和才雄一郎 (Yuuichiro Wasai)

副編集長

京都府出身。2014年1月よりロケットニュース24に本格参戦。深夜ネタ結構多め、海外ネタちょい多め、脱ぐことかなり多め。

「和才雄一郎」担当の記事

花粉症の人におなじみの薬! アレグラFXでは「副作用の可能性がある症状」に『悪夢』と記載されている / みんな知ってるあたりまえ知識

みんな知ってる当たり前知識。でも100人くらいいたら、1人くらいは知らない人がいるかもしれません。今回は「花粉症の人におなじみの市販薬・アレグラFXの説明書には “副作用の可能性がある症状” として『悪夢』と記載されている」という知識です。

薬を購入する前に副作用を確認するのは常識中の常識なので、アレグラFXのヘビーユーザーなら「何を今さら……」という感じでしょう。「使ったことは無いけど、それは知ってる」という人も多いはずです。ただ……もしかしたら、もしかしたら、知らない人もいるかもしれませんので、念のためにおさらいしておきましょうね。

続きを全部読む

ブラック企業を辞めた後に椎間板ヘルニアを発症して気づいた「たった1つの大事なこと」

突然ですが、「ブラック企業に勤めることで起きる一番の問題」って何だと思いますか? 長すぎる労働時間? 安すぎる給料? それとも、重苦しくなりがちな社内の空気でしょうか?

確かにそれらは相当に厄介な問題ですが、はっきり言って「一番の問題」ではありません。少なくとも、私が実際にブラック企業に勤務して感じた「一番の問題」ではありませんでした。では一体何が「一番の問題」なのかというのを以下で紹介したいと思います。

続きを全部読む

【乃木坂46】マイやんのキス顔写真まで…! 写真集『乃木撮』の公式Twitter アカウントは神々しすぎるから閲覧注意

@nogisatsu ← これな。以上! ……もう十分だろう? これで記事終わっていいだろうか? ──と乃木坂ファンの私は思っているのだが、ファンでない方にはさっぱり意味が分からないかもしれないので、超絶手短に説明したい。

アイドルグループ乃木坂46が、グループ全体の写真集『乃木撮(のぎさつ)』を2018年6月18日にリリースするのだが、それに先がけて公式Twitter アカウント(@nogisatsu)もスタート。そのアカウントをのぞけば……メンバーの写真がぁぁぁぁああああああああ! ファァァァアアアアアアアアアアアア!!!!

続きを全部読む

【あるある】会社でウンコをしようとしたらトイレのドアノブが落下し、それを拾ったりしてるうちに「ちょっと漏らした人」だけがわかること33連発

「一寸先は闇」とはよく言われるが、その意味を実感として理解しているのは大人になってウンコやオシッコを漏らしたことのある人ではないだろうか。なにせ、展開が読めなさすぎて漏らすのだから。例えば、楽しい旅行の途中で漏らすこともあれば、ポケモンGOでカビゴンをゲットした直後に漏らすこともある。そして……

会社でウンコをしようとしたらトイレのドアノブが落下し、それを拾ったりしてるうちに漏らすこともあるのだ。まさに一寸先は闇である。むしろ、これ以上「一寸先は闇」という言葉がしっくり来る状況もなかなか無いだろう。そこで、その体験者である私が「漏らすに至った経緯」を33連発のあるあるで紹介したい。もちろん、散々(33)な経験だから33連発だぞ。

続きを全部読む

【禁断】アイスのウマさを極限まで引き出す食べ方を発見した / ただし…メタボ一直線!

こんなにウマいアイスがこの世にあったなんて……! 今まで30年以上アイスを愛してきたのに知らなかった……!! このアイス、普段の5倍は美味しい気がする。キャンプで食べる焼き肉が特別なように、銭湯で風呂上がりに飲む牛乳がメチャウマなようにだ。

──というのが、「その食べ方」でアイスを味わった私の感想なのだが、これは必ずしも万人にオススメな方法ではない。むしろ、ダイエット的な観点で言うと最悪だろう。だがしかし! ウマいことはウマイんだ、これが。

続きを全部読む

吉野家の牛丼(並)を無料で食べる方法 / クズ中のクズの発想だから閲覧注意!

「タダ(無料)ほど怖いものは無い」とはよく言われるが、実際のところ「タダ」という言葉は多くの人の心をザワつかせる。例えば、吉野家の牛丼がタダ。どうだろう? 「マジで!? はよ教えろ!」とならないだろうか。実は、私もそうなってしまった。ある人から、「吉野家でタダ飯できる」と聞いたときは。ところが……!

詳しく話を聞くと、その方法はあまりにもゲスいことが判明。「普通の人にとっては役に立たねえだろう」と私は思ったのだが、読者のみなさんが犠牲者になる可能性もあるため、以下で紹介したい。

続きを全部読む

引っ越し直後の自分に教えたい! 新居で起きた想定外のトラブル&やっちまったこと4選 / 7年前の俺へ…

「あの頃の俺が、アレを知っていたら……」ってことが、誰しもいくつかあるに違いない。特に「高校生の頃」にそんな思いを抱く人が多いのか、先日『高校生の自分に教えたいこと選手権 』がTwitter上で話題になっていた。

──と、以前の記事「上京した頃の自分に教えたい! 風呂なしアパートで新生活を始める前に覚えておくべき3つのこと」で全く同じことを書いた気がするのだが、今回はその記事で紹介したボロアパートを抜け出し、新しいアパートに引っ越した時に私が感じた「アレを知っていれば……」ってことを紹介したい。引っ越し直後の人、もしくはする予定の人は必見!

続きを全部読む

上京した頃の自分に教えたい! 風呂なしアパートで新生活を始める前に覚えておくべき3つのこと / 12年前の俺へ…

「あの頃の俺が、アレを知っていたら……」ってことが、誰しもいくつかあるに違いない。特に「高校生の頃」にそんな思いを抱く人が多いのか、先日『高校生の自分に教えたいこと選手権 』がTwitter上で話題になっていた。

そこで今回は、私個人の「東京に来たばかりの頃にアレを知っていたら……」ってことをお伝えしたい。題して、『上京した頃の自分に教えたい! 風呂なしアパートで新生活を始める前に覚えておくべき3つのこと / 12年前の俺へ…』だ。極めて個人的な話になって恐縮なのだが、「私と同じような環境で新生活を始める」という人にとって役立てれば幸いである。

続きを全部読む

これがクーリング・オフできないだと!? 消費者庁が公開した「高校生向けの教育クイズ12問」が難しい! 大人が挑戦した結果…

ぬぁに? そうだったのか……。は、初めて知った。買い物とお金に関する契約のことを、色々と誤解していた。何年間も、間違えたまま覚えていた。その勘違いを、まさか高校生用の教材で思い知らされることになるなんて……。

──以上、私(36歳)が、消費者庁と文部科学省によって作成された教育教材『社会への扉』内のクイズを解いてみた感想である。早い話が「難しかった」のだが、私以外にも多くの大人が「それは知らなかった!」となるのではないだろうか!? 「いやいや楽勝でしょ?」と思っているあなた! 全問解けるかどうか、実際に確かめてみてくれ!

続きを全部読む

これ、オシャレだと思う? 上司から「ひと皮むけた」と絶賛された『半袖Tシャツの袖まくり』アレンジがこちらです / 0円で出来るファッションテク

準備……できてるか? 気は……緩んでないか? 情熱は……足りてるか? みなさん、くどいほどに自問自答してる時期かと思います。何度も言っているように、勝負を決めるのは準備。

以前に公開したバレンタインの記事でも全く同じこと言ってますけど、今回はバレンタインの話ちゃいますよ。サッカーでもないですよ。ワールドカップでもないですよ。何の話かと言ったら……暖かくなる時期のファッション。その準備が出来てんのかって話ですよ。

続きを全部読む

【オウム真理教】井上嘉浩死刑囚の恩師から聞いた話が忘れられない

麻原彰晃の風貌、サマナ服を着た信者、不気味なヘッドギア、地下鉄の出口付近にうずくまる人々と駅構内に突入する自衛隊……。「オウム真理教」と聞くと、これらのイメージが自動的に浮かんでくる人は今でも多いかと思う。

まさに私もその1人で、地下鉄サリン事件から23年が経とうとしているにもかかわらず、あの時テレビで見た映像はまだ記憶に焼き付いている。そして……私にとってもう1つ忘れられないのが、井上嘉浩(よしひろ)死刑囚の恩師が発した “あるひと言” なのだ。

続きを全部読む

ゲレンデがとけるほどの恋をしていた話 / 唐突すぎた終わりに泣いた…

人間、ゲレンデの雪を全部とかすほどの情熱を持つことは中々ない。95年に広瀬香美さんがそんなタイトルのシングル曲を発売してはいるが、「ゲレンデがとけるほど」はあくまで例えであり、「それほど熱い気持ちで」というだけの話である。

実際にゲレンデの雪がとけたらとけたで大変だし、そもそもゲレンデに積もった雪を1人の力でとかすのは難易度が超高い。だがしかし、あのときの私が発していた熱量はゲレンデを消滅させただろう。それほど熱かったのだ。気持ちだけじゃなく、パソコンが……。

続きを全部読む

これが同一人物だと!? 警察官のフリをする詐欺師がこちらです → 2枚の写真が別人すぎて逆に怖い / 警視庁が動画と画像を公開して捜査

「もしもし、警察の者ですが……」と電話をかけてきた相手が詐欺師だった──そんな事件が、今年に入ってから東京都内で発生しているようだ。警視庁の発表によれば、2018年1月24日に東京・世田谷区在住の女性が、3月2日には渋谷区在住の女性が被害に遭い、2人ともキャッシュカードを騙し取られたという。

そして本日3月13日、警視庁は「どちらの事件も同一被疑者の犯行」と見て、犯人の画像と動画を公開。いわゆる公開捜査に踏み切ったのだが……。こ、この2人は本当に同一人物なのか? 変装的なのをしているのだろうけど、別人すぎて逆に怖い!

続きを全部読む

【裏ワザ】大阪王将の公式も認める相性の良さ!「ふわとろ天津飯」にラー油をかけたら最高って知ってた?

ラー油のポテンシャルを、まだ私達は全然知らないのかもしれない。「食べるラー油をチョロっと味わったくらいで、私のことを分かったつもりになってもらっては困りますよ。フッフッフッ……」 そんな “ラー油神” の声が聞こえてくるようだ。

今の私には、その声がはっきりと聞こえている。大阪王将で天津飯を食べながらも、しっかりと耳に届いているぞ。声がどこから聞こえるのかと言うと……卓上からだ!

続きを全部読む

【禁煙】紙巻きタバコを加熱式タバコに変えたら「少しはマシ」なのか? 医者に聞いてみた

禁煙が続いている自分。タバコを吸わない生活。それはきっと素晴らしい。健康になることは言うまでもなく、お金だって節約できる。喫煙のために時間を無駄にすることもない。服が臭くなることもない。良いことだらけ。悪いことなんて1つもない。でも……「禁煙できない!」という人は少なくないはず。

かくいう私もその1人なのだが、私と同じように紙巻き派の場合、こう思ったりはしないだろうか。「IQOS(アイコス)とかglo(グロー)、もしくはPloom TECH(プルーム・テック)などの加熱式タバコに変えたら、少しはマシかな?」と。──その点について、現役の医師に意見を聞いてきたので以下でご紹介したい。

続きを全部読む

【餃子の王将】公式Twitter担当者の「一時期狂ったように食べていた王将メニュー」が判明 / 王将大好き人間でも知らない料理かも?

ホルモンの味噌炒め』だって! ……興奮のあまり速攻で答えを言ってしまったが、餃子の王将の公式Twitter アカウントを運営する担当者、いわゆる “中の人” は、『ホルモンの味噌炒め(税抜き500円)』を一時期狂ったように食べていたらしい。

つまり、「餃子の王将」の中の人もハマった王将メニューが判明したわけだが、そう聞いても「ホルモンの味噌炒めって何やねん! 知らんがな!」という人だっているに違いない。週7で王将に通っているマニアでも、食べたことがない人がいるハズだ。なぜなら、地域限定メニューだから……。

続きを全部読む

「無料点検の後に300万円請求…」 大雪などの自然災害に便乗して不安をあおる『点検商法』の相談事例がヤバい

冬将軍に何度も襲われた今年2018年の日本列島。首都圏でも雪が積もって交通機関が混乱したが、記録的な大雪を記録した福井県をはじめとする日本海側や東北地方、北海道にお住いの方は特に大変だったに違いない。中には「大雪で家が歪んでないか?」と心配している人もいるだろう。

だが、そんな心理につけこんだ『悪質商法』もあるようだから、気をつけていただきたい。消費者庁のホームページでは、「大雪による被害に関連する消費者トラブルにご注意ください!」と、注意喚起が行われている。中にはかなりエグい事案も!

続きを全部読む

【中二病全開】「隣のクラスが歌った卒業ソング」が衝撃すぎて20年以上忘れられない

一生忘れられない思い出ができたことを「成功」と呼ぶならば、これから語ることは間違いなく私の成功体験である。といっても、私自身が何かを成し遂げたのではない。私が小学生のときに、隣のクラスの発表を聞いただけなのだが……。

あの場に居合わせた私は、相当に幸運だった。もしかしたら、学生時代の運をあのときに全部使ってしまったのかもしれない。だから、あんなにモテなかったのか……。というのは置いておいて、その体験を以下で紹介しよう。

続きを全部読む

【クズじゃない】特盛りライスをやめて大盛りライスにする「ダイエット」を実践し続けているのに体重が減らないのは何故なのか?

「頑張りが足りないから! 圧倒的に足りないから!!」と言われればそれまでなのだが、最後まで聞いてほしい。これから紹介するトラップは、少なからぬダイエッターがハマる落とし穴ではないだろうか。

特にコツコツ当てていくタイプの人は要注意だ。これを知らないと……ダイエットに注いだ努力が「意味ないこと」になってしまうかもしれないぞ。

続きを全部読む

ブラック企業の上司が言った「俺のカードで好きなのを買えよ」に一周回って感動した話 / 伝え方って大事!

世の中には、カッコイイ男のみが口にすることを許されるセリフがある。例えば、「俺のカードで好きなのを買えよ」ってセリフもそうだ。それはまるで映画。『プリティ・ウーマン』のリチャード・ギアであるが、いざ現実にその言葉を口にしようと思ったら……なかなか難しい。

まず、そう言えるだけの経済力がいる。気前の良さもいる。そして、その言葉がイヤミに響かないだけの “内面の清潔さ的なもの” もいる。どう考えても、ハードルが高いセリフであるが……そんなハードルをなぎ倒すようにして、カッコイイセリフを口にする人も世の中にはいるのだ。私が約10年前に出会った、ある上司のように……。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 59