長い人生、何が起こるか分からないものだ。時として、自分では思いもしなかったようなことが起こり、大きな転機が訪れることもある。それが人生を急激に変えるものだと、シンデレラストーリーなんて呼ばれることもしばしばだ。

そして今、現代のシンデレラストーリーとも呼びたくなるようなことが、ある女性に起きて大きな注目を浴びているので紹介したい。なんと彼女は、たった10日という短い期間で「ファストフード店の皿洗いから有名モデル」に転身したのである!

・皿洗いバイトの学生がモデルにスカウト!

米ニュースサイト『NEW YORK POST』によると、話題となっているモデルは、米コロラド州デンバー出身のレミントン・ウィリアムズさんだ。彼女は、テキサス州オースティンのメキシカン・ファストフード店「Chipotle:チポトレ」 で皿洗いのバイトをしながら、グラフィックデザインを学ぶ学生でもある。

そんな彼女がバイト中にスカウトの目に留まると、立場は一変! 驚くべきことに、ニューヨークを拠点にするモデル事務所「DNA Models」と契約したのだ。ここは、90年代のスーパーモデルブームの火付け役となったリンダ・エヴァンジェリスタや、超人気モデルのナタリア・ヴォディアノヴァらが所属する大手事務所である。

・スカウトから10日で花道デビュー!!

This is my missing Austin's tacos face. Thank you @pequintana for capturing a different side of me.

A post shared by Remington Williams (@stuckinteenage) on

そして冒頭でお伝えしたように、モデル経験ゼロだった彼女は、たった10日でニューヨークのファッションウィークでデビュー! ウォーキングとポーズの取り方を学んだだけで、一気に有名モデルの仲間入りを果たした。

競争が激しい世界ながら、短期間でカルバン・クラインやマーク・ジェイコブスといったコレクションで花道を歩いたレミントンさん。素人同然のモデルが、超一流デザイナーのコレクションに起用される異例の出来事となった。

・次はヨーロッパのコレクションに出演!

彼女のインスタグラムでモデルの様子を確認してみると、長い手脚で凛とした雰囲気が漂う姿は、典型的な美人というよりは個性的。どこか中世的な美しさを漂わせている。

なお、短い期間ながらもウォーキングを学んだ彼女は、ニューヨーク・ファッションウィークの花道を見事にこなし、現在はヨーロッパで開催されるコレクションに向けて準備しているそうだ。

これを現代のシンデレラストーリーと呼ばずしてなんと呼ぼう。「運も実力のうち」というが、美しさはもちろん、アートを制作し続けている彼女の芸術的なオーラが、スカウトの目の引いたのかもしれない。

参照元:Instagram @stuckinteenageNEW YORK POST(英語)
執筆:Nekolas

▼スカウトからたった10日でモデルデビュー!

▼まさに現代のシンデレラストーリー!!

▼中世的な美しさが際立つロミントンさん

Fringe for days! (Another from the majestic @timothyrosado)

A post shared by Remington Williams (@stuckinteenage) on