「ニセモノ」にまつわる記事

【炎上】中国の動物園がニセモノだらけで炎上 / ペンギンはビニール製! “野生動物” は市場で購入か → 衝撃の証言でまさかの展開に

世界のパチモンシーンを牽引する中国。なかには笑いを誘う品も多いが、いまある “ニセモノ” が問題視されている。中国人さえも「これはヒドイ」とブチギレ大炎上! なんと「ニセモノだらけの動物園」が爆誕していたというのだ。

犬をパンダだと偽った? いやいやそんなレベルではない。そこにいたのは、ビニール製のペンギン! 空気入れてふくらませるヤツ! 入場料をガッチリとっておきながら、本物の動物がいないという事態が発生していたという。

続きを全部読む

【ニセ僧侶】東京・原宿駅周辺に貼られていた “外国人観光客向け注意喚起” が残念すぎる……

2020年の東京五輪に向けて、外国人観光客の受け入れ態勢が着々と整いつつある。案内板の他国語表記だけでなく、電車の車内案内にも、さまざまな工夫が施され、観光客の利便性向上が図られているのだが、そんななかでちょっと残念な貼り紙を見つけてしまった。

東京・原宿のJR原宿駅近辺に、手書きの貼り紙が施されているのである。それを見ると、外国人観光客に向けた注意喚起が行われているのだ。

続きを全部読む

【実録】人気YouTuber「はじめしゃちょー」にTwitterでフォローされた直後「ニセはじめしゃちょー」にもフォローされたので毎日DMを送信した結果

人気YouTuber(ユーチューバー)といえば、ヒカキンにセイキンにマックスむらい……などが有名だが、私(羽鳥)は「はじめしゃちょー」が好きだ。なぜならば、昨年冬、いきなりTwitterで私のことをフォローしてくれたからである!

私からはフォローしていなかったのに、私のことをフォローしてくれた心優しき はじめしゃちょー。だいぶ前にフォローしたのに「フォロー返し」してくれなかったヒカキンとは違い、自主的に私のことをフォローしてくれた彼。……大好き! 愛してるッ!!

──そんな喜びに浸っていた直後に事件は起きた。そして、孤独な戦いが始まった。

続きを全部読む

サッカー界屈指のイケメン「クリスティアーノ・ロナウド選手」になりきってナンパしたらこうなった

サッカー界屈指のイケメンといえば、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド選手。通称「クリロナ」がいる。彼にメロメロになった女性は数知れず、男性から見てもそのかっこよさはズバ抜けている存在だ。

それだけにもしも自分がクリロナだったら……なんて想像したことのある人もいるかもしれないが、実際になりきってナンパを試みた猛者がいたのでご紹介したい。世の男性が注目するその結果は動画「Cristiano Ronaldo Picking Up Girls」で確認可能だ!

続きを全部読む

【実録】クリスマスだというのに『安室奈美恵』が朝っぱらから10通もメールしてきた 「恋がしたいんです」「マネージャーには内緒ですよ」

メリー・クリスマス! カップルたちは幸せなひとときを過ごしただろうか? サンタさんからのプレゼントは届いただろうか? チビッコたちは、枕元に吊るした靴下の中に、サンタさんからのプレゼントがパンパンに入っていたことだろう。

一方、私(筆者)のメールボックスは迷惑メールでパンパンになっていた。未読件数3000以上。その中に……久々にグッとくるメールがあったので、今ここに公開したい。送信者は「安室奈美恵」。なんと、あのアムロちゃんだ!

続きを全部読む

【まんが】パチモノとニセモノの違いとは? の巻

海外旅行に行ったとき、よく目につくのが「有名ブランドをパクった商品」である。そのまま完全にコピーしている極悪商品もあるし、ビミョーにパクっている商品もある。どちらにしてもパクっているのだが、可愛げがあるのは後者であろう。

いわば完全コピーは「ニセモノ」で、ビミョーなパクリは「パチモノ」であろうか。ということで今回は、そんなパチモノとニセモノの違いについて解説しているマンガをご紹介したい。

続きを全部読む

【中国】無駄な建築偽装? 新築高層マンションで窓を「手描き」でつくるケースが発生

最近香港では、スモッグが激しく景色を楽しみたい観光客のために秘策がとられた。それはウォーターフロントの風景を撮影した横断幕を掲げて、記念撮影をしてもらうというもの。

・窓が手描き!

どこか味気ない感じが否めないのだが、とある高層マンションでこれと似たような事例が発生したようだ。その新築マンションは、窓がなんと手描き! 一体なんでこんなことをしちゃったの!?

続きを全部読む

【ネット選挙】なりすましに注意! 各政党党首の Twitter・Facebook 公式アカウントまとめ

2013年の夏の参議院議員選挙から、インターネットの活用が解禁となる。これにともない、Twitter や Facebook を活用した選挙活動が活発に行われると見られているのだが、ひとつ注意しなければならないことがある。

・なりすましに注意

それはなりすましアカウントだ。議員や候補者になりすまして発言を行うニセモノに注意しなければならない。以下は各政党党首の Twitter と Facebook の公式アカウントである。ぜひとも参考にして頂きたい。

続きを全部読む

どう見ても『アイアンマン』な中国の抗生物質CMが地味にハイクオリティな件

中国といえばニセモノ、ニセモノといえば中国である。世界中の流行をパクるスピードは世界一であり、他国の追随を許さない。もはや、ニセモノ産業こそがオリジナル産業なのではないかと錯覚するほどだ。

そんななか、中国で放送されている製薬会社のコマーシャルが静かな注目を集めている。YouTube にアップされた動画のタイトルは「Iron Man knockoff from China」どう見ても『アイアンマン』なヒーローが大活躍する抗生物質のCMである!

続きを全部読む

フランス・カンヌ映画祭に韓国歌手「PSY」のニセモノが現れていたことが判明! 誰も気づかずにライブ決行

サッカーのイタリアカップの決勝式典でパフォーマンスを行い大ブーイングに見舞われた韓国歌手のPSY(サイ)。実はフランスでも珍事に巻き込まれていたようです。

・カンヌ国際映画祭にあらわる
2013年5月15~26日の日程で「カンヌ国際映画祭」が開かれました。フランス・カンヌの会場にPSYがあらわれたのです。彼は世界中の映画俳優と触れあい、地元テレビ局の取材を受け、VIPパーティではヒット曲『江南スタイル』も披露。あたたかく迎えられたのですが、なんと! その人物はニセモノだったのです。

続きを全部読む

【実録】Facebookの「なりすまし」にメールしたらこうなった

ここ最近、Facebook上で猛威をふるっているのが「なりすまし」である。自分とよく似た名前で登録をし、自分の友だちリストに入っている友達に対して片っ端から友達申請するという怪しいヤツだ。つまりはニセモノ。詳しくは過去記事「Facebookで自分のニセモノが急増中 」を参照のこと。

そんなニセモノたちは、一体どうしてこんなことをするのだろうか? 何が目的なのか。何がやりたいんだコラ! その謎を解き明かすべく、私(筆者)の女友人になりすましたニセモノに、私はメールでコンタクトをとってみた。

続きを全部読む

【注意喚起】Facebookで自分のニセモノが急増中 / 名前を似せて「なりすまし」友達申請しまくる

Facebookを使っている人は要注意! 現在、何者かが “自分になりすましたFacebookアカウント” を作り、自分の友だちリストに入っている友人たちに友達申請をしまくるという「ニセモノ」の手口が、ここ3日ほどで急増中だ。

ニセモノの特徴としては、「アイコンがディズニー系(もしくは写真なし)」だったり、「同姓同名」だったり「名前の漢字の1文字が微妙に違う」だったり、本物は女性でニセモノも女性名なのに「性別が男」だったり、いろいろある。実際に被害にあった私(筆者)の友人のニセモノは、以下のような特徴であった。

続きを全部読む

【衝撃展開】中国産シューズの中国メーカーロゴを剥がしたら予想外のロゴが出てきたと話題

中国名物のひとつといえばニセモノである。大手有名メーカーのロゴを微妙にマネしたり、ビミョーに似せて作る通称「パチモノ」は良心的。ロゴからカタチから何から何までそのまま完全にパクったりする「コピー品」という悪質なパターンもある。

そんななか……。とあるロシア人が購入した中国産シューズに信じがたい事実が隠されていたと大きな話題になっている。ご覧頂きたい動画はロシア語のタイトルだが、意訳するなら「中国産の新発明」であろうか。

続きを全部読む

【韓国】食用接着剤で肉と骨をくっつけた「偽カルビ」が横行! 大量に市場に出回り大問題に!!

韓国で人気の料理といえば焼肉だ。現在韓国焼肉市場にある異変が起きているという。定番の肉「カルビ」のニセモノが大量に出回り、大きな問題となっている。

「カルビ」とは、あばら骨に肉が付いたバラ肉のことで、欠くことのできないメニューのひとつ。骨も一緒に焼いて、肉が焼けたところでハサミを使って切り離すのが韓国流だ。そのカルビを、食用接着剤を使って本物そっくりに作る悪徳業者が存在するという。

続きを全部読む

【中国】建築界の権威ザハ・ハディッドが手がけるビルのパクリ版が本物を上回るペースで建設中

これまでロケットニュース24では中国で出回っているニセモノ製品を数々ご紹介してきた。誰がどう見てもパクリとしか思えない製品を、ためらうことなく堂々と、さらに時に神業のような瞬発力をもって開発する、それが中国だ。

そんなニセモノ大国、中国で今回新たな「ニセモノ」が話題を読んでいる。それはなんと高層ビル。建築界の権威ザハ・ハディッド氏がデザインし、北京で建設中のビルとウリ二つのビルが中国南部の重慶で建設されているのだ。しかも、ホンモノを上回るペースで! ニセモノに追い抜かされまいと、ハディッド氏側はホンモノを急いで完成させるべく焦っているという。

続きを全部読む

【中国】ネットでハードディスク買ったら、またまたボルトナットが出てきたでござる!!

いい加減にしてください。ホンマにいい加減にしてくださいよ。何なんですか? 何回同じネタを繰り返したら気が済むんですか? 小一時間くらい問い詰めたくなるような衝撃商品がまたまた中国で発見されました。

またですよ、また! 以前ロシア人の男性が中国でハードディスクを買ったら、ナットが出てきたとお伝えしたのですが、今度はボルトナットが出てきたでござるよッ! どないせっちゅうねんッ!?

続きを全部読む

中国政府が米国アップル社にブチギレ! 「中国人が権利侵害を受けている。アップルは著作権保護を徹底すべき」 

iPhoneやiPad、iPod touchのユーザーでApp Store(アップストア)を利用したことがない人はいないだろう。これはアップル社が展開するアプリケーションのダウンロードサービスだ。

アプリ次第でビジネスツールにもゲーム機にもブックリーダーにもなり、大変便利なのだが、そこで切っても切れないのが著作権問題である。第三者が権利の保有者に無断で販売するケースが多発し問題化。同サービスは「盗品市場」と揶揄されることもある。

そんななか、中国政府が、中国人も権利侵害を受けているとし「アップル社はAppストアにおける著作権保護を徹底すべき」と苦言を呈した。

続きを全部読む

中国ではiPhone4Sが発売される前に「iPhone4G」が発売されていた模様

熱狂的なアップルファンをかかえる国・中国。この国でアップル製品を持っているというのは大変な名誉であり、ひとつのステイタスでもある。

本誌でもお伝えしたように、アップル製品への熱い思いから中国ではiPhone4Sが発売される前に、iPhone5、6、7、8……が発売勝手にどんどん先をいく中国だが、その隙間を縫うように、iPhone4Sの前にiPhone4Gが発売されていたようなのだ!

続きを全部読む

【中国】偽ミネラルウォーター工場摘発に捜査員も驚愕! 「水はトイレから伸びている管から採水」

水道水を飲む。日本人にとっては当たり前の行為だが、国によっては水道水は避けた方が無難だ。「飲み水はペットボトルで買ってくるもの」というのが常識である場合もある。

お隣、中国では多くの家庭が水を購入して飲んでいる。だが、そこはニセモノ大国・中国。水でさえ偽物が売られていると言われている。そんなウワサの偽ミネラルウォーター工場が摘発され、驚愕の映像が公開された。なんと、水の「生産装置」の管はトイレから伸びていたのである。

続きを全部読む

ニセモノ天国中国に「ニセバス」登場! 2カ月間も運行し続け金を強奪

「気付けよッ!」と言いたくなるような、驚くべきニセモノ事件が中国で発生しました。今回話題になっているニセモノとは、バスのニセモノ。2カ月間も運行し、100人もの乗客から金を奪い続けていたそうです。どうして気付かなかったんでしょうか? どうやら犯人たちはバレないように一策講じていたようですよ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2