「クイズ」にまつわる記事

世界的人気ゲーム「Wordle」が日本語でできる「ことのはたんご」をプレイ! 英語ムリであきらめていた人にも朗報かと思いきや…

少し前、毎朝のようにトレンド入りしては暗号めいたツイートを残していく「Wordle」について報じた。その正体は英語のワードパズルで、成果をツイートするのが世界的な習慣となっているらしい。

しかしWordleで試されるのは英語の語彙力。母国語ではない我々にとっては「通勤列車でヒョイヒョイ解けるのは、どこの誰だー!!」と叫びたくなる難度だ。

そんな同志にぴったり、本家Wordleをオマージュした日本語ワードゲームがあるというじゃないか。気づけば同ゲームも「第○○回」というトレンドワードで見かける。これだ! 筆者が求めていたのはこれだよ!!

続きを全部読む

毎朝Twitterでトレンド入りしている「Wordle」ってなに? 初挑戦で気づいた衝撃の事実

朝の時間帯にTwitterのトレンドを見ていると、「週の真ん中」「○○の日」など定番のワードがあるものだが、その中に毎日のように登場する「Wordle○○」という単語がある。

雨の日も風の日も、月曜日も火曜日も水曜日も登場し続けている「Wordle」。ある意味、最強トレンドワードと呼べるかもしれない。

しかし実際のツイートを見ても、四角いブロックのような絵文字が並ぶだけで意味がわからない。なにこれ……?

続きを全部読む

歩くことで仮想通貨が貯まるというアプリ『STEPN』をやってみた / 第1話:ログインしてみた

アプリにおいてログインと言えば1番最初の段階だ。にもかかわらず、0話、0.5話を経てもう3話目の本連載。改めて言おう。『STEPN』開始のハードル高すぎィィィイイイ!

これは、お金が絡むものだからリテラシーが必要ということもあるのだろう。きっと。なにせ、歩くことで仮想通貨GSTが貯まるアプリという噂だ。

ってなわけで、アプリを開始するのに必要なアクティベーションコードがいまだに入手できない私(中澤)。アクティベーションコードを入手するためにクイズにチャレンジすることになった。なぜクイズかって? こっちが聞きたいわ!

続きを全部読む

おもしろトイレットペーパーの詰め合わせを買ってみた → トイレにこもる時間が倍になるかも…!?

人は必ずトイレに行く。1日に何回も、しかも1回あたり1~5分ほどかかってしまう。一生に換算すると、なんと男性は5ヶ月、女性は7ヶ月前後をトイレの中で過ごす計算になるらしい。

あまりにも長い。ならばトイレの時間をもっと有意義に過ごすことができればいいのに、と考えるのは自然なことであろう。

おもしろトイレットペーパーはそんな願いを叶えてくれるかもしれない。

続きを全部読む

【注意喚起】グーグルを騙るプレゼントサイトのクイズがテキトーすぎて笑った

とても久しぶりにフィッシングサイトにブチ当たった。ネットで調べものをしていたところ、閲覧していたサイトが突然おかしな感じになって、「おめでとう デバイスユーザー!」と表示されたのだ。なんのことかな? と思ったら、

「あなたは選ばれましたGoogle最初の数人になる勝つために iPhone11 Pro または他のGoogle商品を! このギフトはただ一つ大切なユーザーの中 新宿区」

わからん! ナニを言ってるか全然わからん!! 久しぶりに面白そうなサイトを引き当てたらしい。よし、遊んでやるか……。

続きを全部読む

激ムズ謎解き『シティーハンターと謎の依頼人』でGWがつぶれました…売上1億円「おうちで宝探し」

暗号、絵地図、ワナが仕掛けられた隠し扉などなど、「謎解き」や「宝探し」という言葉には無限のロマンがある。

まぁ、実際には盗掘だったり一方的な到達記念だったりで、大英博物館なんて「よその国の宝ばっかりじゃねーか」といいたくなるが、インディ・ジョーンズの冒険を見てワクワクしない人がいるだろうか。

映画やゲームの世界だけでなく、リアルに謎解きを楽しめるのが「宝探しイベント」だが、このコロナ禍では開催が難しくなっているようだ。そのぶん自宅でできる「おうちで宝探し」シリーズの売上が好調だという。

続きを全部読む

【ガチ】熱狂的キングダムファンが「キングダム公式問題集」に挑戦した結果…

日本全国6000万人の熱狂的キングダムファンのみんな……待たせたな? ついに我が家にも「キングダム」初の公式クイズ本『キングダム公式問題集』が届いたゾォォォオオオ! バハァ!! トーントーン。ファルファルファル! コココ。

偏差値が高くも無ければIQも人並みの私、P.K.サンジュンだが、ことキングダムに賭ける想いだけは将軍級……いや、六将級だと自負している。全問スラスラ回答して、原先生に褒めてもらうんだ……! というわけで、さっそく『キングダム公式問題集』に挑戦してみたのでご報告したい。

続きを全部読む

【クイズ】この中国料理の日本語名は何でしょう? 『アリの木登り(螞蟻上樹)』→ 丸美屋の素にもある超メジャーなあのメニュー / 沢井メグのリアル中華:第19回

さて突然ですが問題です! この中国・四川料理の日本語名は何でしょう? お題は『螞蟻上樹(マーイーシャンシュー)』。日本語に訳すと「蟻(アリ)の木登り」である。何、蟻料理!? さすが中国さん、パネェわ……というわけではない!

正体は日本でもメジャークラスのあの料理である。料理に本物の蟻を使うのではなく、ビジュアルが「蟻が木を登っているみたい」に見えることからつけられた名前だ。ヒントは「四川料理」「丸美屋の素にもある」。どうかな? わかったら、かなりの中国通だ!

続きを全部読む

【来た道行く道】お年寄り熱狂! 今、後期高齢者間で十回クイズがアツい! 四コマサボタージュ第68回「10回クイズ☆アルティメットハードモード」

続きを全部読む

【社会問題】依存症の恐怖!社員のモンスター化 四コマサボタージュ第16回「早押しクイズが好きな人がやらかしそうなこと」

続きを全部読む

【クイズ】キミは「2019年8月7日午後6時54分3秒」に隠された秘密を見抜くことはできるか / 一瞬でわかったらマジ天才! 逃すと次は2031年4月5日

緊急! 緊急速報だ!!!! 本日、2019年8月7日、それも午後6時54分3秒は大変特別な瞬間であるという。

この数字を聞いただけで意味がわかったら超天才! サッと見てわかった人も天才!! 一体どいうことなのだろうか? ヒント → 次回は12年後の「2031年4月5日」に訪れる。

続きを全部読む

【魁!! アプリ塾】すべての志村ファンに告ぐ!「クイズ for 志村けん」で全問正解を目指すべしッ!!

「これは!」と思うアプリを見つけるとき、何の気なしにアプリ検索をしていることが多い。今回の『クイズ for 志村けん』もまた、全然無関係と思えるワードを検索窓に入力したことで発見した。

これはiOS専用のアプリで、その名の通り、お笑い界の巨匠、志村けんさんに関するクイズアプリである。すべての志村ファンは今すぐダウンロードすべし!

続きを全部読む

【難問クイズ】この絵に描かれている人は誰でしょう? ヒントその1:あの人ではない。ヒントその2:由緒ある宮殿で発見した「ガチな絵」

さぁさぁ始まりました。不意打ちクイズの時間です。みなさん準備はいいですか? え、何? 唐突すぎるって? まぁ、そんな人もいるでしょうが、無視して進めて行きますよ〜。

問題はズバリ「絵に描かれている人は誰か?」です。どうでしょう? みなさん、絵の人物に見覚えはありますか? 「うん、知ってるよ」という人、最初に言っておきますが “あの人” ではありません。おそらく、絵を見たほとんどの人が “あの人” を頭に浮かべるかと思うのですが、そうではないのです。

続きを全部読む

【クイズ】この折りたたみ椅子はいくらでしょうか?

10日間のゴールデンウィークは充実した休暇になっただろうか? キャンプやバーベキューに出かけたという人もいるかもしれない。暖かくなると、アウトドアのレジャーに出かける機会は増えるのだが、そんな時にフォールディングチェア(折りたたみ椅子)があると何かと便利だ。

ところで最近、東京・表参道で手頃な折りたたみ椅子を発見した。それが意外なほど安かったので、ぜひとも皆さんにも紹介したい。そこで突然ですが問題です!! この椅子いくらでしょうか?

続きを全部読む

インスタグラムが「クイズスタンプ」機能を実装したので、早速クソどうでもいいクイズを出題してみた!

「インスタ映え」が流行語大賞に選ばれたのは、2年前の2017年のことだ。以前ほどではないにしても、それでもインスタグラムを積極的に活用している人は多いはずである。そのインスタのストーリーズに、新しいスタンプ機能が実装された。それは「クイズスタンプ」だ。

フォロワーに向けてクイズを出題できるようなので、クソどうでもいいクイズを出題してみたぞ!

続きを全部読む

【バレンタインクイズ】このブルガリのチョコレート(1個)の値段はいくら? ずばり当てましょう~ッ!!

もうすぐバレンタイン。昔ほどではないにしても、チョコレート商戦は盛んで、東京・新宿NSビルでは、毎年恒例の「サロン・デュ・ショコラ」が開催されている。

さて、問題です! 会場には、イタリアの高級ブランド「ブルガリ(BVLGARI)」も出店しており、チョコレートを販売しているのだが、そこで販売しているピスタチオのチョコレート(1個)はいくらでしょうか? ずばり当てましょう~ッ!!

続きを全部読む

【難読漢字クイズ】世界的に知られる地名「聖林」← さてなんて読むでしょう

音読み、訓読み、当て字など、色々ある漢字の読み方。それそのものはよく知っていても、漢字になるとどうやって読むのか分からないようなものも少なくない。そんな難読な漢字が使われるものの1つに地名がある。

この度、私(中澤)が驚いたのは、世界的に知られている地名『聖林』だ。「そんな地名知らんぞ」と思ったあなたも絶対知っている。さて、どう読むか分かるだろうか?

続きを全部読む

【懐かしクイズ】ポケベルのサービス終了 以下の『ベル文字』を解読せよ →「084」「0833」「10105」など

また一つの平成が終わろうとしている。NHKによればNTTドコモは、ポケベルこと「ポケットベル」のサービスを2019年9月で終了するという。最盛期には全国で1000万台が契約されていた “無線呼び出しサービス” のことである。

スマホや携帯電話の普及に伴い、現在ではおよそ1500台のサービス提供となっているというから、サービス終了はやむを得まい。それより今回は、懐かしのポケベルを思い出す『ベル文字』に関するクイズをお届けしよう。

続きを全部読む

【クイズ】難読「妖怪」をあなたはいくつ読める!?『姑獲鳥』『陰摩羅鬼』など

私たちが日々お世話になっている「漢字」。ひらがなも良いが、漢字は見ただけで意味が想像できたりもするのでとても便利だ。とは言え、逆に何と読むのか、何を意味するのかサッパリ分からない漢字に遭遇する機会も少なくない。

特に難しいのが地名と人名で、最近の子どものキラキラネームは全く読める気がしない。しかし、名前が難しいのは人間だけではないぞ。「妖怪」の名前だって難しいのだ。以下に5つ挙げてみたので挑戦してくれよな。あなたはいくつ読めるだろうか……!?

続きを全部読む

「有給チャンスメール」についてジャパンビバレッジに問い合わせたら回答が来た / クイズ不正解だと有給が取れないは本当なのか?

有給が欲しかったらクイズに正解してみな! 不正解だったら有給ナシだ。さてクイズの結果は……不正解でした〜! はい、全員有給ナシ! 

──そんな鬼畜のような内容のメールを上司が部下に送ったと、最近ネットやテレビで話題になっているのをご存知だろうか? いわゆる『有給チャンス事件』とも言われる本件は、自動販売機事業大手の「ジャパンビバレッジ」の支店長が部下に送ったと言われている。

もし本当だとしたら相当に悪質だが……マジなのだろうか? そこでロケットニュース編集部が同社に直接問い合わせたところ、以下のような回答がメールで来たのでご紹介したい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7