「パスタ」にまつわる記事

「パスタ麺」を作ってみた! 999円で入手した手動パスタ切断機を使ったところ…

某ヒット曲の歌詞に「大親友の彼女の連れ おいしいパスタ作ったお前 家庭的な女がタイプの俺 一目惚れ~♪」というのがある。パスタイコール家庭的という図式が長年、いまいち腑(ふ)に落ちなかったのだが、この度ひとつの結論を出した。

多分アレは、パスタ麺を打つところから始めたんだな。なるほどねー、記者もいっちょパスタ麺にチャレンジしてみるとしようか。幸いにも、手軽に麺を切断できるアイテムも入手したしでレッツクッキングー♪ 

続きを全部読む

【至高のパスタ】ケニア人がオススメしてきた「超簡単に作れる究極のスパゲッティ」がグルメすぎてビビった! 海原雄山もニヤリと微笑むレベル / カンバ通信:第110回

ジャンボ〜! ケニアの首都ナイロビでタクシー運転手やってるチャオスです。今回はね、「キッチンチャオス」をやってみようかなと。記念すべき第1回は、究極に美味しいスパゲッティの作り方を紹介しようかなと。

私が一人でスパゲッティを作る時は必ずこの作り方&食べ方で楽しんでいる。ある意味では “究極の食べ方” なので、ぜひともマネしてみてね。日本でも再現可能だから。それでは、準備するものを発表しよう。

続きを全部読む

【正直レビュー】カルディの新商品、ピスタチオを使った「クリームピスタチオパスタソース」を食べてみた!

ピスタチオは「ナッツの女王」と呼ばれており、素焼きなら酒のツマミとして親しまれており、刻んだりペースト状にしたものはスイーツに使われることが多い。

さて、そんなピスタチオを使った意外な商品をカルディで見つけた。その名も「クリームピスタチオパスタソース」(税別197円)である。いくら女王といえどもパスタに合うのか? 実際に購入してみたので、感想を正直にお伝えしよう。

続きを全部読む

【カプリチョーザ】看板商品『トマトとニンニクのスパゲティ』の再現に挑戦するも、どこか違う! やはり店に食べに行くしかない…ってなった話

カプリチョーザに行くと必ず “トマトとニンニクのスパゲティ” を注文する。店に行くまでは「たまには違うパスタも食べてみよう」と思ったりするのだが、席に着くとどうしてもこのパスタを食べたい舌になってしまうのだ。

すっかりトマトとニンニクのスパゲティジャンキーである。むむむ……ここまでくれば、いつでも我が家で食べられるようにするしかない。いざ “トマトとニンニクのスパゲティ” を再現してみせようではないか! 

続きを全部読む

【無印良品】わずか50分で自家製麺「生地からつくる 手打ちパスタ」が簡単で旨すぎる!! これが “製麺沼” の始まりか?

そばでもうどんでもパスタでも、「手打ち」という言葉には魔力がある。家で手打ち麺が食べられたら、どれだけ美味しいだろう。

粉と水をこねるだけ、という原理はわかっているが、気軽に取り組めるかといえばそうではない。生地を寝かせる時間だったり、均等に混ぜるための工夫だったり、それなりに手間と知識が必要だ。

ところが無印良品から発売された「生地からつくる 手打ちパスタ」が、やたらと簡単なのである。難しいテクニックは一切なし。普段は味噌汁くらいしか作らない筆者でも失敗なくできたので、ぜひご紹介したい!

続きを全部読む

ジョリーパスタでトッピングのウニを10倍にしたら、やばいことになった! 「痛風パスタ」の完成です

「ジョリーパスタ」をご存じだろうか? 全国に約250店舗を展開しているゼンショーグループのイタリアンレストランである。おそらくほとんどの人が知っていると思う。私(佐藤)も名前は知っている……のだけれど、実は今まで1度もお店を訪ねたことがない。

そのジョリーパスタが、2021年1月末から料理に具材をトッピングできるサービスを開始した。これを機会に1度行ってみよう! そう思った私は、たらこクリームパスタにウニ10倍のトッピングに挑んだ!! 実際に注文してみると、かなりヤバいことになった……

続きを全部読む

『絶望スパゲティ』ってどんな味? 食べてみた結果 → 美味い! でも人によって好き嫌いが分かれそう

「ふっ……そんな意味深な商品名に釣られるとでも思っているのか?」 ドレッシングやレストランで有名なピエトロが販売している『絶望スパゲティ(350円)』を近所の店で見かけた私は、華麗にスルーを決めた。

が、その後 思い直してまんまと釣られて(買って)しまった。というのも、商品の箱にはこんな気になる文句が書かれていた。“絶望している時でもおいしく食べられる” ──と。折しも緊急事態宣言下で「ま~た自粛生活か」と絶望していた筆者。コレは買わずにはいられない!!

続きを全部読む

【意外】サイゼリヤ、ガスト、デニーズのミートスパゲティを食べ比べてみた結果 → コスパはサイゼの1人勝ちだがパスタがウマイのはここだった

食べ比べる前からサイゼリヤの1人勝ちだとは思っていた。なにしろ、サイゼリヤはイタリアンレストラン。パスタはサイゼの土俵である。

だが、実際に動いてみると、イメージと現実は食い違うことの方が多いのも世の常だ。そこで念のため、サイゼリヤ、ガスト、デニーズのミートスパゲティーを食べてみたところ、やはり想像とは全然違う結果に。コスパ1位は確かにサイゼリヤだが、激ウマなのは別の店だったのである

続きを全部読む

【100均検証】ダイソーに売ってる100円パスタの原産国がスゴイ! 意外な2カ国(2種類)を食べ比べてみた!!

あなたはパスタの原産国を意識しているだろうか? 私はしている。あくまでも私の独自調査だが、ちまたのスーパー等で売られているパスタの原産国の中で最も多いのは当然イタリア。次点でトルコと認識している。

では、原産国を意識して何をするのかというと、ズバリ! “その国を感じる” のだ。パスタを食べつつ、「この味がイタリアかぁ……」と。つまり、食べた瞬間、心はイタリアにあり、2重の意味でトリップしているわけである。

で、ここからが本題。ダイソーに売っている100円パスタの原産国はどこでしょう? 2種類あるけど、どちらもイタリアでもないしトルコでもないし、日本でもないし中国でもない。さあ、どこでしょう〜!?

続きを全部読む

【ほぼ半額】カプリチョーザの『トマトとニンニクのスパゲティ』が500円になると聞いてダッシュで行ってみた結果 → 大切なことを教わった

マジで!? カプリチョーザの『トマトとニンニクのスパゲティ(税抜き970円)』が500円になるの!? ほぼ半額やん! 行くしかねェェェエエエエ!! しかも7月15日からやん! こうしちゃいられねェェェーーーーー!!

2020年7月15日から3日間カプリチョーザで大創業祭が開催されるという情報をキャッチした私(中澤)は、その瞬間走り出していた。なにしろ、『トマトとニンニクのスパゲティ』と言えばカプリチョーザを代表する激ウマパスタ。一刻も早く食べたい。

この時は想像だにしていなかったまさか注文できないなんて──。

続きを全部読む

【徹底比較】コンビニ大手3社の「冷製パスタ(トマト)」を食べ比べてみた結果 → 王者セブンイレブンを超える刺客がいた!

コンビニで1番ウマイ食べ物は何か? そんな問いを投げかけられたなら、私(中澤)は迷わずこう答えることだろう。「それは冷製パスタです」と

ひんやりしたソースと野菜が爽やかさを演出する冷製パスタ。その味のクオリティーは、コンビニ食品の中でズバ抜けていると思う。

というわけで、私は最近、こればっかり食べているわけだが、コンビニによって味も具も麺も全然違うことに気づいた。そこで、ローソン、セブンイレブン、ファミリーマートの主要3コンビニの冷製パスタを食べ比べてみたぞ!

続きを全部読む

【新業態】サイゼリヤのパスタ専門店「伊麺処(パスタドコ)」に行ってきた! 首都圏を中心に増えまくるらしいぞ!! 本日2/26オープン

速報である! 本日2020年2月26日、俺たちのサイゼリヤが新たなパスタ専門店「伊麺処(パスタドコ)」を東京都台東区浅草にオープンしたのだ!! いや読み方ムズすぎるだろ! 「イメンショ」かと思ったぞ!!

サイゼによるとこの「伊麺処」は、作り立てかつ、持ち帰りもできるおいしいパスタをスピーディーに提供するお店とのこと。オープンを前に開催された関係者向けの内覧会に行ってきたので、さっそくその模様を忖度なしでお伝えしたい!

続きを全部読む

35.711696139.796975

【新ジャンル】グツグツとパスタが煮える「石焼生パスタ」を味わいに行ってみた / これは “パスタの正統進化形” かもしれない

突然だが、パスタという料理を人間に例えるとするなら、皆さんはどんな人物を思い浮かべるだろうか。「突然パスタを人間に例えさせるな」という声も聞こえてきそうだが、そこはひとまずこらえてほしい。パスタにも種類はあるものの、上品で大人しい、そんなキャラクターを想像する方が多いのではなかろうか。

しかし今回ご紹介するのは、エネルギッシュかつ豪放な雰囲気を漂わせるパスタである。なにせ名前は「石焼生パスタ」だ。「石焼」と「パスタ」。疎遠に思える要素を結びつけたそのメニューのことが、情報を入手した時から気になっていた筆者は、実際の味を確かめに行くことにした。

続きを全部読む

35.645855139.707413

明太子を常温で持ち運べる!『めんたいペペロンチーノパスタソース』は「生明太子」とは違ったウマさを楽しめる逸品!!

革命だ! 革命が起きてたぞ!! まさか、明太子を常温で持ち運ぶことができる日が来ようとは。一体誰が想像しただろう。明太子は美味しいが生モノであるがゆえに、購入の時と場所を選ぶ、ちょっと難しい存在だったではないか。

時の流れとともに、何ごとも進化しているんだなあ……と、思わず感慨にふけってしまうほど衝撃を受けた商品がある。乾燥した明太子をふんだんに使用したという『めんたいペペロンチーノパスタソース』だ。生じゃない明太子なんてあるの? こりゃ、食べてみらんといかんばい! 

続きを全部読む

【ギャップ】銀座にある食べログ「パスタ部門」全国1位のお店の “庶民の味方” 感がすさまじかった / 安くて多くて美味しい

言わずと知れたグルメサイト「食べログ」。以前に食べログ「ラーメン部門」全国1位のお店を訪れたら爆裂大当たりだったため、それ以来、筆者は当該サイトのブックマーク名を「食べログ大明神」に変更し、よりいっそう参考にさせてもらっている。

むろん盲目的に信じ込むのはよくないが、新たな出会いをくれることは確かなので、今回は「パスタ部門」全国1位のお店を訪れてみることにした。場所は銀座である。さぞかしオシャン度の高いお店なのだろうと想像していたところ……意外な光景が待ち受けていた

続きを全部読む

35.674824139.764988

【これはクセになる…】 煮干しパスタ専門店「sisi煮干啖」が激ウマ & 謎のメニュー「にぼ吸い」が思わぬ伏兵 / ただし営業時間がレアすぎて泣ける

一時期「煮干し」を使ったラーメンや つけ麺が大流行したが、もはや「鶏ガラ」や「豚骨」などと並ぶほど定番の味になったと言っていいだろう。当サイトでも様々な煮干しグルメを数多くご紹介してきている。

しかし、時代の潮流は刻一刻と変化している……。その潮流に見事ライドオンしている「煮干し」が、とある店で「パスタ」とタッグを組んでいることをご存知かな? しかも、そのコンビネーションが素ン晴らしく、クセになること間違いなしの絶品だったのでご紹介したい。

続きを全部読む

35.687805139.777294

これは電子レンジパスタ容器の大革命だ!! 火山のように茹で汁が噴出する “ヴォルケーノ構造” の「絶品レンジでパスタ」がスゴすぎて毎回感動!

鍋で湯を沸かしてパスタを茹でるのがメンドクセ〜時に活躍するのが、今や100円ショップでも売られている「電子レンジパスタ容器」であるが、今回紹介したいのは100円の商品ではな〜いっ! 800円(税別)だ。

電子レンジパスタ容器『エビス 絶品レンジでパスタ』を発見したのは東急ハンズの特設コーナーだった。なんだか面白い形をした容器だなァ〜……と興味本位で購入し、実際に使ってみたところ……これはスゴい! 革命を感じた!!

続きを全部読む

パスタとドレッシングの「ピエトロ」がスープ専門店をオープン! パンにスープを流し込んだ『ブレッドボウル』がめちゃウマだぞ~!!

ドレッシングでお馴染みの「ピエトロ」は、福岡県に本社を置く食品メーカー。飲食店の事業も展開しており、パスタを提供するお店を西日本を中心に展開している。同社は、これまでのドレッシング・パスタソースの製造で培ったノウハウを生かして、新しく軸になる分野の開拓を始めた。

それはスープである。東京・有楽町の東京交通会館に2019年4月末に、スープ専門店「PIETRO A DAY(ピエトロ ア デイ)」をオープンした。お店を訪ねてパンにスープを流し込んだブレッドボウルを食べてみると、これがめちゃウマ! 美味しくなおかつインスタ映えする女子ウケ必至の一品だった。

続きを全部読む

35.674961139.764388

あの行列店が新店オープン! 看板メニュー「ピザソバ」はクセになる美味しさ / 東京・西新宿『アジトイズム新宿べース』

ちょっと変わった創作の麺料理を出す店が東京・大井町にあることは知っていた。「アジトイズム」というお店だ。ただ残念ながら大井町は私(ショーン)の普段の行動範囲になく、またあまりにも人気のため行列をなすという噂も聞いていたので、なかなか足が向かなかった。

ところが! よく利用する新宿に2号店がオープンするという情報をキャッチ! ということで行ってきまーす!!(行ってきたので紹介します)

続きを全部読む

総重量2キロ!「洋食屋あじゅーる」のデカ盛りスパゲティがすごい!! 若手芸人と挑戦したら意外なご褒美が!

東京・調布市で開催していた「第5回デカ盛りウォークラリー」。その全店制覇を目指して、私(佐藤)と若手芸人の2人は、『そば処 若松屋』で総重量3.3キロのデカ盛り丼に挑戦。見事に完食した。続いて狙いを定めたのが、2キロのスパゲッティを提供する『洋食屋あじゅーる』だ。

次もしっかり完食してやる! 気合い十分でお店を訪ねたところ、思わぬ事実発覚! そして、芸人2人は意外なご褒美を得ることになったのである

続きを全部読む

35.655972139.529652
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4