川内イオ (Io Kawauchi)

ライター

1979年生まれ。03年よりフリーライターとして活動開始。06年夏、世界半周の旅を経てバルセロナに移住。10年夏に完全帰国し、デジタルサッカー誌編集部、ビジネス誌編集部を経て、現在フリーランスエディター&ライター。著書に『サッカー馬鹿、海を渡る。―リーガエスパニョーラで働く日本人』

「川内イオ」担当の記事

【新感覚】クリア率5%のリアル脱出ゲーム型お化け屋敷「オバケン」がマジで怖い!

「方南町にやたらと怖いお化け屋敷がある」。そんな情報を得たのは、まだ夏が始まる前のことだった。心霊話、怪奇現象が大好物の私(筆者)は、この噂を記憶のノート書き留めた。そして、うだるような日差しになった先日、冷気(霊気?)を味わいに、そのお化け屋敷「オバケン」を訪ねた。

メトロ・方南町駅から徒歩数分。住宅街の一角に立つ何の変哲もない雑居ビルの一階にオバケンはある。現在のオバケンのテーマ「SIX EXITS」と書かれたポスターがなければ、ここがお化け屋敷だと誰も思わないだろう。

続きを全部読む

【実食レポート】ブラジル・サンパウロの「すき家」でオリジナル牛丼を食べてみた!

ブラジルのガイドブックを眺めていたら、サンパウロに「すき家」があると書かれていた。調べてみると、2010年に1号店を出店してから今年6月までにサンパウロで9店舗を展開しているらしい。

私(筆者)は学生時代、まかない目当てで松屋と吉野家でアルバイトをしたことがあるほど牛丼好きである。サンパウロの牛丼は果たして馴染みの味なのか? それとも未知との遭遇なのか? 私は胸を躍らせながら、世界最大の日本人街リベルダージにほど近い場所にあるすき家を訪ねた。

続きを全部読む

【ワールドカップ悲録】ダフ屋に要注意! チケットを購入しただけでブタ箱行きになった男の体験記

2014年6月19日の日本対ギリシャ戦の日、ブラジルからこんなニュースが届いた。「ギリシャ戦でダフ屋行為…日本人男性、一時拘束」。報道によると、この男性は日本対ギリシャ戦のチケットを4枚持っており、それをゲート付近で売却しようとしたところ、警察に拘束されてしまったという。

結局、定価より安値で売却しようとしていたこともあり事なきを得たそうだが、この報道を見て私(筆者)の脳裏に苦すぎる記憶が蘇った。まだワールドカップ期間中で、ブラジルに滞在中、あるいはこれから向かう読者の参考になるかもしれないので、あえて私の忘れ難きトラウマをここに記そう。

続きを全部読む

【参加者の4割が女性】話題の珍スポーツ「バブルサッカー」のイベントに行ってみた! 試合中も笑いが止まらない!!

巨大なビニールボールを装着し、自分も相手もボヨンボヨンと四方八方に転がりながら、ついでに笑い転げながらゲットゴールを目指す「バブルサッカー」。4月5日、東京都・江東区にあるフットサルコート・ラモスフィールドで、今年日本に輸入されたばかりのこの珍スポーツのイベントが行われたので、取材してきた!

続きを全部読む

【国内最強納豆】全国大会日本一に輝いた納豆「国産ふっくら大粒ミニ2」を秋田から取り寄せて食べてみた!

2014年2月21日、三重県桑名市で納豆日本一を決めるコンクール、全国納豆鑑評会が開催された。主催する全国納豆協同組合連合会のホームページによると「審査員が、納豆の『外観(見た目)』『香り』『味・食感』の3つの項目を評価。5点満点の整数で出展納豆それぞれに点数をつけて審査」される。

カテゴリーは大粒・中粒部門、小粒・極小粒部門、アメリカ大豆部門、ひきわり部門の4つに分けられ、19回目となる今回は全国から208点が出展された。そして、研究者、文化人、食品関係者、省庁関係者など総勢30名の審査員による採点の結果、日本一の栄誉に輝いたのが、秋田美郷町のヤマダフーズが作っている「国産ふっくら大粒ミニ2」だ! 

続きを全部読む

【検証】100円でどれだけ楽しめる!? 恵比寿の秘境ゲーセン「あそびば20」突撃レポート

恵比寿といえば、シャレおつ。そんなイメージを持っている人が多いだろう。確かに週末にもなれば着飾った男女が街に溢れかえる。合コンの街、美食の街と言われたりもする。しかし! 一歩路地に入れば、そこには別世界が広がっているのだ。

駅から徒歩5分。恵比寿ガーデンプレイスにほど近い住宅街の一角に、それはある。ゲームセンター「あそびば20」。単なる “ゲーセン” ではない。現代では珍しい古参のゲーム機が並び、10円単位から遊べる、昭和の香り漂う “遊技場” なのだ。このレトロゲーセン、はたして100円でどれだけ遊べるのか! これはその検証レポートである。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】大阪体育大学サッカー部の「本田圭佑モノマネ」が激似すぎると話題

2013年12月25日、東京・国立競技場で衝撃、いや笑撃が走った。サッカーの大学日本一を決める第62回全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)の決勝戦。国士舘大学と大阪体育大学が対戦したその試合の前に行われたイベントで、ものまね業界に新星が現れたのである。

そのイベントとは「筑波大蹴球部のロナウジーニョ対大阪体育大学サッカー部の本田圭佑 ものまね対決 in インカレ」。タイトル通り、学生がものまねを披露しているのだが、学生レベルと侮ってはいけない。本田圭佑のものまねが驚愕するほどの激似だと、この対決を収めた動画がネット上を騒然とさせているのだ!

続きを全部読む

【グルメ】勝新太郎が愛した洋食屋のエビフライを食べてみた! 恵比寿「イチバン」

勝新太郎、愛称「勝新」。1997年6月21日に亡くなってから既に26年が経つが、豪放磊落(ごうほうらいらく)な性格で「俺から遊びを取ったら何も残らない」という名言とともに数々の逸話を残した昭和の大スターの名前を記憶している人も多いだろう。

その勝新さんが愛してやまなかった洋食屋が恵比寿にある。創業32年の老舗『イチバン』だ。勝新さんが通ったというと「高級店?」と思ってしまいそうだが、ノンノンノン。イチバンは地元の人が足しげく通うまさに「古き良き町の洋食屋さん」だ。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】カタールリーグで大乱闘! 関係者やファンも入り乱れてのバトルロイヤル状態に

サッカーでは、数人の選手の小競り合いは日常茶飯事。でも22人の選手、両チームのスタッフ、リーグ関係者、ファンまでもが入り乱れての大乱闘となると、ちょっと記憶にない。

事件が起きたのは、11月25日に行われたカタールリーグ U-20のカズマ(オレンジ)対アル・アラビ(グリーン)戦。試合はロスタイムの PK で、アウェイのアル・アラビが0−1で勝利した。その試合終了のホイッスルの直後、世紀の大乱闘が勃発! その様子は、動画「Fighting erupts in Kuwaiti match」で確認可能だ。

続きを全部読む

再生回数186万超え! セルビアリーグの「美しすぎる副審」の仕事っぷりを映しただけの動画が話題

サッカーの試合中、クールに仕事を遂行している黒子、それは3人の審判。特にライン際を駆け巡る副審は、ハードな仕事の割に地味な存在だ。しかし! 今、サッカーファンをサッカーとは別の意味で熱くさせている副審がいる。

その名はアレクサンドラ・ミロイェヴィッチさん。2013年10月にYouTubeに投稿された彼女の仕事ぶりを捉えた一本の動画が、なんと186万を超える再生回数を記録しているのだ。しかも、再生回数は日々伸び続けている。理由は単純、カワイイからである。

続きを全部読む

テレビでスポーツ観戦するだけで「自分が運動しているかのように身体が反応する」という研究結果

健康のために運動をしたほうが良いというのは、一般常識。でも、なかなかやる気がおきない。だって疲れるし、面倒だから。そんな怠け者と運動嫌いに朗報だ。オーストラリアで行われた研究によって今回初めて、テレビでスポーツ観戦するだけで、自分が運動しているかのように身体が反応することが明らかになったのである。

続きを全部読む

【衝撃サッカーレポ】4試合で0得点70失点! 欧州の秘境に伝説的弱さのサッカー代表チームがあった

イギリスとフランスの間に浮かぶ人口600人の小島、サーク島。この島は、自治権を持つ英国王室の保護領で、「離婚禁止」、「鳩の飼育権を持つのは領主のみ」、「走行中の馬車に乗っている時は立つな」など中世時代さながらの法律が今も残り、移動手段は馬車か、自転車か、島に数台しかないトラクターという欧州の秘境である。

そんな辺ぴなこの島の代表チームは、ある意味で伝説的存在だ。サーク島代表は国際サッカー連盟、欧州サッカー連盟に加盟していないため、ワールドカップや欧州選手権の予選には参加できず、公式戦の記録はわずか4試合しかないのだが、その試合結果が伝説の理由。圧倒的に弱いのだ。

続きを全部読む