「Netflix」の記事まとめ

海外ネットで話題の日本映画『Once Upon a Crime』を見てみた!「ディズニーよりずっと良い実写化」とまで言われているその正体

実写版『ONE PIECE』が話題になっているNETFLIX。あれは言うまでもなく、日本のマンガをハリウッドが実写化したものだが、実は現在、完全に日本製作の実写映画が海外ネットで話題になっている

2023年9月11日から17日のNETFLIXのグローバル映画ランキング(Non-English)で1位になったその作品の名は『Once Upon a Crime』だ。海外の視聴者からは「ディズニーよりずっと良い実写化」という声すら見受けられる。

続きを全部読む

海外ネットで話題のNetflixティザー映像にむせび泣いた!「あのゲーム」が11月にアニメ化!!

2023年9月20日に公開されたNetflixのティザー映像が海外ネットで話題になっている。それは11月2日に配信されるアニメ作品を告知したもの

ゲームのアニメ化だという本作。動画には「私の子共時代の最高の部分の1つ」「これを機に復活してほしい。それだけの価値がある」「再び会うとは思っていなかった」という英語コメントが並ぶ。そんなに有名なゲームなのだろうか? と思いきや、こ、これは……!

続きを全部読む

四十路のオッサンが初めて『池袋ウエストゲートパーク』を見たらやはりあの人に惚れてしまいました

今さらながら『池袋ウエストゲートパーク』にハマってしまった。どれほどハマったかと言うと、着信音を主人公のマコトと同じ『Born to Be Wild』に設定したレベル。いつもマナーモードにしているから出番がなかなかないが、単音の着メロは意外と渋いし気に入った。

ドラマが放送されたのは2000年4月14日から6月23日。19歳当時の私が本作を見ていたら、同じように着メロを設定していただろう。同い年の妻夫木聡さんや高橋一生さんがやはり若く見える。放送当時の渡辺謙さんの年齢になった今、はじめて本作を視聴したらこうなった。

続きを全部読む

両国駅に行ったら、クソデカい力士がホームに寝そべっててビビった!

両国といえば国技館である。そう、相撲の聖地だ。その両国駅のホームにデカい力士が寝そべっているという噂を聞きつけた。いやいや、いくら両国といえどもホームに力士が寝そべってるわけがないでしょ。

そう思いながら、噂の真相をたしかめるために、JR両国駅に行ってみたら……、マジだった! デカすぎだろ!!

続きを全部読む

ロケットニュース24記者おすすめの『連休中に観るべき映像作品』10選

この大型連休に、みなさんは何をする予定だろうか? 特に何の計画もなく、家でゴロゴロ過ごすつもりの人も少なくないだろう。

そんな人たちのために、ロケットニュース24の11人がおすすめの「連休中に見るべき映像作品」を選んでみた。様々なジャンルからピックアップしたので、あなた好みの作品がきっとあるはずだ。さらにどれも動画配信サービスで視聴できる作品なので、おうちで観られて手軽さもグッド。さあ、あなたはどの作品を観る?

続きを全部読む

【実写化クイズ】Netflix『ワンピース』のキャストからキャラを当てられるか? この人が演じるアニメキャラは誰でしょう

イメージと違う! これはアニメ実写化のキャスティングにおいてよく言われる批判ではあるが、本当にイメージと違うのだろうか?

私(中澤)は、アニメのキャラのイメージが凝り固まりすぎてその判断すらできないというのが正直なところ。逆に言うと、俳優のイメージからどのキャラか分かれば、イメージに合っていると言えるのではないだろうか。

そこでクイズである。Netflix『ONE PIECE(ワンピース)』のキャスト、この人が演じるアニメキャラは誰でしょうか?

続きを全部読む

【Netflix】M-1グランプリ2021を8カ月越しに見てみた結果 → リアルタイム以上に「祭り」を感じた

見ようと思ってたのに見逃した2021年の『M-1グランプリ』。まあ、NetflixにM-1のチャンネルもあるし、配信されたら見たらいいかー。せいぜい、2~3カ月後だろう。

……と思っていたら、配信開始になったのは2022年7月8日だった。まさかこんなに配信が遅いとは。NetflixでM-1を待ったことがなかったので知らんかった。

ちなみに、錦鯉が優勝したことは知ってる。テレビも見てないというのにM-1の影響力恐るべし。そのため、さらに1カ月寝かせてしまったわけだが、今完全に冷静な頭で2021年のM-1を見てみたらどう感じるのだろうか

続きを全部読む

眠りのための動画・Netflix 「ヘッドスペースの睡眠ガイド」がいい…! ヤクルト1000がないならこれを観ればいいじゃない

「睡眠の質の向上」をうたった「ヤクルト1000」が大ヒット中だ。もはやどこに行っても売り切れで、ついにはヤクルトレディから買うことすらできなくなった。2022年最大のヒット商品と言っても過言ではないだろう。

ドラッグストアに行けば、安眠系のサプリがたくさん並んでいるし、この世には睡眠で悩む人が多いことを実感させられる。ロケットニュース24編集長のGO羽鳥も睡眠障害に悩んでいる1人だ。

健康系の本なんかにもしょっちゅう「睡眠の質が大事」と書かれている。とはいえ、どうしたって眠れない夜はある。そんなときにオススメの動画がNetflix にあるのをご存知だろうか?

続きを全部読む

【アニメ】あまり期待していなかったNetflix『スプリガン』が最高すぎた / 原作ファンが唸った3つのポイント

「なぜ今?」と思った方がきっと大多数だろう。それだけ『スプリガン』の再アニメ化は予想外の事件だった。なんせ原作漫画が連載されたのは1989年から96年の間。その後、大友克洋氏が総監修を務めた劇場版が公開されたのが98年だ。もはや一昔前の作品と言っていい。

リアルタイムではないものの、中学生の頃から熱心に原作を愛してきた私(あひるねこ)でさえ、今回のアニメ化には懐疑的だった。ところが……。約30年の時を経てよみがえったNetflixシリーズ『スプリガン』は、私が想像していた以上に『スプリガン』そのものだったのである。

続きを全部読む

提供:KDDI

白熱した「復讐劇の最高峰」vs「全世界熱狂のサバイバル」や「地上最強の高校生」vs「全人類の父」の結果はこうなった! #auネトフリ論争

2021年12月13日から開催された「#auネトフリ論争」のバトルが想像を絶するほど激しかった。なんせ第1弾のテーマは “ドキドキハラハラを味わいたい時に見るべき作品” で、対決したのは『梨泰院クラス』と『イカゲーム』……そんなもん悩むに決まってるだろ。

まさに「究極の2択」ってことで、論争の舞台となったTwitter上は火花バチバチ! というよりも、それぞれの作品に対する愛があふれまくっていたわけだが……ついに全バトルの結果が発表されたもよう。そこで今回は、他の対戦結果も併せて紹介したい。どの戦いも熱かった!

続きを全部読む

映画「浅草キッド」が最高すぎたのでフランス座で4時間演芸を見続けた結果 → ずっと変わらないものがそこにあった

皆さん、Netfilxの『浅草キッド』は見ただろうか? ビートたけしの下積み時代を描いた本作。私(中澤)は正直泣いてしまった。顔は違うのに本人に見えてくる柳楽優弥の演技もさることながら、飄々としつつも芯を感じさせる大泉洋の深見千三郎など、良いところをあげるとキリがないんだけど、何よりラストシーンである

原作は自伝エッセイなので深見千三郎の死亡をたけしが知ったところで物語が終わる。言うならば結構暗いのだが映画は暗いまま終わらない。そこに脚本・監督の劇団ひとりの想いを感じたのだ。そんな『浅草キッド』の世界感を肌で感じるのにうってつけの場所がある。フランス座だ。

続きを全部読む

提供:KDDI

【究極過ぎ】「#auネトフリ論争」の第1弾『梨泰院クラス』vs『イカゲーム』に参加すべし! ドキドキハラハラを味わえる作品はどっち?

2021年12月13日より「#auネトフリ論争」が始まっている。詳しい話は後述するとして、こちらNetflixユーザーはもちろん、興味はあるけどまだ登録前のみなさんも注目せざるを得ない大・大・大イベントだ! なんせ第1弾のテーマは、ドキドキハラハラを味わいたい時に見るべき作品。あなたはズバリ……

復讐劇の最高峰『梨泰院クラス』と全世界熱狂のサバイバル『イカゲーム』……どちらの作品を選ぶだろうか。究極の2択である。auは他にもネトフリにまつわる論争をTwitterで順次展開していくという。ネトフリユーザーはもちろん、登録を検討している方も楽しめる内容となっているので紹介するぞ!

続きを全部読む

【考察】実写版「カウボーイビバップ」のキャラが “原作と別人” に感じるのはなぜなのか?

2021年11月19日の配信以来、波紋を広げているNetflixの実写版『カウボーイビバップ』。原作を見ていないファンからは「楽しめた」という声が聞こえる一方で、原作ファンの評価として「キャラが別人になっている」という声も多い。っていうか、私(中澤)も以前の記事で書いたけど

キャラ設定自体が変わっているビシャス、ジュリア、ジェットはまだ分かる。しかし、設定がほぼ変わってないキャラもなんか別人に感じる。こんなこと言わんでしょみたいな。一体なぜこうなった

続きを全部読む

【海外の反応】実写版『カウボーイビバップ』について「キャラの理解が浅い」と書いたら外国人からのコメントが殺到 → 翻訳してみた結果

90年代日本が生んだ伝説的ハードボイルドアクションSFアニメ『カウボーイビバップ』。本作が23年の時を経て、ハリウッドで実写化されたことはご存じの方も多いだろう。

2021年11月19日、Netflixで配信開始されたわけだが、23年来のファンである私(中澤)としてはどうしても気になる点があった。キャラの理解が浅いのである。と、ひと言で片付けたら語弊がいっぱいあるので詳細は以前の記事でご確認いただくとして……

この記事に外国人からのコメントが殺到している。え、炎上

続きを全部読む

Netflixの実写版『カウボーイビバップ』でどうしても気になってしまう点 / ビジュアル以上に重要なカギを実写版の「できてなさ」から学んだ

ついに公開されたNetflixの実写版『カウボーイビバップ』。私(中澤)は最初の打ち切り放送時からのファンなので23年来ということになる。全話見たすぎて、高校生には高価だったアニメVHSを買ったのは良い思い出。マジで高かったなあ。

ゆえに、Netflix実写化も楽しみにしていた。アニメの実写化が好きなわけではないが、『カウボーイビバップ』は別に化物的なヤツが出てくる話ではない。あくまで舞台がSFなだけでやってることは日常系なのでハリウッドなら意外となんとかなるのではないか? そう思ったのである。

──しかし、フタを開けてみたら、どうしても気になってしまう点があった

続きを全部読む

【イカゲーム検証】「綱引きで勝つ極意」は本当なのか試してみた → あまりにも予想外な結末に泣いた

勝てば天国、負ければ即死……Netflixオリジナルの韓国ドラマ『イカゲーム』が世界中で大ヒット。借金まみれの人々が巨額の賞金をめぐって “危険なゲーム” に参加するといった内容だ。ゲーム種目は「だるまさんが転んだ」や「綱引き」など、単なる子供の遊びなのだが……

生死がかかっていると緊張感がハンパではない。今回は第4話にて、おじいちゃん(イルナム)がチームの仲間に伝えた「綱引きで勝つ極意」を編集部で試してみることに。あの方法はガチで強かったのか……以下、記事の内容にネタバレを含むのでご注意を。

続きを全部読む

AIが作った初のホラー映画を無理やり日本語訳してみた結果 → ヒロインがヤバすぎる……!

日々進化を続けているAI。10年後、単純作業系の仕事は全てAIに奪われるという説もある。しかし、この度AIが成し遂げたことは全く単純作業ではない。

なんと、ホラー映画を書いたというのだ。もはやクリエイターもうかうかしていられない。AIの進化はここまで来た! そんな現在地が分かる動画『The First Horror Movie Written Entirely By Bots』をNetflixが公開している。

続きを全部読む

【難問】ニューヨークで停電が起きた翌日からヒップホップが大流行します。なぜでしょうか?

突然だが、あなたは停電に見舞われたらどうするだろうか? 私(中澤)は、ローソクに火をつけて、電気が復旧するまでジッと待つ。ちょっとした不安を感じながら復旧を待つのが関の山だ。

さて、ここで問題です。1977年のニューヨーク・ブロンクスでも停電が起きたのですが、その翌日からヒップホップが大流行します。なぜでしょうか? ヒントは現代日本の常識で考えるな

続きを全部読む

【実録】Netflixのアカウントが乗っ取られてペルーで勝手に使われてた話

信じられないことが判明した。ひとつは私のバカさ加減。もうひとつは、知らず知らずのうちにNetflixのアカウントが乗っ取られていたという事実である。サブスクの盲点。何が起きたのか、簡潔にまとめておきたい。

まず今の私の状況を説明したい。新たにクレジットカードを作ったので、登録クレカ情報の変更や、いろいろと利用しているサブスク系のサービスを見直し → 不要なら解約などをしていた。そんな時に判明したのが、

続きを全部読む

【Netflix】アメリカ人男性が揚げ物を食べるだけの番組『サクッと揚げたて! フライ天国』が最高にイカしてる! アメリカに生まれなかったことを後悔するレベル

Netflix(ネットフリックス)で独占配信中の『サクッと揚げたて! フライ天国』が最高にイカしている。番組の全貌はこうだ。大柄なアメリカ人男性デイム・ドロップスが全米各地でファストフードを食べまくる……ただそれだけ。フリーダムにも程があるな。

かといって『フライ天国』は俗に言う「飯テロ」といった類のものとは少し違う。なぜなら息をもつかせぬジャンクフードの連発に、中年の私などは見ているだけで「ウップス……」となる場面も多数。空腹時にコレを見たら、逆に食欲が失せる気すらする。

にもかかわらず最終的に私は「アメリカ人に生まれたかった」と悔しみの涙を流したのだから、デイムの食レポは相当魅力的ということだ。ここでは『フライ天国』がいかにグルメ番組の常識を無視しているかについて「サクッと」ご紹介したい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4