバコをやめたい」と思っている人の参考になることを願って。

続きを全部読む

【絶望的な臭さ】禁煙すると『タバコの匂い』が耐え難くなったのはなぜ? 医師に理由を聞いてみたら…「周りの人、マジごめん」って気持ちになった

タバコをやめると人生が変わるというのは大げさではない。ご飯は美味しくなるし、お金は浮くし、健康維持への関心は強くなるし……と、個人的に感じた禁煙のメリットを、以前の記事「喫煙者が禁煙して驚いたこと5選」で紹介したのだが……覚えておられるだろうか。

覚えていない方はそちらの記事を参照していただくとして、今回はその中でチラッと触れた「タバコの臭さ」について取り上げたい。なぜなら……

続きを全部読む

【PayPay】本日開始「ペイペイ100億円キャンペーン第2弾」で最もお得にタバコを購入する方法

日本全国の肩身狭男(かたみ せまお)さん、すなわち喫煙者のみんな! ……待たせたな? 本日2019年2月12日から電子決済サービス「PayPay(ペイペイ)」の『100億円キャンペーン第2弾』がスタートしたゾォォォオオオオ! ヒャッハーーーー!!

昨年12月に開催され、わずか10日で終了した神キャンペーンが帰ってきた。喫煙者にとって何よりありがたいのは、普段はほぼ定価でしか買えないタバコにもポイントが付与されるということ。ただし、初回とは違う点もいくつかあるのでポイントをまとめてお伝えしよう。ズバリ「最もお得にタバコを購入する方法」だ。

続きを全部読む

【コラム】ポケモンGOのレイド待ちしてるジジイ、そこでタバコ吸うんじゃねえ

どう考えてもリリース当時より圧倒的に楽しいポケモンGO。私、P.K.サンジュンは1年ほど放置してしまったものの、復帰してからは1日も欠かすことなくポケモンGOを起動している。ピカチュウしか知らなかったおっさんがこれだけ夢中になるのだから、ポケモンGOはマジですごい。

ポケモンGOが面白くなった理由はいくつもあるが、絶対に欠かせないのが「レイドバトル」と「フレンド機能」だろう。だがしかし、最近になってその2つの機能がもたらした(?)イヤなシーンに何度か遭遇した。今回はその出来事についてお話ししたい。

続きを全部読む

【容赦ない】ハワイが喫煙者の息の根を止めようとしている件 / タバコの購入年齢を100歳に引き上げか?

タバコはハタチになってから。もちろん吸わないに越したことはないが、20歳以上の成人ならばコンビニなどで当たり前のようにタバコを買うことができる。これは正当な権利だ。ところが……!

みんな大好きハワイでは、近い将来ほとんどの人がタバコを買うことができなくなる可能性が出てきたぞ。なんと、2024年までに100歳未満へのタバコ販売が禁止になるかもしれないというのだ。マジかよハワイさん、喫煙者に容赦ねぇ……。

続きを全部読む

喫煙者が禁煙して驚いたこと5選 「タバコの臭さに愕然とする」など

タバコをやめたら良いことだらけ。──禁煙外来に通って禁煙に成功した私は今、心の底からそう思う。1本も吸わなくなってからまだ1カ月しか経っていないが、その段階でも痛感する。

じゃあ、どう変わるのかというと……私が思うのは以下の5つ。以前の記事「禁煙外来に3カ月間通ったらこうなった」でも軽く触れたのだが、大事なことなので改めて紹介したい。

なお、以下の 5つは私個人が体験したことであり、タバコをやめた全ての人が同じようになるとは限らない。その点をご了承の上、禁煙のモチベーション維持に役立てていただければ幸いだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8