「スイーツ」にまつわる記事

【小声】サイゼリヤがこっそり売ってる『ピスタチオのジェラート』が激ウマです / 近い将来スイーツのエースになってるかも…

ここ数年、アイス業界のニューフェイスとして怒涛の快進撃を続けるのが「ピスタチオ」である。それまでほとんどの人が「そのまま食べるナッツ」としか認識していなかったと思われるが、ピスタチオ味のアイスは最高! あるとついつい頼んでしまう魔性のフレーバーである。

そんな激ウマスイーツを我らが「サイゼリヤ」が見逃すハズがなく、実は現在一部の店舗で『シチリア産ピスタチオのジェラート』を販売しているのだ。ズバリ申し上げてしまおう、サイゼリヤの『ピスタチオのジェラート』は将来的にエースになれる逸材であると──。

続きを全部読む

デニーズの新作レモンサンデーがマジで美味いぞ! ハードコアなレモン欲求も満たす出来

気候が完全に夏じみてきている今日この頃。2022年5月24日から、全国のデニーズにて新作のレモンデザート6品の提供が始まった。蒸し暑くなってくると、レモンの魅力が急速に増してくるものなぁ。

このタイミングでのレモン系スイーツの投入は、完全にその辺の需要をわかっているムーヴ! さっそく食べてみることに。その結果、サンデーがぶっちぎりで優勝していた

続きを全部読む

魚肉のケーキ「お魚のチーズケーキ」を食べてみた! しっかりスイーツだったけど、1つだけ気になることが……

木でできた豪華なパッケージに、大きく印刷された「お魚のチーズケーキ」の文字。

……え、何事? なかなか並ぶことのないであろう2つの単語が商品名になっているのを見て、販売ページを2度見したのは言うまでもない。

あ、もしかして魚がよくとれる海の近くで作られたチーズケーキってことなのかな。うんうん、それなら納得……

いや原料思いっきり魚肉やないかい。

続きを全部読む

果汁グミをヨーグルトに漬け込むだけで激ウマデザートが爆誕!? 公式がツイートしたライフハックを試してみた

グミ界の絶対王者、果汁グミ。ムチムチの食感と、たっぷり詰まった果物の美味しさが大人気だ。

ある日果汁グミ公式ツイッターをチェックしていると、「これは……!」と思わされるようなアレンジレシピを見つけた。なんでも、果汁グミをヨーグルトにひと晩漬けることで、果実のように美味しくなるんだとか。

ゼリーやムースといったプルプル食感の食べ物が大好きな筆者。早速チャレンジしてみたぞ!

続きを全部読む

ハイクオリティなのに穴場すぎるフルーツスイーツ専門店「ラフルッタ」 / こんなところにあるなんて誰も気づかんやろ……

あてもなく街をぶらぶら歩き回るのが好きだ。よく慣れ親しんだ地域でも、歩いていると「あれ? こんなところにこんなものが!」と気づくことも少なくない。最近も、とある場所でフルーツスイーツ専門店を発見したのである。

こんなところにこんなオシャレなお店!? 誰も気づかんだろうし入りにくいんじゃないの? だがしかし、お店を利用してみると、ハイクオリティなお店であると判明! 穴場すぎるだろ!!

続きを全部読む

史上初となるロッテの新商品「ピンクチョコパイ」の美味しさが危険でしかなかった

私事で恐縮だが、ロッテの「チョコパイ」がたまらなく好きである。食べるだけで幸せになれるし、子供の頃からこよなく愛している。

小学生時代、友人が遊びに来ると我が家ではオヤツに「チョコパイ」が出た。やがて筆者は友人の来訪よりも、その際「チョコパイ」にありつけることの方を楽しみにし始め、次第に周囲の友人の顔が「チョコパイ」に見えるようになったという恐ろしくも最低な逸話がある。

そんな筆者を含む全国津々浦々の「チョコパイ」好きに朗報だ。2022年1月25日、「チョコパイ」史上初となる新商品が発売された。その名も「ピンクチョコパイ<贅沢いちご>」である。

続きを全部読む

【作業10分以下】材料3つで作るエアインチョコがサクサク食感で旨すぎた!

エアロ、カプリコ、ぷくぷくたい、霧の浮舟……。

チョコなのにチョコっぽくないサクッ&ホロホロとした食感。いくつでも食べられちゃいそうな軽やかさ。筆者は子供の頃からエアインチョコが大好きだ。

そんなエアインチョコが自宅でも簡単に作れると聞いたら試してみるしかない! しかも材料3つでビックリするぐらい簡単。バレンタインの準備が何もできていないっていう人も、今すぐスーパーに走れば一瞬で作れちゃうぜ!

続きを全部読む

「東京ばな奈」を食べたことのない東京人が初実食してみたら、“これぞ土産” だった

「東京ばな奈」という菓子がある。東京土産として有名な人気商品だ。筆者は東京生まれ東京育ちであるにもかかわらず、食べたことがない。以前から食べたいとは思いつつ、なかなか実食までは至らずにいる。

東京以外に住んでいる方なら、土産に買って食べたり貰ったりすることもあるだろう。しかし東京人はその潮流から外れがちである。最近ふと思ったのだが、むしろ東京に居着いている人間ほど「東京ばな奈」の体験が抜け落ちやすいのではなかろうか。

つまりは「東京ばな奈」のドーナツ化現象である。バナナなのかドーナツなのかややこしくなってきたが、ともあれ筆者はこうも思った。自分が「東京ばな奈」を初実食し、その魅力を伝えることで、少しでもこの現象を改善できる可能性も残されているのではと。

続きを全部読む

マミーマートの最優秀スイーツ「お父さんに食べてもらいたいチョコパフェ(398円)」に震えた / ダンディなパパになれる大人スイーツはこちらです

埼玉県発祥のスーパー「マミーマート」のお惣菜コーナーが激アツである。なぜなら全国のスーパーやコンビニ、専門店で販売している数多くの商品の中から “優秀” と評価されたお弁当やスイーツがたくさん売っているのだ。つまり、どの商品もレベルが高いってこと。

という話を、先日訪れた系列店の「生鮮市場TOP」で知った。どうやらマミーマートでも生鮮市場TOPでもハイレベルのお弁当やスイーツが買えるらしい。ってことで今回、試しに買ってみたのは、最優秀賞の『お父さんに食べてもらいたいチョコパフェ』であるっ!

続きを全部読む

ココスの「ピスタチオフェア」に登場するスイーツを食べつくしてみた →「クイーンパフェ」が圧倒的すぎてこれ1択!!

突然だが、何だかんだで最近ピスタチオ系のスイーツを食べてない気がする。久しぶりに食いたいなぁと思っていたら、ココスで2021年12月2日からフェアが始まっていた。

ピスタチオフェア2021と銘うって、全部で4種類のスイーツが登場している。ちょうどいいので食べつくしてみることに。

続きを全部読む

【断言】コストコの「クリスマスケーキ」最強説!『イチゴ&マスカルポーネホリデーケーキ』は味も価格も死角なし!!

毎年この時期になるとコンビニやカフェで「クリスマスケーキ」が盛大に売り出される。どの店のケーキも美味しそうではあるが、ここで結論を申し上げてしまおう。クリスマスケーキはコストコが最強であると──。

年会費がかかること、コンビニほど手軽に買えないこと、そんなことは当然理解している。それでも2021年の『イチゴ & マスカルポーネ ホリデーケーキ』は “最強” の称号に最も近いクリスマスケーキであるハズだ。

続きを全部読む

【漆黒】山本山の「のりテリーヌ」が黒すぎてビビった!

「山本山」と聞けばお茶と海苔の老舗だと誰でもわかるはず。創業1690年(元禄3年)というから3世紀にもわたって事業が続く歴史あるブランドだ。

その山本山が海苔を使った洋菓子の販売を開始した。「のりテリーヌ」(税込8640円)は焼き海苔をクーベルチュールチョコレートと合わせているそうだ。味が気になったので、購入してみたら黒すぎた!

続きを全部読む

人気ガトーショコラ専門店「ケンズカフェ東京」の初支店が静岡に! オープン直後しか買えない店舗限定メニューはカカオ好き歓喜な珠玉の逸品!

新宿御苑近くにある有名なガトーショコラ専門店「ケンズカフェ東京」。完全予約制でネット通販もしていないため地方民が気軽に食べられるものでは無いのだが、なぜか初の支店が静岡にやってきたのだ! やったーーー!

そして、オープンに伴い静岡店限定のメニューが販売されている。本店でも買うことが出来ない期間限定のレアモノだ。早速手に入れたので食べてみたところ、カカオ好きにはたまらない非常に上品な味であったので紹介したい。

続きを全部読む

天草(てんぐさ)からところてんを作ってみたら、デザートからおかずまで万能すぎて感動!

先日イルカの刺身を食べるために和歌山県を訪れたところ、道の駅の売店で四角い袋に入った乾いた草みたいなものを見つけた。パッケージには「天草」との文字で、価格は38gが520円(税込)。

これは「あまくさ」ではなく「てんぐさ」と読むらしく、何かと思えば心太(ところてん)の材料となる海藻なのだそうだ。

えっ、嘘だろ~~!? こんな草が!?!? ……ちょっと信じられなかったのだが百聞は一見にしかず。実際に煮だして作ってみることにしたら……美味し&楽し過ぎて大の大人が思わずはしゃいでしまった!

続きを全部読む

【コストコ】過去最高レベルにお高いスイーツ「ペアキャラメルタルト」は過去最高レベルの美味しさです

コストコ通いが長くなってくると、新商品を目にした際「これは安いな」「これは妥当だな」……などと、ある程度の価格感がわかってくるもの。そういう意味でコストコの新スイーツ『ペアキャラメルタルト』を目にした私、P.K.サンジュンは「高ッ!」と感じざるを得なかった。

定期的に新商品が登場するデリカコーナーの中でも「スイーツ」は人気の部類に入るが、それにしても2280円って……! 2000円オーバーのスイーツ自体ちょっと記憶に無いから、少なくとも「過去最高レベルにお高いスイーツ」であることは間違いない。

続きを全部読む

『私のプリン食堂』で夢みたいな色をした可愛いプリンを食べたら… 思わぬダークホースに出会ってしまった!

スマホが普及し早くも10年以上。誰もが手軽に写真を撮れるようになり、食べ物でも観光地でも雑貨でも、なんでも撮ってSNSにアップする。今世界は 大・映え時代 に突入しているといっても良いだろう。

残念ながらとっくの昔に流行に置いて行かれている筆者なのだが、たまにはかわいい写真を撮りたくなることだってある。なにか良い物はないかと調べていたところ見つかったのが、今回ご紹介するプリン専門店『私のプリン食堂』だ。

商品紹介ページを見てみると、そのプリンの色は青と赤が入り混じったような夢みたいな色。

「すっげぇプリンがあったもんだな……」気になったので実物を食べに行ってみたら、予想外のダークホースに出会ってしまった。

続きを全部読む

こんなに真っ青なプリンがあるなんて…! 静岡発の「深海プリン」がプリンの概念をひっくり返すおいしさで新名物の予感!!

昨今、世の中にはクリームがこれでもかと詰め込まれたマリトッツォや虹色のチーズハットグなど、華やかな見た目のスイーツで溢れている。

激動のスイーツ戦国時代の中で、筆者も様々な「映える」スイーツを目にしてきた。おかげで、大抵のビジュアル重視スイーツには驚かなくなっていたと思っていたのだが……

「それ」に出会った日、筆者は久しぶりに自分の目を疑った。

だって……こんなに真っ青なプリンがあるなんて、一体誰が想像したよ……!?

続きを全部読む

人生初のマリトッツォを「成城石井」で体験してみた / “あまおう苺ジャム入り” も “ティラミス風” も幸福感抜群

ウェブライターがこんなことを書くべきではないかもしれないが、マリトッツォのブームに完全に乗り遅れた。

流行りそうなものに先んじて目をつけるべき立場にいたにもかかわらず、気が付けばその甘美なスイーツは人々の心の中に入り込み、筆者以外の大多数をたやすく掌握していた。いつ手を出そうか、どの店で初体験を遂げようかなどと機を窺(うかが)っている場合ではなかった。

もはや一刻の猶予も残されてはいまい。そうして焦りが募り始めた折、筆者のもとに幸運が舞い込んできた。有名高級スーパー「成城石井」において、自家製のマリトッツォが売られているとの情報を入手したのだ。

続きを全部読む

カルディの『パンダブラック杏仁豆腐』でまさかのハロウィン体験 / 気になる味は、ある意味予想外かも…!?

カルディのパンダ杏仁豆腐をご存じだろうか? パッケージに大きくパンダのイラストが描かれており、杏仁豆腐と書いて「ぷるぷる とろりん なめらか あんにん」とルビが振ってあるアイツのことだ。

可愛い見た目と500mlで400円ちょっとというコスパの良さに似合わず、本格的な味とプルプル・トロトロ食感でカルディ人気No.1のスイーツなのだが、今日はちょっと様子がおかしい。なんだかお前……顔色悪くないか?

──どうしたのかと思えば、ハロウィンの限定商品として「パンダブラック杏仁豆腐」が発売されたらしい。エッ! 黒いの? それって一体どんな味なんだ!?

続きを全部読む

【SNSで話題】「ヨーグルトで作るレアチーズケーキ」の作り方がカンタンすぎる! 混ぜて冷やすだけでできた!!

甘いモノが大好きな私(佐藤)はしょっちゅうコンビニでスイーツを物色している。しかし最近、そろそろ自作しても良いのではないか? とも思っている。

ということで、昨年から今年にかけてSNSで話題になっていた「ヨーグルトでつくるレアチーズケーキ」にチャレンジしてみた。簡単に作れるとのことだが、実際にやってみたら初チャレンジにしては上手くできた! ……と思う

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 14