「アニメ」にまつわる記事

【衝撃】フランスのオタクが極悪すぎる

アニメやマンガはいつだって私(中澤)に大切なことを教えてくれた。自分を見つめなおすキッカケとなり、成長の糧となり、時に人生観まで変えてしまう。そんな日本のアニメやマンガが、フランスでとんでもない人達を爆誕させていた。フランスのオタク、極悪すぎィィィイイイ

続きを全部読む

パラパラ漫画を映写できる「アニメーションプロジェクター組立キット」を作ってみたら…思っていたのと違った

パラパラ漫画……すべてのアニメーションの原理であり、授業中の究極の暇つぶし。普通は自分でページをめくって遊ぶだろうが、LED電球を組み込んで壁に映写できるキットを発見した。

学校教材や知育玩具を数多く作っている信頼のアーテック製。価格も手頃で、夏休みの自由研究にも役立つだろうと思い作ってみたら……想像と違う結果になってしまったのでご報告したい。

続きを全部読む

5分で分かるアニメ『リゼロ』の “みんなが忘れてそうな設定” まとめ / Re:ゼロから始める異世界生活

終わりの兆しが見えないコロナ禍。そんな新型コロナの影響で、放送延期となっていたのが春に放送予定だったアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』、人呼んで「リゼロ」である

2016年に1期がヒットした本作。4年越しとあって私(中澤)も超絶楽しみにしていたため、延期には愕然としたものだが、夏アニメで無事放送がスタートした。1期で乗り遅れた人も乗るなら今だと思う。個人的には、ここ数年で1番の名作であり、より多くの人に見て欲しい。

されど4年。一期がもう記憶の彼方の人も多いだろう。そこで、復習の意味も含めてアニメ『リゼロ』の、みんなが忘れてそうな設定をまとめてみようと思う。本記事は乗り遅れた人が2期から入れるようにも書くが、今から1期を見ようと思っている人だけはネタバレになるので注意してくれ

続きを全部読む

【コラム】アニメ『鬼滅の刃』を1話切りした私が改めて全話見てみた結果

社会現象的な大ヒットとなったマンガ『鬼滅の刃』。一説にはアニメの放送が火付け役だったと言われている。事実、私(中澤)の周りにもアニメ放送時「気になっていたから見よう!」という人がいた。

っていうか、私も当時気になっていたから見た人である。しかし、結果は1話で見るのをやめた。そう、世に言う1話切りである。大体アニメを見始めると3話くらいは見るのだが、『鬼滅の刃』は1話で「もういいかな」となった。なぜならば……

続きを全部読む

提供:千寿製薬

広瀬すずがアニメ化した新CMがヤバイ → 再生3秒で動画を停止「見てられない」/ NewマイティアCLスタンダードシリーズ

黒髪の似合う若手女優と言えば広瀬すずさんだ。私(中澤)は以前、iPhone11のセレモニーで広瀬すずさんを見ているが、人の密集するソフトバンク店内において彼女の周りだけ空気が澄んでいるかのようにクッキリ見えたことを覚えている。観葉植物みたいな人だ

そんな広瀬すずさんがCMでアニメ化されているという。何を隠そう私はアニメが大好きだ。これは広瀬すずが私に照準を合わせてきたと考えて間違いないだろう。そこでCMを確認してみたところ……再生3秒で動画を停止したでござる。

続きを全部読む

【半妖の夜叉姫】2020年秋『犬夜叉』続編アニメ放送! 連載開始から20年を経ても色あせないその魅力(微量ネタバレあり)

「殺生丸には、娘がいる」────衝撃的なコピーとともに発表された『犬夜叉』の続編アニメ『半妖の夜叉姫』。放送は2020年秋、原作にはないアニメオリジナルストーリーだが、高橋留美子先生もメインキャラクターデザインで参加している。

今さら説明するまでもないが、『犬夜叉』は1996年から2008年まで『週刊少年サンデー』に連載され、アニメ化もされた人気漫画。連載開始は実に24年前、連載終了からも10年以上が経過している。

しかし、いま読んでみてもまったく色あせない面白さがある。新情報を待つあいだ、原点『犬夜叉』の魅力に迫りたい。原作を読破した方には問題ないが、未読の方には微量のネタバレがあるので留意して欲しい。

続きを全部読む

ドイツの自転車ブランドのCMが凄すぎて逆に何の広告か分からない / 海外の反応「これでアニメシリーズ作って欲しい」「自転車のCMって知らんかった」

ひと足こげば頬をなでる風。同時に後ろへと流れていくさっきまでいた場所。自転車に初めて乗れた時、風を切る感覚にどこまでも走っていけそうな気がした。そのスカッとした感じが好きで日が暮れるまで何度も乗り続けたものである

ドイツの自転車ブランドのCMを見た時、久しぶりにそんな感覚を思い出した。アニメCMなのだが、躍動するアニメーションがまるで風を切るようである。SUGEEEEEEEE!

続きを全部読む

ヤクザ版の攻殻機動隊! 約1時間のNetflixアニメ『オルタード・カーボン:リスリーブド』を見てみたら24話先が気になった

激クールな目線でサイバー都市を描く『攻殻機動隊』シリーズ。つい先日も新作『攻殻機動隊 SAC_2045』が公開されたが、近未来SFと言えば私にとってはコレだ。

そんな『攻殻機動隊』にそっくりな世界観で裏社会が舞台のアニメがNetflixで公開されている。まさにヤクザ版の攻殻機動隊! 約1時間と短めのアニメなのだが、見終わった後24話先が気になった。

続きを全部読む

10年前の春アニメが「神アニメだらけ」すぎる! ではここで2020年春アニメを見てみましょう。

2020年春。私(中澤)は相変わらずアニメを見ている。私が深夜アニメを全チェックするキッカケとなった作品は『CLANNAD』だが、調べたら1期の放送から13年が経とうとしていた。もう『CLANNAD』から13年。時の流れは早いものである。

そこでふと10年前の春アニメが気になった。CLANNADショックから3年の2010年春。何がやっていたのだろうか? 気になって調べてみたところ……か、神アニメだらけすぎる

続きを全部読む

VOXアンプが巨大ロボ化! アニメ『LISTENERS』が下手な音楽アニメよりもバンドマンに突き刺さった理由 / 2020年春アニメおすすめ

バンド系アニメはガチのバンドマンからすると結構子供騙しだ。天才イケメン美女だらけだし、とんとん拍子にステップアップするし……ライブハウスで15年くらい活動しているバンドマンの私(中澤)からすると「違う。それはスタジアムの世界だ」という感じのことが多い。

一方、2020年春アニメで放送されている『LISTENERS』は、ロボットアニメにもかかわらず下手な音楽アニメより私の胸に突き刺さってきた。これ、ロボに興味がなくとも、バンドマンは結構楽しめるんじゃないだろうか。そう感じた理由を以下に説明したい。

続きを全部読む

【2020年冬アニメ終盤】今続きが気になる作品トップ10

新型コロナ騒動でテレワーク中のロケットニュース24。自宅にいる時間が圧倒的に長くなった私(中澤)は、めちゃくちゃアニメを見ている

2020年冬クールも終盤戦の現在。いつもなら視聴している番組は3本くらいに絞られている時期だが、今期は10本以上継続中だ。その圧倒的な視聴数を活かして、終盤戦の今続きが気になっているアニメトップ10を独断と偏見でズラーッと発表したい。まずは10位から5位まで。

続きを全部読む

現代版ラピュタ! アニメ『虫籠のカガステル』が超面白いのに話題に上がらない理由

日本アニメ史に燦然と輝く作品『天空の城ラピュタ』。パズーとシータの出会いから壮大な物語が展開される本作は、ボーイ・ミーツ・ガールの教科書的作品です。そのキラキラとワクワク、そして切なさを残しつつも気持ちいいエンディング……最・高

今期、そんな『天空の城ラピュタ』のような普遍的な光を放つボーイ・ミーツ・ガール作品に出会ったのでご紹介します。

続きを全部読む

40代のおっさんがアニメ版「鬼滅の刃」を見てみた結果…

つい先日のこと。自転車にまたがった中学生くらいの男子たち4名が、ウキウキ声でこんな話をしていた。「やっぱり霞柱(かすみばしら)の時透が1番カッコいいよな! だって2カ月で柱になったんだぜ!!」──。そう、いまノリにノッている漫画『鬼滅の刃(きめつのやいば)』の話である。

ここ10年ほど、新規の少年漫画はなるべく避けてきた私、P.K.サンジュンでも『鬼滅の刃』はスルスルと読破できたことは以前の記事でもお伝えした。そんな私に多くの人がこう勧めてくる。「鬼滅の刃はアニメも最高なんだ」と。イヤだ……アニメは絶対に観たくない──。

続きを全部読む

【BPO強い】「女性キャラクターを蔑視している」深夜アニメ『異種族レビュアーズ』に寄せられた視聴者意見に対する青少年委員会の結論がこちら

TOKYO MXでの放送が中止となった深夜アニメ『異種族レビュアーズ』。剣と魔法のファンタジー世界が舞台である本作。しかし、主な内容は、亜人種族の風俗店を回るもので異世界ファンタジー作品としては異色の作品だ。まあ、色んな意味で冒険はしてるけど

そんな本作は、BPO(放送倫理・番組向上委員会)にも意見がバンバン届いているようだ。1月28日に開催された「第221回青少年委員会」の議事録がBPOの公式サイトで公開されたのだが、「視聴者からの意見」がモロに『異種族レビュアーズ』への苦情だった

続きを全部読む

にわかオタクが好きな2020年冬アニメがこちら →「防振り」「虚構推理」「マギレコ」「推し武道」「イド」

毎クール50本以上公開されているアニメ。視聴者獲得の競争率が上がっているためか、どのアニメも1話には気合いが入っているが、本当の実力が分かり出すのは2話から4話くらいである

その証拠に、「2話が良いアニメは名作」「3話でメインキャラが死ぬアニメは名作」「作画崩壊アニメは3話から5話で顕著になる」という都市伝説も。おそらく、多くの人が視聴を継続するか切るか判断するタイミングが3話なのだと思われる。

そして、2020年冬アニメは現在ちょうど3話から4話が放送されているところ。そこで現在のおすすめアニメをにわかオタクに聞いてみた

続きを全部読む

【終わった…】アニメ『バビロン』、嘘みたいな最終回でAmazonレビューが大荒れ「時間を無駄にした」「引き込まれる魅力のある作品」

え、終わった……? 2020年1月27日に配信されたアニメ『バビロン』の最終回を見終わって、まず私(中澤)がしたのは、12話が最終回かどうかを確認することだった。

公式Twitter(@babylon_anime)は「最終回」って言ってる。マジか……やっぱり終わりなのか。でも、この終わり方大丈夫なの? そう思っていたら一夜明けてAmazonレビューが大荒れになっていた

続きを全部読む

【2020年冬アニメ7選】にわかオタクが新作アニメ全部見てみた / 1話が良かったアニメがこれ

暇さえあればアニメを見ている。その時間だけは現実から解放されるような気がするのだ。そんな私(中澤)を友達はこう呼ぶ。「オタク」と。

……こんな出だしで始まる「オススメアニメ」の記事を毎クール書いてたら、ネットで「にわか」と言われた。そこで、もう名乗ってしまおう。どうも。にわかオタクの中澤です

にわかオタクである私は今期の新作アニメを全部見た。うっかり。そこで、2020年冬の新作アニメで、1話終了時点で良かったアニメを発表したい。にわかですが。

続きを全部読む

【傑作なんだ】CGアニメ「スター・ウォーズ / クローン・ウォーズ」と「反乱者たち」はもっと評価されてイイ

2019年12月20日、映画「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」が公開された。周囲の人の感想やネット上の評価を見てみると「評論家はイマイチ」だが「ファンは大絶賛」といったところだろうか。私(P.K.サンジュン)は純粋におもしろかった。

さて、スター・ウォーズファンならば誰しも「お気に入りのタイトル」があることだろう。特に「帝国の逆襲」あたりは根強い人気を誇っているが、もし私がお気に入りのタイトルを問われたら、ずるいことを承知で「クローン・ウォーズ」と答える。それくらいCGアニメ「クローン・ウォーズ」と「反乱者たち」は最高傑作なのだ。

続きを全部読む

にわかオタクが好きな2019年アニメ四天王「ダンベル」「盾の勇者」「慎重勇者」あと1つがこれ

暇さえあればアニメを見ている。その時間だけは現実から解放されるような気がするのだ。そんな私(中澤)を周りはこう呼ぶ。「オタク」と。

……こんな出だしで始まる「オススメアニメ」の記事を毎クール書いてきたわけだが、たまに「にわか」と言われたりする。そこで、もう名乗ってしまおう。どうも。にわかオタクの中澤です。

というわけで本記事は、にわかオタクである私が2019年のアニメ四天王を独断と偏見で発表する記事だ。ちなみに、新作限定なのであらかじめご了承ください。

続きを全部読む

【2020年福袋特集】「らしんばん」のドラゴンボール福袋を買ったら宿命のライバルが怪しい関係になってしまった

アニメショップ「らしんばん」で購入したドラゴンボール福袋(3300円)の紹介です。ドラゴンボールのフィギュアが入っているということだけは判明してます。何個入っているか、どのキャラクターが入っているかなどは開けてみるまで一切わかりません。

中身が分かっているタイプの福袋もいいけど、やはり福袋の醍醐味といえば開封のドキドキ感。ということで、読者の皆さんと一緒にこのドラゴンボール福袋を開封していきたいと思います! オラ、ワクワクすっぞ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 18