和才雄一郎 (Yuuichiro Wasai)

副編集長

京都府出身。2014年1月よりロケットニュース24に本格参戦。好きな言葉は「経費で買っていいぞ」で、嫌いな言葉は「根性出せ」です。

「和才雄一郎」担当の記事

タリーズ「夏の福袋」が6月24日から販売開始! ひと足先に手に入れたらこうだった / ハッピーバッグ(3000円)

タリーズには夏の福袋がある。──ってことを以前の記事で紹介したのだが、覚えている人はいるだろうか? なにぶん3年前に公開した記事なので、忘れちゃった人もいるだろう。

というか、これを書いている私自身が「やべぇ! 去年も一昨年も忘れてた!!」となっているくらいなのだが、人気の福袋なので今年こそは紹介したい。そのために、今回はタリーズさんから特別にいただいてきたぞ。さっそく、中身を見てみると……

続きを全部読む

キッチンドローンの「名前負け感」は異常 / 羽の回転速度を計測したら墜落必至だった

「ドローンの羽の回転、遅くね?」 ──そう感じたのは、キッチンドローンの電源をONにしてから、わずか5秒後のことだった。つまり、私のテンションがドローンで浮き上がったのは約5秒。

その後はゆっくりと降下を続け、約30秒後に「まぁ、これくらいがちょうど良いのかもなぁ」というところに着地した。視界不良のモヤモヤした着陸ポイントに、私は今いる。……つまるところ、私はキッチンドローンの全貌をいまいち把握できていないのだが、自分が見えている範囲のことだけでも報告したい。

続きを全部読む

「すきやばし次郎」の焼のりでおにぎりを作ったらどれだけ美味いのか? 試したら、開封時が1番盛り上がった

普通だった。ごく普通のおにぎりだった。決してマズくはないが、特別に美味しい印象はなかった。もっと言うならば、コンビニのおにぎりの方が上かもしれない。少なくとも私はそう思った。

とはいえ、海苔が悪かったわけではない。むしろ海苔は文句なしに美味かった。その証拠に、試食した誰もが海苔を絶賛した。悪いのは、おにぎりとの相性……というか、おにぎりの塩加減が海苔と合っていなかっただけな気がする。

続きを全部読む

スタバとタリーズの「シナモンロール」を食べ比べようとしたら…重さを量った時点で動揺が走った / 似たような商品を1つずつ食べ比べ選手権(第2回)

「スタバ」と「タリーズ」は、どっちが上なのか? そんな愚問に何とか答えを出すため、それぞれの似たような商品をひたすら食べ比べる企画『スタバVSタリーズ! 似たような商品を1つずつ食べ比べ選手権』。

以前の記事でお伝えしたように、初回はチーズケーキ同士が戦い、見事にスタバが僅差で勝利を収めた。今回はその第2ラウンド。シナモンロールはどっちが美味いのか? を決めようとしたところ……計量の時点で審査員席に動揺が走ったのだ。

続きを全部読む

新婚旅行中に『バイアグラ』を渡され「不要だ」と啖呵を切った話 / あるいは極上の異国体験

最初に言っておくが、それは1種のジョークグッズ的なもの。私が新婚旅行でポルトガルを訪れたときに見つけた……というか、レストランの店員さんが、私のテーブルの上に突然置いたのだ。トップの写真にある通り、「Viagra(バイアグラ)」と書かれたビンを。

??????

「もしかして、ポルトガルにはViagraって名前の調味料があるのか?」 そんな間抜けな考えが一瞬頭をよぎったが、店員さんの少年のような笑顔両腕を使ったジェスチャーを見て、私は意味を悟った。そして同時に、異国に来た緊張感と疲れが一瞬で吹っ飛んだのだ。

続きを全部読む

なぜAmazonで高評価?「乳首が出すぎる」と話題のトレーニングウェアを実際に試してみた / ネットの評価を再検証

ネットの評価ほどアテにならないものはない。高評価を受けているものがマジでどうしようもなかったり、逆に「どうしようもない」と言われているものが凄かったり……。そんなことがいくらでもある。だからこそ、ネットの声を鵜呑みにしないために1つ1つ確認することが大事。

それをコツコツやっていこうという試みが、本企画「ネットの評価を再検証」だ。ひっそりと続けて3回目となる今回は、ある「トレーニングウェア」をとりあげたい。こちらの商品、Amazonに投稿されているカスタマーレビューはおおむね高評価なのだが……。

続きを全部読む

【怖い】使用期限を約3年オーバーした浄水器のカートリッジを外したらこうだった

ヌルッ……。ひと言でいうと、そんな状態になっていたらしい。特に、浄水器のカートリッジをねじ込むところ。外さないと見えない部分が、ヌルッ……ヌルッ……だったそうだ。

なぜか? 理由はシンプルに、浄水器のカートリッジを交換せずに使い続けたから。本来3カ月で交換しなければいけないにもかかわらず、私の知人は使用期限を2年9カ月オーバーして使い続けたという。

「いや〜カートリッジの交換が3カ月とは予想外だったわ。数年に1度とか、ワールドカップみたいな間隔かと思いこんどった」そうだ。

続きを全部読む

【ドラクエウォーク】体験会の抽選結果が発表されネット民は歓喜&無念の声 / 思ったよりも倍率高めか

落ちた〜〜〜〜〜〜〜! ……何の話かというと、『ドラクエウォーク』のベータ版体験会。その応募結果がメールで発表され、当選した人は歓喜の声を、私と同じく落ちた人は無念の思いをネット上にぶちまけているのだ。

では、なぜベータ版体験会で受かったり落ちたりしただけで話題になっているのか?

続きを全部読む

【スタバ VS タリーズ】結局どっちが上なのか? みんなで1つずつ食べ比べて決める / 第1回はチーズケーキ! いきなり発見が…

「スタバ」と「タリーズ」は、どっちが上なのか? ……そんなことを聞かれても、明確な答えはない。実に不毛な問い。はっきり言って愚問だ。なにせ、結局はその人の「好み」なのだから。どっちが上で、どっちが下もないではないか。

──が、その不毛な愚問に何とか答えを出そうという挑戦的な試みが、当企画「スタバVSタリーズ! 似たような商品を1つずつ食べ比べ選手権」である。名前の通り、スタバとタリーズの商品を1つずつ食べ比べ、最終的に勝者を決める企画。その記念すべき第1ラウンドは……チーズケーキだ!!

続きを全部読む

【お土産の王】『牡蠣まるごとせんべい』はリーズナブルな牡蠣だった

これは牡蠣なのか? それとも、せんべいなのか? ──そんなことを考えてしまう商品に出会ってしまった。というのも、商品名を見る限り間違いなく “せんべい”。しかし開封すると、まるでアイロンにあてられたかのような牡蠣が顔を出すからだ。

その姿を見ると、「これは もはや牡蠣の調理法の一種なのでは?」という気がしてしまうが…… やはり “せんべい” に分類されるのだろう。『牡蠣まるごとせんべい』というくらいだし。

続きを全部読む

王将の『湯葉の天津飯』はガチ / 真の “極王天津飯” を「GYOZA OHSHO」で見つけた

これから紹介するメニュー『湯葉の天津飯』は、全国の「餃子の王将」で食べられるわけではない。餃子の王将のオシャレ版「GYOZA OHSHO」の限られた店舗のみで販売されている。

まぁ、店舗ごとにオリジナルメニューを展開している「餃子の王将」だけに、フツーの店舗でも取り扱っているところがあるかもだが、どちらにせよレアなメニューであることは間違いない。ただ……!

続きを全部読む

【検証】笑顔の人を自動で撮影できるカメラに「微妙な作り笑い」を向け続けたら…ハプニングが起きた / ソニー『α6400』のスマイルシャッター

笑顔の人を見つけたら即パシャ。シャッターボタンを押す必要なんてない。笑ってさえいればいい。するとカメラが笑顔を検出して、自動でパシャァ〜! パシャァ〜! パシャァ〜!! 

──という機能を搭載したカメラがある。っていうか、かなり以前からある。だから特に珍しくも何ともないのだが、初めてその機能を目の当たりにしたら、テンションがおかしくなってしまう人もいるだろう。

続きを全部読む

【ベルばら】中年男性(37)が生まれて初めて少女漫画を読んだらドハマりした話 / あるいは『キングダム』マニアの視点で考察する『ベルサイユのばら』

少女漫画の一体どこが面白いのか? 付き合ったとか、別れたとか、イケメン転校生と席が隣とか、教科書見せたら手紙渡されたとか、両親が海外に行っているから実は家で2人きりだと判明とか、友達以上恋人未満とか、F4とか、大っきらいとか、やっぱり大好きとか……どうでもええねん! 

──と思ってる男性、世の中に一定数いるはずだ。かくいう私がまさにそうで、37年もの間少女漫画を敬遠して生きてきた。ところが先日、ふとしたきっかけで『ベルばら』こと『ベルサイユのばら』を読むことになり……って話を紹介したい。

続きを全部読む

女性の「口臭」が中高年男性より深刻という調査結果 / 相手の息が気になったとき、どう伝えたらいいのか女性に聞いてみた → 「言い方」の難しさを痛感

基準値オーバーの比率は、女性(17.9%)で、男性が(8.3%)だったそうだ。実に男性の2倍以上。……何の話かというと、「ブレスハザードプロジェクト」が口臭についてまとめた『口臭白書2019』。その中で、20〜60代の男女214人を対象にした「口臭レベルの実態調査」なるものが行われ、上の結果が導き出されたとのこと。

「マジで?」と驚いてしまう人は少なくないだろうが、同調査の公式サイトには「『中高年男性より若年女性の方が、基準値超え比率が高い』という意外な?結果も判明しました」とはっきり記載されている。では、一体何が原因なのだろうか? 

続きを全部読む

【謎】笑顔を検出したら自動で撮影できるカメラに「激おこプンプン丸」な表情をしたら…意味不明な動作をした / ソニー『α6400』のスマイルシャッター

カシャ! シャッター音が室内に響いたとき、私の頭の中にも「なんで?」という三文字が同時に響いた。まったくもって分からなかった。「カシャ!」の意味が。

なぜなら、「カシャ!」は笑顔のときだけ聞こえるはずの音であり、私はその時めちゃくちゃキレた表情をしていたのだから。したがって、「カシャ!」は響くはずがない音……。なぜだ? どうしてそうなったのか? いまだによくわからないが、起こったことをありのままに話そう。

続きを全部読む

丸亀製麺のプロは『親子丼』を「うどん」として楽しむ / 公式が絶賛した “つう好み” の変態テク

変態と聞くと、誰もが「動物が姿を変えるアレ」を頭に思い浮かべるだろう。サナギが蝶になったりする的なヤツだ。「完全変態」とか「不完全変態」といった言葉を覚えている人も、中にはいるかもしれない。

今回紹介するのは、そんな「変態」の一種。ただし、動物ではない。丸亀製麺の親子丼が「親子うどん」になるのだ。どういうことかは作り方を見てもらえれば一発で分かるが、それが何というか、実にコロンブスの卵的な発想で……。

続きを全部読む

【無印良品】ベーカリーのパンを “大人買い” して気付いた「ダントツで美味いヤツ」

ロールパンだ、ロールパン。一見どこにでもありそうなロールパンが、めちゃくちゃ美味かったのだ。少なくとも、私が無印良品で買ったパンの中ではダントツの1位。100円払ってお釣りが来る価格であるにもかかわらず、もっともインパクトがあったのは間違いなくロールパンであった。

──もはや言いたいことは大体言ってしまった感があるのだが、「無印でパン?」と思っている人もいるだろうから、以下で補足的に説明しよう。

続きを全部読む

【1万円以上の損失】身に覚えがないカードの引き落としを調べたら…自動更新される「有料サービス」の怖さを知った / PCを安全に使う気持ちが裏目に出た話

これを書いている私は今、自分への怒りでいっぱいだ。なぜこんなミスをやってしまったのか? 「うっかり」では済まされないミスを。しかも二重のミスを……! どちらかさえ防げていれば、こんな事態にはならなかったのに……

──という怒り。私の心の中に渦巻くコレが何かに役立つとすれば、自分の経験をもとに注意喚起の記事を書くことではないのか? そんな気持ちで、私が犯した致命的ミスを紹介したい。1人でも多くの人が、私と同じ状況にならずに済むことを願って。

続きを全部読む

【最強のサンダル】マジで快適! クロックスに圧勝している履物を発見した / 見よ、このプニプニ感を!!

OOFOS ← そのブランドの名称がコレなのだが……何と読むか分かるだろうか? 私は当初「オーフォス」だと思っており、そう読むものと信じて買ったのだが、記事を書くために公式サイトを見たら「ウーフォス」と言うらしい。

そんなことはどうでもいいのだが、私が言いたいのは「これがマジで快適」だということ。足のラクさをクロックスと比較したら、「ウーフォスが圧勝している」と言っていいだろう。

続きを全部読む

【死闘180日】禁煙外来に通院中と通院後の全記録 / タバコをやめられた要因・止まらない肥満・デブのまま迎えた結婚式…など(ありのままの禁煙&減量日記)

どうせなら、もっとマシなものに依存して生きたい。他にいくらでもあるだろう。タバコよりマシなものが。なのになぜ、私は10年以上もタバコに依存しているのか……。いい加減、もう止めよう。タバコを

──そんな気持ちで、私が禁煙外来の門を叩いたのは2018年10月のこと。おかげで、今ではタバコをやめることは出来た……が! 決して楽ではなかった。色々あった。禁煙補助薬を飲まないこともあった。通院している身でありながら、タバコをガンガン吸ったこともあった。太ってどうしようもないこともあった。「あった」というか、肥満は現在進行系だ。

それはさておき、禁煙外来に通って起きた全てをさらけ出しているのが本記事。飾り立てたことや嘘を書いても仕方がないから、事実をありのままに記載している。「タバコをやめたい」と思っている人の参考になることを願って。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 58