「プリン」にまつわる記事

これぞ理想の喫茶店プリン! 東京・高円寺のチーズ喫茶「吾輩は山羊である」のカスタードプリンが素晴らしすぎる!!

昨年は空前のタピオカブームだった。その流れは2020年も続くのだろうか? はたして、タピオカはこの冬を越せるだろうか? 春を待たずに閉店するお店もあるかもしれない……。それはさておき、ブームの裏で静かに流行っていたものがある。「喫茶店のプリン」だ。

中でも、プリン好きを自負する私(佐藤)がかねてから食べてみたいと思っていたのが、東京・高円寺の「チーズ喫茶 吾輩は山羊である」で販売しているカスタードプリンだ。先日、ようやく念願が叶い、実際に食べることができた。結論を言うと、ここのプリンはまさに理想的。トラディショナルな喫茶店プリンであった。

続きを全部読む

【デカすぎ】セブンイレブンの人気商品「イタリアンプリン」が3倍サイズになってるぞ~! 期間限定だから急げ~ッ!!

当初、東京都練馬区のセブンイレブンでしか販売していなかった、「イタリアンプリン」。練馬区外の誰もが同じことを思ったはずである。なぜ練馬区なんだ! と。2019年12月3日から全国で発売開始となったのだが、すぐに売り切れ続出の人気商品となった。

私(佐藤)も1度食べたのだが、率直な感想は「もっと食いたい!」だ。サイズが小さい、量が少ない、もっと食わせろ!! 食べたことがある人は同じように感じたはず……。

なんとその願いが叶ったぞ! 12月27日~1月2日までの期間限定で3倍サイズになって販売中!! 買うなら今しかねえ~!

続きを全部読む

【衝撃スイーツ】これがプリンだと!?  日本一の透明度を自負するプリンが透明すぎて猛烈にビビった! 東京・渋谷「000Cafe by tlc」

「プリン」、それは夢と感動、希望と興奮の詰まった素敵なスイーツである。数多(あまた)あるスイーツのなかで、私(佐藤)はダントツでプリンを好んでいる。あの卵色の生地とカラメルのコントラスト、そして味わいは私をいつでも癒し、時に心を震わせてくれる。

そんなプリンが、もしも無色透明だったら……? その疑問を形にした一品が、東京・渋谷に存在した。その名も「宮川クリアプリン」は、マジのマジで透明! なのにプリンの味がするらしい。ウソだろ、透明でプリンってどういうこと!?

続きを全部読む

「珈琲西武2号店」で軽い気持ちでプリンを頼んではいけないたった1つの理由 / 東京・西新宿

歳をとると何でも忘れやすくなってしまって困る。昨日の晩飯も翌朝には忘れ、人の名前も1度では覚えられない始末。人生とは老化との戦いではないかとさえ思えてくる。

つい最近も、私(佐藤)は2年前のちょっとした失敗をド忘れしていて、同じあやまちを繰り返してしまった。そのあやまちとは、「珈琲西武」という喫茶店で、ほんの軽い気持ちでプリンを注文してしまったこと。今回は2019年9月末にオープンした2号店ではあるものの、やはり軽い気持ちでプリンを頼んではいけなかった……。

続きを全部読む

【なぜか練馬区限定】セブンの「イタリアンプリン」が激ウマすぎた! 今すぐ練馬区に住民票を移したいレベル!!

つい先日のこと──。我々ロケットニュース24編集部あてに1通の問い合わせがあった。それによると東京都練馬区のセブンイレブン限定で『イタリアンプリン』という商品が登場しているらしく、しかもそれが激ウマだというのだ。

練る馬と書いて練馬。誓ってバカにするつもりはないが『イタリアンプリン』なんぞというシャレオツなスイーツを、練馬限定で販売するメリットはあるのだろうか? 練る馬と書いて練馬……。事の真相を確かめるべく、我々は練馬区に直行した。

続きを全部読む

【100均検証】もしやダイソーの「レンジでかんたん茶碗蒸し器」でプリンが作れるのでは…!?  → まさかの結末に

よくよく考えてみたら、プリンと茶碗蒸しって、ほとんど同じ作り方だ。アパレイユ(卵液)を こしながら容器に入れて、蒸す。同じじゃん! 乱暴に言えば、牛乳かダシか、砂糖か塩かの違いくらいしかない。

と、いうことは……!!

ダイソーの「レンジでかんたん茶碗蒸し器」でプリンも作れちゃうのでは? と思ったのだ。我ながら天才的な発想なのだ。これでできたら、蒸し時間25分が2分に短縮できるのだ! さっそくやってみたのだ〜٩( ᐛ )و

続きを全部読む

【100均検証】セリアに売ってた「どうぶつプリンカップ」でプリンを作った結果 → まさかの仕上がりに…!!

40歳になったとたん、なぜかプリン作りにハマりまくっている。まさに “まくっている” レベルで作りまくっている。独自のレシピも進化中で、プリンを入れる容器にもこだわるようになってきた。そんな時!

セリアにイイもんが売ってたのだ。その名もズバリ「プリンカップ(どうぶつ)」で、オーブンOKのフッ素加工された耐熱容器。しかも発売元が、金属製品に定評のある「エコー金属」となれば即買いっしょ!!

続きを全部読む

食べるタピオカミルクティを発見! 苺タピオカミルクティプリンを食べてみた → なんとタピオカが苺味……!!

いやぁ終わらない。タピオカブームめっちゃ続く。その勢いは増すばかりだ。正直、タピオカミルクティ飲むの飽きたな〜、なんて方もいるだろう……が、いつからタピオカミルクティは飲む物だと思い込んでいた?

なんと、食べるタピオカミルクティを発見してしまったのだ! これを読むと、もうタピオカミルクティを飲み物だとは思えなくなってしまうかも?

続きを全部読む

【ギャップがすごい】から揚げが名物の大衆酒場で出会った「プリン」のレベルが異常に高かった! 日比谷・一角

もしもこの先、1種類のスイーツしか食べることができないとしたら、私(佐藤)は秒速でプリンを選ぶだろう。それくらいプリンが好きだ。45歳にして年甲斐もなく、カフェやレストランでプリンを注文している訳だが、正直なところちょっとだけ気恥ずかしさを覚える。

そんな私でも、周りの目を気にすることなく堂々と「プリンください!」と言えるお店を発見した。そのお店はなんと大衆酒場だ。名物はから揚げであるにもかかわらず、ここのプリンはめちゃウマである。オッサンたちよ、勇気をもって「プリンください!」と言っていいんだぞ!!

続きを全部読む

【衝撃】スシローの「とろっとプリンどら焼き」がトロけすぎィィィイイ! 舌も一緒に溶け落ちるかのような罪深い味

スシローと言えばプリンである。そう、あの回転寿司チェーンのスシローだ。何を言ってるか分からないかもしれないが、一度プリンを食べればあなたにも分かるはず。そのトロけるような甘さにきっと虜になるだろう。繰り返す。スシローと言えばプリンだ。

以前の記事で、スシロー・プリンのウマさをお伝えしたが、先日スシローに行ったところ、なんとそんなプリンを使った新商品が登場していた! そこで食べてみたところ……トロけすぎィィィイイイ!!

続きを全部読む

「令和」のおかげで無料! 交通費に3万円使って購入したプリンがこちらです

そのプリンをお店で購入したければ、400円あったら何とかなる。店頭のメニューを見たら、多くが360円で、1つだけ400円だった。

コンビニのプリンと比べたら高いけれど、プリン専門店ってことを考えたら妥当な価格なのではないだろうか? 何より、見るからにウマそうだ。 

そんなプリンが、新元号「令和」にまつわる割引で、私の場合は1つ無料だというのだから、現地に行かないという手はない。……というわけで、東京から向かってみた。

続きを全部読む

キユーピーが100周年記念のカフェを期間限定でオープン! マヨネーズが入ったプリンが激ウマで泣きそうになった

『キユーピー』といえば、マヨネーズでお馴染み食品メーカーだ。よく間違えるが、「キ “ュ” ーピー」ではなく、「キ “ユ” ーピー」である。さて、そんなキユーピー株式会社は今年創業100年。それを記念して、東京・六本木に期間限定カフェをオープンしている。

そのお店のコンセプトは「サラダとタマゴの魅力を発信するカフェ」。実際に行ってみると、なんとプリンがあるじゃないか! マヨネーズが入ったプリンだと!? それ、うまいんじゃないの!?

続きを全部読む

【謎】東京タワー限定で販売している “土産物のプリン” を買ったら、心底困惑してしまった……

観光地に行ったら、そこでしか買えないものを手に入れたいと思うものだ。旅の思い出、観光の記念に、形の残るものを欲しいと思うし、そこでしか味わえないものを食したいと思う。

観光名所限定で販売しているものについ手が伸びてしまうのだが、最近東京タワーを訪ねた私(佐藤)は、土産物のプリンを購入して困惑してしまった。この商品に書いてある言葉を、どう受け止めるべきなのか……

続きを全部読む

【戦争終結】セブン『窯焼きとろ生カスタードプリン』は「かため派 vs とろとろ派」の争いに終止符を打つ究極の逸材

いつからだろう? みんなを笑顔にする “プリン” が、こんなにもギスギスしてしまったのは。およそ10年ほど前から「とろとろ系プリン」の勢力が拡大して以来、プリンはいつの間にか「かため派 vs とろとろ派」の争いが絶えないスイーツになってしまった。

どちらもプリンであることには変わりなく、それぞれに美味しさがあるが「かため派」も「とろとろ派」もお互いに譲ろうとはしない。今後もプリン戦争が続くのか……。そう思われていた矢先、彗星の如く登場したのがセブンイレブンの『窯焼きとろ生カスタードプリン』だ。ハッキリ言ってこいつはプリン戦争に終止符を打てる逸材である──。

続きを全部読む

【意外なグルメ】入場料1500円の本屋「文喫」に行ったら、本屋なのにカスタードプリンが激ウマだった!

言うまでもなく、本屋とは本を売るお店だ。お客さんが入って来ないことには、商売が成り立たないのだが、そんな本屋にもし入場料が必要だったら? あなたはそんな本屋に入ろうと思うだろうか。このご時世、本屋がバタバタ潰れていくなかで、入場料1500円(税別)のお店が東京・六本木にオープンした。

そのお店「文喫(ぶんきつ)」に行ってみたところ、本屋さんというよりも図書館のような雰囲気。ここで提供しているカスタードプリンが激ウマであると判明した!

続きを全部読む

【プリン天国】人の顔サイズで有名な「大仏プリン」の本店『プリンの森』に行ってみた! プリンカラーの建物がゆめ可愛いぃぃぃー!!

「大きなプリンにかぶりつきたい……」子どものころに、誰もが一度は抱いたであろう夢をかなえてくれる商品がある。その名も『まほろば大仏プリン(大)』は、なんと人の顔ほどあろうかというビッグサイズだ。

食べても食べても減らないプリン。今では奈良県の名物になっているが、販売する店舗のビジュアルは一度見たら忘れられないほどの可愛さだった。ちょっとしたレジャー施設に来たかのような気分になれる販売店、 “プリンの森” についてお伝えしていきたい。

続きを全部読む

【トリビア】お台場の実物大ガンダムの足元には天国が広がっている? 全国のプリンが集結した『ご当地プリンフェス』が今年も相変わらずヤヴァイ

東京屈指の観光スポット、お台場。お台場と言うとやはりフジテレビが思い浮かぶが、「ダイバーシティ東京」にある実物大ガンダムの存在感もかなりのものだ。日本人・外国人を問わず、周辺は記念撮影をする観光客で溢れている。

ところであなたは知っているだろうか? 現在、お台場に立っている実物大ユニコーンガンダムの足元には、目もくらむような天国が広がっているということを……。プリンを愛するすべての人に告ぐ。今すぐガンダムの足元を目指すのだ! そこでは「ご当地プリンフェス」があなたを待っているぞよ。

続きを全部読む

【メガ盛り】噂の「飯ごうプリン」がデカすぎる! 食っても食っても無くならねぇぇえええ!!

ミニストップが発売する「無限プリン」をご存じだろうか? 通常の1.5倍ほどの大きさで「無限に食べ続けられるほどウマいプリン」とのことだが、当然ながら1個食べきってしまえば終了……つまりボリュームに関しては無限ではない。形あるものはいずれ無くなる、それが真理である。だがしかし……。

千葉県の成田ゆめ牧場が手掛ける「飯ごうでDoプリン」通称『はんごうプリン』こそマジもんの無限プリンなのかもしれない。なぜなら食べても食べても無くならない、圧倒的なボリュームを誇るメガ盛りサイズのプリンだからだ。

続きを全部読む

【ド濃厚】カルディの「プレミアムチョコレートプリン」がプリンの概念が変わるねっとり感 / でも意外と低カロリー

あんこにおける「つぶあん vs こしあん」ほどではないが、みんなが大好きプリンでも「硬め派 vs トロトロ派」の争いが起きることがある。どちらの主張も説得力があり判定を下すのは難しいが、今回ご紹介するのはそのどちらにも属さない新タイプのプリンだ。

商品名は『プレミアムチョコレートプリン』でカルディコーヒーファームにて販売しているのだが、ぶっちゃけ「これがプリンか?」と問われたら素直に「プリンです」と即答はできない。というのも、史上かつてない “超ねっとり” としたプリンだからだ。

続きを全部読む

雪でプリンを作りたい / プリンの素を雪に埋めたら固まるのか →  結果は大成功! ぷるんぷるんのなめらかプリンが完成したぞーッ!!

日本各地で豪雪ともいえる積雪を記録したこの冬。見ているだけで憂鬱になる雪で何かできないか。そこで先日「雪で冷凍みかんを作りたい」と雪にみかんを埋めてみた。

詳細は以前の記事でご確認いただけるが一言でいうと失敗。出来上がったのはただのヒンヤリおみかんであった。雪は冷蔵庫にはなるけど、冷凍庫にはならないらしい。

……ちょっと待て! だったら冷蔵庫的な利用をすれば何かできるのではないか? プリンなら作れるのではないか? 何それやってみたい……ということで雪にプリンの素を埋めることにした。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4