「アルバイト」にまつわる記事

【裏バイト】14泊15日の治験アルバイトに参加してみたら、あまりにも個性が強すぎる被験者しかいなかった / 特に印象的だった3人

裏バイトの代表格として名高い治験アルバイト。学生時代、カップラーメンを食べるお金にも困っていた筆者は、懸念される副作用(事前実験でサルが死んだらしい)にも臆することなく14泊15日というヘビーな案件に参加した。

しかし怪しいバイトだけあって集まってきたのはやはり変わった人間ばかり。某大学病院の研究施設の中にある無機質な病棟に並べられた9つのベッド。大量のゲームと漫画が備えられた娯楽室もある。今回はそこで出会った個性豊かな人間たちを紹介しよう!

続きを全部読む

【働きたくないでござる】「JAXA」が2週間引きこもったら38万円くれるバイトを募集してるぞ! 男女問わず55歳まで可!!

働きたくない! でも働かないとお金がもらえない……。働きたくない! でも欲しいものがあるし……。働きたくない! できればお金はいっぱい欲しい……。働きたくない! 働きたくないでござる!!

そんなあなたに朗報である。JAXAが、2週間引きこもったら38万円くれるバイトを募集しているのだ。もちろん寝てるだけでいいってことはないと思うが、2週間で38万円とは破格である。引きこもりのプロにとって、これは見逃せない情報だろう。

続きを全部読む

たった10日で「ファストフード店の皿洗いから有名モデル」に! 現代のシンデレラストーリーが話題

長い人生、何が起こるか分からないものだ。時として、自分では思いもしなかったようなことが起こり、大きな転機が訪れることもある。それが人生を急激に変えるものだと、シンデレラストーリーなんて呼ばれることもしばしばだ。

そして今、現代のシンデレラストーリーとも呼びたくなるようなことが、ある女性に起きて大きな注目を浴びているので紹介したい。なんと彼女は、たった10日という短い期間で「ファストフード店の皿洗いから有名モデル」に転身したのである!

続きを全部読む

【実話】10年前、大竹まことにバイト先のゴルフ練習場でキレられた話

本日2017年6月28日においてもっともホットな芸能人といえば、タレントの大竹まことさんで決まりだろう。公式戦29連勝の快挙を成し遂げた最年少棋士・藤井聡太四段への「誰かシメてやれ」というコメントが、現在ネットで大炎上中なのだ。

「それが大竹さんの芸風だから」という擁護の声も一部ではあるものの、若者を叩く老害の典型として、大竹さんを批判する声が大多数を占めている印象である。その様子を眺めながら、私(あひるねこ)は10年ほど前にアルバイト先で大竹さんに軽くキレられた時のことを思い出していた……。

続きを全部読む

第13回『アルバイト川柳』のユーザー投票開始!「パソコンが 使えぬ店長 紙ってる」など秀逸な作品がズラリ!!

季語を使わずとも手軽に創作できて人気の川柳。五・七・五のリズムで奏でる詩の一種である。日本国内には「サラリーマン川柳」などの著名な川柳大会が存在するが、今回ご紹介するのは第13回を迎えたアルバイト情報誌・anの『アルバイト川柳』だ。

anアルバイト川柳では2017年5月30日、つまり今日からグランプリ作品を決定するためのユーザー投票の受付を開始した。最終候補の11作品はどれも思わずニヤリとしてしまう秀逸な作品だらけとなっているぞ。

続きを全部読む

【能天気】閉演するスペースワールドが『ポジティブすぎる求人募集動画』を公開!「私たちと閉園を体験してみませんか?」

今年2017年末で閉園が決定しているテーマパークが、”スペワ” の愛称で知られる北九州市「スペースワールド」だ。そんなスペワがつい先日、閉園が決まっているにもかかわらず、ヤル気満々のポジティブ動画をネットで公開。話題を呼んだことは記憶に新しい。

──しかし、それで終わりではなかった。何と今度はポジティブな「アルバイト募集」の動画を公開したのである! 閉園まで無休営業を発表しているスペワ。求人ページを確認すると、 “募集中!” の文字で真っ赤なのだが、大丈夫だろうか……。

続きを全部読む

【超高額バイト】バイオハザードが『日給8万1000円』のゾンビ警備員を募集しているぞーッ! 仕事も報酬もオイシすぎる!!

日本のみならず、世界中にホラーゲームブームを巻き起こした大ヒット作品「バイオハザード」。ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で映画化もされ、2016年12月23日にはシリーズ最終章が全国公開される。

そんなバイオハザードに関連した超高額アルバイトが、現在募集中というのでご紹介したい。ワールドプレミア<レッドカーペット>イベントの警備をすると、日給8万1000円! 繰り返す、日給8万1000円だ!! これってメッチャおいしい仕事やん?

続きを全部読む

アルバイト求人「an」が死神を募集中 / 報酬は6万円とりんご

死神のアルバイトやりませんか? 株式会社インテリジェンスが運営するアルバイト求人情報サービス「an」が、そんな衝撃的な募集を呼びかけている。冗談と思いきや、どうやら至って真剣のようだ。

一体、死神のバイトとはどういうことなのか。死神になってみたいという人がいるかどうかも不明だが、とりあえずその詳細をお伝えしよう。

続きを全部読む

「セブンイレブン 江東毛利一丁目店」のフロムエーナビ求人広告が切実すぎてヤバい

「就職氷河期」という言葉も今となっては昔のこと。現在では人材不足で悩む企業も少なくない。そう、時代は常に流れているもので、現在ひとりのコンビニエンスストア店長が危機に立たされているのも時の流れであろう。

そのコンビニとは、東京都江東区毛利にある「セブンイレブン江東毛利一丁目店」。この度、危機に悩む店長はフロムエーナビに求人広告を出し、切実すぎるほどの危機的状況を訴えている。ホームページを覗いてみると、店長の悲痛な叫びが次のように記されていた。

続きを全部読む

【驚愕】アルバイト店員に「分身しないか?」と持ちかけた飲食店店長が書類送検される / 全バイトのうち4人が分身

どの職場環境でも、優秀な人材を確保するのに苦労する。特に飲食店では慢性的に人手が不足している傾向にあり、せっかく働きの良い人が見つかっても、すぐに継続的に働くことができなかったり、諸事情で辞めてしまったり……。自分がふたり居れば! そう願う店長も少なくないだろう。

・「分身しないか?」

最近福岡県のある飲食店で、優秀な働きをするアルバイト店員に対して、驚くべき提案をした店長が書類送検されたことが判明。その店長は、中国人のアルバイトに「分身しないか?」と提案したという。これは一体どういうことなんだ!? まさか分身する術をその店長は知っていたというのか?

続きを全部読む

【保存版】音楽史に名を刻む超有名ミュージシャンの前職・アルバイト20選 / 「オジーは食肉解体処理作業員」「ミック・ジャガーは病院スタッフ」など

ミュージシャンは一見華やかな職業に見える。その中でも、世界的に名前が知られているミュージシャンは、「想像がつかない世界に住んでいる」というイメージを持たれがち。ただ、今でこそステージでスポットライトを浴びる彼らだが、ブレイクする前は、普通の人と同じく何らかの仕事に就いていた人が多い。

そんな有名ミュージシャンの前職や学生時代にやっていたアルバイトが、海外サイトに掲載されていたので紹介したい。「イメージ通り!」という人もいれば、「想像できない……」という人など様々だ。

続きを全部読む

【あるある】チェーン店の居酒屋でバイトした学生が感じること50選

学生バイトの定番といえば、チェーン店の居酒屋バイトだ。今まさにやっているという人や、過去にやっていたことがあるという人は、多くいるだろう。

そんな人が、バイトを通して感じるあるあるネタを、自分の経験に基づいて集めてみたので紹介したい。かなり個人的な独断と偏見で選んだものだが、チェーン店の居酒屋バイトを経験した人なら、共感できる項目がいくつかみつかるはず!

続きを全部読む

【社員に無理はさせない】元アルバイトが語るホワイト居酒屋『天狗』従業員に優しすぎエピソード

キツくて肉体的にも精神的にも厳しいイメージのある外食業界。特に居酒屋チェーンは労働時間も長く「ブラック企業」という印象を持たれてしまう会社も少なくない。

だが、そんななかにも数少ない「ホワイト企業」が存在する。それが全国に居酒屋や和食のチェーン『天狗』を展開するテンアライド株式会社である。

続きを全部読む

人生はいつどこで何が起こるかわからない! あるアメリカ人青年の「人生を変える出会い」に世界中がほっこり

人生はいつ、どこで、何が起こるかわからない……そんなことを実感させてくれるような出来事があるアメリカ人青年の身に起き、いま世界中から注目を浴びている。

米インディアナ州に住むジャキール・レーガンさん(18)はある日、仕事を得るためアルバイトの面接先へ向かって歩いていたときに、人生を変えるような出会いをすることとなった。この出来事がFacebook上で語られると、多くの人々が彼の出会いに感銘を受け、大きな反響を呼んでいるのだ。

続きを全部読む

ドン・キホーテがレジスタッフ不採用の理由を紹介「写真がプリクラ」「志望動機がひまつぶし」など

ユニークな商品や便利雑貨・電化製品など、豊富な品揃えで人気のドン・キホーテが求人で苦戦しているようだ。就職情報サイトに掲載した内容によると、ごく普通の人材を求めているようなのだが、なかなか思うような人材に恵まれていないようである。

続きを全部読む

町を歩いているとたまに目を引く看板や面白い張り紙など目撃することがあるが、つい先日も吉祥寺のある喫茶店で興味を引き付けられる張り紙に出会うことができた。そこはクラシック調の店でドアにこう書かれていた。 続きを全部読む