「タイヤ」にまつわる記事

【新基準】恋人募集中の女性の皆さんへ! 相手に求めるスペックにぜひ「タイヤ交換」を加えるべきッ!!

恋人選びの基準は時代と共に移り変わるもので、その昔は「3高」といわれ、高学歴・高収入・高身長が求められたものだ。今では、「3優」(家族・自分・家計に “優しい”)が求められているのだとか。

価値基準は人ぞれぞれではあるが、これだけは女性の皆さんに伝えておきたい! せめて「タイヤ交換できる男子」を選ぶべきだ。見た目や収入はどうあれ、タイヤ交換がスマートにできる男を選んだ方が良いぞ!!

続きを全部読む

そうだったのか! タイヤの代わりに「サブウーファー」をつけて車を走らせるとこうなるヨっていう動画

カスタムカーの世界ではひとつの定番ともいえるサブウーファー。パワフルなルックスもさることながら、車体が震えるほどの重低音を体感できる点が人気の理由だ。

しかし今回ご紹介するのは、そのサブウーファーを音を出すためではなくタイヤの代わりに装着した何ともおかしなカスタムカーである。果たして、まともに走ることができるのだろうか。

続きを全部読む

タイヤの代わりに吸盤を付けた車を走らせるとどうなるのか? 実際にやってみたらこうなったっていう動画

ロケットニュース24では以前、ロシアのユーチューバーが公開した「タイヤの代わりにバネをつけた車は走れるのか?」といった内容の動画をご紹介した。バネをつけても意外と普通に走っていたのが印象的だったが……

同じユーチューバーが、今度はタイヤの代わりに吸盤をつけて走らせる動画をアップしていたのでご紹介したい。さて、普通に走行は可能なのか、そして吸盤によってタイヤのグリップ性能は上がるのだろうか? これは期待せずにはいられない!

続きを全部読む

タイヤの代わりにバネをつけた車は走れるのか? 実際にやってみたらこうなったっていう動画

車に欠かせないパーツのひとつに「タイヤ」がある。言うまでもなくタイヤは消耗品なので、パンクでもしようものなら一瞬でまともに走れなくなるから恐ろしい。

そんな弱点を克服しようと思ったのかどうかは知らないが、ロシアのYouTuber(ユーチューバー)がタイヤの代わりにスプリングをつけて車を走らせる動画をアップしていたのでご紹介したい。たいへん興味深いチャレンジだが……果たして走行できるのか?

続きを全部読む

これは画期的!  米国で「円形から三角形に変形する車輪」が登場!! たった2秒で変形して様々な地形でも走行可能

ハイブリッドや電気自動車は当たり前、近頃では自動ブレーキや駐車アシストといった機能まで登場しているクルマ業界。そんななか、米国の軍事技術を開発する機関が、今度は三角形に変形する車輪『Reconfigurable Wheel-Track』を発表した。

しかし “円形から三角形” とは、いったいどのように変形するのだろうか? それでは実際に動く様子を、デモンストレーション動画「Demonstrations of DARPA’s Ground X-Vehicle Technologies」でチェックしてみよう。

続きを全部読む

【100均検証】ダイソーに「美容意識は恐ろしく高いけど女子力は限りなく低いボールペン」が売っていたので使ってみた結果

人間という生き物は欲張りである。あれも欲しい、これも欲しい……。それなら全部まとめて1つにしちゃいましょう……と生まれたのがスマホ(iPhone)なのだが、またひとつ、欲張りすぎるアイテムがこの世に生を受けていた。ひっそりと。100均に。

ということで今回ご紹介したいのは、ダイソーに売っている『フェイスローラー 油性4色ボールペン』なる商品だ。言葉だけを見ると意味不明。「ローラーなのか、ペンなのか、どっちなんだ」的な印象を受けるが、どっちもなにも、どっちもなのである。

続きを全部読む

【気温50度超え】アメリカ「デスバレー」のド真ん中でタイヤがパンクして死にかけた話

気象庁によると日本の歴代最高気温は、2013年8月12日に高知県江川崎で観測された41.0度らしい。いつも30度台でヒイヒイ言っている側からすると、40度以上だなんて信じられない話だ。しかし、世界は広い。50度を突破するような場所も存在するのである。

先日、アメリカにある「デスバレー」に行ってきた。昼間のデスバレーの気温は40度台が基本で、50度すら余裕で突破してしまう “死の谷” だ。そのデスバレーのド真ん中で、私(あひるねこ)は命の危険を感じる事態に出くわした。今回は、あの悪夢のような出来事についてお伝えしようと思う。

続きを全部読む

【おそロシア】荒地も水中もOKの「ワイルドすぎる大型乗用車」が戦車レベルの爆進力

日本の約45倍という世界最大の面積を持つ大国「ロシア」。そのロシアは森林が占める比率が高く、なんとその規模は地球上の全森林面積の約22パーセントにもなるほど広大だという。

そんな森林の悪路にも屈しないようにと、現在ロシアのある会社からとんでもなく巨大なタイヤを搭載した “全地形対応車” が販売されている。これが本物の車とは思えないほどにワイルドなので、動画と共にご紹介したい。

続きを全部読む

これぞ匠の技! レクサスが「氷のタイヤ」で走行した衝撃動画を公開

いよいよクリスマス本番。街を歩けばクリスマスソングが流れ、イルミネーションはきれいに彩られている。まさに幻想的なシーズン真っ只中だが、その美しさに負けないような美麗映像を英国の「レクサス」が公開し、スゴすぎると話題になっている。

なぜなら高級車「レクサス」が氷のタイヤで走行したというのだ。そんなバカなと思う人もいるだろうが、動画「Lexus on Ice: NX Ice Wheels」にはその姿がしっかりと収録されているぞ!

続きを全部読む

欧米で人気があるという噂の『タイヤのようなグミ』を食べてみた結果 → マジでナシだった

今や、お菓子の定番となっている「グミキャンディー」。実は今から90年以上前となる1920年に、ドイツの「ハリボー(HARIBO)」という菓子メーカーが開発したものなのだ。何を隠そう、筆者もハリボー定番のクマの形をしたグミは大好きである。

なんとその「ハリボー」のグミのひとつが、見た目も味もタイヤのようで「完全にナシ」という噂が絶えない。まさか、世界最大のグミメーカーと言われるハリボーがナシなものを作るはずないだろ! ということで、実際に食べてみることにした。

続きを全部読む

【動画あり】ウサ耳&ゾウさんパンツの男が主役! 事故防止のため作られたCMがすでに事故っている件

日常生活を送る上で防げるものであれば、未然に防ぎたい。それが突如として私たちを襲う事故である。中でも気をつけたいのが、一瞬にして命を奪いかねない交通事故。これから寒くなる時期だと、雪でのスリップに気をつけたいところだ。

そのため今の時期になれば、タイヤメーカーは製品を売り出す CM を世に公開するが、内容がどう考えても事故っているものが海外で作られていたのでお伝えしたい。一体、どんなものだったのか。その内容は、動画「Nokian Tyres Stops You in Time (TV Spot, Winter Tyres 2015)」で確認できるぞ!

続きを全部読む

【衝撃動画】フラフープマンがトラックの超巨大タイヤ回しに挑戦

世の中にはいろんな分野でスペシャルな男(マン)が存在する。架空の人物も合わせたら、スパイダーマンやスーパーマンなど、かなりの数になるだろうが、皆さんは「フラフープマン」の存在をご存知だろうか。

フラフープといえば、輪っかの中に入り、腰を振って回すアレ。そう、フラフープマンはそれを回すプロ! 海外生まれで “トラックの超巨大タイヤでも回そうとしてしまうスペシャルな男” である!

続きを全部読む

【世界初!?】人気ベーカリーとカー用品チェーンがコラボして「スタッドレスタイヤドーナツ」誕生! 思った以上にタイヤだった!!

女性に人気のベーカリーと、カー用品の販売を行う全国チェーンが異色のコラボを行っている。マジカルチョコリングで有名なベーカリー「ハートブレッドアンティーク」は、中部地方を中心に店舗展開しており、東京・銀座に本店を構えている。一方の「ジェームス」は北は北海道から南は九州まで網羅している、カー用品チェーンだ。

この2社、まったく接点がないように思うのだが、意外な商品でコラボを実現させた。それはドーナツである。ドーナツをタイヤに見立てた、「JMSタイヤチョコリング」の販売を開始したのである。これがかなりタイヤ感があり、これからの季節に活躍するスタッドレスタイヤのようなゴツゴツとした一品だ。人気ベーカリーが作ったとは思えないほどのイカツさである。

続きを全部読む

提供:オートウェイ

【衝撃動画】激かわ女子がネット生配信中にとんでもハプニングが発生 / これはホンマのホンマに放送事故やでぇ~!!!

どんなことにでもハプニングはつきものである。常に最悪の事態を想定して行動していたとしても、思いがけぬ方向から思いがけぬ災難がしのびよってくることもある。

しかし、激かわ女子がネット生配信中に発生したこのハプニングには驚いた。記者(私)はええ年齢のオッサンだが、口から心臓が飛び出るかと思った。これがホンマの放送事故やでぇ~!

続きを全部読む

F1マシンがどう進化していったのか一発で分かる動画がコレだ!

速さを追求したクルマ、それがF1カー(フォーミュラ1カー)こと、F1マシンだ。単に直線で速いだけでは勝負に勝てない。コーナリングも重要だし、空気抵抗も大事である。そんなF1マシンは、日々進化を続けている。

ということで今回ご紹介したいのが、F1マシンがどう進化していったのか一発で分かる動画「Opening GP Brasil 2013」である。たったの1分半で、進化の過程がよく分かるぞ!

続きを全部読む

【視聴注意】タイヤ通販サイトの動画CMが怖すぎてネットユーザー阿鼻叫喚! 海外にも衝撃与える

あらかじめお伝えしておきたい。この動画は本当に閲覧注意だ。動画の説明にも「心臓の弱い方は視聴をご注意ください」と注意書きをしているほど、衝撃的な映像である。職場や電車内、食事中の視聴は控えた方が良いだろう。

この動画は、タイヤの通販サイト「オートウェイループ」が公開しているものである。冬用タイヤのPRを目的としたCMのはずなのだが……。ギャーーーーッ! ビビった!! マジでビビったーーッ! なんだよコレッ! と日本だけでなく、海外のネットユーザーの間でも戦慄が広がっている。

続きを全部読む

男はぶっとくて大きくありたい! 超超超極太タイヤの電動自転車が話題に

男に生まれてきた以上、常に「大きく」て「ぶっとく」ありたいもの。生き方も、自分自身も、そして……タイヤもだ!

そんななか、究極にぶっとい極太タイヤをはいたバイクのような乗り物写真が話題になっている。ペダルがあるので自転車と思われるが、こんな極太タイヤを足こぎで回すことができるのだろうか? ……おそらくできる。

続きを全部読む

年末年始に向けてタイヤ点検しておいたほうがいいぞ! ブリヂストンの『タイヤーセーフティー選手権』大賞決まる

さあ、やってきました年末進行。メチャクチャ忙しいけど、目指すは年末年始の冬休み。遠いふるさとで待っている、おとーちゃんやおかーちゃん、おじーちゃんやおばーちゃんに会いに行く日がやってくるぞ!

新幹線などの電車ならば問題ないが、車で帰郷する人は絶対に、ズエッテーにタイヤ点検しておこう。いくら愛車をチューンしても、地面に接しているのは4本のタイヤのわずかな面積。急な悪天候にも対応できるように、タイヤのミゾなんかはズエッテーにチェックだ。

そんなタイヤ点検の重要性を広めるために、あのブリヂストンが「タイヤ点検や交通安全」につながる動画やアイデアを競うコンテストを実施していたのはご存知だっただろうか? その名も「タイヤーセーフティー選手権」。つい先日まで開催されていた『東京モーターショー2011』にて表彰式があったのでチェックしてみたぞ!

続きを全部読む