「国内」カテゴリーの記事

羽田にあった伝説の餃子屋『安亭』復活キター!餃子はもちろん坦々麺もマジウマすぎる件

日本でもおなじみの中華料理『餃子』。そのなかでも中国より日本のほうが食べる機会が多いと言われているのが、フライパンなどで焼いた焼き餃子である。

安価でおいしい焼き餃子を出すチェーン店としては餃子の王将などが思い浮かぶが、東京都大田区・羽田に近い糀谷という地にあった伝説の餃子屋『安亭』をご存じだろうか。

安亭は平成9年に店主がお亡くなりになられたため閉店。それには多くの餃子ファンたちが悲しむほどの知る人ぞ知る絶品餃子店だったのだが、ナムコナンジャタウン内にある池袋餃子スタジアムへ再度出店し超絶人気を誇ったため、池袋や高田馬場、新宿等にチェーン店として復活を果たしたのである。

続きを全部読む

ロケットニュース24英語版、先週の人気記事ランキング / RocketNews24 English Weekly Article Ranking!

突然ですが、読者のみなさんは、ロケットニュース24に英語版があることをご存じでしょうか。(Hey, you! Did you know that RocketNews24 has an English site!?)

実は、2年以上前の2009年1月からこっそり始めていたのですが、今年(2011年)の2月から本格的にスタートしました。(While we set the page up in January 2009, we were really only tinkering around with it, waiting for the right time to hit the ignition. Well earlier this year, in February 2011, that time finally came!)

続きを全部読む

「ゆるキャラグランプリ」出場のメロン熊の迫力が尋常じゃない / 自分でもゆるくないのはわかっている様子

2011年9月15日から、「ゆるキャラグランプリ」が開催されているのをご存知だろうか? これは、全国のゆるキャラの人気投票で、11月26日までの期間で開催されている。300体を越えるキャラクターのなかから、真のゆるキャラを決めるべく投票が続いており、その争いはまったく「ゆるくない」ようだ。各公共団体は、このイベントに心血を注いでいる様子で、特に北海道・夕張町の「夕張メロン熊」は、今にも噛み付きそうな顔つきで「夕張に明るい未来を」と訴えかけているのである。

続きを全部読む

マクドでもっともウマイ店が「食べログ」のランキングで判明 / 1位は名古屋・テルミナ店

全国に3000店以上あるハンバーガーチェーンのマクドナルド(以下:マクド)。そのなかでもっともおいしいお店はどこなのだろうか? どこも同じだと思ったら、意外にも違うことが判明した。というのも、飲食店の口コミサイト『食べログ』で「マクドナルド」と検索すると、約1200軒の店舗の評価を確認することができるのだ。調べてみたところ、「料理・味」の点数1位に輝いてるのは、名古屋・テルミナ店だったのだ。

続きを全部読む

Kinectはすでにゲーム機を越えている! ロボットもKinectで操る時代到来

2010年11月にXbox360向けのゲームデバイス「Kinect(キネクト)」が発売されてから1年が経とうとしている。この機器は、ゲーム業界に多大な影響を与えただけでなく、実は他の産業にも大きな変化をもたらした。ロボット産業においてもその例外ではない。「2011国際ロボット展(iREX2011)」では、Kinectをコンソールとして操るロボットもいくつか見受けられ、特にインパクトがあったのはサービスロボットの遠隔操作での活用だ。

続きを全部読む

北朝鮮のマスゲームみたい!? 素人ゴルフファーの団体スウィングがシンクロ率100パーセントすぎる

ゴルフをプレイしたことがある方ならご存知だろう。真っ直ぐ飛ばしたい方向へ飛ばしたいだけ打つ、この単純なことが実は結構難しい。

だが、総勢70名のプレイヤーが息をピッタリ合わせて一斉にスウィングする動画がネット上で発見された。それだけでもスゴイ技なのだが、しかもこのプレイヤーたちは、ゴルフはまぁまぁできるけど、そこまで上手くはないという「アベレージゴルファー」、つまり素人なのである。

続きを全部読む

ぬいぐるみにもソーシャルの時代が到来! ネットワーク連携で相手の様子を把握できるぞ

日々進化を続けるロボット開発技術。製造建設の分野はもちろんのこと、最近ではサービス業にも新たな技術が用いられるようになって来ている。人間の作業を手助けするだけでなく、癒しさえもロボットが担う次代に入ってきているのだ。

2011年11月に開催された「2011国際ロボット展(iREX2011)」では、もっとも進んだ癒しロボットとして、富士通が開発した子ぐま型のロボットが出展されていた。見た目はぬいぐるみのように見えるのだが、侮るなかれ。なんとこれは「ソーシャルロボット」と位置づけられており、豊かな感情表現をするだけでなく、鼻に搭載されたカメラで相手の状況を把握することさえ可能なのである。

続きを全部読む

歌うヒューマノイドがほっぺたプルプルでめちゃめちゃカワイイ!

2011年11月9日から4日間の日程で開催されている「2011国際ロボット展」。世界最大級のロボット見本市とあって、会場の東京・ビッグサイトには日本の内外から272社(団体)が出展している。製造部門のロボットは、従来のものに比べて、よりスピーディで繊細な動きを実現しているようだ。

一方、最近需要が高まりつつあるサービス分野のマシンは、ロボットでありながらも癒しと温もりを与える存在へと、進化しつつある。特に、容姿については一昔前のロボットとは、随分異なり可愛らしいものさえ見受けられる。なかでも、歌って踊れるヒューマノイド「HRP-4C 未夢(ミーム)」(以下:未夢)は、本当にカワイイのだ。あまりに整った顔立ちに、男性であればおそらく一瞬「ドキッ!」とする感覚を禁じえないはず。

続きを全部読む

まるで擬似的な幽体離脱! ロボット遠隔操縦システムがすごすぎる

2011年11月9~12日の日程で、東京・ビッグサイトで開催されている「2011国際ロボット展(iREX2011)」。今年で19回目を迎えるこのイベントは、世界最大のロボット見本市である。国内外からロボット・関連機器メーカー、大学・研究機関などが参加しており、今回は過去最大級272社(団体)の参加となった。製造分野のロボットの出展が中心なのだが、近年はサービス分野の出展も増えつつある。

特にここ数年で、各社ともサービスロボット(サービス業で使われるロボットを指す)の開発が進められており、第3次産業での活躍が期待されているようだ。

また東日本大震災以降、人間に代わって危険作業を行うロボットの開発も急速に進められている。たとえば、ご紹介する「FST」もそのひとつだ。これは、ロボットの遠隔操縦システムである。ヘッドマウントディスプレイとグローブ、そしてセンサーチューブを装着すると、まるで自分がもう一人現れたような感覚で、ロボットを操縦できるようだ。

続きを全部読む

facebookのチェックイン機能はアリバイ工作に大活躍らしい!

facebookの機能の1つに「チェックイン」という機能があります。これはiPhoneなどのスマートフォンを使い、自分が今いる場所を友達に伝えたり、一方で友達がチェックインすれば、友達の居場所もわかってしまうロケーション機能です。さらに、このチェックイン機能、自分が今いる場所を知らせる時に、友達をタグ付することができます。例えば、「私は今、渋谷駅にC子さんといます」といった形で、「だれだれといますー」を付けくわえるができるんですね。

さて、このチェックイン機能、一部のユーザーは、アリバイ工作でこの機能を使っているといいます。一体、どういうことなのでしょうか。今回は、アリバイ工作でfacebookを使う、A子さんに話を聞いてみました。

続きを全部読む

ゼリーの商品紹介ページがギャルゲーにしか見えないと話題に

岡山県のとある農産物加工組合のホームページが、インターネットユーザーの間で注目を集めている。この組合の主力商品はゼリーなのだが、話題となっているページを見ると、どう見てもゼリーの商品紹介をしているようには見えない、どちらかと言えば、ギャルゲームの紹介ページのような印象を受けてしまうのだ。

このページについてネットユーザーからは「たまげたなぁ」や「ページ開いた俺、ポカーン」など、驚きをあらわにしたコメントが寄せられている。

続きを全部読む

折にふれ「住んでみたい街ランキング」といった調査が発表されるが、実際に住んでみるとどうなんだろう。そのひとつの指標となる「都道府県別幸福度ランキング」が発表された。

発表によるとなんとトップ3は北陸3県。東京や大阪などの都心部は軒並み下位におさまるという結果が出たそうだ。

続きを全部読む

進行が3倍早い「歯根ムシ歯」には十分にご注意を

皆さんは、日ごろからしっかりと歯のお手入れを行っているだろうか? 毎食後欠かさないという人も少なくないだろう。しかし、歯は表面だけを磨けばよいというものではない。

というのも、ムシ歯には大きく分けて2種類が存在し、割とこまめに歯磨きをするという人でも、歯の見えている部分にしかケアしない場合が多いのだ。

そのことにより、歯の根元がムシ歯「歯根ムシ歯」になってしまうという。驚いたことに、この症状は通常のムシ歯よりも進行が3倍早いのだ。

続きを全部読む

本誌公認マスクドロケット誕生! マスク製作キットで簡単にできちゃったよ

先日、ロケットニュース24で本誌公認のマスクマン「マスクドロケット」をご紹介した。額に輝く本誌のロゴはお気づきの通りオリジナルである。

ビシっと決まったオリジナルマスクはプロレスファンでなくてもカッコイイと思うものだが、ここでマスクドロケットの秘密を暴露してしまいたい。実は、あのオリジナルマスク、誰でも簡単に作れちゃうのである。

続きを全部読む

とある企業の社長さん(60代)がどう見ても若すぎる! 20代にしか見えない

大阪に本社を置く、とある企業の社長が若すぎると話題を呼んでいる。その社長は1948年生まれで、今年(2011年現在)63歳ということになる。しかしながら、彼の容姿はどう見ても若すぎるのだ。見た目は20代といっても決して言いすぎではないほどに若い!

続きを全部読む

ギャル詩人の作品がネットで話題「あげぽよすぎてキュン死になう」

2011年11月8日、日本テレビ系で放映される「スター☆ドラフト会議」に、ポスト相田みつをと呼ばれている26歳の女性が出演した。彼女は詩人であり、その派手な見た目からは想像もできないような繊細な詩を即座に作り上げる。独創的な世界観もさることながら、ギャル語を使って詩を作り上げるとあって、番組でのスカウティングタイム(スカウトマンがオファーをする)ではオファーが殺到したのである。

続きを全部読む

歯に衣着せぬ発言で、インターネット上で注目を集めている株式会社エムグラントフードサービスの代表取締役社長井戸実氏。その同社の経営する『ステーキハンバーグ&サラダバー けん』鵜野森店で食中毒が発生したことが明らかになった。神奈川県・相模原市の保健所の調べによると、病原性大腸菌O-157が検出され、同店は3日間の営業停止処分を受けている。

続きを全部読む

2011年ブレイクダンス総決算ムービー『WORLD BEST BBOYS 2011』が回りまくり&跳びまくりでハンパない!

「Bボーイ」とは、ブレイクダンスを踊る男性のことを指す。B系のファッションをしている人ではなく、あくまでもブレイクダンスを踊る男性の意味なのだ。

そんなBボーイの中でも、今年2011年の世界ベスト!とされるブレイクダンス総集編ムービーが、世界中のネットユーザーから絶賛されている。

動画のタイトルは「WORLD BEST BBOYS 2011 (HD 1080p)」。その名の通りの内容であり、高画質モードにも対応している大変貴重な映像だ。

続きを全部読む

秋田県「なまはげ」のお母さんは「なまはげ」じゃなかった

地域PRのゆるキャラと言えば、滋賀県彦根市の「ひこにゃん」や、北海道山越郡長万部町の「まんべくん」、奈良県の「せんとくん」がいるが、秋田県にも伝統行事であるナマハゲがモチーフになったゆるキャラ「ちびっコなまはげ がおたくん」がいる。

名前の通りがおたくんは子どものなまはげだ。がおたくんにはゆかいな家族や仲間がいるのだが、「おかー」ことお母さんがどう見てもなまはげではないのである。

続きを全部読む

いちごミルク味コーラ『ペプシ ピンク』飲んでみた! 駄菓子っぽい味で懐かしい気分

ペプシから本日11月8日に発売された新フレーバー『ペプシ ピンク』パッケージからピンク! 中身もピンク! まさにピンキーなペプシ、それが『ペプシ ピンク』である。

もちろん当編集部も発売日と同時にコンビニでゲット! さっそく飲んでみたのでご報告したい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 855
  4. 856
  5. 857
  6. 858
  7. 859
  8. 860
  9. 861
  10. ...
  11. 903