「海外」カテゴリーの記事

あるピザ屋が掲げる「ホームレスへのメッセージ」が素晴らしいとネット上で注目集める

自分が貧困に陥ったら? ホームレスになったら? 貧困問題には「自己責任」という言葉が付きまといがちだが、一つの言葉で断ずるには、その背景・原因はあまりに複雑すぎると言われている。冒頭のような問いを自分に投げかけ、我が事として少しずつ解きほぐしていく必要があるだろう。

これからご紹介する「あるメッセージ」も、そんな視点から読んでみるといいかもしれない。家を失い、飢えにあえぐ自分が、このメッセージを目にしたらどれほど心打たれるだろうか、と。

続きを全部読む

まるで小動物! ピョンピョン跳ねる『ジャンピングロボット』が大変興味深い / ネットの声「なんか可愛い」「これはすごい」など

スター・ウォーズ「BB−8」の製作スタッフが『巨大ロボット』を製作したかと思えば、2足歩行ロボット『アトラス』がパルクールを披露したりと、ロボットの進化はとどまることを知らない。

色々なロボットが登場するなか、米国で開発が進められているのがピョンピョン飛び跳ねる小型ジャンピングロボットである。どこか可愛らしくも見えるその動きを、ぜひ動画でご覧いただきたい。

続きを全部読む

ストリートビューを見ていた男性が「妻の浮気現場」を発見 → 離婚へ

Google って怖い。「検索してはいけない言葉」が存在したり、慣用句やことわざをヤバイ感じに翻訳してしまったり……というのもあるが、恐ろしい事態を実際に引き起こしてしまうからだ。

ある男性が Google ストリートビューを見ていたら、妻の浮気現場を発見。離婚へと発展してしまったというのだ。

続きを全部読む

【サッカー】チェルシーの「人種差別サポーターへの対処方」がニュースに / 出禁ではなくアウシュビッツで教育を受けさせることを検討

客席からバナナが投げ込まれたり、差別的なヤジが飛んだり。サッカーの試合と人種差別問題は切っても切り離せない。Jリーグでも、浦和レッズサポーターが「JAPANESE ONLY」という横断幕を掲げて大きな問題となった。

イングランド・プレミアリーグのチェルシーも、人種差別を行うサポーターに頭を悩ませてきた。2017年9月にも、サポーターが対トッテナム戦前にユダヤ教徒への差別的なチャントを行ったと報じられている。

だがこの度、チェルシーが新たな対処法を打ち出したと英メディア『The Sun』が伝えた。人種差別的なサポーターをアウシュビッツ強制収容所へ送って教育させるというのである。

続きを全部読む

スゲェな… 2足歩行ロボ『アトラス』さん、今度はパルクールをこなす

2018年5月、軽やかにジョギングする姿を披露した2足歩行ロボット『アトラス(Atlas)』。人間のような自然すぎる動作に驚きを隠せなかったことは以前の記事でお伝えしたが、そんなアトラスがさらにスゴい進化を遂げていた。

なんと、人間でも高度な身体能力が必要とされる “パルクール” をこなせるようになったというのだ。

続きを全部読む

日本よ、これが世界のスイカ割りだ! 頭突きでスイカを割る最速記録に挑んだ男が「1分間で49個」の世界新

えっ、そんな世界一もあるの? そう思うようなことでも、迷わず世界一の座を決めてしまうのが「ギネス世界記録」である。どこからともなく挑戦者が現れて記録更新するように、ギネスに限界はない──。

ということで紹介したいのが、頭突きでスイカ割りの世界記録を更新した動画だ。そんなの誰がやるんだよ……と思うかもしれないが、何はともあれスゴいの一言に尽きるのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

本当にトンガッた男ってのはサンダルだってトガッてる / マサイ通信:第201回

スパ! やっぱ男ってのはよぅ、いつまでたってもトンガって(尖って)いたいもんだよな。特に戦士なんてのは丸くなったらおしまいよ。そんな男のトンガリ具合をアピるために、かつて日本でも「尖った靴」がブームになったらしいな。

正式名称は「ポインテッドトゥシューズ」っていうの? 詳しくは知らんけど、つま先が尖ってるうえに上向きに反っちゃってる系の革靴だ。わかる、わかるぞ、その気持ち。なぜならマサイの戦士だって、トンガリ系を意識するからだ。

続きを全部読む

パッと見は「普通の壁」なのに…… あるハチ専門家が公開した写真がマジで昆虫すごいぜ!

こんちゅ〜う、すごいぜ! 少女の耳の中にアリが巣を作ったり、鼻血が止まらないと思ったら鼻の中にゴキブリが住んでいたり……虫さんたちはいろいろな方法で私たちを驚かせてくれる。この度も、ある家にできたハチの巣に、多くの人が度肝を抜かれているそうだ。

続きを全部読む

【国際送金】オレはこうやってジャパンマネーを受け取っている / マサイ通信:第200回

スパ! オレは今、ハッピーだ。なぜならば、「マサイ通信の原稿料」という名目の、グッドなジャパンマネーをゲットしたからだ。ウッホホーイ! あ、もちろん連載200回目ってのもハッピーだぞ。でも、それより「お金」なんだよな。

いつぞやか、毎月月末は「催促」って話はしたと思うが、毎月はじめは「原稿料の支払日」なんだよね。で、オレがどうやって原稿料ことジャパンマネーを受け取っているのか……気になる人も多いのでは? 軽く教えておこう。

続きを全部読む

「バスを運転するサル」がネットで大人気 → 人間の運転手は停職処分に

インドでサルがガチでバスを運転。なんだか出来の悪い早口言葉みたいな文章だが、現在ネット上で、そんなおサルの姿を収めた動画が人気を集めている。動画を見てみると……ヒエッ! マジでサルがバスを運転してる!?

続きを全部読む

【快挙】「最強パスポートランキング2018」で日本が1位をゲットォォオオ! ただし日本人のパスポート取得率は…

毎年、この時期にお届けしている「最強パスポートランキング」。ビザなしで渡航可能な国が何カ国あるかでパスポートの格付けをした、グローバルなランキングである。

その2018年版が発表されたのでさっそくお届けしたいが、結果から言うと日本が190カ国で1位をゲットォォォオオオオオ! 初の頂点に立った。

続きを全部読む

バンクシーを真似て所有する『風船と少女』をカッターで切り刻む人が出現!? 専門家の「絶対にやめて」との警告を無視して実行 → 600万の価値がほぼゼロに

バンクシーの作品が “自殺をした” と話題だ。2018年10月5日、オークションに出品されたバンクシーの絵『風船と少女』が約100万ポンド(約1億5000円)超で落札された直後に、額縁に内蔵されていたシュレッダーで裁断されたのだ。

バンクシー本人が遠隔操作を行なったと見られているが、この騒動によって作品の価値がさらに上昇するとも言われている。

そんな流れを見て「なら他のバンクシー作品もズタズタにすれば、値が上がるのでは?」と思った人もいた。美術専門家が「絶対にやめて」と警告したにもかかわらず、所有しているバンクシー作品をズタズタにする人が出現してしまったのだ……。

続きを全部読む

近い将来、銀座でも…!? ネズミが猫を撃退する決定的瞬間が激写される

2018年10月6日をもって築地市場は営業を終了した。11日から豊洲新市場がオープンするが、何かとネズミが話題になっている。築地に住み着いていたネズミたちがエサを求めて一斉に移動し、銀座などの繁華街へ進出すると危惧されているのだ。

ネズミの大量発生は国内外を問わず懸念されている事項だが、世界有数のネズミ都市・ニューヨークで衝撃的な映像が激写されたのでご覧いただきたい。動画「New York Rat Bullies Cat out of the Way || ViralHog」には、1分弱にわたって黒猫と巨大ネズミの戦いが収録されている。

続きを全部読む

相談「店で子供がオモチャを欲しがって大泣きします。どうすればいいでしょうか?」 に寄せられたオモチャ屋店主からの答えが人気

買って〜! 買って、買って、買って〜〜〜〜〜〜!!! オモチャ売り場やお菓子売り場で大泣きする子供。その場に遭遇したことがある人、あるいは、自分がまさにそんな子供だったという人も多いだろう。

だが子供だけでなく、親だって泣きたいのだ。ああ、他の人に迷惑がかかる、でも、泣き止ませるためだけに物を買い与えるのも良くなさそう……と葛藤に苛まれる。

Q&Aプラットフォーム『Quora』にも、そんな親からのお悩み相談がアップされている。様々な人がアドバイスを投稿しているが、ある「オモチャ屋の店主」からの答えが特に大きな注目を集めているのでご紹介したい。

続きを全部読む

ビルを登っていたアライグマが9階から真っ逆さまに地面に落下! その後に起きたことに野次馬から歓声が!

どうやら最近、アライグマは物を洗うしぐさをするよりは、ビルに登る方が得意なようだ。というのも、以前にロケットニュースで「23階建ての高層ビルを登るアライグマが激写される」との記事を紹介したことがあったが、再びビルを登るアライグマが目撃されたという。

だが今回は登頂できずに、なんということか9階から落下! そして、その直後に起きたことに、アライグマを見守っていた野次馬から歓声が上がったという。一体何が起きたのだろうか。

続きを全部読む

【異例の対応】MLB公式も舌を巻いた! 2018年の大谷翔平ホームラン集

今年、数え切れないくらい大谷翔平選手(エンゼルス)のニュースが流れた。シーズン途中、肘の故障から打者に専念したことで「二刀流」は見られなくなったが、それでも打者・大谷はこれ以上ないインパクトを残した。

打率.285、326打数93安打22本塁打。打線の中軸を任され、終盤では4番DHで起用されることも多かったが、MLB公式サイトもその活躍に舌を巻いている。そう、大谷選手の放ったホームラン22連発集が作られてしまったのである!

続きを全部読む

【Netflix】10月19日から配信される『殺人者への道』シーズン2の概要などを紹介

数ある配信サービスのなかでも、作品数とオリジナル・コンテンツの量がハンパないNetflixはダントツの人気を誇っている。これまでNetflixの海外ドラマシリーズをいくつか紹介してきたが、なかでも一番インパクトが強かったのが、ドキュメンタリー番組『殺人者への道』だ。

そのシーズン2の全米配信日が決定。日本でもリリースされることになったため、新シーズンの概要などを紹介しておきたい。(※本記事はシーズン1のネタばれを含むのでご注意を!)

続きを全部読む

野獣のような走りを見よ! 米国生まれの新型「四輪バギー」がワイルドすぎてヤバい

タフさが認められ、オフロードレースのみならず軍用車にも採用されている「四輪バギー」。以前の記事でもお伝えしたように、その走破性能はメチャ急な砂山さえ物ともせずグングン登ってしまうくらい凄まじい。

さて、今回ご紹介するのはそんな四輪バギーの新型モデルだ。野獣のようにワイルドなデザインに加えて、4人乗りで性能も抜群。コレみんなで乗ったら絶対楽しいだろ……そう思わざるを得ない仕上がりとなっている。

続きを全部読む

【世界最速】時速460km! ロケットエンジン搭載のバイクがまるで飛んでいるかのよう

小回りが効いて使い勝手が良く、維持費も安いことで人気のバイク。レースで走っても、小型・軽量な点を活かして驚くべきスピードを発揮する。

先日、そんなバイクにロケットエンジンを搭載した「ロケットバイク」が、なんと時速約460km(286mph) を達成して世界最速記録を塗り替えたという。それではさっそく、動画で記録更新時の走りをご覧いただこう。

続きを全部読む

【王爆誕】8歳の少女「パパ! 湖で剣拾った」→ 棒や枝かと思いきや……1500年前の古代の剣だった

男たるもの、一度は「選ばれし者にしか抜けない剣」に挑戦してみたいものである。アーサー王伝説はじめ、ゲームやアニメでも度々登場するこの設定。古代の剣を抜いて英雄になるお決まりパターンだ。

そんな伝説を彷彿とさせるニュースが飛び込んで来たためお伝えしよう。ある日、8歳の少女が湖で拾った剣。棒や枝かと思いきや……約1500年前の古代の剣だった

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 773