「アニメ」にまつわる記事

【10話見た】2022年夏アニメ6選 /『異世界おじさん』『リコリコ』が2トップ! でも意外と同じくらい楽しみにしてるのが4つある

夜が涼しくなってきた。気がついたら夏も終わりである。すなわち、夏アニメも終盤戦。10話を越えて、残すところあと2~3話じゃないだろうか。

この時点で面白いアニメにはさすがにハズレはないと思う。そこで私(中澤)が、10話まで見た上で面白いと思った2022年夏アニメ6選をお届けしたい。なお、続編ものは除外しており、夏クールの新作限定だ。

続きを全部読む

【コラム】『キャプテン翼』と『アオアシ』は何が違う? サッカー経験者の答えがめっちゃ腑に落ちた話

シュートで吹っ飛ばされる人を何人見たことか。私(中澤)にとって、サッカー漫画とはそういうものである。なにせ、物心ついた頃には翼くんが空を飛ぶのは普通だったのだ。

しかしながら、現在、アニメが放送されている『アオアシ』はなんか違う。クラブユースがメインで主人公が前めのポジションなのは同じなのに、もの凄く新しくて面白いのだ。でも、サッカーをあんまり知らないから何が新しく感じるのかが分からない。そこでサッカー経験者に聞いてみたら、めちゃくちゃ腑に落ちる答えが返ってきた。

続きを全部読む

【全部見る】2022年夏アニメの新作30本、1話の直感で選ぶおすすめアニメ6選

『メイドインアビス 烈日の黄金郷』がついに来た2022年夏アニメ。しかし、それだけではなく『うたわれるもの 二人の白皇』など、何かとオタク心にぶっ刺さる続編ものが熱いクールである。

一方で、新作アニメはそこまでよく知らない作品が多かったので、とりあえず全部見てみた。夏クール開始から2週間、現在、1話が放送された新作アニメは約30作品。話題性は無視して完全に独断と偏見で選ぶ。1話を見て、私(中澤)がビビッと来た新作はこの6つ。

続きを全部読む

オタ活スケジュールアプリ「シカロ」が頼もしすぎる件について/ 推しコンテンツの予定が自動で記入されていくぞ!!

時間が……時間が足りないっ……!!

ゲームのイベントを走ったり、Blu-rayの予約をしたり……オタクは何かと忙しい生き物である。

特に人気の作品を追いかけていると、毎月のように新グッズが出たりイベントが開催されたりするため「あれ、このグッズの予約っていつまでだったっけ? こっちのイベントはいつからだ?」と混乱してしまうことも多い。

そんな忙しいオタクの皆さんに……朗報!! ゲームやアニメなど推しコンテンツのスケジュールをバッチリ管理してくれる、神みたいなアプリが存在したぞ~!!

続きを全部読む

【アニメ】あまり期待していなかったNetflix『スプリガン』が最高すぎた / 原作ファンが唸った3つのポイント

「なぜ今?」と思った方がきっと大多数だろう。それだけ『スプリガン』の再アニメ化は予想外の事件だった。なんせ原作漫画が連載されたのは1989年から96年の間。その後、大友克洋氏が総監修を務めた劇場版が公開されたのが98年だ。もはや一昔前の作品と言っていい。

リアルタイムではないものの、中学生の頃から熱心に原作を愛してきた私(あひるねこ)でさえ、今回のアニメ化には懐疑的だった。ところが……。約30年の時を経てよみがえったNetflixシリーズ『スプリガン』は、私が想像していた以上に『スプリガン』そのものだったのである。

続きを全部読む

2022年春アニメ中盤、5話以上放送された時点でオススメの新作6選 / 本命「SPY×FAMILY」と同じくらい私が毎週楽しみにしてる作品がこれ

2022年春アニメは70作品以上! って、いくらなんでも多いだろ。さすがに全部は見なくていいかな……。と思いながら見てたら、うっかり放送・配信されている作品を制覇してしまった

どんだけ暇なんじゃ我……ってことはさて置き、せっかくなので、5話以上放送された現段階でのオススメの新作アニメ6選を言いたい。なお、面白くとも続編ものは除外しているのでご理解いただけると幸いだ。

続きを全部読む

あの『笑ゥせぇるすまん』がYouTubeで無料公開されている! 大人になって見るとヘタな怪談より数十倍怖い…

先日、惜しまれながら亡くなった漫画家の藤子不二雄A先生。A先生の代表作のひとつとして、多くの人の記憶に残っているのが『笑ゥせぇるすまん』だろう。

平成初期にアニメが放送され、子供からオトナまで多くの人にトラウマを与えたあの『笑ゥせぇるすまん』がなんとYouTubeで無料公開されており、大人気になっているのだ。

放送から30年以上経っても色褪せないブラックな世界観。むしろオトナになったいま見ると、他人事とは思えない話ばかりで、子供のころ以上に怖いのである……!

続きを全部読む

2022年冬アニメ、10話以上見て面白かった作品7選! 春アニメ直前の振り返りオススメ

最初だけやたら気合の入ったアニメが多い今日この頃。1話を見て名作だと思ったら、そこがピークで2話から信じられないくらい急角度の下り坂になる作品も少なくない。1話の勢いは何だったのか? もはや別物やないか。詐欺にあったような気分になることから「一話詐欺」と呼ぶ者も多い。

が、現在は3月も終わり。1月からスタートした冬アニメはすでに10話を超えている。この時点で面白いものは、少なくとも詐欺ではない。そこで毎クール全アニメの1話をチェックしている私(中澤)が、2022年冬アニメで10話以上見ても面白かった7作品をご紹介したい。

続きを全部読む

『BASTARD!!』ファンがアニメ化以上に待ち望んでいる「たった1つのこと」

ビックリですよ。『BASTARD‼―暗黒の破壊神―』のアニメ化が発表されました。週刊少年ジャンプで「背徳の掟編」が連載していて、その絵の美しさに魅了されたのは私(中澤)が中学生の時なので、もう25年くらい前のこと

確かに、最近、過去のマンガ作品を掘り起こしてリメイクとかよく見ますが、まさか『BASTARD‼』が来るとは。引っ越した幼馴染への手紙に魔神コンロンを描いていた私としては胸アツです。

ただ、Twitterトレンドでバスタードという単語を見つけ、クリックした時、私は少し複雑な気持ちになりました。待ってるのはそれじゃないんだよ~

続きを全部読む

『進撃の巨人』『鬼滅の刃』だけじゃない! 2022年冬アニメで個人的オススメな新作7選を言いたい

バッチバチな2022年冬アニメ。いきなり飛ばしてる『進撃の巨人』と盛り上がってきた『鬼滅の刃』の激突はもちろん、『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』とか『プリンセスコネクト!Re:Dive Season 2』とか『最遊記RELOAD -ZEROIN-』とかビッグタイトルが目白押しだ。

ゆえに、クールが始まる前、新作の影が薄いような気がしていた私(中澤)。しかし、2~3話が放送された今、なんだかんだで次週が楽しみな新作が7個ある。中にはそんなに話題になっていないものもあるかと思うのだが、誰かに言いたいのでここに記す。2022年冬アニメで個人的に注目している新作7選がこれだー!

続きを全部読む

2021年アニメで全話見て良かったヤツ9選

年末年始のテレビがクソつまんねェェェエエエ! でも、遊びに行きたいとこもねェェェエエエ!! っていうか、友達いねェェェエエエ! 大型連休を満喫したいけどマジやることなさすぎて死ぬ。そんな人は私(中澤)以外にもきっといるはずだ。

そこで2021年を振り返って、最後まで見て良かったアニメをご紹介したい。「見た方が良い」とかいうつもりはないが、暇で死にそうな人は、少なくとも暇つぶしの参考にはなるのではないかと思う。

続きを全部読む

【ネタバレなし】『劇場版 呪術廻戦 0』を見た原作ファンの正直な感想 → ラスト30分だけで1900円の価値があった

本日2021年12月24日、『劇場版 呪術廻戦 0』がついに公開された。本作は「週刊少年ジャンプ」で連載中の漫画『呪術廻戦』の前日譚『呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校』を原作とした劇場版アニメだ。

原作ファンである私(あひるねこ)は当然初日に映画館に行ってきたぞ。場所は呪いの坩堝(るつぼ)、東京 新宿。思う存分 呪い合ってきたため、さっそくその感想をお伝えしたい!

続きを全部読む

【鬼滅の刃】「子どもにはグロテスクすぎる」という視聴者意見がBPOに寄せられ改めて議論に → 委員「配慮がうかがえた」

遊郭編が開始した『鬼滅の刃』。1話目の放送は、やはりと言うべきかTwitterで大きな話題となった。無限列車編のテレビバージョンを経ての新章ということで、これからますます盛り上がっていくに違いない。

一方で、2021年9月25日にフジテレビで21時から放送された『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』に対し、BPOへ抗議が入っていることは以前の記事でお伝えした通りだ。「改めて委員全員で視聴し議論する」としたBPO。会議の結果どうなったかと言うと……。

続きを全部読む

【衝撃】Amazonプライムで『キテレツ大百科』の “最終話” を見た直後に “第1話” を見たらヤバすぎた / 特に声優の声がヤバイ

見ましたよ。ええ、見ましたとも。今年5月、アマプラで懐かしのアニメ『キテレツ大百科』を発見した私(あひるねこ)は、第1話から最終話まで完全制覇することを決意。その後、少しずつ視聴を続け、先日ついに全331話を走破したのだ。いやー長かった。

気が遠くなるような膨大な量であったが、とは言え、いざ終わってしまうとやはり寂しいもの。ああ、またコロ助に会いたい……。いわゆる “コロロス” である。そこで最終話を見た直後、すぐさま第1話を見直すことにしたのだが……これが思った以上に衝撃の連続だったナリよ。

続きを全部読む

オッサン9人が「ツインテール出社」してみたらヤバイことになった / 11月22日はいいツインテールの日

ツインテールが好きだ。見た目の華やかさもさることながら、漂うイノセントな雰囲気は唯一無二! ぴょこぴょこ揺れる2本の尻尾は、アニメにおいてツンデレ元気っ娘の象徴と言えるだろう。ツインテールを見るだけで血潮がたぎる紳士は全国に3000万人くらいいるに違いない。

本日11月22日はそんなツインテールの記念日「いいツインテールの日」DA! ツインテール万歳! ツインテール無敵!! ツインテールが最高すぎるのでオッサン9人でツインテール出社してみた!!!

続きを全部読む

【BPO】「鬼滅の刃」 無限列車編、改めて議論へ / 劇場版のゴールデン放送に対する「子どもにはグロテスクすぎる」の声を受け

現在、フジテレビで絶賛放送中の「鬼滅の刃」 無限列車編。これは大ヒットした劇場版に新しいエピソードが追加されたテレビ用新バージョンだ。これが終わると、いよいよ2021年12月5日から新章「遊郭編」が開始となるわけだが……

そんな鬼滅の刃についてまたも批判的な声が。問題となっているのは、9月後半の鬼滅ゴールデン祭だ。劇場版のゴールデン枠での放送についてBPO(放送倫理・番組向上機構)に「子どもにはグロテスクすぎる」という視聴者意見が複数届いている模様。

続きを全部読む

イラスト1枚で配信者デビューできるアプリ「IRIAM」にどシンプルな立ち絵を渡してみた → 辛辣な一言を言われた気がした

絵を描く人の中には、自分の描いたキャラクターが動いているところを見てみたいという方も多いのではないだろうか。

ただ、絵を動かすというのは思った以上に大変なもの。専用のソフトは覚えることが多いし、かといってパラパラ漫画にするとしてもめちゃくちゃ時間がかかる。

絵なら1つのポーズを描けば作品として完成するけれど、アニメとなるとポーズとポーズの間の動きまで描かないといけないしな。

筆者は以前「漫画が描けるならアニメも描けるでしょ?」と言われたことがあるのだが、まっっっったく別のスキルです!!!!!と声を大にして言いたい。マジで。

しかし令和3年のこの時代、なんと1枚のイラストさえあれば簡単にキャラクターを動かせるアプリが存在していた!! これは革命なのでは……!?

続きを全部読む

【アニメの日】ここ1年のアニメをほぼ全て見ている私が選ぶ面白かったアニメ34選 / 2020年秋~2021年夏

本日10月22日はアニメの日。これは日本動画協会が2017年に制定したものだ。日本動画協会のサイトによると、日本初のカラー長編アニメーション映画『白蛇伝』の公開日である1958年10月22日にちなんでのものであるという。

昨年2020年の今日、ここ10年のアニメについて個人的に心に残っている作品をまとめさせてもらったが、あれから1年、アニメ史も更新されている。そこで今年もここ1年のアニメをほぼ全て見た私(中澤)が2020年秋アニメ~2021年夏アニメで心に残っている作品をまとめたい

続きを全部読む

【鬼滅の刃】「暴力的でグロテスクな画が多くて大変不快」という視聴者意見がBPOに寄せられる → 委員の見解がこちら

空前のヒットを記録した劇場版「鬼滅の刃」無限列車編。2021年9月25日のテレビ初放送の際には、アニメ1期の特別編集版が5夜連続放送されるなど、まさしく別格の扱いであった。

Twitterでもトレンドを独占したフジテレビの鬼滅祭り。しかし、話題になる一方で、BPO(放送倫理・番組向上機構)には批判の声が届いているようだ

続きを全部読む

全然知られてないけど見た人の63%がAmazonレビュー満点のアニメ『京騒戯画』が名作 / 9月30日で見放題終了だから急げー!

ふと気づけば24年くらい深夜アニメを見ている。私(中澤)が子供の頃に比べるとアニメのクオリティーはもの凄く上がっていると思う。私のように大人でも見続ける人が増えたからかもしれない。その畑を作った当時のアニメは偉大だ。

さて置き、言わば今は雨後の筍、アニメ戦国時代。名作なんだけど、いまいち時代にマッチせず存在感が残せない作品もある。そんな作品の中で心に深く突き刺さっているのが『京騒戯画』だ

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 20