「知識」カテゴリーの記事

一撃必殺の護身術「睾丸つかみ」のレクチャー動画がすごい

夏本番。と同時に、あまり考えたくはないが「痴漢本番」の季節、それが夏だ。露出度の高いセクシーな洋服は、理性の外れた不審者のハートを強く刺激し、結果として彼らは痴漢行為に手を染める。まったく許されざる行為である。

もしお尻を触られたり、後ろから抱きつかれたりした場合、女性は何をすれば良いのだろうか? もちろん「きゃーっ、変態!」と叫ぶのは基本であるが、もしも心に余裕と勇気があるならば、今回ご紹介する護身術をぜひとも試していただきたい。

技の名前は「THE SEIZE TESTICLES」、直訳すると「睾丸つかみ」だ。前後左右、どの方向からも対応できる、一撃必殺の護身術である。

続きを全部読む

ロシアで「食品」だったビールがいよいよアルコール飲料に

2011年2月、ロシア連邦議会下院はビールをアルコール飲料として認める法律を可決した。これまでロシアでは、アルコール10パーセント未満のものは食料品に分類されていたのだ。このほどメドベージェフ大統領が、法案に署名したことにより、いよいよビール=アルコールに向けた動きが本格化しそうだ。

続きを全部読む

7月21日は丑の日、安い鰻丼は絶対に食うべきではない!

7月21日、今日は「土用丑の日」だ。鰻を食べるにはもっとも良いとされる日である。実はこの風習、平賀源内が発案したとされる説がある。源内は商売がうまく行かない鰻屋の相談を受け、丑の日に「う」の付くものを食べると夏負けしないという言い伝えを広め、鰻屋の繁盛につながったのだとか。

このほかにも起源については諸説あるのだが、鰻はビタミンが豊富で滋養強壮には効果がある。夏を乗り切るのには打ってつけだ。しかし、安物の鰻を食べてはいけない。年に1~2度と思えば、高価な鰻を食しておくべきだろう。なんと言っても、高価な鰻は味が違うのだ。

続きを全部読む

大きなフォークを使うと、食べる量が少なくなる可能性がある

アメリカの研究者が、食事について非常に興味深い調査内容を発表を行っている。それによると、食事のときに一口で食べる量が、1回の食事の量に大きく影響を与えているようだ。彼らはレストランで、2種類のフォークを用意して、客の食べる量を計測した。その結果、大きなフォークを使った場合に、全体の量が少なくなる傾向にあるようだ。

続きを全部読む

ふだんはプロレスの「プ」の字も言わないくせに、実は内心プロレスが好きな「隠れプロレスファン」は、意外と多いと言われています。そのような人は、相手が「間違いなくプロレスファンである」と確認できないと、なかなか本性をあらわしません。

まったくそんな素振りは見せていなかったのに、実はダンナがプロレスファン。実は彼氏がプロレスファン。実は気になるあの人がプロレスファン……である可能性はゼロとは言えません。ということで今回は、プロレスファンかどうかを確かめる質問を99個用意しました。当てはまった項目を数えながら読み進めてください。

続きを全部読む

ビル・ゲイツがトイレ革命を行おうとしている!

マイクロソフトの創設者であるビル・ゲイツ氏は世界きっての慈善家としても有名だ。「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」の会長として、アメリカ成功者の慣習にのっとり、積極的に慈善活動を行っている。そんなゲイツ氏が今、「「トイレ」に着目していることが判明した。

財団の潤沢な資金に加え、ドイツからの支援金1千万ドル(約8億円)を投入し、彼は今、トイレに革命を起こそうとしているのだ!

続きを全部読む

海へ行くなら、その土地に詳しい人と友だちになろう / 誰も知らない穴場を知ってるはず

もうすぐ夏休み! 今から旅行の計画を立てたり、海や山に出かける予定を組んでいる人もいるだろう。不慣れな土地に行くのなら、その土地の情報に明るい人と仲良くなっておいた方がいい。特に海に行く場合には、予定している海岸や浜のことを良く知っている人と仲良くしておくべきだ。

なぜなら、海に詳しい人は、自分だけしか知らないという最高のスポットを1つや2つ心得ている。その人がこっそり訪れるという、隠れ家的な場所に連れてってもらおう。

続きを全部読む

震災後の夏休み…子供の外出に不安! 対策していない約6割も! 防犯・防災上に適した携帯キャリアとは?

大震災のあと、それまでごく当たり前だった便利な生活基盤が完全にストップし、多くの日本人が混乱の渦中に立たされました。あのとき、家族や知人の安否を確かめようにもできず、誰もが不安な時間を過ごしたことでしょう。

いつやってくるともわからない大地震。特に小さい子供を持つ親は、子供を外出させることに不安を感じているようですが、肝心の対策は手付かずのままだということが判明しました。

続きを全部読む

キムチキムチキムチキムチ! 大阪鶴橋商店街のキムチストリートがキムチ!

右を向いてもキムチ、左を向いてもキムチ、前を向いても後ろを向いても、とにかくキムチで埋め尽くされている通りが、大阪にあるのをご存知だろうか? その通りとは、大阪市東成区にある「鶴橋商店街振興組合」のとある1本の通りだ。近鉄大阪線の高架橋の下に、軒を連ねるお店にはキムチが所狭しと並べられているのである。

続きを全部読む

アコースティックギターの中からiPhone4で撮影したギターの弦が波打ちまくりでスゴすぎる!

アコースティック・ギターといえば、楽器本体に丸い穴が空いているギターである。弦を弾くと本体内の空洞で共鳴し、ギターならではの音が響くという仕組みだ。

そんなアコースティックギターの空洞内に、iPhone4を入れてビデオ撮影した動画が話題になっている。

続きを全部読む

台湾ではお葬式にストリッパーが登場し、妖艶にポールダンスを踊る

最近アメリカの文化人類学者が制作した、台湾に関してのドキュメンタリー映画が話題を呼んでいる。その作品のタイトルは『ダンシング・フォー・ザ・デッド:台湾の葬式ストリッパー』。まるでB級ホラー映画のようなのだが、実はこれは真面目なドキュメンタリーである。

台湾では、都市部では廃れたものの、田舎では葬式にストリッパーを呼び、弔問客と祭壇を前にしてダンスを踊るという習わしがある。しかもただ踊るだけではなく、全裸になるそうだ。他の宗教国家であれば、不謹慎であるように思われるのだが、これにはいくつかの理由があった。

続きを全部読む

タイ女子大生のパッツンパッツン制服を日本人女性に着せてみた! 「軽くて涼しい」「肥満防止」など驚愕の実力

ハンパなく暑い今年の夏。この暑さを乗り切るには、涼しい洋服を着るのが手っ取り早く、参考になるのは暑い国の服である。アフリカや南国の島々、暑い国は山ほどあるが、身近な熱帯国といえば東南アジアのタイである。

ということで今回は、タイの女子大生が着用しているピッチピチのパッツンパッツン制服を本誌女性記者に着用させ、その使用感などを徹底レビューしてもらったぞ!

続きを全部読む

人は時に本心とは裏腹にものを言う。複雑な人間社会を生き抜くために必要な処世術だが、この行為は一方で思わぬ落とし穴にもなる。人間関係において誤解や混乱を招くもとにもなるし、ひどくすればうっかり騙されてしまうことだってありえるのだ。

人の隠れた本音を見抜く能力を身につけられたら社会生活はいったいどれほどスムーズになるだろう。「人の本音を見抜くメガネ」がこの世にあれば……あるのである!

続きを全部読む

太陽電池技術にさらなる未来到来か? 印刷できるソーラーパネル誕生

自然エネルギーの技術開発が世界中で進むなか、またひとつ有望な技術がお目見えしそうだ。その技術とは、印刷できるソーラーパネルである。従来の太陽光発電は、パネルの製造コストが高く、普及にも時間がかかるとの指摘があった。

今回発表された技術が実用化すれば、コストは飛躍的に抑えられるものと期待が高まっている。

続きを全部読む

私の名前は褌シメタロウ。日夜日常の些細な出来事について、深く思いを巡らし、実働時間を無視して記事を書いているライターである。あなたはうんこを漏らしたことがあるだろうか? 胸に手を当てて考えてみて欲しい。赤ちゃんのときは別にして、人は誰しも1~2度くらいはうんこを漏らしたことがあるはずだ。

しかしながら、そのことを自らの傷として恥じるか、それとも人の痛みが分かると理解するかでは、大きな違いとなる。恋愛においても同じ痛み、同じ恥を共有し、許し合うことはきっと大切なはずだ。今日は、自称おっぱい上級者を名乗るS氏の、感動的な恋愛説教についてご紹介しよう。

続きを全部読む

目の錯覚で人の顔がバケモノに見えてくる動画が話題

目の錯覚を利用した絵画や動画は山ほどあるが、これまでにない斬新な目の錯覚動画が話題となっている。なんと、普通の人の顔がバケモノに見えてくるのである。

YouTubeにアップされた動画のタイトルは「Shocking illusion – Pretty girls turn ugly!」。画面には2人の人の顔が表示されており、パッパッと一瞬、次から次へと違う人の顔が表示される。そして2人の中心には「+」のマークが。この+マークをじっと見ながら動画を再生すると……!!

続きを全部読む

お~い! アンケートに答えるとLADY GAGAやGReeeeNの最新楽曲がタダでもらえるぞ~

ご存知だろうか? 6月2日より公開されているソニー「ウォークマン」のキャンペーンサイトで、アンケートに答えるだけで抽選で、楽曲を1曲無料(上限210円分)でダウンロードできるぞ。合計3000曲に達した時点で、抽選は終了だ、急げ!

続きを全部読む

栓抜きレスでモテ男に変身! 合コンでは瓶ビールやボトルワインを栓抜きなしで開けろ!

栓抜きどこいったーっ! などと瓶ビール片手にアタフタする必要はもうない。そもそも栓を抜くのに専用道具は必要ないのだ。

栓抜きなしでビール瓶やボトルワインを開ける方法はいくつもある。大方の仕組みは同じだが、世界の「栓抜きレス」たちは思い思いの道具を使って、見事にスポーンッと気持ち良く開けることができるのだ。上級者になると、もはやなんの道具も必要なくなる。仙人のような境地になれるはずだ、すごいだろう。

さらに、栓抜きレスのメリットはこれだけじゃないぞ! なんと、飲み会などでやれば、かなりモテモテになること間違いない。この前も飲み会に行くとライターでビール瓶をこじ開けている男がいたが、成功すると周りの女どもは黄色い声を上げてどよめいていた。まるで、人助けをしたスーパーマンでも拝んでいるようなドヨメキようだ。

それでは、モテ栓抜きレスのための開け方をご紹介しよう。ぜひ、参考にしてくれ。

続きを全部読む

市販のものとは全く違う美味しさ! 基本のイカ塩辛の作り方

お酒のおつまみにも、おかずにも使える万能選手『イカの塩辛』。

居酒屋でも人気メニューであり、スーパーでも置いていない店はまず無い程の定番商品だが、料理好きな人でない限り自分で作ることはあまり無いのではないだろうか。

しかし、今まで塩辛を作ったことが無い人・スーパーの塩辛しか食べたことが無い人は『本当の塩辛の旨さ』を知らないため、非常にもったいない。塩とイカさえあれば簡単に塩辛は出来るため、是非自作についても試してみてほしい。

プロは肝と身に塩をしてザルに1日置くなどのちょっとこだわった方法をするのだが、そこまでしなくても十分旨い塩辛は作れる。今回は一人暮らしの男性でも作れる、基本的な塩辛の作り方をお教えしよう。レシピは以下のとおり。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 608
  4. 609
  5. 610
  6. 611
  7. 612
  8. 613
  9. 614
  10. ...
  11. 628