「海外」カテゴリーの記事

IKEAには「10メートルのぬり絵」が売られている

みんな知ってるあたりまえ知識。でも、100人いたら1人くらいは知らない人がいるかもしれません。今回は「IKEAには10メートルのぬり絵が売られている」という知識です。

オードリーの2人が壊してしまった椅子、ある男性の大事なアレが抜けなくなったスツール、4秒で即買い決意レベルの可愛すぎるぬいぐるみなどなど、IKEA には色々な物が売っていますね。でも、10メートルもある塗り絵まで揃えているだなんて……な、長すぎませんか!?

続きを全部読む

【検証】中国・夏の風物詩「北京ビキニ」は本当に涼しいのか? 日本のオッサンが試してみた!

「北京ビキニ」という言葉をご存知だろうか? 中国のオッサンによる真夏の納涼ファッションなのだが「見た目が上品でない」という理由で条例で禁止している都市もあるという。罰金刑のほか、実名公表されてしまうのだとか……怖すぎ!

そんな事態になっても北京ビキニが消える気配はないらしい。私(沢井)は、オッサンどころか、若いイケメンも北京ビキニをやっている姿を見たことがある。そんなに涼しいのか? 罰もいとわないほど涼しいのか? 気になったので実際に試してみた!

続きを全部読む

【天才の頭の中】ディズニーマニアが『ライオン・キング』の天才監督にガチ質問「いい映画を作るには?」→ 手本は “あの日本映画巨匠” だった!

今もなお世界中の人に愛される不朽の名作『ライオン・キング』。その “超” 実写版が8月9日に公開される。

フルCGで作られた今作を一足先に観てきたのだが、あまりのリアルな映像に度肝を抜かれた。風に吹かれて揺れるライオンのたてがみ、豪快かつ優雅に宙を舞う滝のしぶき、そして壮大なサバンナの大地を美しく照らす日の出。その全てがあまりにリアルで、手を伸ばせば、スクリーンの動物たちや草花に触れられるのではないかとさえ錯覚したほどだ。

そのとんでもない作品を監督した人物に、今回なんとインタビューできる機会をいただいた。彼の名はジョン・ファヴローさん。天才とも称されるファヴローさんに、心臓をバクバクさせながら質問してきたので、そのインタビュー内容をぜひ見てほしい!

続きを全部読む

問「マサイ族はどのくらいの頻度でお風呂に入るの?」に対するマサイ族の戦士の答え / マサイ通信:第282回

スパ! 嬉しいよ。みんながいろんな質問をしてくれて。リクエストボックスをフル活用してくれて、オレは本当に嬉しい。だって、質問に答えてればネタ切れしないだろ! こんな嬉しいことあるか。アッシェオレン!

ということで今回も読者からの質問に答えよう。質問主は「つかっち」さん。質問内容は……「これまでのマサイ通信で水が貴重なのはわかりましたが、皆さんはお風呂はどのくらいの頻度で入りますか?(後略)」。

風呂っつーか、シャワーな。どんなシャワーなのかは、過去にゴー(羽鳥)がレポした記事を参照してくれ。んで、シャワーの頻度だが……

続きを全部読む

酷暑のときにマサイ族が行う「4つの暑さ対策」マサイ通信:第281回

スパ! 暑いらしいな、日本。すんげー暑いらしいな! オレの住むアンボセリは、そんなに暑くないよ。だいたい30度くらいかな。だから日本のほうが暑いよ今。気をつけろよ〜! 熱中症とか気をつけろよ〜!!

ということで今回は、マサイ族の戦士のオレが教える「4つの暑さ対策」だ。いつぞやかも同じようなことを教えたかもしれんけど、日本ヤバイらしいので、あらためて教えておく。オレたちは、こうやって酷暑の日を乗り越えてるぞ。

続きを全部読む

一夫多妻制のマサイ族にも「離婚」ってあるの? 慰謝料や財産分与や養育費は? いろいろ聞いてみた! マサイ通信:第280回

スパ! マサイ族と言えば「一夫多妻制(いっぷたさいせい)」が有名だよな。夫は1人、妻が複数人いてもノープロブレムという自由度の高い制度である。ちなみにオレは妻1人だが、平均的には「妻3人」が多いかな。

さて、そんな一夫多妻制のマサイ族であるオレに対し、何を思ったのか日本人のゴー(羽鳥)は、「マサイ族も離婚するの?」と聞いてきた。国も違えば人種も違うが、男と女であることは変わりない。よし答えよう。

続きを全部読む

【超合法】250円の絶品レバ刺しを求めてバンコクの屋台へ行ったらタイ人に日本語で話しかけられた

「あの頃はケンカばかりだったけど、失って初めて彼の大切さに気づいた」……誰しもがそんな経験の1度や2度はあるだろう。そういった意味で恋愛とレバ刺しはよく似ているが、決定的に違う点がある。もう2度と会えない彼に対して「レバ刺しは海外に行けば食べられる」のだ。

「タイにレバ刺しを食わせる屋台がある」などと聞けば「衛生面は大丈夫?」という疑念を抱く人が多いかもしれない。しかし日本でレバ刺しが禁止になった経緯を思い出してみてほしい。タイ人に「日本人に言われたくねぇ」と返されたら反論できないのだということを。

世界中どこへ行こうが当たるときは当たる。レバ刺し屋台が文句を言われず営業できている理由は、これまで当たらずにきているからではなかろうか。実際のところは分からないが、とにかく食べたい。「もう見たくない」と思うほどに、久々のレバ刺しを腹一杯食べたい!

続きを全部読む

「長寿の秘訣は結婚しないこと」107歳の女性の発言がニュースに

「結婚に対して微塵の魅力も感じませんし、興味もない」という叶恭子さんの発言に共感の声が集まっていると『Smart Flash』が伝えた。結婚観が多様化した今、もう「結婚=幸せ」なんて考え方は古い。だがそれでも依然として結婚に対する圧力は存在する。親や親戚から「結婚はまだか」とせっつかれたり、世間から「結婚はエライ」言われたり……。

そんな目にあったときには冒頭の恭子さんのお言葉か、あるいは、これからご紹介する107歳の女性の発言をお返しすればいい。「長寿の秘訣は結婚しないこと」。そう、その107歳の女性は言ったのだ。

続きを全部読む

【動画あり】タンバリンマスターの「ゴンゾー」がスゴいことになってる! アメリカのオーディション番組で最終ラウンド進出の大活躍!!

近年、日本人コメディアンの海外進出が止まらない。「危険なテーブルクロス引き」のウエスPさんをはじめ、先日だとゆりやんレトリィバァさんの活躍がニュースで報じられたことも記憶に新しい。

もはや日本の一芸は世界レベル。言語を越えて勝負できる域に達しているが、ある男がスゴいことになっているのをご存じだろうか。タンバリンマスターのゴンゾーさん──すでに海外進出している彼だが、さらに進化した姿を見せているのだ!

続きを全部読む

知人から「あなたの犬の名前をウチの子供につけたいから、犬の名前を変えてくれ」と言われた人の体験談が話題に

「親からの最初の贈り物」とも言われるのが、名前だ。だからこそ、多くの人が子供に素敵な名前をつけてあげたいと願っては、頭を悩ませる。でもその気持ちが強すぎて、ときに行きすぎた主張がなされることもあるようだ。

この度もある人が、妊娠中の知人から「あなたの犬の名前をウチの子供につけたいから、犬の名前を変えてくれ」と言われたのだとか。その体験談が SNS に投稿されては話題を集めている。

続きを全部読む

【衝撃映像】早く逃げて! 洪水のパキスタンを中継するレポーターのプロ根性がワールドクラス

どんな仕事であってもお金をもらうということは誠に大変なことである。それが、人が羨むような仕事であればあるほど実は過酷なものなのかもしれない。

この度そんなことを思わされたのは、ニュース番組のひと幕。洪水のもようを伝えるニュースで、スタジオから現地のレポーターに中継が繋がると……は、早く逃げてー

続きを全部読む

アメリカとメキシコの国境を挟んでシーソーが設置される! 両側の人たちが一緒に遊べるプロジェクト動画に賛同集まる

昨日7月30日は、国や文化を超えた友情が世界平和を促進することを想起する日、国際フレンドシップ・デーだった。そんな日にぴったりの動画が話題を集めていたので、ご紹介したい。アメリカとメキシコの国境を挟んでシーソーを設置したところ、素敵なことが起こったのだ。

続きを全部読む

【衝撃】売れないバンドマンが初めてロンドンでライブすることに → 強烈に「海外を感じるトラブル」があった話

常識を求められることの多い現代日本だが、そんな常識も一歩海を越えると全然違ったりするものだ。売れないバンドマンである私(中澤)が、2019年8月、イギリスでライブすることになったのは以前の記事でお伝えした通り。

初めての海外でのライブ。しかも、ロックの生まれた国イギリス! 胸は高鳴る一方だが、渡航前から強烈に「海外を感じるトラブル」があった

続きを全部読む

楽しいけどイライラ? 凄テクで焦らしまくる「トルコアイス屋」を客目線からGoPro撮影したらこうなったって動画

楽しいけど、イライラするアイスクリーム屋さんといえば、トルコアイスのお店である。客がいくらアイスクリームを取ろうとしても、魔法のような手際の良さで邪魔しまくる。楽しそうだけど、イライラしちゃいそうでもある。

今回は、そんなトルコアイスのお店を客目線から GoPro で撮影した動画『GoPro 7 – Testing Patience for Turkish Ice Cream』をご紹介したい。うーむ、トルコアイス屋におちょくられるのって、こんな感じなのか。

続きを全部読む

「もしも野良ダチョウに遭遇したらどうすればいい?」とマサイ族の戦士に質問したら平和な答えが返ってきた / マサイ通信:第279回

スパ! どうもみんな「○○に遭遇したら?」というネタが好きみたいだな。おそらく心のどこかで “いつか遭遇するかも?” と思っているからこそ、興味があるのだとオレは見ている。良いことだ。備えあれば憂いなしだ。

ということで今回は、野良ライオン野良ゾウ、そして前回の「野良クマ」に続く第4弾。何の動物かというと……ダチョウだ。くるりんぱ。くるりんぱ。もしも野良ダチョウに遭遇したとき、どうすればいいのか? その答えは……

続きを全部読む

誰でもQUEENの新しいミュージックビデオに出られる可能性 / みんなが作ったコンテンツを使ってMV作るってよ!

映画『ボヘミアン・ラブソディ』の大ヒットによって、若い世代にもその素晴らしさが今まで以上に認知された感のあるQueen。映画のヒットでCDが再び売れるなど、もはや不朽の存在である。

ところでみんな、そんな彼らのミュージックビデオ(MV)に出られるかも……って言われたらどうする? ヤバいよな? ワンチャンぶっ込むしかないよな! ということで、冗談みたいなノリですが、マジに誰でも出られそうな感じだぞ!

続きを全部読む

【動画あり】大谷翔平選手が久しぶりの一発! 第15号ホームランはセンター方向への同点弾

ビッグフライ、オオタニサーン! 出た出た! 久しぶりの一発だ!! 2019年7月28日(日本時間)、オリオールズ戦に3番DHで先発出場した大谷翔平選手(エンゼルス)が豪快なホームランを放った。7月7日以来、オールスターから後半戦に入って待ちに待った一発だ!

続きを全部読む

【コラム】在日韓国人が最近の「徴用工問題」や「輸出規制」について思っていること

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。祖父母が日本に渡ってきて両親は日本生まれの日本育ち、私も基本的には日本語しか話せない在日韓国人の3世。年齢は41歳、安室ちゃんと同じ第2次ベビーブーム生まれです。

さて、これまでも何度かこっち系の記事を書いていますが、いやー、生まれてこの方ここまで普通に生きづらくなるとは思ってもみませんでした。まあ、相変わらず韓国がバカすぎるのが原因なのですが「輸出規制」や「ホワイト国除外」など新たなトピックも出てきましたので、久々にいま思っていることを書いてみたいと思います。

続きを全部読む

「もしも野生のクマに遭遇したらどうする?」とマサイ族の戦士に聞いてみたら、かなり真剣に答えてくれた / マサイ通信:第278回

スパ! 絶好調。マサイ通信ゼッコーチョー。ここんとこ続けているサバイバルシリーズが絶好調な今日このごろだが、わりともうネタがない。しかし、運良くリクエストボックスに質問が来た。マサさんからの質問だ。

「ここ数年、日本では熊が山菜やキノコ狩りをしている老人を襲うニュースが報道されています。(中略)野良熊から身を守る術をアドバイスして頂けたら幸いです。

思いきり「中略」しちゃったけど、マサさん質問ありがとう。答えよう。まず最初に言っておきたいのは、オレの住むケニア・アンボセリに……

続きを全部読む

中国の通販サイトで2万円のシャツを注文してみた結果…全然届かねえ!→ 泣きながら中国人とチャットで攻防2カ月間

きっかけは今年の4月23日。ピンクヘアーがトレードマークの双子モデル・AMIAYAちゃんのインスタグラムに掲載されたTシャツに、私の心が奪われた。かっ、かかか可愛い欲しい欲しい欲しい絶対ほしいいぃぃぃ!!

中国語がデーンとプリントされたそのシャツは、リアルに中国発のブランドらしい。価格は約2万円! Tシャツにしては高い……でもお姉さん出せなくはないぞ。30歳を過ぎてメッキリ反応しなくなった私の物欲センサーが久々に発動したのだ。この気持ちを大切にしたいよね。

ところが調べてみると、現在日本国内でこのブランドを扱う店は存在しないようなのである。入手するには中国の通販サイトから直接購入するほかないっぽい。ええぇ……! 失礼ですがホントに届くの……? イチかバチかで出すにしちゃ2万はデカイ。どうする私……?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 620