「海外」カテゴリーの記事

生まれて初めて海外で「Uber」を使ったら便利すぎて心の底から感動した!

初めて降り立つ海外の街。目的地は決まっているけど、距離的に徒歩で行くのは絶対ムリ。必然的にタクシーを使うことになるが、メーター制ではなく「交渉制」が基本となる国では、相場が不明なだけにボッタクリの不安もある……。

つい先日、ケニアの首都ナイロビから電車に乗って約4時間、同国きってのリゾート地「モンバサ」の駅に降り立った私は、まさに上記のような不安だらけの状況だった。しかも夜で、あたりは真っ暗。初のモンバサ、いきなり怖い。

だが、私には切り札があった。事前にケニアのことを調べていたら、タクシー配車サービス「Uber(ウーバー)」がナイロビでは便利だとかなんだとか。ケニア、Uberあるんか! モンバサにもいるのかな……?

続きを全部読む

ママが赤ちゃんを空港に忘れてフライト中の飛行機がリターン

人間は時として、信じられない忘れ物をすることがある。たとえば、ランドセルを家に忘れたまま登校する小学生もいるし、空港に赤ちゃんを忘れてしまうママもいる。

──「え、赤ちゃん?」と思ってしまうだろうが、実はつい最近もあったようだ。結果的に、飛行機が引き返すことになったのだとか。

続きを全部読む

ピエール瀧のコカイン逮捕についてマサイ族の戦士に見解を聞いてみた / マサイ通信:第239回

スパ! みんな、健康第一だかんな。マサイ族の中には、タバコも酒も嗜む者もたま〜にいたりするけれど、オレは酒もタバコもやらない健康派だ。そんなオレに対し、あろうことか日本人のゴー(羽鳥)は、突如、こう聞いてきた。

「コカイン知ってる?」

続きを全部読む

【現在52歳】マイク・タイソンの動きがキレッキレすぎてヤバい

マイク・タイソンといえば、史上最年少でWBC世界ヘビー級チャンピオンの座を獲得。怒涛の勢いで勝ち進んだボクシング界のレジェンドである。

そんなマイク・タイソンも現在は52歳(2019年3月11日時点)となった。だがしかし、さすがレジェンド。歳を重ねた今も身体能力は半端なものではないようだ。なぜなら、動画で見られる彼の動きが信じられないほどキレッキレだからである。

続きを全部読む

【注意喚起】もしも野良ゾウに出会ったら絶対に近づくな。実は象は走ったらメッチャ速いから超危険だ / マサイ通信:第237回

スパ! 今回はな、ちょっとマジメな話をしておこうと思う。というのもな、つい先日。具体的には先月末、ちょうどゴー(羽鳥)がオレの住むアンボセリに遊びに来る3日前のことだったんだが、オレらの村で、悲しい事件があったんだ。

何が起きたのかというと、オレらの村に住む少年(14)が亡くなった。野生の象、いわゆる野良ゾウに殺されたんだ。彼はサバンナの茂みでヤギを見てた(世話してた)という。そんな最中、野良ゾウに出会って、運悪く命を落とした。

続きを全部読む

【1分間で334回】世界最速の「超高速指パッチン」が速すぎる! ドイツの少年が新記録を更新!!

海外では「フィンガースナップ」という何ともカッチョイイ名前で親しまれている「指パッチン」。数回くらいなら連続で鳴らすことはできても、数十回……数百回となれば実際はかなり辛い。

しかし、そんな辛さをもろともせず、連続指パッチンのギネス世界記録をみごと更新したティーンエイジャーが現れた。前王者の記録を大きく塗り替え、1分間でなんと334回もの指パッチンを鳴らすことに成功したというから驚くしかない。

続きを全部読む

【絶景】キレイなキリマンジャロを見るなら今がチャンス! マサイ通信:第236回

スパ! みんな元気か? ルカだ。ライオンに1勝したこともあるマサイ族の戦士・ルカだ。もしも今月中(3月中)に旅行に行こうと思っているけど、まだ行き先を決めていないって人がいたとしたら、迷わずケニアを選ぶと良い。

なぜなら今、ケニアはベストシーズン中のベストシーズン。雨は少なく、気温も高め。空もキレイで、オレの住むアンボセリあたりからなら、毎日のように標高5895mのキリマンジャロ山がハッキリクッキリと見えるからなのだ!

続きを全部読む

生まれて初めてマサイ族の家でシャワーを借りたら、何から何まで予想外すぎてビックリした

ケニアとタンザニアの国境付近・アンボセリに住むマサイ族の家に泊まった時のこと。朝日を見ようと早起きしてオレンジに染まった空を眺めていたら、私の親友、マサイ族の戦士・ルカも家から出てきて、こう言った。

シャワー浴びるだろ?

シャワー……浴びたい。浴びたいけど、正直ここ、意外と寒い。昼間はガンガンに暑いけど、夜や朝はスウエットを羽織って丁度よいくらいに肌寒い。そんな状況で屋外、さらには水シャワーだなんて……と勝手に想像していたのだが!!

続きを全部読む

【パタヤビーチ】タイのニューハーフショーへ行ってみたら…世界の景気動向が垣間見えた

タイのバンコクからバスに揺られること2時間強。常夏のパタヤへ行ってきた。

パタヤビーチへようこそ!」というコントでおなじみ! で通じるかと思ったら、あれはもう20年前のことのようだ。月日は流れたり……。

20年越しに見る本物のパタヤビーチは人もまばらである。しかし私がここへ来た理由はビーチじゃないので全く問題ない。あまり白くない砂浜と青くない海をチラ見だけして、来るべき夜のためにバッチリ仮眠をとる。

続きを全部読む

ケニアの洋服屋さんにマサイ族の戦士と一緒に行って「コーディーネートしてください」と頼んだらこうなった

マサイ族はオシャレである。アクセの使い方や民族衣装の着こなしっぷりも見事だし、いわゆる “洋服” に身を包んだ「よそ行きスタイル」もキマってる。スタイルが良いので何を着てもキマるフシもあるが、どれだけオシャレなのかは、過去の「マサイ通信」を見てもらえれば一目瞭然であろう。

そんなオシャレ番長のマサイ族に、私の洋服をコーディネートしてもらったらどうなるのか? ということで、マサイ族と一緒にケニアの洋服屋さんに行ってみた〜!

続きを全部読む

ついに「おしっこをする4足歩行ロボット」をスイスの超一流エンジニアたちが生み出してしまう

「スゴい4速歩行ロボット」と聞いて多くの方が思い浮かべるものといえば、高確率でボストンダイナミクス社による「あのキモいヤツ」こと「Big Dog」や、MITの「Cheetah」シリーズだろう。後者が最近バク宙までするようになったことはロケットニュース24でもお伝えしたばかり

天下のMITがロボットにバク宙させている時、なんとチューリッヒ工科大学(ETHZ)のエンジニアたちが、ぶっ飛びすぎな機能を持つロボットを生み出してしまった。その機能とは、まさかのおしっこ! 

続きを全部読む

【韓国】Twitterの「#在韓日本人現地レポ2019年三一節その時私は」に目を通した在日韓国人の感想

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは、ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。花粉症のキャリアは15年以上、今日もスルスルの鼻水が止まらない41歳の在日韓国人です。

さて、徴用工問題にせよレーダー照射問題にせよ、相変わらず厄介ですね、韓国。というか、韓国政府。文在寅政権が続く限りこうした状況は続くと思われますが、先日Twitterで「#在韓日本人現地レポ2019年三一節その時私は」なるハッシュタグを発見しました。今回はそれを見た率直な感想をお話ししたいと思います。

例の如く、これから読んでいただくことは私個人の見解であり、当サイトを代表するものでも、ましてや在日韓国人を代表するものでもないことをご理解ください。

続きを全部読む

まさか4足歩行ロボットがバク宙するなんて…「ミニチーター」の驚くべき能力を確認できる動画がこちらです

話題に事欠かないロボット界。ペットロボット「aibo」が復活したと思えば、日本の建設現場で犬型ロボット「SpotMini」が活用されたりと、動物型のロボットは時代を共により身近な存在になってきている。

そんな中、MITこと「マサチューセッツ工科大学」が高性能すぎる4足歩行ロボット『ミニチーター』を発表した。それでは、驚くべき運動能力を備えたロボットの全貌を動画でご覧いただこう。

続きを全部読む

海外の試合でゴミ拾いをする「日本の学生ラガーマン」が話題に

来た時よりも美しく──。これはもはや日本の心を表すと言ってもいいかもしれない。近年、海外で日本人の「掃除」が取り上げられる機会が増えているが、またしても日本の心が海外で話題になっている。

続きを全部読む

この手品、見抜ける人いるの!? 何度見ても理解不能な全米王者のテクニックがこちらです

種も仕掛けもありません──と言いつつも、どこかに必ずあるのが手品である。ただ、プロのマジシャン相手にテクニックを見破るのは至難の技。気がつけば術中に陥ってしまい、マジシャンの意のままに操られる自分がいる。

絶対見抜くと思えば思うほど見抜けなくなるが、今の時代は動画で手品を見ることができる。もしかしたら動画なら見返せるし見破れるんじゃ……と試みるも、アメリカのオーディション王者の手品は何度見ても理解不能だった。ど、どうなってるの……?

続きを全部読む

難聴の赤ちゃん、補聴器で初めて家族の声を聞いた瞬間…その反応に感動の嵐「大泣きした」「笑うと同時に泣いた」

朝起きてから眠るまで我々は多くの音を聞く。雑踏、車、信号機。風の音から衣擦れの音まで、世界は音のミルフィーユだ。もし、そんな世界に音が無かったら

生まれた時の障害が原因で難聴になってしまった赤ちゃん。補聴器で初めて家族の声を聞いた瞬間……その反応に世界が泣いた

続きを全部読む

【動画あり】ポケモン新作の発表を見た「海外ファン」のリアクションが相変わらず最高

2019年2月27日、ポケットモンスターシリーズの最新作『ポケットモンスター ソード・シールド』の発売が決定した。これはいわゆる “第8世代” にあたり、完全新作としては「サン・ムーン」以来、3年ぶりのリリースとなる。

各種SNSを中心にインターネット上はこの話題で持ちきりだが、歓喜しているのは日本だけではない。そう、あいつら……! 大乱闘スマッシュブラザーズで数々の神リアクションを見せてくれた「海外ファン」たちも大喜びしているのだ。

続きを全部読む

中国で「女性AIアナウンサー」が爆誕! パッと見、本物の人間と見分けがつかないレベルの完成度

ニュース番組の “顔” とも言えるアナウンサー。中でも最近、注目を浴びているのが、中国国営放送・新華社が採用した「男性AIアナウンサー」である。2018年11月以降、すでに3400件以上の記事を読み伝えるなど、実際にバリバリ活躍しているところがまたスゴい。

さらに同局はつい先日、新たに「女性AIアナウンサー」の採用を発表。公開された動画でその姿を確認すると、パッと見たところまるで本物の人間。ついにAIの能力もここまできたか……と思わざるを得ないほどリアルだった。

続きを全部読む

世界「健康な国ランキング」が発表される → 第1位はスペイン、日本は…

「健康第一」とはいったものだ。普段はあまり気にせずとも、体調を崩したり怪我をしたりするとつくづく「やっぱり健康第一だなぁ……」と身に染みる。世の中には様々な格言や名言があるが「健康第一」ほど納得できる四字熟語はそうないだろう。

それはさておき、2019年2月24日、その健康にまつわる興味深いランキングが発表された。それが「世界健康な国ランキング」である。ブルームバーグによると世界で最も健康な国は「スペイン」で、日本の順位はというと……。

続きを全部読む

【美女先生】台湾の教師が可愛すぎて今すぐ個人授業を受けたいレベル

キレイな女教師は男の憧れだ。学校が嫌いだった私(中澤)だが、マンガやアニメに登場するような美人教師が担任だったなら絶対に遅刻しなかっただろう。

そんな思わず学校に行きたくなるような女教師が台湾にいる。聡明さを感じる目の光と透明感は知的カワイイ! 今すぐ個人授業受けてェェェエエエ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 780