「せんべろ」にまつわる記事

最強激安スーパー「オーケーストア」で “せんべろ” してみたら酒池肉林! 天国は意外と近くにあった

「変わらない品質でどこよりも安い」と掲げるディスカウントスーパー『オーケーストア』。まさに庶民の味方の最強激安スーパーである。そんなオーケーストアで買い物をしていると酒が結構充実していることに気づいた。ビールが87円から90円台で売ってたりする。

また、以前の記事でご紹介した通り惣菜も安く充実の内容だ。ここで “せんべろ” したらどうなるのか? 膨らむ期待を胸に、1000円1枚を握りしめオーケーストアに入店した私だったが……結論から言うと、期待以上に最高すぎたためお伝えしたい

続きを全部読む

提供:串カツ田中ホールディングス

【衝撃】串カツ田中の「超絶ハッピーアワー」がマジで超絶すぎる件! 1000円でどこまで行けるか試してみたらヤバイことになった!!

アルコール類が通常より安く提供されるハッピーアワー。それはすべての酒飲みたちにとっての魔法の時間、エンペラータイムに他ならない。最近はファミレスなんかでも実施されているため、利用したことがある人は多いんじゃないか。

さて、ここからが本題である。実は我らが「串カツ田中」にもハッピーアワーが存在するのだが、聞くところによると普通のハッピーアワーではないらしい。『超絶ハッピーアワー』だというのだ。何やそれ! しかし……実際に利用してみた結果、これがマジで超絶だったためお伝えしたい。

続きを全部読む

【驚愕】アルコール激安によって “ほぼ居酒屋” と化した「やよい軒」でせんべろしてみた結果 → 令和最大の衝撃を受けたでござる

前回の記事でもお伝えした通り、「やよい軒」が今、ほぼ居酒屋のような状態になっている。期間限定で生ビールにハイボール、レモンサワーといったアルコール類が超お得な価格で提供されているのだ。ハイボールとレモンサワーに至ってはまさかの税込190円である。やっす!

そこで “せんべろ” でもしようかと、超~久しぶりに「やよい軒」まで行ってみたところ……居酒屋としての使い勝手の良さに改めて驚きつつ、同時に私(あひるねこ)は令和最大とでも言うべき衝撃を受けることになるのだった。マ、マジかよ……!!

続きを全部読む

【コスパ最恐】爆安ストア『ラ・ムー』の「せんべろ」がコスパ良すぎて震える / お酒&おつまみ9点でも1000円以下! 量も多くてパーティーできるレベル

1000円でべろべろになるほど飲める「せんべろ」。当サイトでは過去にイオンや業務スーパーを利用したリーズナブルな飲み方をご紹介したが、ここでふと思った。もし「日本一安いスーパー」でせんべろしたらどうなるのだろう?

そこで1000円を握りしめて激安ストア『ラ・ムー』へGO! 実際にせんべろしてみたところ……まさかの展開に! 安いなんて話じゃない、恐ろしいほどのコスパになったので報告したい。

続きを全部読む

【コスパ最強】業務スーパーの「せんべろ」がマジでおすすめ! 安くて多くて1人飲みどころか3人前くらいになって笑う / お酒&おつまみ7点で1000円以下!

1000円でべろべろになるほど飲める「せんべろ」。何でもリーズナブルに済ませたい、いや済ませざるをえない世知辛さよ……なんて考えているとふと思いたった。何でも安く買える「業務スーパー」でせんべろできたらコスパ最強なのではないか。

そこで1000円を握りしめて業務スーパーへGO! 実際にせんべろしてみたところ……大変なことになったので報告させてほしい。

続きを全部読む

提供:イオン

【高コスパ】イオンの商品だけで「せんべろ」したら、めちゃくちゃ豪勢になって笑った!

気晴らしにお店で1杯お酒を飲んで帰るよりも、「宅呑み」した方が割安になる。以前なら、安い居酒屋で「せんべろ(1000円でべろべろに酔える)」感覚で呑めたのに、最近は同じ量を呑んでも、1000円を少し超えてしまったりする。世知辛い世の中だ……。

そこで私(佐藤)は考えた! 最高の「せんべろ」をする方法はないか? その結果、コスパの高い呑み方を見出したのである。そう、「イオンでせんべろ」だ!! イオンの自社ブランド『トップバリュ』のお酒を買えば、1000円で豪遊も夢ではない。しかもお釣りが来るぞ!

続きを全部読む

【知ってた?】あの『日高屋』が「焼き鳥屋」もやってるらしいよ → 利用してみたところ「ひとりちょい飲み」に最適だった

みなさ~ん! きょうも元気に飲んでますか~? 日々、仕事終わりの一杯のために働いている記者のような人間にとって、安ウマな店ほどありがたいものはない。先日、時間はないが軽く飲みたいなあ……とウロついていた時のことだ。『日高屋』の看板を発見。

あの中華屋のソレと、なにやら雰囲気が違う。思いっきり “焼鳥” と書いているではないか。これは全く別の日高屋なのだろうか。確かめるべく入ったその店は、まさに天国。中華の日高屋の新業態店らしく、ひとりでちょいっと飲むのにピッタリな空間だったぞ。

続きを全部読む

【突撃】「ベローチェ」の “ちょい飲み” サービス『Vバル』がいよいよスタート! とりあえず全商品を頼んでみた

コーヒー1杯200円の「カフェ・ベローチェ」が、なんと “ちょい飲み” に参入するらしい。このニュースは世のコーヒーファンだけでなく、我々のんべえにも大きな衝撃を与えた。まさか、あのベローチェが……? なんとも意外な伏兵である。

東京都内の一部店舗にて、今週からスタートした新サービス「Vバル」。お酒はもちろん、簡単な おつまみメニューも販売されるということでさっそく行ってきたぞ! 果たして、未知なる “ベローチェ飲み” の実力やいかに……。

続きを全部読む

【爆安裏技】「金の蔵」の最強アプリ定期券で11店舗はしご酒、衝撃の合計金額は…

平成の時代、我々のんべえは千円でべろべろに酔える店を「せんべろ」と呼んだ。時は令和、ついにその「せんべろ」を超えることになる……。

「わんべろ」。その名の通りワンコイン(500円)でべろべろに酔えるという、未曾有のサービスを生み出したのは大手居酒屋チェーン「金の蔵」だ。わんべろ誕生の経緯(いきさつ)と、金の蔵に挑んだ孤独な男の末路を見届けていただきたい。

続きを全部読む

【意外な伏兵】コーヒー1杯200円のカフェ「ベローチェ」がまさかの “ちょい飲み” 参入へ! 新せんべろサービス『Vバル』爆誕!!

「おいしい珈琲をいれております」の看板でおなじみのカフェ・ベローチェ。1杯200円からという安さに加え、しっかりした分煙システムでも支持を集める人気チェーンだ。そんなベローチェが、なんと “ちょい飲み” に参入することが明らかになったぞ。

2019年6月3日より東京都内の一部店舗にてスタートする「Vバル」は、気軽に夜飲みが楽しめるベローチェの新サービスだ。まさかあのベローチェがバル化するとは意外だったが、世の酒飲みたちにとっては新たな せんべろスポットの誕生と言えるだろう。

続きを全部読む

横浜・アソビルに究極の料理が存在した! その名も「 “神の食べ物” 丼」/ 食べてみたら天国が見えそうになった

極端な褒め言葉のひとつに「神」がある。存在そのものがあまりにも神々しく、崇めるような気持ちからそう評するのではないだろうか。食事でも「この○○は、神」という表現は成り立つが、食べ物を神と崇めるのは何だかしっくり来ない部分もある。

それよりもふさわしい表現があることを発見した。神奈川・横浜にオープンしたアソビルのフードエリアに、びっくりするような名前の丼が存在したのである。そのメニューは「神の食べ物丼」という。これを超える名前の料理が、この世に存在するのか?

続きを全部読む

35.464146139.622019

【突撃】マックみたいなシステムの「居酒屋」がオープンしていたので入ってみた! ご注文はカウンターで!! 新宿・歌舞伎町「やきとり魁」

店に入ると席に案内され、メニューを見ながら「すいませーん!」と注文。しばらくすると店員さんが飲み物と料理を持って来てくれるのが居酒屋である……。そんなふうに考えていた時期が私(あひるねこ)にもありました。

時代は変わる。そして居酒屋も変わる。今回はなんと、ハンバーガーショップみたいなシステムの焼き鳥屋がオープンしたというので行ってみたぞ! 料理は? 席は? 注文は? 気になること満載だが、とにかく酒が飲めりゃあいいんだよ!!

続きを全部読む

35.694559139.701158

かっぱ寿司、最強の「せんべろ」チェーンへと進化を遂げる / から揚げとハイボールで200円の『ハイ鶏(チキ)セット』がヤバイ!

今、「かっぱ寿司」に何かが起こりつつある。思えば現在実施中の生ビール1杯100円キャンペーンからその兆しはあった。もしかすると「かっぱ寿司」は、最強のせんべろチェーンへと進化を遂げようとしているのかもしれない……。

ビール100円に代わり、2018年11月1日から12月21日までの期間限定で開催されるハイボール1杯100円キャンペーン。これだけ見ると、前回の企画の二番煎じのように思われるかもしれないが、「かっぱ寿司」の本気は実はここからなのだ。以下で詳細をお伝えしたい。

続きを全部読む

【最強せんべろ】豊富なイカ料理がオール200円! 有名立ち飲み「やきや」はすべてのイカ好きの夢であり聖地だ!! 東京・荻窪

ウマい酒には、ウマいつまみが必要不可欠だ。それぞれがそれぞれを引き立たせ、その旨みを上へ上へと引き上げる。ところで、一番好きな酒の肴(さかな)は何ですか? と聞かれたら、もしかすると私(あひるねこ)の場合、イカと答えるかもしれない。

煮ても焼いても、生でも燻製でも、どんな食べ方をしても酒に合うイカは偉大である。そんなイカ料理が、なんとオール200円という安さで食べられる有名立ち飲み屋があることを、あなたは知っているだろうか? 東京・荻窪にある「やきや」は、すべてのイカ好きが行くべきまさに聖地である!

続きを全部読む

35.703387139.621361

1000円ポッキリで最大4杯&お通し3種の『せんべろセット』がコスパ最高! 締めにいくら丼を食べられる東京・自由が丘「波の」

「せんべろ」……なんと甘美な響きだろうか。言うまでもなく、1000円でべろべろに酔えるほど安く飲めること指し、我々のような酒飲みにとってはまさに聖なる言葉である。とある夕方、どこかに熱い「せんべろ」はないものか? と、歓楽街をフラフラさまよっていた私、あひるねこ。

そうして辿り着いたのが東京・自由が丘だった。オシャレで華やかなこの街は、正直せんべろのイメージとは程遠い。しかし、ここにはたった1000円で、ドリンク最大4杯にお通し3種が付いてくる『せんべろセット』なるものが存在するのである! よしよし、今宵の酒場はここ、自由が丘に決めたぞ。

続きを全部読む

35.609308139.670616

【激アツせんべろ】ファミレスで飲むなら「ジョナサン」が圧倒的に最強であるたった1つの理由

かつて、酒を飲む場所と言えば居酒屋と相場が決まっていた。しかし、そこへ急激に勢力を伸ばしたヤツらがいる。そう、ファミレスである。「ファミレス飲み」という言葉が一般的に浸透するくらい、ファミレスはちょっと飲むのに最適なスポットになっているのだ。

サイゼリヤ、ガスト、デニーズ……。数あるファミレスの中で、私(あひるねこ)がもっとも「ファミレス飲み」に適していると思うのがジョナサンである。いや、ジョナサン以外あり得ないと思うのだ。そのたった1つの理由をこれからお伝えしたい。あえて言おう! 最強であると!!

続きを全部読む

提供:PSソリューションズ株式会社

【神イベント】「恵比寿せんべろラリー」1時間で何軒回れるか挑戦! テンション上がりすぎてヤバいことになった

「1000べろ」という言葉に、ワクワクを感じる人は多いはず。私(佐藤)もその1人だ。飲み会シーズンの今なら、なおさらである。そんな“ノンベエ”におすすめのイベントが、東京・恵比寿で開催していた! その名も、「恵比寿せんべろラリー」であるッ!!

専用チケットを購入すれば、最大1500円もお得になるうえに、いろいろなお店をまわって、楽しむことができるぞ~! という訳で、私も超ハイテンションで参加! 1時間で何店舗まわれるか検証してみたぞ。なお、開催は今日(3/31)まで、急げ~~ッ!!

続きを全部読む

【穴場グルメ】せんべろ酒場の名店がひっそりとランチを開始 / ロースト牛丼が激しくウマい! 東京・御徒町『佐原屋本店』

千円でベロベロに酔える酒場、通称・せんべろ酒場以前の記事でもご紹介したが、上野と程近い東京は御徒町にも、何軒かのせんべろ酒場が軒を連ねている。その一つが昭和22年(1947年)創業、御徒町の高架下に店を構える、『佐原屋本店』だ。

夜ともなれば多くのサラリーマンでにぎわい、安くて美味しい料理と酒を、低価格でいただける名店なのだが……。つい先日、偶然店の前を通りかかると、ランチを開始しているではないか。しかも『ロースト牛丼』というめちゃめちゃウマそうなメニュー。……これは食うっきゃないだろ!

続きを全部読む

【超絶品】打ちたて包みたての「水餃子」はパクチー追加で2倍ウマくなる! 東京・立石『蘭州』

「1000円でベロベロ」通称 “せんべろ” の聖地として名高い東京は立石。これまでロケットニュース24では、立石にある何軒かのお店をご紹介してきたが、今回ご紹介する『蘭州』も、立石では外すことができない超有名店である。

蘭州の名物はズバリ、水餃子。これまで数々のメディアに取り上げられ、某番組では街の巨匠として登場したこともあるのだが……。実はメニューにはない「パクチートッピング」をすると、さらにウマくなるというパクチニスト必食の一品なのだ。

続きを全部読む

【せんべろ】名物「ボール」と「煮込み」は絶対にオーダーせよ!立石屈指の人気店『江戸っ子』

せんべろ……。「1000円でベロベロに酔っぱらえる」ほど、安くて美味しいご機嫌なお店の俗称である。以前の記事でもご紹介したが、せんべろの聖地の一つと言われているのが、東京都葛飾区の立石であることは、あまりにも有名だ。

立石にはいくつかの人気店が存在する。その一つが、今回ご紹介する『江戸っ子』である! 特に「ボール」と「煮込み」は店を訪れたら絶対に頼んでほしい、『江戸っ子』の、いや、立石を代表するグルメなのだ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2