「海外」カテゴリーの記事

マサイの鳩の鳴き声は「ンドゥクル、ンドゥクル」だ / マサイ通信:第225回

スパ! みんなは鳥、好きか? 日本で身近な鳥といえば「鳩(ハト)」とか「カラス」らしいけど、つい先日、日本のゴー(羽鳥)に鳩の写真を送りつけたんだ。3枚な。オレらのエリアに生息する鳩なんで、マサイ鳩つっても良いかもな。

それはさておき、そしたらゴー、「鳩の鳴き声って、マサイ族はどう表現するんだ?」って聞いてきた。日本では「クルッポクルッポ」とか「ホーホー、ッホッホー」とかだと彼は言っていたが、マサイの鳩は少し違うな。答えは……

続きを全部読む

ついに日本でも「IKEAのサメ」人気が爆発か?

「一緒にいるととても落ち着く」「あなたも絶対にゲットすべき。後悔しないから」「人生最良の買い物」……これは「IKEA のサメ」こと、「BLÅHAJ(ブローハイ)」に寄せられた熱きレビューの一部である。本物のサメではなく、ぬいぐるみ。2017年あたりから海外でジワジワと人気を集め、2018年にはロシアで流行したのだ。

そして2019年。ついに日本でも、その人気に火がついたもよう。昨年末から徐々に盛り上がり、1月8日夜には Twitter で「#IKEAのサメ」がトレンド入り。ということで、我が家にいる「BLÅHAJ(ブローハイ)」をご紹介したい。

続きを全部読む

【裏ワザ】「青春18きっぷ」で激安海外旅行を満喫! 下関から『関釜フェリー』で韓国・釜山に行ってきたぞ!

JR線の普通列車が5回分乗り放題になる「青春18きっぷ」を利用すれば、国内各地に安く遠く旅をすることが可能だが、実は……海外にも激安で行ける裏ワザがあるのはご存知だろうか。目的地は韓国・釜山(プサン)で、往復にかかる移動費は約1万円! 破格の安さである。

気になる方法をズバリ言ってしまうと……山口県下関市『関釜フェリー』の「青春18きっぷ旅 大応援キャンペーン」に申し込むだけでOK。「下関-釜山」間のフェリー2等旅客運賃が半額になるということで実際に試してみたぞ。それではさっそくご覧あれッ!

続きを全部読む

【絶景ガイド】ケニアきっての観光地「アンボセリ国立公園」に行ってきた! マサイ通信:第224回

スパ! みんなの今年の旅行の予定はどんな感じなのかしら? 日本旅行も良いけれど、海外旅行も……なんて考えてる人! 非常にナイス。それ、正解だね〜。どこに行くんだ? もちろんケニアも考えている……よな? よーし!

ということで今回は、サファリのガイドの仕事もしているマサイ族のオレ(ルカ)が、ケニアきっての観光地「アンボセリ国立公園」の魅力を余すことなく紹介したいと思っている。けっこうマジメにレポするぞ。

続きを全部読む

【アジアカップ2019】日本の初戦・トルクメニスタン代表の中心選手「ルスラン・ミンガゾフ」がかなり上手い! 自由にさせたら厄介だぞ…ってことが分かる動画

2019年1月5日よりAFCアジアカップが開幕した。日本代表の初戦は9日のトルクメニスタン代表戦(日本時間20時キックオフ)。2022年のカタールW杯でベスト8の壁を突破するには、ここで負けることは許されない。

ただ、トルクメニスタンという国は何かと謎に包まれているから不穏だ。サッカー代表は強いの? 誰か有名な選手はいるの? ──そう思う人も少なくないだろうが、どんな相手であれアジアカップには魔物が潜んでいるため油断大敵。グループBの初戦で優勝候補のオーストラリアがヨルダンに敗北と、大波乱が起きているので日本も決して他人事ではない。

続きを全部読む

レーダー照射問題について韓国政府が8カ国語で反論動画を公開 / 日本政府「防衛省の立場とは異なる主張が見られる」

いつの時代も国家間の関係は難しいものだが、新たな問題が次々と出てきているのが日韓関係である。現在、そんな日韓関係を揺るがせているのがレーダー照射問題。

自衛隊哨戒機が火器管制レーダーを照射されたというこの問題に、韓国が反論動画を8カ国語で公開しているためお伝えしたい。

続きを全部読む

マサイの「正月の宴」写真集 / マサイ通信:第223回

スパ! お疲れ様だ。今日から仕事&学校はじめって人も多かったんじゃないかな? もうすっかり正月気分も抜けている頃だと思うけど、オレらマサイ族の正月パーティーの写真を、今さら記事にしようと思ってるんだ。

昨年公開した記事「マサイの正月はどんな感じ?」にあるとおり、オレらの正月は、日本の皆と ほぼ同じ。違うのは教会に行くことくらい……って書いたけども、今回お見せしたいのは、その後の「ごちそうタイム」の写真集だ。

続きを全部読む

【ラグビーW杯】世界最強軍団・オールブラックスの司令塔「ボーデン・バレット」はどうスゴい? 一発で分かる動画がこちらです

4月1日に新元号が発表される2019年。今から特別な年となることが予想されるが、ラグビーW杯イヤーだというのも忘れてはいけない。しかも自国開催。9月20日の開幕まで、1日また1日と近づいている。

今から日本で繰り広げられる世界最高峰の戦いが楽しみだが、どの国にとっても脅威の存在となるのがオールブラックス(ニュージーランド代表)だ。対戦したすべての国に勝ち越す彼らは何がどうスゴいのか、今回は中心選手であるボーデン・バレットに迫る。

続きを全部読む

【人生初ドローン】マサイ族が正月に楽しんでいたのは空に浮かぶ凧(たこ)ではなく、インド人のドローンだった / マサイ通信:第222回

スパ! あけましておめでとう!! そしてもうひとつ「おめでとう」があるってこと、忘れてないよな? ウンウン……そう! 「ルカさん、おたんじょうびおめでとう」だよな!? そうなのだ! オレ、1月1日うまれなんだよね。1987年1月1日うまれなんで……おんとし32才になりました〜\(^O^)/

──それはさておき、みんなは正月、何してた? 日本では「凧(たこ)あげ」とかするんだろ? でも、今年のオレらマサイ族は、凧なんてアナログなモノは見てなかったよ。オレの目に飛び込んできたのは……ドローンだった!

続きを全部読む

【2019年福袋特集】『Cath Kidston(キャスキッドソン)』の1万円福袋を買ってみた! 3万円相当入っていて好きなら天国、微妙ならセール品を買った方が良し

日本でも大人気の、英ブランド『Cath Kidston(キャスキッドソン)』。店内に一歩踏み込めば、アレもコレもと目移りしてしまう。定番商品、コラボ商品、クラシカル、ポップなデザイン、色使いもそれぞれ全く違う製品が目白押しだからだ。

その種類の多さから、人によって、好きなデザイン・いまいちピンとこないデザインは、大きく異なるだろう。なので、実物が見られない「福袋」を買うのは、ちょっとした賭けだ。写真で確認できても、やはり実物の雰囲気は掴みづらい。だが、今回は、あえてキャスキッドソンの福袋を買ってみた。

続きを全部読む

【2019年福袋特集】『マイケル・ジャクソン福袋』を買ったら「2018年のカレンダー」が入っていたでござる

突然だが、今回、『マイケル・ジャクソンの2019年限定福袋』を買ってみた。筆者は特にマイケル様のファンではないけれど、この福袋を通じて、マイケル様の可憐さにガチでウットリしてしまった。ポスターに、Tシャツに、と中身を見ていくと……アレ!? このカレンダー「2018」って書いてあるよ!?

続きを全部読む

【疑問】マサイの正月はどんな感じ? 親戚の集まりはある? お年玉はある? マサイ通信:第221回

スパ! いよいよ12月31日、大晦日だな。そして夜が明けたら……みなさんもご存知、待望のスペシャルデーがやってくる。そう! オレのお誕生日だ! 実はオレ、1月1日うまれなんだよね〜٩( ‘ω’ )و ……って、違うか(笑)

ごめんごめん、でも、オレの誕生日ってのはホントだよ。それはさておき、答えは「お正月」だよな。先日ゴー(羽鳥)に、「マサイの正月って何すんの?」って聞かれたから教えてやったんだ。つーことで、簡潔に説明しとこっかな。

続きを全部読む

【私的ベスト】記者が厳選する2018年のお気に入り記事8選 〜マサイ族の戦士・ルカ編~(マサイ通信:第220回)

スパ! なんかロケットニュースのライターたちが、みんな「私的ベスト」ってのを書いているから、オレもマネしてやってみる。思い出に残ってる記事を5本くらい選ぶんだろ? そうだなぁ〜……よし! 決まった! 8本選んでみた!!

続きを全部読む

ウォーキング・デッドのダリルがウエスPの「危険なテーブルクロス引き」に挑戦した結果…

2018年も終わろうとしているが、今年もっとも世界を舞台に活躍した人といえばウエスPだろう。危険なテーブルクロス引きを武器にイギリスやフランスのオーディション番組で勝ち進み、世界中を爆笑の渦に巻き込んだことはあまりに有名だ。

もはや世界中が彼の虜(とりこ)。超がつくほどの有名人の仲間入りをしたワケだが、人気はとどまることを知らず。なんと『ウォーキング・デッド』のダリルもウエスPに夢中らしい。そう、かなりお気に入りのようで真似厳禁の危険なテーブルクロス引きに挑戦しているのだ。その結果……!!

続きを全部読む

タンザニア旅行に行ったケニアのマサイ族が撮影したタンザニアの写真集 / マサイ通信:第219回

スパ! いよいよ年末まっただなか。日本はメチャクチャ寒くなったらしいけど、冬休み、海外旅行に行く人もいるのかな? かく言うオレは、つい先日まで、パスポートなしでタンザニアを旅行してた。バカンスってやつだな。

ということで今回は、オレのスマホで撮影したタンザニアの写真を大公開しよっかなーと思っている。タンザニア旅行に行く予定の人は参考にしてくれよな。

続きを全部読む

『ホーム・アローン』のマコーレー・カルキンさん、投票で改名「マコーレー・マコーレー・カルキン・カルキンさん」になる!

1990年公開の映画『ホーム・アローン』。この作品への出演時には10歳だったマコーレー・カルキンさんは、現在38歳。最近Googleアシスタントの動画に出演し話題になったのだが、そんな彼がクリスマスに驚きの発表を行っている。

自身のミドルネームを改名するために、彼のウェブサイトで投票を行ったという。その結果、新しいミドルネームが決定し、2019年に法的な手続きを行って、その名前に変えるというのだ。彼の新しい名前は……

マコーレー・マコーレー・カルキン・カルキン!!

続きを全部読む

これがマサイ族のクリスマスだ! 知事と一緒にパーティーも / マサイ通信:第218回

スパ! 時差の関係で、ちょっと遅くなっちゃったけど、クリスマスだったな!

大人のみんなはどんなクリスマスを過ごしたかな? 良い子のみんなは、クリスマスプレゼントをもらえたかな? もちろん、ケニアに住むオレもクリスマスを満喫したので、簡単に報告しておこうと思ってる。

まずは、以前の記事でも予告していた、オレの子供たちへのプレゼントだが……

続きを全部読む

【実践的】これさえ覚えておけば安心! 海外旅行で使えるマー語(マサイ語)フレーズ20選 / マサイ通信:第217回

スパ! 嬉しいことがあってだな。ひっさしぶりに、オレ宛にリクエストメールが届いたのよ。サファリ旅行から帰ってきたという、マサイ通信愛読者のサナエって名前の女性(←たぶん)からでな。アッシェオレン(ありがとう)!

で、なんでも彼女、現地のマサイ族に対し、マー語(マサイ語)の「スパ」「アッシェオレン」「オレセリ」を使ったところ、「なんでマサイ語が出来るの!?」と驚かれたそうな。それはよかった! 嬉しいな\(^O^)/

そんなサナエからのリクエストは、「旅行をするときに使えるマサイ語を教えて欲しい」とのことだった。よ〜し、そんじゃ、いくつか実践的なやつを教えてあげよう!

続きを全部読む

アメリカの「SUMO」が大相撲とは別の何かに進化してしまっている件

力と力のぶつかり合いというイメージが強い相撲。力士の体型も、ある程度太って恰幅の良いアンコ型が基本である。そんな相撲がアメリカに渡ったのが「SUMO」だ。

国民性も違えば形式ばった伝統もないアメリカの「SUMO」。女性部門があるばかりか、逃げる! 煽る!! 完全に別の何かに進化してるゥゥゥウウウ!

続きを全部読む

【神業ビリヤード動画】なんでそうなるの…!? ボールが生きているかのように動くトリックショット21連発

カッコイイ趣味といえば、やはりビリヤードは外せない。狙い通りにボールをポケットへ沈める姿は絵になるだけに、女性を誘ってビシッとキメることができたらメロメロ待ったなし。男に生まれたからには一度でいいから「趣味はビリヤードです」と言ってみたいものだ。

まぁ腕がないとダサくなるのはおいといて、今回はビリヤードを極めた人にしかできないトリックショット集を紹介しよう。動画「Pro Pool Player Takes Series of Amazing Power Shots – 1008126」には、マグレだとしてもできないような神業ばかり収録されているぞ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 780