「オッサン」にまつわる記事

マシュマロボディで魅了! たわわ系オヤジが大自然で脱いだカレンダー『気まぐれな森の住人と仲間たち』が強烈 / ウホカレ2018

“誰もが思わずウホっと振り返るイイ男たちが一肌脱いだカレンダー” こと「ウホカレ」。先日、紹介した『オーストラリア消防士カレンダー』は、いきなりの6種展開! ウホカレ豊作を思わせる一品であった。

だがそれに負けるとも劣らない強烈インパクトなウホカレを発見したのでご報告だ。一言で表現するなら「 “ぷるぷるたわわ” な小悪魔カレンダー」。その名も『気まぐれな森の住人と仲間たち』だ!

続きを全部読む

【社畜ハック】職場のオッサンをアニメ『NEW GAME!』のキャラに見立てると許せる

今日も今日とて働きたくないでござる。もう帰ろうかな。私(中澤)がこんなに出社したくないのには原因がある。なぜなら、職場がオッサンだらけだからだ

一度で良いからアニメ『NEW GAME!』みたいな美少女しかいない性善説の職場で働いてみたい。お仕事アニメしてみたい。というわけで、職場のオッサンを『NEW GAME!』のキャラに見立ててみることにした。

続きを全部読む

男性だらけの会社で働く “女性” に聞いた「オッサンと上手く付き合う方法」が深イイ

職場でのオッサンとの付き合い。そう聞いただけで、内心「うわ〜」となる人は少なくないだろう。実際のところ、書いている私(35歳)も、自分がオッサンであることを忘れて「うわ〜」となっている。だって、面倒くさいじゃん。オッサンって。

でも、男性の私でさえ “オッサン = 面倒くさい” と感じているんだから、世の女性たちはもっと思っているはず。「どうやって、あんなのと付き合っていけばいいんだ……」と。そこで、その付き合い方についてオッサン慣れした女性に話を聞いてみたら ちょっと深イイ答えが返ってきたので紹介したい。

続きを全部読む

【衝撃】メイクを落とせるアプリ「MAKEAPP」で女装好きのオッサンの素顔暴いたらやべぇええええッ! ってなった

最近の画像加工アプリの技術はスゴイ! アプリそのものもさることながら、撮影した画像をFacebookやInstagramでも面白く加工することができる。もはや、元の顔がどんなものだったのか、想像することさえできなくなっている。

そんななか、まったく逆のアプローチのアプリが登場した。そのアプリ「MAKEAPP」(iOS)はお化粧した顔の素顔を暴くような加工ができてしまう! 女子にとっては脅威ッ!! いや、女子だけではない。女装好きのオッサンにとっても脅威だ!

続きを全部読む

【過酷な現実】長身イケメンと短足オッサンがGUで買った同じ服を着たら、いろいろおかしなことになった!

以前の記事で、高身長(190センチ)のイケメン男性は何を着ても似合うことが判明した。それがたとえ、原宿系のド派手なファッションでも似合ってしまう。不思議なくらいに “アリ” になるのだ。

では、高身長イケメンと短足のオッサンが同じ格好をしたら、どれだけの違いがあらわれるのだろうか? 今回はそれを検証するために、格安ファッションブランド「GU」で同じ服を購入して、それぞれ着用してみた。すると……何だコレ? いろいろおかしなことになってしまって、どこからどうツッコんでいいのか、まったくわからん!! 同じ格好なのに!

続きを全部読む

『ドモホルンリンクル』の無料お試しセットをオッサンが試した結果 / 驚くべき変化が!

美しくなりたい。男女問わず、誰もが1度は抱いたことがある願望ではなかろうか? 何を隠そう、私(りょう)もそう願う1人だ。30代半ばは肌の曲がり角。加速するオッサン化を止められないのだろうか?

悩んでいたその時! 目に入ったのが『ドモホルンリンクル』無料お試しセットのCMだ。素肌に張り、潤いを与えてエイジングケアしてくれるこの商品に、一筋の光を見出した私はさっそく再春館製薬所に注文。はたして、オッサンが美肌を手にすることができるのか!?

続きを全部読む

【コラム】オッサンの筋トレの「心の支え」は松本人志だ! 松ちゃんの姿を見ると元気と勇気が湧いてくる

私(佐藤)も気が付けば40歳を超えた。若い頃は思ってもみなかったのだが、この歳になると加齢臭はするし、ちょっと大食いすると胃がもたれるし、人の名前はすぐ忘れるし、何でもないところでつまずくし……。

おまけに、放っておくと中年太りする。なので、私は筋トレを始めたのだが、成果だってなかなか出ない。「これやっても意味ないだろ?」と自問したくなるのだが、あの人のことを思うと元気と勇気が湧いてきて、「いや、意味がある!」という結論に達する。あの人とは、お笑い芸人の松本人志さんだ。

続きを全部読む

【事実】「うちの子マジで天使!」とか言ってる親御さんに伝えたい! どんなにカワイイ子でも天使のままじゃないからね

子どもは宝だ、子どもは天使だ。そのことは間違いないと思う。ただ、親バカと言われる人たちは、可愛く感じる気持ちがあまりに強くて、ある種の魔法にかかっていると言っていいのかもしれない。

なぜなら、時間の流れは人が思う以上に残酷な側面を持ち、どれだけカワイイ子でもいずれ歳を重ね、大人になり、あの汚れなき姿は過去のモノになってしまうからだ。考えてもみてほしい、あなたも私(佐藤)も、カワイイ子どもだったはずじゃないか……。

続きを全部読む

【絶句】仕事中でも「ポケモンGO」に夢中のオッサンが、ウソをついてまで外出するのはいかがなものか?

ロケットニュース24編集部は、平均年齢33歳くらいである。オッサンが大多数だ。多少は若く見えるメンバーもいるが、オッサン率の高い集団である。当然全員大人であるはず、いや、そうでなければならない。

しかし、中には子どもじみた行動をとる者が数名いる。たとえば、仕事中なのにずっとゲームをしていたりする。ここは職場であり、勤務中であるにもかかわらず、コンビニに行くフリをして平気で「ポケモンGO」のモンスターを捕まえに行ったりするのだ。それが私(佐藤)には信じられないのである。

続きを全部読む

【育成成功】あのディズニー映画の美少年は今 → 筋肉ヤベッ! 輝くマッチョバディに大・成・長!! 『リアル・スティール』マックス役のダコタ・ゴヨくん

花は散るからこそ美しい。いずれ散ってしまうのがわかっているから、一瞬の美しさを惜しむように愛でるのだ。我々が、ことさら美少年に惹かれるのも同じこと。いずれオッサンになってしまうから、いっときの愛らしさに釘づけになってしまうのだ……!

多くの美少年が、オッサンへと変貌を遂げているなか “育成成功事案” が発掘されたと話題になっている。あのディズニー映画の美少年が、ムキムキマッチョバディのセクシーガイに大・変・身! 再び世のお兄さんやお姉さんをキュンキュン言わせているのだ。『リアル・スティール』マックス役のダコタ・ゴヨくんである。

続きを全部読む

【真剣コラム】なぜオッサン(私)の投稿にオッサンが群がってしまうのか? 考え得る5つの理由

SNSを活用している人は多いと思う。私(佐藤)もTwitter・Facebook・Instagramを積極的に活用し、日々感じたことや自分の執筆した記事を紹介するなどしている。しかしひとつ疑問がある。それは、なぜレスがオッサンばかりなのか? ということだ。

女性も投稿してくれるのだが、圧倒的にオッサンが多い。オッサンの発言にオッサンが群がっているような状況だ。なぜ、オッサンがオッサンに頻繁にレスしてしまうのか、真剣に考えてみた。

続きを全部読む

【小遣い稼ぎ】スマホで撮った写真を簡単に売れる「Snapmart」にオッサン写真を300円で出品したらマジで売れてビビった!

勢いでスマホで写真を撮った経験は、誰にでもあると思う。思わずテンションが上がってしまったり、友達が撮ってるから、それにつられてカメラアプリでパシャリ! あとから「なんでこんなの撮っちゃったんだろ」って後悔したり……。

そんな後悔の残った写真も、ムダでなくなるかも!? 2016年6月1日から画期的なウェブサービスがスタートした。それは「SnapMart」である。アプリ(iOSのみ)をiPhoneに入れて、実際にサービスを利用してみたところ、ただのオッサンの写真が300円(税別)で売れたぞ! これで小遣い稼ぎができるか?

続きを全部読む

【アンケート】10代女子400人に “独身・彼女いないオジサン” をどう思うか尋ねたら、超ストレートな意見が大噴出!!

「草食系男子」や「絶食系男子」という言葉が叫ばれるようになって久しい。結婚をしていないどころか、彼女もおらず、そのまま生涯独身を貫くんじゃないか? と思われる男性のことだ。「男子」というけど、男子という言葉がふさわしくない、オジサンも少なくないだろう。

そんな独身・彼女なしのオジサンを、10代の女の子たちはどう見ているのだろうか? 10代女子を対象に、彼女たちの恋愛事情、および独身・彼女なしオジサンについてアンケートを実施したところ、さまざまな意見が飛び出してきた! 意外とあたたかい意見がある一方で、かなり辛辣なコメントも。

続きを全部読む

【超人】ゆるキャラ「ちょうせい豆乳くん」がフルマラソン完走! しかも “着ぐるみなし” の状態より速いタイムを叩き出す

皆さんは覚えているだろうか? きっと誰も覚えていないと思うけど、2015年9月にフルマラソンに挑戦することを発表したゆるキャラがいた。「ゆるキャラが走る」というと聞こえはいいが、要するにオッサンが着ぐるみを着て走るだけの話である。

そのオッサン、いや、ゆるキャラ「ちょうせい豆乳くん」は、2016年3月27日に千葉県佐倉市で開催された、佐倉朝日マラソンに参加。完走できなければ引退すると公言していた。こりゃ確実に引退だな、私(佐藤)はそう思っていたのだが、まさかの完走! しかもオッサンが着ぐるみを着ずに走るより速いタイムを叩き出したのだ。超人じゃねえか!

続きを全部読む

デザインが驚くほどダサい! ダサ可愛いと人気の「アグリーセーター」をオッサン3人が着たらこうなった!!

皆さん、「アグリーセーター」をご存じだろうか? 最近1万円コーディネートシリーズですっかりオシャレに目覚めた私(佐藤)は、アグリーセーターというアイテムがあることを知った。

・ダサい!

これはその名の通り、醜いセーターのことである。大手ファッションブランド「フォーエバー21」に専門コーナーがあることを知り、早速買いに行ってみたところ……。ひどい! このセーター、マジでダサいじゃないか! コレをオッサン3人が着てみたところ……。あれ? 意外とイケるやん!!

続きを全部読む

【画像あり】SNSで出会った美女とホテルへGO!! → 昏睡強盗だった / しかも女の正体が「48才ハゲ親父」

よく、「うまい話には裏がある」という。親からも世間からもあんなに “気をつけなさい” と言われているのに騙されてしまうのは、人がいいからなのか。それとも愚かなのか……。

先日、ある男性が悲しい事件に巻き込まれてしまったそうだ。彼は、SNSで出会った美女と、その日のうちにホテルへ! だが、そこでウホウホ気分から一気に地獄に叩き落されたのだ。その美女の正体は昏睡強盗。しかも、その正体は女ではなく、ハゲた中年男性だったのである。

続きを全部読む

みんなも試してみよう! Twitterで話題の「リア充偏差値」/ LINEの友達数とTwitterフォロワー数で計算

皆さんは自分のことをリア充(リアルが充実)だと思っているだろうか? それとも非リア充か? 実際のところ自分がリア充かどうか、よくわからないという人が多いはず。

現在Twitterで「リア充偏差値」というのが話題になっている。単純な計算式で偏差値を求められるので、試してみてはいかがだろうか。この数値の信頼性はさておき、面白いのでトライしてみよう。計算式は以下の通り。ちなみに当編集部のオッサン3人が試したら、ひどいことになった……。

続きを全部読む

【レポート】人生でやり直したい失敗ある? との質問に約8割が「はい」と回答 / ニコ生オッサントークに視聴者納得

誰にだって取り返しのつかない失敗は、1度や2度あるはずだ。仕事だろうが恋愛だろうが、大なり小なり何かの失敗を重ねて、人は成長するはず、そう思いたい。しかし失敗は失敗である。挽回できない類の失敗も少なくない訳だ。

たとえばそのことをきっかけに、誰かと顔を合わすことができなくなったり……。モノを壊してしまい二度と修復できなくなったり……。はたしてどれだけの人が、人生でやり直したい失敗を経験しているのか。最近行ったニコニコ生放送で、視聴者にアンケートを実施してみた。その結果!

続きを全部読む

床屋で「スティーブ・ジョブズみたいにしてください」と頼んだら決定的に何かが足りないただのオッサンになったでござる

私(筆者)は以前から、ある人物に似ているといわれることがある。その人物とは、iPhoneの生みの親にしてアップル社の共同設立者、スティーブ・ジョブズ氏である。「佐藤さん、髪短くしてタートルネック着たら、かなり似ると思いますけどね、マジで」との声も、1人からある。

それならちょっと髪を短くしてみようという気になって床屋へ行った。そして、「この人みたいにしてください」とジョブズ氏の画像を見せると、理容師さんは「わかりました」と一言。マジかよ! ジョブズ氏になれるのか!? と散髪に期待したのだが、結果は……。

続きを全部読む

子どもの頃にヒーローに憧れたオッサン必見! 手から火の玉を発射させるガジェット「Pyro Fireshooter」がめっちゃカッコイイ!!

男の子であれば、誰でも一度はヒーローに憧れたはず。手や目からビームが出ることを妄想して、「ビーッ!」とか「ガーッ!」とか喚きながら、友達と対決ごっこをしていたかもしれない。その夢は、オッサンになった今でも持ち続けているだろうか? もしも持ち続けているのなら、それが夢ではなくなるかもしれないぞ……。

アメリカのマジック用品を製造販売するメーカーが、とんでもない商品の販売を開始している。その商品とは、手から火の玉を発射するガジェットだ。手から火の玉? そんなの子供だましだろ?……と思われるかもしれないが、ネットに公開されている映像を確認すると、これがバカにならない代物だ。むちゃくちゃカッコイイぞ~ッ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2