「生活」カテゴリーの記事

大きなフォークを使うと、食べる量が少なくなる可能性がある

アメリカの研究者が、食事について非常に興味深い調査内容を発表を行っている。それによると、食事のときに一口で食べる量が、1回の食事の量に大きく影響を与えているようだ。彼らはレストランで、2種類のフォークを用意して、客の食べる量を計測した。その結果、大きなフォークを使った場合に、全体の量が少なくなる傾向にあるようだ。

続きを全部読む

ベンツで逃げようとした泥棒をトラクターでつり上げてやった

ノルウェー在住の、とある年配の男性が注目を集めている。彼は7月17日、近所に押し入った泥棒を、とても大胆な方法で捕まえたのだ。その方法とは、なんと車に乗り込み逃走しようとしたところをトラクターでつり上げたのである。警察が到着するまでに45分もの間、捕まえ続けていたのである。

続きを全部読む

素足で履いても清潔? たった5つのパーツで作ったカスタマイズ可能なスポーツシューズ!

いやはや、サンダルのみならずスポーツシューズもカスタマイズする時代のようです。デザイナーのニコラス・カウチさんが考えた、パーツを取り替えられるシューズが、海外デザインコンテストのアイディア賞を受賞。今後市場でもお目見えするかもしれません。

続きを全部読む

若ハゲ予備軍の人たちに朗報! 「毛の魔術師」が開発した育毛ローションが結構スゴイぞ

熱い日が続く日本列島。おまけに今年は電力にも意識をすべきで、エアコンの温度も控え目設定、おのずと露出度の高い服を着ることになる。となると気になるのが「ムダ毛」であり、生えたら生えたで人は悩む。しかし、生えなかったり抜けたりで年中悩むのが、若ハゲ予備軍の人たちだ。生えても悩み、生えなくても悩む。なんて人間は悩み多き生き物なのであろうか。

続きを全部読む

1台でドリンク120種類以上! コカ・コーラの新型マシンがすごい

あなたはメニューからドリンクを選ぶ際、選択肢が多い方が嬉しいタイプ? それとも迷ってしまうから選択肢は少なくていいタイプ? コカ・コーラ社の新型ドリンクマシンが、前者のタイプの人々に人気を博している。なんと1台で120種類以上のドリンクを提供できるというのだ。

米国では多くのファーストフード店が、カウンターでドリンクのカップを購入した客が自ら好きなドリンクをマシンで入れるというシステムを取り入れている。フロリダ州のバーガーキングなどで導入されているこの新型ドリンクマシン「フリースタイル」、タッチパネルでベースとなるドリンクやフレーバーが選べるのだが、その数なんと125種類!

続きを全部読む

ふだんはプロレスの「プ」の字も言わないくせに、実は内心プロレスが好きな「隠れプロレスファン」は、意外と多いと言われています。そのような人は、相手が「間違いなくプロレスファンである」と確認できないと、なかなか本性をあらわしません。

まったくそんな素振りは見せていなかったのに、実はダンナがプロレスファン。実は彼氏がプロレスファン。実は気になるあの人がプロレスファン……である可能性はゼロとは言えません。ということで今回は、プロレスファンかどうかを確かめる質問を99個用意しました。当てはまった項目を数えながら読み進めてください。

続きを全部読む

海へ行くなら、その土地に詳しい人と友だちになろう / 誰も知らない穴場を知ってるはず

もうすぐ夏休み! 今から旅行の計画を立てたり、海や山に出かける予定を組んでいる人もいるだろう。不慣れな土地に行くのなら、その土地の情報に明るい人と仲良くなっておいた方がいい。特に海に行く場合には、予定している海岸や浜のことを良く知っている人と仲良くしておくべきだ。

なぜなら、海に詳しい人は、自分だけしか知らないという最高のスポットを1つや2つ心得ている。その人がこっそり訪れるという、隠れ家的な場所に連れてってもらおう。

続きを全部読む

震災後の夏休み…子供の外出に不安! 対策していない約6割も! 防犯・防災上に適した携帯キャリアとは?

大震災のあと、それまでごく当たり前だった便利な生活基盤が完全にストップし、多くの日本人が混乱の渦中に立たされました。あのとき、家族や知人の安否を確かめようにもできず、誰もが不安な時間を過ごしたことでしょう。

いつやってくるともわからない大地震。特に小さい子供を持つ親は、子供を外出させることに不安を感じているようですが、肝心の対策は手付かずのままだということが判明しました。

続きを全部読む

キムチキムチキムチキムチ! 大阪鶴橋商店街のキムチストリートがキムチ!

右を向いてもキムチ、左を向いてもキムチ、前を向いても後ろを向いても、とにかくキムチで埋め尽くされている通りが、大阪にあるのをご存知だろうか? その通りとは、大阪市東成区にある「鶴橋商店街振興組合」のとある1本の通りだ。近鉄大阪線の高架橋の下に、軒を連ねるお店にはキムチが所狭しと並べられているのである。

続きを全部読む

タイ女子大生の制服はパッツンパッツンだけじゃない! タイの「大学制服の総本山サイト」がなかなかスゴイぞ

以前、「タイ女子大生のパッツンパッツン制服」についての記事をお伝えした。タイの女子大生が着用しているタイトな制服に、意外な効用があったという内容だ。

最初からタイ女子大生のパッツンパッツン制服を知っていた人も、知らなかった人も、あらためてパッツンパッツンの素晴らしさについて興味を持っていただけたようだが、もうひとつ知っておいてほしいことがある。

それは、タイの女子大生は超タイトでセクシーなパッツンパッツン制服だけではないということだ。

続きを全部読む

交通警官決死の逮捕劇、無関係な市民まで参加して大捕り物に

7月10日、中国・四川省の成都市で、偽タクシー摘発の瞬間を防犯カメラが捉えた。このドライバーは、交通警官の制止を振り切り、なんと警官に体当たりをして逃げようとした。間一髪でボンネットに飛び乗った警官を乗せたまま、走行して逃げようとしたのである。

ところがこの事態に気付いた正規のタクシーやバスがこれに参加。偽タクシーの走行を遮って、さらに無関係な市民まで集まる大騒ぎになった

続きを全部読む

コーラが2缶くっついた自販機を発見! ボタンを押すと何が出てくるの?

暑い日が続くと、冷たい飲み物が欲しくなる。自動販売機の「つめた~い」という文字に癒されるという人も多いのではないだろうか。しかし商品の品揃えもさまざまで、何を選ぼうか迷ってしまうはず。

以前ロケットニュース24で、東京・秋葉原に「何が出てくるのかわからない自販機」についてお伝えしたのだが、島根県・松江市の某所には、これに勝るとも劣らないユニークな自販機が存在した。そこにはなんと、コカ・コーラが2缶くっついた商品が存在する。

これは何ミリリットル缶なんだ? 実際に購入してみたぞ!

続きを全部読む

台湾ではお葬式にストリッパーが登場し、妖艶にポールダンスを踊る

最近アメリカの文化人類学者が制作した、台湾に関してのドキュメンタリー映画が話題を呼んでいる。その作品のタイトルは『ダンシング・フォー・ザ・デッド:台湾の葬式ストリッパー』。まるでB級ホラー映画のようなのだが、実はこれは真面目なドキュメンタリーである。

台湾では、都市部では廃れたものの、田舎では葬式にストリッパーを呼び、弔問客と祭壇を前にしてダンスを踊るという習わしがある。しかもただ踊るだけではなく、全裸になるそうだ。他の宗教国家であれば、不謹慎であるように思われるのだが、これにはいくつかの理由があった。

続きを全部読む

タイ女子大生のパッツンパッツン制服を日本人女性に着せてみた! 「軽くて涼しい」「肥満防止」など驚愕の実力

ハンパなく暑い今年の夏。この暑さを乗り切るには、涼しい洋服を着るのが手っ取り早く、参考になるのは暑い国の服である。アフリカや南国の島々、暑い国は山ほどあるが、身近な熱帯国といえば東南アジアのタイである。

ということで今回は、タイの女子大生が着用しているピッチピチのパッツンパッツン制服を本誌女性記者に着用させ、その使用感などを徹底レビューしてもらったぞ!

続きを全部読む

3Dテレビはもう古い! これからは「着るテレビ」の時代だ

最近のテレビ市場は、地上デジタル放送対応商品に次いで、3D(立体視)対応のテレビやパソコンモニターが続々と登場し、活況を見せている。そんななか、もう一歩先を行くテレビモニター技術を、とある技術者が開発し、脚光を浴びている。彼が開発したのは、なんと着るテレビである

続きを全部読む

「ガキはやかましいから連れて来んな!」レストランオーナーの決定に波紋

アメリカのとあるレストランのオーナーが、来客についての新たな規則を設け、波紋を呼んでいる。その規則とは、子どもを連れて来ないことだ。もしも、6歳以下の子どもを連れている場合には、入店を断わられることになるという。

オーナーの言い分では、子どもはうるさく、他の客に迷惑をかけるというのだ。たしかに、子どもがいるとにぎやかであることには違いない。しかし子ども連れを締め出すのは、行き過ぎとの声が相次いでいる。

続きを全部読む

人は時に本心とは裏腹にものを言う。複雑な人間社会を生き抜くために必要な処世術だが、この行為は一方で思わぬ落とし穴にもなる。人間関係において誤解や混乱を招くもとにもなるし、ひどくすればうっかり騙されてしまうことだってありえるのだ。

人の隠れた本音を見抜く能力を身につけられたら社会生活はいったいどれほどスムーズになるだろう。「人の本音を見抜くメガネ」がこの世にあれば……あるのである!

続きを全部読む

7月7日は七夕であった。地域によっては、月遅れで8月7日に短冊を飾るところもあるかも知れないのだが、先日の七夕の際に、とあるブログユーザーの息子さんが、幼稚園で将来の夢を短冊に書き、家に持ち帰ったそうだ。そこにはこう書かれていた。

「けいさつかんになりたいです」

とても頼もしい願いであり、父親であるブログユーザーは嬉しく思ったという。しかし、その理由がなかなかユニークで、インターネット上で注目を集めている。

続きを全部読む

太陽電池技術にさらなる未来到来か? 印刷できるソーラーパネル誕生

自然エネルギーの技術開発が世界中で進むなか、またひとつ有望な技術がお目見えしそうだ。その技術とは、印刷できるソーラーパネルである。従来の太陽光発電は、パネルの製造コストが高く、普及にも時間がかかるとの指摘があった。

今回発表された技術が実用化すれば、コストは飛躍的に抑えられるものと期待が高まっている。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 745
  4. 746
  5. 747
  6. 748
  7. 749
  8. 750
  9. 751
  10. ...
  11. 770