「知識」カテゴリーの記事

エナジーブランドのエナジーアパレルが激カッコイイ! 日本一の品揃えを誇るエナジーグッズ総本山はここだ!

エンナァジイイイィィィッッ!! みんな、元気か? エナジフルか? エナってるか!? 俺の名前は「エナジーマン」。エナジードリンク(栄養ドリンク)をこよなく愛する、1日1エナのスーパーヒーローだ。

エナジー紳士たるもの、格好もエナジフルでなければならない。第一印象でエナジー全開、元気と気合いをエナジフルにアピールしたいものである。

ということで今回は、世界中のエナジーブランドのグッズを一挙に扱っている、日本一のエナジーグッズショップをご紹介したい。その名も『Xtreme Army』、名前からしてエクストリームな、カリフォルニア発のオンラインセレクトショップなのだ!

続きを全部読む

これはスゴい! じっと見つめていると消えてしまう不思議な画像

今回はとても不思議な画像をご紹介します。

青い円が描かれた1枚の画像がありますよね? まずは、何も考えずに画像中心の赤い点をじっと見つめてください。

集中して。じぃ~っと、見つめてくださいね。しばらくすると、画像に変化が表れるはずです。

続きを全部読む

ジオラマ風になる撮影方法を、ゴッホの絵画でやったら凄いことになった!

な、なにコレ! 絵画のようだけど、くっきりと浮き上がってみえます。しかも、この絵画、どこかで見たことがあるような……。絵画をジオラマにしたのでしょうか? とても不思議な感じです。

絵画の作者は、ゴッホ。しかも、ジオラマ模型ではなく、絵画にちょっと手を加えただけというから驚きです。

続きを全部読む

みなさんは、ちょっと激しい運動をしてみたら、あれ、体が全然ついてこない!  なんて経験はお持ちではないだろうか。誰にでもいつの日か確実にやってくる老化。まだまだ生きる予定なのに、こんなに疲れちゃってていいのか。

そんなあなたのニュースサイトで「男性におくる老化はじまりの8項目」が紹介されている。以下の項目に少しでも心当たりがあれば、あなたの身体機能は衰え始めているかもしれない。
 
続きを全部読む

最初は「バカ」だと思われるけど一線を越えると「カワイイ」と思われる話し方

女子ならば、当然ながら男子に気に入られたいと思うものですよね。たとえその相手が好きな男子じゃなかったとしても、無意識に「気に入られたい」と思ってしまうのが女子という生き物なのです。

化粧をするのも、髪やお肌の手入れをするのも、ダイエットをするのも、結局は男子に良く見られたいからです。「化粧は最低限のマナーだから」という人もいますが、根本的に化粧は見栄えを良くするためのものであり、マナーというのは単なる言い訳です。すっぴんでもキレイな人はキレイなのですから。

では本題に入りましょう。女子はしゃべり方ひとつで好感度をアップさせることができます。もしあなたが、男子にカワイイと思われたいのならば言葉の語尾に「~だお♪」や「~お♪」をつけましょう。「お腹がすいたお♪」や「それ私のだお♪」と言うのです。

続きを全部読む

とっても不思議!視線があるところだけ白い玉が見える画像

どうです?もう画像を見たアナタはこのスゴさにお気づきでしょう……。

そう、この黒い背景に灰色の格子が描かれている画像、自分の目の焦点が合っている部分にだけ『白い玉』が見えるのです。

続きを全部読む

iPhone5の行列に参加する人のための心得

世界中で発売が待たれているアップルの次世代スマートフォン「iPhone5」。すでにニューヨークのアップルストアには、日本人男性2名が並び、警備関係者に注意されたようなのだが、日本でも行列しようと考えている人もいるのではないだろうか。

実は2010年にiPhone4が発売される際に、ロケットニュース24で記事を書いている佐藤記者も行列していた。彼によれば、これから行列参加する人は、事前に確認しておいた方が良いことがあるそうだ。

彼の言う、「iPhone5行列」の心得についてお伝えしたい。

続きを全部読む

「ブルブシュッ」赤ちゃんゾウのくしゃみがかわいすぎると話題に

くしゃみといえば、人間であれば「ハックション!」であったり「ワーッショイ!」、はたまた「バッショイ!」、もしくは「ダーーーッシ!」といった具合であるが、このたびゾウの赤ちゃんのくしゃみが映像として激写され、大きな話題となっている。

動画のタイトルは「Baby Elephant Sneezing」、直訳すれば「赤ちゃんゾウのくしゃみ」である。

続きを全部読む

【感動映像】生まれつき聴覚に障害のある女性(29)が人工耳により初めて「聞こえた」時の瞬間映像

現在、世界中で感動を呼んでいる動画が話題になっている。動画のタイトルは「29 years old and hearing myself for the 1st time!」。生まれつき聴覚に障害のある29歳の女性が、生まれて初めて自分の声や人の声などを「聞いた」時の映像である。

彼女は8週間前に人工内耳の手術を行った。人工内耳とは、体内部と体外部に、それぞれ機器を設置して、電気信号を直接聴神経に送り込むという技術である。

続きを全部読む

大学に行かなかった人が想像する『大学』のイメージとは? 「毎日飲み会している」「英語ペラペラ」「出会いだらけ」など

みなさんは大学に行きましたか? 何らかの事情があり大学に行かなかった人は、大学に通ったことのある人が想像する以上にいると思います。実は私もそのひとり。

大学に行ったことのない人にとっては、「大学」がどのような場所であるのかチンプンカンプンなのです。そこで何が行われているのか。どのようなシステムなのか。とにかく謎だらけなのが「大学」です。そもそも日本に数ある大学の名前も、大学野球や駅伝出場校しか知らないレベルです。

ということで今回は、私のまわりにいる「大学に行かなかった人」からかき集めてきた、彼らが思っている「大学像」をご紹介したいと思います。

続きを全部読む

アメリカのコンサルティング会社・レピュテーション・インスティテュート社による「世界で最も評判のいい国ランキング」が発表された。

世界50の国と地域を対象に行われた調査によると、第1位はカナダとの結果が出た。同じ北米のアメリカは23位。日本は12位との結果であった。

続きを全部読む

25年以上も前に実践されていた「誰でもグラビアカメラマンになる方法」とは

スタイル抜群のグラビア水着ギャルを「いいよ~、いいよ~」と撮影していくカメラマン。カメラのファインダーを通し、被写体である女性と1対1で向き合っていく。男であれば誰しもが憧れたことのある職業ではないだろうか。

そんなグラビアカメラマンに誰もがなれる方法があるらしい。しかもその方法は、今から四半世紀前、25年以上も前に実践されていたとのことである。果たしてどんな方法なのか?

続きを全部読む

突然変異? 双子のお花がめっちゃカワイイ

華やかな形に豊富なカラーバリエーションのガーベラ。花束を作るときはいつも主役級の花である。切花として圧倒的な人気があるが、鉢植えを購入することもできる。早速鉢で育ててみたところ、本来1本の茎に1つの花であるところ、1本の茎から2つのお花がくっついた状態で咲いていた。めっちゃカワイイけど、これは一体どういうこと?

続きを全部読む

電動歯ブラシでiPhone・iPadのホームボタンを復活させる方法

iPhone、iPad、iPodTouchを使っていてホームボタンの感度が悪くなったと感じたことはないだろうか。長期間使っていると何回押しても言うことを聞いてくれず、思うような操作ができないということもある。そんな方のために、とても簡単にボタンの感度を復活させる方法をお伝えしよう。用意するものは電動歯ブラシ、そして掃除機。この2つさえあれば、とても簡単に復活することができるのである。

続きを全部読む

有名企業ロゴの過去・現在・未来の比較がおもしろい / スタバ、グーグル、アップル、GAPなど

ふだん見慣れた有名企業のロゴマークも、実は何度かのデザインチェンジを経ていたりするものだ。例えば、古くからのアップルファンならば、現在のリンゴマークよりも虹色リンゴの方が印象深かったりもする。

そんな有名企業のロゴマークの、過去、現在、そして未来(予想)をまとめた画像が話題になっている。

続きを全部読む

【観覧注意】ケータイで娘の写メ撮ったら隣に謎の黒い人影 / タイで撮影された超ド級の激コワ心霊写真

ケータイやスマフォのカメラ機能って便利ですよね。「撮りたい!」と思ったときにサクッと撮影。特にパパやママだったら、愛する子どものカワイイ写真を撮りまくっていることでしょう。

……でも。

もし愛するわが子を撮影したとき、まったく関係ないモノが写っていたとしたら……。そこには1人しかいないのに、なぜか子どもの隣にオバケみたいなモノが写っていたとしたら……あなたならどうしますか?

今回ご紹介するのは、タイで撮影されたガチで怖いオバケ写真、その名も『娘の隣に地縛霊が』(←私が勝手に命名しました)です。

続きを全部読む

文化財の中で営業中! 日本一レトロモダンな「なか卯」

食事とは、食べ物そのものを味わうだけでなく雰囲気も味わうものである。同じものでも、素敵な景色、素敵な場所で食べると気分も違うものではないだろうか。

京都にリーズナブルな価格でそんな素敵気分を味わえる食事処がある。建物は大正ロマンあふれる国の登録有形文化財。その中で24時間無休で営業するのは……外食チェーンストア「なか卯」だ。

続きを全部読む

山登りをする上でとっても大切な8つのポイント / 集団で登る、サングラスをつけるなど…

近年「山ガール」という言葉が生まれてきたように、今や若者からも愛される登山。ぜひみなさんもこの「スポーツの秋」を迎えるにあたって、秋の紅葉を肌で感じられる山登りに挑戦してみてはいかがだろうか?

ということで今回、海外サイト「Sportales」で挙げられていた山登りにおいて大切な8つのポイントを、みなさんにご紹介したいと思う。ここに挙がっているほとんどのことが当たり前のことかもしれないが、復習するという意味でもしっかり頭に叩き込んで頂きたい。それでは、普段の自分の登山スタイルを振り返りながら、次の8つのポイントを見ていこう。
 
続きを全部読む

エネルギー不要! 巨大磁石を使った永久機関エンジン

人類がいつかは必ず完成させなければならない装置、それが永久機関である。

一度動き始めたら、永遠に動き続ける。燃料もいらないし、排気もない。永久機関が完成すれば、石油問題も電力問題も、エネルギー問題はすべて解決できるのだ。

そして今、海外サイトにアップされた永久機関に注目が集まっている。

続きを全部読む

【世紀末バイク】映画『マッドマックス2』直系カスタム「サバイバルバイク」スタイルが激カッコイイ

映画『マッドマックス2』ファンならば、常に意識しなければならないのが「世紀末」だ。頭はモヒカン、プロテクターはトゲ付き肩パット、ホッケーマスクがあれば最低限の準備は整ったと考えて良いだろう。

だがしかし、肝心なモノを忘れている。世紀末の荒地や砂漠の荒野を走りぬくための、タフでマッドなバイクである。ということで今回は、モロに『マッドマックス2』の雰囲気なバイクカスタムジャンル「サバイバルバイク(Survival bikes)」スタイルをご紹介したい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 612
  4. 613
  5. 614
  6. 615
  7. 616
  8. 617
  9. 618
  10. ...
  11. 635