「ゲーム」にまつわる記事

「上質なドデカミン」はどれくらい上質なのか?

大手飲料メーカーのアサヒ飲料は、2011年12月13日より炭酸飲料の「ドデカミン」の新商品を発売した。その名も「上質なドデカミン」。上質? 何がどれくらい上質なの? それじゃあ、今までのドデカミンは低質だったのか……? など、いろいろと考えてしまうのだが、実際に飲んでみて、その上質具合を確かめてみた

続きを全部読む

すべてのガンダムファンに告ぐ! 最大100人同時対戦の「ガンダムオンライン」テスター募集は本日10時まで

すべてのガンダムファンに大至急お伝えしなければならないことがある。それは、バンダイナムコが現在制作を進めている、PCオンラインゲーム『機動戦士ガンダムオンライン』のアルファテストが2011年12月16日から3日間の日程で実施されるのだ。

正式なサービス開始日や価格などは未定なのだが、このテストで事前にゲームを体感できるのである。是非ともプレイしてみたいという方はテスト応募を急いだ方がいい。なぜなら、募集締め切りは本日(12月13日)の午前10までだからだ。急げ!

続きを全部読む

JRAの公開したギャルゲーが想像以上にときめく内容だった!

2011年12月11日、日本中央競馬会(JRA)が今までにないまったく新しい切り口のウェブゲームを公開し、話題となっている。そのゲームとは、いわゆる「ギャルゲー」だ。しかも主人公、つまり自分は、「馬」になって登場する女性キャラとコミュニケーションしていくという斬新にもほどがある内容なのだ。

公開日にさっそくプレイしてみたところ、想像以上にときめくプレイ内容であることが判明した!

続きを全部読む

大手ファーストフードチェーンのあのキャラクターと、絵本でお馴染みのあのキャラクターが、もしもガチンコで勝負する格闘ゲーム(以下:格ゲー)が存在したら、あなたはどのキャラを選ぶだろうか? そんな奇想天外な妄想を形にしたイラストが注目をお集めている。普段は愛くるしい姿をしているキャラたちが、まるで冷徹な鬼と化して生死を競う……、想像しただけで夜も眠れなくなってしまいそうだ。

続きを全部読む

秋葉原で巨人探してたら女戦士に囲まれた~ッ!

ある日のこと、ロケットニュース24でお馴染みの佐藤記者から意味のわからないメールが記者(私)あてに届いた。「東京・秋葉原で巨人探してたら、女戦士に囲まれたッ!」。何を言っているんだ、この男は。日ごろから「お金持ちになりたい」だの、「モテモテになりたい」だの、妄想じみたことばかり言ってると思ったら、ついに夢と現実の境目がつかなくなったのか?

添付されていた画像を確認したところ、驚いたことに本当に女戦士に囲まれている。これは一体どういうことだ!? なんかちょっとうらやましいじゃないか。剣を突きつけられて、ネクタイと髪を引っ張られて、やっぱなんかちょっとうらやましいぞ!

続きを全部読む

シリーズ累計8000万個以上のカード付きチョコがついにゲーム化! 1000人対1000人の超ド級バトルを実現

2005年の発売開始以来、小学生男子の間で高い支持を誇る人気のカード付きチョコレート菓子「神羅万象チョコ」シリーズ。これまでにシリーズ累計で8000万個以上を販売しているという。そのカードがオンラインゲームになって登場することとなった。株式会社バンダイナムコゲームスは2011年10月14日に、これまでに同シリーズに登場したすべてのキャラクターを順次投入し、最大1000人対1000人の壮絶なバトルを開幕させるのである。

続きを全部読む

進化型ドミノがスゴイ! もの凄い勢いで弾け飛ぶ「アイス棒 爆弾」に大人も唖然

な、なんだ、これは!! 長いレールのようなものが、まるで意思を持ったかのようにハデにうねり、バチバチバチッ!! と轟音を上げながら、凄い勢いで弾け飛び散っていく。

その様子は、まるで点火した爆弾の導火線、または暴れ狂う蛇のようである。いったんスタートしたら、もう手のつけようがない。あまりのド迫力に、子どもは泣き叫び、大人は唖然とするしかないのだ。 続きを全部読む

六本木に巨大UFOキャッチャー登場 / クレーンもぬいぐるみもデカイ!! とにかくデカイすぎる

なんじゃこりゃ~、デケエ! デケエ!! とにかくデカイぞ、デカすぎるUFOキャッチャーが、東京・六本木ヒルズのアリーナに登場だ~! どう見ても建物にしか見えないこのマシン。操作レバーも特大級、是非とも景品の巨大ぬいぐるみをゲットしたい~。何しろぬいぐるみは、人間よりもデカイのだ。

どうやらこれはトヨタ(株式会社トヨタマーケティングジャパン)の大容量コンパクトカー「ラクティス」のプロモーションの一環で用意されたものなのだとか。しかも、2011年10月8日には一般のイベントが行われるそうだ。これは絶対に巨大ぬいぐるみを手に入れるしかないだろう~っ!

続きを全部読む

【TGS取材】海外から見た日本のゲーム市場、そして新事実発覚「海外でFFは大人気だが、ドラクエは不人気」

先日、当サイトでご紹介したように世界には日本のゲームファンが数多くいる。彼らのなかには、日本人のゲームユーザー並み、もしくはそれ以上の日本ゲームに関する知識を持っている者もおり、本当に感心させられる。

それでは、彼らは現在の日本のゲーム市場、そして海外での日本ゲームの人気をどう見ているのだろうか? ということで今回、9月15日から18日に開催された「東京ゲームショウ2011」で、会場に来ていた海外の方「なぜ日本でXboxは人気がないのか」、「ドラゴンクエストは海外で人気があるのか」、「任天堂3DS とPlayStationVita、どっちがゲーム市場で勝つと思うのか」そして「今、発売を楽しみにしているゲームは何なのか」を聞いてきた。

続きを全部読む

【TGS取材】海外ゲームファンに聞いてみた「日本ゲームの良い・悪いところ」、「世界で勝つために必要なもの」

日本だけでなく、世界各地に熱狂的なファンを持つ日本のゲーム。今や任天堂やカプコンの名はそのゲームを通して、世界中に知られており、ゲーム界の一大ブランドとなっている。

しかしなぜ日本のゲームは、これほど海外の人から愛されているのだろうか? ということで今回、9月15日から18日に開催された「東京ゲームショウ2011」で、会場に来ていた海外の方「日本のゲームの好きなところ、嫌いなところ」、「日本が世界のゲーム市場で勝つために必要なもの」、そして「日本の好きなゲーム」を聞いてきた。

どの意見も日本ゲームへの愛がこもっており、これからどうゲームを開発していけばいいのか考える上で非常に役立つものとなっている。それでは、海外の日本ゲームファンたちが何を思い、何を感じているのかインタビューを通して見ていこう。
 
続きを全部読む

これが未来のゲームだ! その場独自のバトルフィールドを再現するガンゲームが超面白そう

みなさんは、将来どんなゲームが開発されるのか考えたことはあるだろうか? 今回そのひとつの可能性を示す動画がYoutubeで公開され、話題を集めている。

「Future Motion Control Gaming」というタイトルのこの動画には、PlayStation3の モーションコントローラを使って、ガンシューティングゲームをする様子が映し出されており、まさに未来を思わせるゲームシステムがそこにはある。

続きを全部読む

9月5日14時、スクウェアエニックスは25周年を迎える人気ゲーム作品「ドラゴンクエスト」(以下:ドラクエ)の新作を発表した。この発表会に同作の生みの親である堀井雄二氏が登壇し、これまでの歩みを振り返った。そして驚くべきことに、新作はオンラインになることが判明したのである。

続きを全部読む

飲み会でデキる男を見せつけるにはコレ! / 逆境をチャンスに変えよう

クールビズが終わり、ネクタイを巻く頃には、世の中ではもうすでに年末、年始に向けての準備が始まる。年末、年始といえば忘年会、新年会などの会社での宴会が多くなる。

そんな時に、「つッ、ついに自分の順番が回ってきてしまったぁぁぁぁ!!!」と困惑しがちな幹事初心者のために、心得から宴会で盛り上がるゲーム、更にセンスも必要な景品の選び方までサポートしてくれる、便利な 『総合宴会応援サイト』をご紹介しよう。

そのサイトの名前は、『景品ゲットクラブ』。このサイトに書かれている内容としては、「あいさつ、スピーチなどのマナーを大切に」といった基本的な心得はもちろん、イベント全体の一体感を作ることが出来るパーティゲームやグッズについても数多く記載されている。

このサイトを参考に宴会できちっと進行役をこなすことで、上司やカワイイ同僚のあの子にも、自分のデキるっぷりを見せつけることが出来る。

その中から私が選んだ、いつでも使える便利なパーティゲーム厳選3種についてお伝えしよう。これさえ覚えておけば、宴会で困った時に役立つこと間違いなしだ。

続きを全部読む

大阪には「マジコソ」が売っている

大阪の秋葉原と言えば「日本橋」だ。電気用品店やパソコンショップが軒を連ね、週末ともなると多くの人通りでごった返している。その日本橋に、「マジコソ」と呼ばれる商品が販売しているのをご存知だろうか? マジコソとは、コピーソフトなどをゲーム機で起動させるための機械の総称であるようだ。

続きを全部読む

日本人ならこのゲームコントローラーを使うべきだ!

世の中にはさまざまなゲームコントローラーが存在するのだが、これぞ日本人のためというコントローラーが存在した。そのコントローラーとは、「侍」をモチーフにしたものである。これこそ、日本人ゲーマーが使うべきものだ!

このコントローラーは、細部までこだわった作りをしている。まずセンターには侍の顔面を配しており、厳しい顔がゲーマーを睨んでいる。この視線に耐えながらゲームをするのだ。

続きを全部読む

【闇の大人たち】第31回:台北発 絶滅寸前! これがピンボーラーの聖地だ!

ほんのちょっと前まで、日本全国津々浦々のゲーセンには、ピンボールというものがあったそうじゃ……。どんなしょっぱいゲーセンにも、二、三台のピンボールが必ず設置されており、熱い男たちが両手で台を抱え、プレイしたそうじゃ……と、何となく昔話調で始めてみたが、事態はそれほど深刻である。

かつてはセガ、データイーストなど、日本のメーカーもピンボールを作っていた。それがどうだ? いま、ピンボールの筐体を置くゲーセンが何箇所あるだろう。絶滅の危機と言っても過言ではない。

寂しくて虚しくて、どうにかなりそうなピンボールファンの皆さんに朗報。台北の横丁に熱血ピンボーラーのオアシスがあった!

続きを全部読む

【E3現地取材】これがE3会場で配られていたレアなグッズだ! たぶんレア! 自信ないけど!

6月7~9日にかけて米ロサンゼルスで開催された世界最大のゲーム見本市「E3」。事実上、世界最大のゲームショウだ。日本で催されるゲームショウといえば、「東京ゲームショウ」などが有名だが、規模も重要性も「東京ゲームショウ」以上である。

会場ではチラシやカタログなど、さまざまなモノが配られており、すべてをもらっていると「アッー!」という間に袋はパンパンになる。そこで今回は、世界最大のゲームショウ「E3」で配られていたグッズ類をご紹介したいと思う。なんといっても世界最大規模である。リュックを背負い、もらう気マンマンで乗り込んだのだが……。

続きを全部読む

これは絶対イイ! iPhone用の取り付け式ゲームボタン

ゲーム好きのiPhoneユーザーに朗報中の朗報だ。これでゲームが遊びやすくなる! もっとプレイが楽しくなる! iPhone用のアナログゲームコントローラーが登場したぞ。このボタンを取り付ければ、楽にプレイできること確実だぞ。

続きを全部読む

5月31日ハドソンに別れを告げた高橋名人、翌日別会社に入社

約30年にわたって、ゲームメーカーのハドソン社員として活躍してきた高橋名人が、5月31日を最後に同社を後にした。同日のブログで、自身の足跡を振り返り「Bye HUDSON」と締めくくった。長い間、同社の看板として活躍した高橋名人にとって、語りつくせないほどの思い出があるだろう。すべてを振り返るには、時間が必要であるに違いないはず。

ところが、翌6月1日、早くも再就職先の企業から、プレスリリースが流れているのだ。そのなかで、高橋名人自らのコメントが掲載されており、「今後は、メーカーの垣根を越えて、様々な形で活動していこうと思っています。 これからも、応援をよろしくお願いします」と、すでに次のステージで活動する意向を示している。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8