「知識」カテゴリーの記事

絶対にジャンケンに負けないロボットが話題

「ジャンケンで勝ったことがない」という人は多いのではないでしょうか? ジャンケンが上手な人は、相手の手の動きを瞬時に読み取って自分が出す手を決めているそうです。

サッと手を出すのが苦手な女の子も多いらしく、なかには「女の子が相手だとわざと負けてくれる」という紳士的な男性もいるようですよ。

けっこう奥が深いジャンケンの世界ですが、どんな相手にも百戦錬磨のジャンケンロボットが存在するのをご存知ですか? このロボットは最強レベルの強さらしく、どんなにジャンケンが得意な人でもかなわないらしいです。

続きを全部読む

人間はやはり魚から進化していた!? 人の顔が胎内で形成されていく映像が公開される

あなたがどんな気持ちなのか、あなたがどこの国の人なのか、そしてあなたが誰なのか教えてくれる「顔」。そんな重要な役割を持つ人間の顔が、胎内でどう形成されているのかを示す映像が公開され、現在話題を呼んでいる。

映像を公開したのはイギリスの公共放送局「BBC」。彼らは高画質のスキャン技術を使い、人間の胚が誕生4週間から10週間の間にどう顔を形成していくのかを映像化した。

続きを全部読む

オッサレーな靴ヒモの結び方いろいろ♪ 個性的なクツに大変身!

制服やカバンが指定される学校に通う学生諸君は、何から何まで他人と同じものを持たせられることに少々うんざりしているのではないだろうか。しかしながら、たとえ厳しい校則で自由なスタイルを楽しめなくても、靴ヒモだけは唯一無法地帯と言っても良い。そう、靴の結び方ひとつで、とやかく言ってくる先生は少ないはずだ。

続きを全部読む

人生の数式「愛=好き×好き」など

「愛」や「失望」という言葉を一言で説明するのは、とても難しい。それらの意味を、わかりやすく表現した図式がネット上で注目を集めている。それによると、「愛」は「好き」に「好き」を掛け合わせた感情とのことだ。

続きを全部読む

ココナッツミルクで作った緑色のジャムがめちゃくちゃ美味しい件

ココナッツミルクと卵、砂糖で作る「カヤジャム」をご存知でしょうか? カヤジャムとは、ココナッツミルク(カヤ)で作ったジャムのことで、シンガポールやマレーシアなど東南アジアの地域で広く親しまれています。現地のコーヒーショップ(喫茶店)では、トーストしたパンにカヤジャムとバターをサンドしたものと甘いコーヒー、そして半熟卵のセットが朝食の定番メニューとなっています。

続きを全部読む

【ホンマでっか!? TV】「聞き分けの悪い子」の方が将来成功するってホント!?

あなたは、小さい頃「聞き分けの良い子」でしたか? それとも「聞き分けの悪い子」でしたか? 環境評論家・武田邦彦先生によると、「聞き分けの良い子」が大人になって成功する確率は24%、「聞き分けの悪い子」が成功する確率は85%で、子供の頃、聞き分けが悪い子のほうが将来大成するという結果が出ているそうです。

続きを全部読む

 福島県の原発事故から派生した風評被害が問題になっています。連日ニュースでもやれ、水が牛乳がほうれん草が、放射能基準値がどうとかそんな話題ばかりなので、国民がナーバスになるのも仕方が無いかと思いますが、やっぱり悲しい風評被害。

 事故現場近くから非難した児童が、転校先の小学校で「放射能が伝染る」と言われたことは、ニュースでも大きく取り上げられ、風評被害の残酷さを物語ました。ここまで、心の痛い出来事でなくても、メディアに取り上げられない小さな風評被害? とハテナマークをつけてしまうような、出来事が巷には、ちらほらあります。今回はそんな小さな風評被害を紹介します。

続きを全部読む

ヨーグルトがないならヨーグルトを作ればいい

「そんなの常識でしょ?」という方もいるかもしれませんが、ヨーグルトは特別なキッチン用品や材料がなくても簡単に作れるんです。スーパーやコンビニではヨーグルトが売り切れてて買えない人がいるようですが、このワザを応用すれば誰でも簡単にヨーグルトを作れるのです。

続きを全部読む

日本語とドイツ語の「あっそう」と「ナヌー!?」は同じ意味と発音

不思議なこともあるもので、外国語なのに日本語と同じ発音と意味を持つ言葉がいくつか存在します。その代表たる言語といえば、ゲルマン民族が多く使用しているドイツ語です。

ドイツ語と日本語の話で特に有名なのがこれです。日本語の「あっそう」は、ドイツ語の「アッソウ」と同じ意味と発音をしているのです。どちらも「へぇー、そうなんだ」という意味なのです。ちなみにスペルは「Ach so」で、聞こえは確かに「アッソウ」となります。

続きを全部読む

ゴールデンウイーク真っただ中、旅行を楽しんでいる人も多いのではないだろうか? くれぐれも宿泊先のホテルや旅館からタオルを持ち帰ってはいけない。つい間違えて持ち帰ってしまうこともあるかもしれないが、今後はチェックアウトのときに、フロントで足止めを食らうことになりそうだ。

というのも、アメリカのとある企業が画期的なタオルを開発したのだ。そのタオルとは、個体識別のできるICタグが内蔵されたもの。旅行カバンにうっかり入れてしまうと、フロントで「お客さま、タオルはお持ち帰りにならないでください」と言われることになる。

続きを全部読む

『消臭力』と『ミキハウス』のCMが酷似してる? インターネット上で話題に

美少年がヨーロッパの街を背景に「ララララ~♪ しょ~しゅ~り~き~♪」と歌うCMは、日本中の人たちに癒やしと笑いを与えて好評を得ています。美しい歌声と消臭剤!? あまりにもイメージが違うため「まさか『消臭力』のCMだとは思わなかった」という人が多いようです。

そんな『消臭力』のCMですが、実はインターネット上で「なんか『ミキハウス』の昔のCMに似てる気がする」といわれているのです。似ているといわれている『ミキハウス』のCMが動画共有サイトYouTubeに掲載されており、実際に見てみたのですが確かにシチュエーションやカメラワークがそっくりです。

続きを全部読む

なめこで離婚の危機! / なめこは洗う? それともそのまま使うのが正解? メーカーに聞いてみた!

みなさんは料理で「なめこ」を使うとき、水洗いしますか? それともそのまま使いますか?

実は先日、なめこが原因で主人と大げんか、離婚の危機にまで至りました。ことの発端は、私がみそ汁用になめこを水洗いしていた時。それを見た主人が「なんで洗うんだ! ぬめりが取れちゃうだろうが! ぬめりが重要ッ……ぬめりに栄養が入ってるんだろうが……なめこイコールぬめりだろうがぁっ!」と烈火のごとくブチギレたのです。

続きを全部読む

断食期間中に太る人続出のワケ…マレーシアで断食を体験してみた

ヒンズー教や仏教、ユダヤ教などには断食の教えは存在するものの、宗教により断食の期間も条件もさまざまだ。例えばイスラム教の断食「ラマダーン」期間中の約1カ月間は、日中の飲食は許されない(ただし、小さな子どもや生理中の女性、妊婦、病人など一部の人々に対しては例外が認められている)。我々からすれば過酷に思えるが、イスラム教徒の友人はみな口を揃えて「慣れてしまえばたいしたことはない」と言う。本当にそうかぁ……? イスラム教国マレーシアで断食を体験してみることにした。

続きを全部読む

【震災】水没したり泥まみれになった思い出の写真を蘇らせる方法

東日本大震災で、思い出の写真が水に浸かったり、泥まみれになってしまったという方、少なくないのではないでしょうか。特に、今回のように海水や泥水、油が混じった津波に水没してしまった場合、もう復元させることはできないと諦めている方が多いかもしれませんが、実は蘇らせる方法があります。

続きを全部読む

NASAが開発中の個人用電動飛行機「Puffin」

ライト兄弟が有人動力飛行に成功し、人類が飛行機で空を飛ぶようになってから100年以上が経過した。空への憧れを手にしたものの、自分が所有する飛行機で空を飛ぶことを夢見たことはないだろうか?

そんな夢が現実に一歩近づく飛行機こそが、個人用電動飛行機「Puffin(ツノメドリ)」である。考案したのはNASAの航空宇宙学の技術者であるマーク・ムーア氏だ。

続きを全部読む

究極にウマイ豆腐を作ってみよう

冷奴や湯豆腐などの豆腐料理から、みそ汁や鍋料理の具としても欠かせない豆腐。今から2000年以上も前の現・中国で誕生したとされ、日本でも古くから食べられている歴史ある食品です。江戸時代には100種類以上に及ぶ豆腐料理のレシピを収めた「豆腐百珍」と呼ばれる豆腐料理の専門書が刊行されるほど、豆腐は日本人に馴染み深い食材です。

続きを全部読む

驚愕! 学校の管楽器はあなたが思うより汚い

学校の数ある文化系クラブ活動の中でも華があるのが吹奏楽部。学校によってはブラスバンド部なんて名前がついているところもあるようで、学生の頃の経験からプロを目指す人も少なくないだろう。

だが、そんな夢を持つ方々をゾッとさせるようなある調査結果が発表された。木管楽器(フルート、クラリネット等)や金管楽器(トランペット、トロンボーン等)には、細菌が潜んでいるという。もちろん、それだけなら容易に想像できそうなことだが、実際はあなたが思っていたよりも酷いかもしれない。

続きを全部読む

結婚したら妻がオナラをするようになった

「恋人」だった時はオナラなんてしなかったのに、結婚したとたんにオナラを解禁してしまう人たちは意外と多い。ご主人、つまり男性ならば、まだ分かる。しかし奥様、すなわち女性がオナラをするとは信じがたい。

世田谷区在住の主婦(35)がママトモ軍団10人とランチ中、そんな話題になったそうだ。すると、驚きの証言が次々と飛び出したのだという。

続きを全部読む

人類が未知の領域へと踏み入れる! 「3人」の親を持つ子どもがあと少しで誕生するらしい

誰しも生まれてきた以上、自分を作り出した2人の親を持つ。しかしこれからは、「3人」の親を持つ子どもが誕生してくるかもしれない。言い換えるなら、3人の遺伝子を使って子どもを生む技術が開発されているということ。

では、なぜこのような技術が開発されているのだろうか? それを知るには、まずミトコンドリアDNAについて理解する必要がある。

続きを全部読む

UGG(アグ)ブーツに意外な歴史あり! ちなみに語源は「ダサいブーツ」でした

最近は街で見かけることが少なくなってしまった、UGG(アグ)ブーツ。ずんぐりむっくりとしたフォルムが、なんだかコロボックルみたいな雰囲気で可愛らしく、しかも冬場は暖かく夏場は涼しい(?)ということで、女の子の間で大人気でした。

あんなにも独特の雰囲気を醸し出していたUGGブーツって、いったいなんだったんでしょう。そこで、ちょっと意外なUGGブーツの歴史を調べてみました。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 610
  4. 611
  5. 612
  6. 613
  7. 614
  8. 615
  9. 616
  10. ...
  11. 625