おーーい、マンガ好きな人はちょっと集合ーーッ! マンガ大好きで最近はアプリでも読んでるけど、やっぱり紙が好きって人は集合ーーーッ! マンガは好きだけど何を読んだらいいかイマイチ分からない人も、とりあえず早く来いやァァァァァアアア!!

2018年10月2日にオープンするマンガ専門複合施設「マンガナイトBOOKS」は、そんなマンガ大好きっ子たちのための秘密基地のような場所なのだ。オープン前の内覧会に参加できる機会に恵まれたため、一足早く店内をのぞいてきたぞ。レッツ潜入!

・新たなマンガスポット誕生

東京都文京区にオープンする「マンガナイトBOOKS」は、マンガ専門書店・カフェ&BAR・ギャラリーの3つの機能を持つ複合施設だ。マンガは販売以外に閲覧専用も用意されており、店内でコーヒーやビールを飲みながら読むことができるとのこと。

・オープン前に潜入

日々16冊のマンガ誌をチェックしている私(あひるねこ)としては、ぜひ行っておかねばなるまい! というわけで、東京メトロ・茗荷谷駅から徒歩10分ほどの場所にあるお店へと向かった。店内は10名ほどで満員になりそうな広さで、隠れ家感がハンパない。

中に入ると、棚一面の大量のマンガが私を出迎えてくれた。それぞれの棚では独自の特集が組まれており、テーマに沿って選ばれた作品を購入することができる。

ん? こ、これは……! 『ゴルゴ13』のさいとう・たかを先生!! ミニギャラリーでは月に1度、1週間程度の期間で企画展示を行うそうで、この日はさいとう先生の貴重な作品が展示されていたぞ。

・厳選作品が読み放題

ふと上を見上げると、そこには「閲覧専用」と書かれたマンガ棚が! 待ってました!! 主に代表・山内氏の私物らしく、さらにお店の方のオススメも加わり、一目で分かるほど充実した内容になっている。中には、すでに流通していないようなマンガ本もあるんだとか。

閲覧できるのは基本的に単行本第1巻のみだ。見る限り本当に間違いないラインナップなので、まだ見ぬ名作に出会える絶好の機会と言えるだろう。お店の方に聞けば、とっておきのオススメ作品を教えてくれたりするかもしれないぞ。

・コスパも良し

すまない、大事なことを忘れていた。この閲覧専用本棚の利用方法だが、カウンターでコーヒーやクラフト生ビールなどを販売しているので、まずはそれらを注文する。というかそれだけ。これでマンガ読み放題なんて、ネカフェよりコスパ良いんじゃないか? もちろん、マンガの購入だけの利用もOKだ。

・長居してしまいそう

さてここで、ただでさえ秘密基地な店内の中に、さらなる隠れスポットを発見してしまったので報告しよう。カウンター横のスペースに行くとそこには……。


人間をダメにしそうなイスが。

隙間にスッポリはまっている感がなんともそそられる。試しに座ってみると……あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙、やべ~~~。手を伸ばすとすぐマンガ棚があるので、1回座るともう動けねぇ~~~。ここは天国やぁぁぁぁぁぁああああ。

・マンガ好き来たれ

コーヒーやビールを片手にマンガを読んだり、マンガ好き同士で語りあったりと、様々なコミュニケーションが生まれる「マンガナイトBOOKS」。ここはマンガ好きにとってまさに秘密基地であり、そして天国のような場所だった。オープンした暁には、ぜひ足を運んでみてほしい。

・今回ご紹介した施設の詳細データ

店名 マンガナイトBOOKS
住所 東京都文京区春日2-14-9 SPICE 1F
時間 カフェタイム 12:30~19:00 / BARタイム 19:30~22:30 ※BARタイムは不定期での営業
休日 日・月

参考リンク:マンガナイトBOOKS
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼それぞれの棚では独自の特集が組まれており、

▼テーマに沿って選ばれた作品を購入できる

▼すでに流通していないようなマンガ本も読めちゃうぞ

▼カウンターでコーヒーやクラフト生ビールなどを買って、

▼それら片手に自由にマンガを読めるのだ

▼オープン後は、コーヒーのテイクアウトも始めるとのこと

▼待っている間はコーヒーがテーマのマンガをどうぞ

▼デューク東郷と目が合う

▼マンガ好きのために秘密基地のようなお店だった

日本、〒112-0003 東京都文京区春日2丁目14−9