「方言」にまつわる記事

【方言クイズ】出雲弁「かか~か~かか~か?」、どういう意味でしょうか?

月曜深夜のバラエティ番組『月曜から夜ふかし』で、最近地方の特徴的な方言を紹介している。私(佐藤)の地元島根県の出雲弁についても紹介されると思っているのだが、なかなか取り上げてもらえないみたいなので、自ら紹介したいと思う。

では、問題です! 「かか~か~かか~か?」。“か” だけで構成されたこの文章の意味を答えなさい!

続きを全部読む

「青森県民 vs 滑舌悪い芸人」のラップバトル第2弾が公開! 青森県民の言葉が超難解でビビった!!

秋田、大阪、沖縄などなど、方言のきつい都道府県は数あれど、ひときわ難解な方言をもつと言われているのが「青森県」だ。そんな青森県が、観光PRの一環として、滑舌の悪い芸人として知られる諸見里大介さんと、青森県民がラップバトルを繰り広げる動画「ディス(り)カバリー青森」の第2弾を公開した。

昨年2016年12月に公開された第1弾は、公開3カ月で35万回の再生を記録し好評だったというが、第2弾はどんな内容に仕上がっているのだろうか? 

続きを全部読む

【知ってる?】東京では通じない関西弁『遠慮のかたまり』が話題! ネットの声は「通じないとか嘘やろ……」「初めて聞いた」と真っ二つに!!

日本語とは面白いもので、地方によってその方言は様々。自分にはまったく意味がわからない言葉が、当然のように使われている地域もあるのだ。実は今日も、ある関西弁が東京では通じないことに「信じられない」という声が挙がっている。

「遠慮のかたまり」という言葉をあなたは知っているだろうか? 先日、関西で放送されているテレビ番組『ちゃちゃ入れマンデー』内で、この言葉が東京で通じない関西弁として紹介されたらしい。それを受けて、現在ネットの声は「使うやろ」派と「知らない」派とで真っ二つに分かれているのだ。

続きを全部読む

【やってみて】女子大生が開発した方言から出身地を当てる『方言チャート』が進化していてマジ当たる

方言に関する質問に答えるだけで、出身地を当ててしまうと評判の「出身地鑑定!! 方言チャート」。東京女子大学篠崎ゼミの女子大生とジャパンナレッジのコラボレーションで開発され、結構当たると噂になったことで知っている人も多いだろう。

2017年5月16日、そんな「方言チャート」がパワーアップして帰ってきていた! 実をいうと、2013年版で出身は福岡県なのに愛知県だと診断されてしまった私(筆者)。今回、西日本を中心に精度がアップされているらしいので期待は高まるばかりだ。さっそく、「47都道府県版」をやってみたところ……

続きを全部読む

【カオス】「佐賀弁のラジオ体操第一」が意味不明すぎて単なる外国語

九州内で人口・面積共に最も少ない県といえば『佐賀県』である。お笑い芸人「はなわ」のネタのほか、有田焼や伊万里焼など、焼物の生産地としても知られる佐賀県は、複雑な方言でも有名な地域だ。

そんな佐賀が、ラジオ体操第一を佐賀弁に訳した『佐賀弁ラジオ体操第一』をネットで公開。さっそく動画を確認してみると……はじめから何言ってるか分かんねぇぇぇえええーーーー!

続きを全部読む

【大発見】ちんちんかくと、マジで気持ちいい / 集団で「ちんちんかきながら」仕事してみた

ちんちんかくこと」が、知らず知らずのうちにクセになっている人は多いと思う。ついつい、無意識のうちにやってしまうと言うか。なかには何時間もちんちんかきすぎて、痺れや痛みに悩まされた人だっているかもしれない。

……というか、まさに私自身にそんな経験があるのだが、ちんちんかくことは何も悪いものではない。むしろ、ちんちんかくことで得られる精神的な充足感だってあるのだ。

続きを全部読む

【カオス】青森県が謎の「ズーズー弁ラップ動画」を公開 → 字幕がないと何言ってるのかサッパリわからねぇぇえええ!!

数ある方言の中でも「マジで何言ってるのかわからねえ……!」と、人々を困惑させることで有名な青森弁(津軽弁・南部弁・下北弁)。その独特なイントネーションや言い回しは、むしろ日本語よりも外国語に近いといっても過言ではないだろう。

そんな青森弁をふんだんに駆使したラップ動画を、なぜか青森県が公開した……WHY? 動画には滑舌が悪いことで有名な芸人「諸見里大介」さんも登場、ラップで対決しているのだが……結果からいうと青森弁の圧勝! 圧倒的大差で、青森弁の方が聞き取れねぇぇぇええええ!!

続きを全部読む

このドレス、何に見える?

またドレスだ。以前ネット上で、「このドレス、何色に見える?」と話題になった1枚のドレスを覚えているだろうか? 「知らないぞ」という人のために簡単に説明すると、1枚のドレスの色に関して、「白と金色に見える」「いや、黒と青だ」と意見が真二つに分かれて議論になったのである。

現在、前回のようなドレス論争が再び巻き起こっている。といっても、争点は色の見え方の違いではない。ポイントは、ドレスにプリントされている柄。それが……あまりにもデリケートゾーンにダイレクトフィットしていると話題になっているようなのだ。

続きを全部読む

出身地をズバリ当てる方言チャートがさらに進化! 方言チャート100になって帰ってきたぞ~ッ!!

質問に答えるだけで、出身地を当てるネットサービス「方言チャート」。2013年に紹介してから2年を経て、進化していることが判明した!

以前のバージョンは47都道府県が対象だったのだが、進化版は47都道府県をさらに100の地域に細分化しているのである! 実際にやってみたところ、コアな質問内容が用意されており、かなりビビった!

続きを全部読む

【九州限定】ハローキティの「方言トランプ」がかわいさを出しつつ強烈なパンチをお見舞いしてくる

仕事を選ばず何でもこなす、サンリオのキャラクター「ハローキティ」。国民的アイドルがAKB48なら世界的アイドルはキティちゃん。日本から世界に飛び出した彼女の働きぶりは有名で、時に「キティさん」と呼ばれるほどである。

そんなキャラクターグッズのカリスマともいえる彼女だが、もちろん九州でも「方言トランプ」なるものとコラボしていた。しかし、これがフタを開けてみたら、ただのキティちゃんグッズではなかったのでご報告しておきたい。

続きを全部読む

【地方出身者必見】LINEの「方言スタンプ」が面白い! 出身地の言葉はしっくり来るのに他県の方言は暗号並みに難解

コミュニケーションツールとしてすっかり定着している「LINE」。テキストだけでなく、スタンプを駆使してトークを楽しんでいる人も多いと思う。2014年5月から、ユーザーが制作したスタンプを利用できるサービス「LINE Creators Market」が公開されており、スタンプでの交流がより活発になったのではないだろうか。

・方言スタンプ続々

そんなユーザー制作のスタンプから、面白いことが学べると気付いたのでご紹介したい。何が学べるのかというと「方言」である。クリエイターズスタンプで「方言」と検索すると、約350種のスタンプが表示される。それらを、ひとつひとつ見ていると、各地の方言を確認できるのだが……何を言ってるのか全然わからないのだ。

続きを全部読む

【コラム】疲れている時にオススメなのが「よっこいしょ」の強化版「よっとこどっこいしょ」だ

何か重い荷物を持ち上げる時や、疲れて椅子に座った時など、自然と口に出てしまうのが「よっこいしょ」という呪文である。古くから日本に伝わる伝統的な呪文であり、年齢を重ねるごとに使いこなせるようになる。癒しの回復魔法といってもよいだろう。

だがしかし。「よっこいしょ」どころの呪文では気持ちが回復できないピンチな時は、「よっこいしょ」の強化版を使うことをオススメしたい。その名も「よっとこどっこいしょ」である。

続きを全部読む

CDTVのエンディングテーマにもなったシベリアンスカンクのニューシングル『ハレンチ学&祭』のPVがインドっぽいのに沖縄の方言バリバリらしい

最新の邦楽ヒットチャートを気軽にチェックできるテレビ番組といえば、通称「CDTV」ことTBS系列の『COUNT DOWN TV』(カウントダウン・ティーヴィー)だ。その歴史は古く、なんと1993年から放送されている。

同番組のオープニングテーマとエンディングテーマは毎月変更されていくのだが、2013年10月のエンディングテーマに採用されているシベリアンスカンクの『ハレンチ学&祭』のPVが、インドっぽくてクセになると評判になっている。

続きを全部読む

【やってみて】女子大生が開発した方言から出身地を当てる『方言チャート』が結構当たって笑った

日本には数多くの方言が存在する。たとえば近畿でも「京都弁」と「大阪弁」を同じだというと怒る人がいるように各地域の方言とは母語であり、その人のアイデンティティにもつながる重要な言葉だ。

その方言から出身地を導き出す『方言チャート』がインターネット上で公開されて話題となっている。いくつかの質問に答えるだけで、ドンピシャに当たってしまうというのだ!

続きを全部読む

【衝撃野球動画】KKB鹿児島放送「是枝昭男さん」の鹿児島弁を全面に押し出したハイテンション解説がスゴイ!!

連日、高校球児たちによって熱戦が繰り広げられている甲子園。その盛り上がりに欠かせない存在といえば、名実況そして名解説だろう。小野塚康之さんや鍛冶舎巧さんなどの心に残る実況や解説を思い出す人も多いのではないか。

そこで今回は、心に残る解説者のひとりであるKKB鹿児島放送の是枝昭男さんを紹介したい。方言を全面に押し出してアツく解説する様子は、動画「KKB鹿児島放送の甲子園実況 是枝さん理解不能解説」で確認可能だ!

続きを全部読む

専門家「酔っ払うと出身地の訛りが出るのは脳に負担がかかっているから」 / 体力低下中にも同じ現象が起こる

普段の生活では出身地の方言を使わなくなったのに、なぜか酔っ払うと地元訛り(なまり)で喋っていたという経験はないだろうか。こんなとき、意識して訛りを隠そうとしてもなかなか隠しきれないものだ。

ある専門家によると、これはアルコールが脳に負担をかけることが原因なのだとか。しかも、実は同じ現象が、疲れているときや体調を崩しているときにも起こるという。

続きを全部読む

iPhone5を “広島弁” と “大阪弁” で説明した動画が超絶オモシロイ!! 広島弁「カープはまだじゃけどの」

世界で爆発的な勢いで売れているアップル社の新製品 “iPhone5”。しかし世界がiPhone5に沸く一方で、「iPhone5のどこが凄いの?」とその性能を知らない人もまだまだたくさんいるはず。

そんなiPhone5初心者の方、特に広島と大阪出身の方におススメの動画がある。それは「なんでこがいに並外れた iPhone 5 ができたんか言うたら…」「iPhone 5 Official Video 大阪弁バージョン」という2つの動画!

続きを全部読む

イエスタディのニュースをいち早くリポートしたい!? / 変換フィルタはやっぱりおもしろい

インターネットの黎明期から、その時々で我々を楽しませてくれている言語変換フィルタサービスをご存知だろうか。ウェブサイトの文章を大阪弁、博多弁などに変換してくれるというものである。文章がそれらしく方言や色々な言葉に変換され、なぜだかめちゃくちゃおもしろい。

百聞は一見にしかず。ロケットニュース24のある衝撃記事を変換した結果をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【まっしゃい】iPhone4Sのオフィシャル動画を「出雲弁」で説明してみた

2011年10月7日、いよいよ本日「iPhone4S」の予約が開始となる。前日にはアップルの創始者スティーブ・ジョブズ氏の訃報が届き、世界は悲嘆に暮れたのだが、それでもスマートフォンの未来は、同機の発売によりまた一歩前進することになりそうだ。

そんななかロケットニュース24編集部の佐藤記者は、何やら思いついたらしく、パソコンに向かってよく聞き取れない言葉でぶつぶつとつぶやき始めた。何をしているのかと尋ねると、「iPhone4が発表されたときに、紹介動画を広島弁で説明した人が話題になったじゃないですか。自分も自分らしい方法で、何かできないかと思って、コレを思いついたんです」。彼は自らのPC画面を指差した。そこには「iPhone4S 出雲弁バージョン」と書かれている。

どういうことかと尋ねると、「まあ、お前さんもちょっこ、これを見てみーだわね。ほんにけ、おべーけん!」、何を言ってるのかまったく分からない。どうやら、彼の考えることには、詳細な説明が必要のようだ。

続きを全部読む

大阪はやっぱり「アメちゃん」やったで

大阪人は飴のことを「アメちゃん」と呼ぶ。大阪人の前で空腹を訴えれば大抵「アメちゃんあるで」飴が出てくる。相手がマダムだったら確率は相当アップだ。それほど「アメちゃん」は身近で親しみのある存在なのである。

先日、JR新大阪駅を歩いていたところ、ある店の前で妙なオーラをかもし出すPOP広告に遭遇、思わず足を止めてしまった。店の前に置かれたPOP広告にはさりげなく「アメちゃん」と書かれていたのだ。
 
続きを全部読む