「生活」カテゴリーの記事

東京の水道水は大丈夫なのか / 放射能測定結果をチェック

現在、福島の東京電力福島第一原子力発電所から高いレベルの放射線汚染水が流れ出しており、深刻な状態が続いている。また、福島近隣の野菜や魚介類からも基準値を上回る放射性物質が相次いで検出。そして以前、東京の水道水からも基準値を超える放射性物質が検出され、水の買い占めなどの問題にもなった。

それでは、現在の東京の水はどのような状態になっているのだろうか?

続きを全部読む

寝たままメシが食えるTシャツ発売中

寝たままパソコンができるスタンドや、寝たまま本が読めるブックスタンドがあるように、「寝たまま」グッズは一定の需要があるようだ。たしかに疲れた時や、ダラダラしたい休日などは、布団から1ミリも動きたくないし、できることならメシも寝たまま食いたくなる。

そんな時に役立つのが、寝たままの状態でメシが食えるTシャツ、その名も「The Original Shirt Plate」である。

続きを全部読む

広東省在住の男性が、借金のカタに臓器を売った体験談をメディアに語った。片方の腎臓と引き換えに手にしたのは4000ドル(約34万円)。

ポーカーゲームにハマり、3000ドル(約25万円)近く負けてしまった胡さん(26)。溶接工の月給400ドル(約3万3700円)では高利子の借金を返済するのは難しい。そんな時ある考えが浮かんだ。「腎臓を売ってしまおう!」と。

続きを全部読む

アメリカのアーカンサス州で州知事が下着、お尻、女子の胸が露出される服装を禁止する法案にサインをし話題となっています。

州内の教育関係者の間では長いこと学生のジーンズの腰パンが問題視されていました。「この法案が通ったことで学習環境が良くなると思います」と教育委員会の会長はコメントしています。

学生達はこのようなファッションからケンカになったり、怪我をしたりということが多く見られていたそう。また法案可決の背景には学生はその後社会に出た際にTPOに応じた服装をするというマナーを今から学ぶべきという理由もあるそうです。

続きを全部読む

リサイクル業者が避難者の新生活を支援、企業の求職呼びかけも

震災で被害の大きかった宮城、岩手、福島などの地域から、他の都道府県へ一時疎開する人が増えている。各自治体は公営住宅などを提供し、6カ月から1年の支援を発表。全国で支援体制の輪が広がったいる。

北海道札幌にも被災者が移住しているのだが、あるリサイクル業者が一時疎開の支援に乗り出した。社長の湊源道さんはブログで被災者の状況や支援体制について公開している。4月3日の投稿によると、被災された皆さんは生活の不便だけでなく、避難先で思わぬ冷遇を受けることさえあるというのだ。

続きを全部読む

連日完売! 福島・茨城の農産物販売「買いたくても買えなかった」

2011年4月1日、東京有楽町の交通会館で福島県と茨城県の農家・農業団体等が中心となり、『買い控えを吹き飛ばせ!福島・茨城の農家を応援しよう』キャンペーンを開始した。開催最初の週末となった2日は好天に恵まれ、会場の有楽町駅前交通会館マルシェにはたくさんの人で溢れた。

当初、出荷自粛制限のあった農作物以外の買い控えが、流通業界に広がったこともあって、開催について主催者側でも激しい議論が行われたという。「かえって生産者を傷つけることになりはしないか」との声もあり、消費者の反応が懸念された。

しかし、初日から客足は好調で、各店舗とも連日完売。なかには、「野菜を買いたいと思っていたのに、スーパーになくて困っていた」という人さえいた。

続きを全部読む

ロイヤルウェディング一色の英国、記念冷蔵庫まで登場

英国ウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの結婚式まであと1カ月。4月29日のロイヤルウェディングに向けて、ロンドンは祝賀ムードが高まっているという。町は華やかな雰囲気に包まれ、記念グッズが次々と登場している。そんななか、意外な商品が登場し話題を呼んでいる。それは、ロイヤルウェディング仕様の冷蔵庫だ。前面に王子とケイトさんが抱き合う写真が飾られており、台所に立てば、いつでも2人の幸せな笑顔を見ることができるのである。
続きを全部読む

皆さんは、「生理カップ」をご存じでしょうか。これは、ナプキン、タンポンに代わる生理用品として、数年前から注目を集めているアイテムです。鈴の ような形をしたシリコンやゴム製の生理用品で、タンポンと同じように膣の中に入れて使います。タンポンと違うのは、経血を「吸収する」のではなく「溜め る」という点。日本ではまだあまり浸透していませんが、欧米ではさまざまな「生理カップ」があり、多くの女性が使用しています。

なかでもカナダで発売され、日本でも使用する女性が増えているのが、カナダ製の「ディーバカップ」です。

続きを全部読む

液晶に貼るだけでケータイ充電ができるフィルム! 1年以内に商品化

フランスのテクノロジーメーカーが、画期的な透明フィルムを開発し注目を集めている。このメーカーによれば、液晶などのタッチスクリーンに貼るだけで太陽光充電が可能なフィルムなのだという。このフィルムをあれば充電器を使う必要がなくなるとしている。しかも、早ければ1年以内に商品化される予定とのこと。

続きを全部読む

地震発生から3週間近くがたとうとしていますが、いまだ被災地では食料が手に入りにくい状況が続いています。思うように食材が手に入らず、パンや カップ麺、お菓子などで過ごしている方も多いと思いますが、それでは栄養が足りません。また、ようやく手に入った肉や魚、野菜なども新鮮なうちにと食べ 切ってしまうと、すぐに食材がなくなってしまいます。

そこでおすすめなのが、保存食づくりです。食材を発酵させて保存食にすれば、肉や魚、野菜などの生鮮食料品が長く食べられるうえに、身体に必要な酵素や生きた善玉菌を摂取できて、健康維持とストレス回避に役立ちます。

被災地での生活を助けるアイディアが掲載されているサイト「OLIVE」では、さまざまな保存食づくりの方法が紹介されています。

続きを全部読む

現役女性モデルや現役の女性タレントらで、誰が最も美脚なのかを決める「美脚一コンテスト」。たった2カ月チョイのエステ体験で、どれほどの変貌、そして美脚になったかを争うという、まさに「美脚をかけた女達の戦い」だ。

そして先日、し烈な戦いを制したグランプリが発表された。美脚女王となったのは、現役モデルの飯島香織さん(22歳)。身長172cm、スタイル抜群の美女である。

彼女は2カ月9日の短い期間に、ウエスト-7.1cm、体重-3.6kg、そしてヒップ-3.2cm、太もも-2.7cm、というバランスのとれたサイズダウンに成功。もともと美脚な飯島さんだが、より美脚が強調された結果を反映してのグランプリ受賞と相成った。

続きを全部読む

地震が起きているわけではないのに、体が揺れているような感覚やめまいなどを感じる「地震酔い」。

3月22日に気象庁が発表した報道資料によれば、岩手県沖から茨城県沖で3月18日12時から22日12時までの4日間に発生した余震の数はマグニチュード5.0以上のものが318回にも及ぶとしています。東北や関東を中心に余震は現在も続いているため、本当の地震なのか、揺れているように感じてしまうだけなのか戸惑ってしまう人も多いようです。

医師に相談できるQ&Aサイト「アスクドクターズ」には、「地震酔い?」というタイトルで地震後から常に揺れている感じがおさまらないという相談が寄せられています。

続きを全部読む

夢の発電技術を米大学が研究中、「1.5リットルの生活廃水で1日分の発電ができる」

米マサチューセッツ工科大学(以下:MIT)の研究者は、植物の光合成の原理を応用し、発電する研究を進めている。このほど、太陽光発電よりもはるかに効率的で、無駄のない発電方法について発表を行った。それによると、早ければ来年までに、一般家庭の電力源を、生活廃水1.5リットルでまかなえるかもしれないというのだ。

続きを全部読む

ハッピーバースデーの歌が嫌いで嫌いでどうしようもない子

誕生日といえば、必ずといって良いほど誰もが口ずさむ歌「ハッピーバースデー」。誕生日を迎えた人に向けて、おめでとうの気持ちを伝える歌なのだが、この歌が嫌いでどうしようもない男の子の動画が話題を呼んでいる。この子は、兄が歌を歌い始めると「ノー!!」と絶叫し、泣き出してしまうのだ。

続きを全部読む

英国アーティストが自らの排泄物の香水を開発

イギリスのアーティストが、とんでもない匂いの香水を開発し話題を集めている。彼は、自らの排泄物の香水を開発し販売を開始したのだ。しかも驚いたことに、すでに25本も販売しているという。

続きを全部読む

様々な数字で見る日本再建への道のり

3月11日の地震から2週間以上経った今も、余震と放射能の恐怖が東日本を覆うなか、海外メディアが「数字による日本の再建」と題して、日本が今回の災害から復興するために必要なことや被害の大きさなどを数字で表している。

以下が、ニュースサイト「The Week」が3月22日付で報道した主な数字だ。

2470億ドル(約20兆70億円)
与謝野経済財政担当相が発表した、復興に必要とされる額

2350億ドル(約19兆350億円)
世界銀行が発表した、復興に必要とされる額

1000億ドル(約8兆1000億円)
1995年の阪神大震災時に復興に要した額 続きを全部読む

地震に津波に放射能に電気に水……。未曽有の大震災から2週間以上経った今でも、東関東は非日常な状態が日常となりつつあり、不安な毎日を過ごしている。

先日、「ヤクザの災害支援活動」という記事をお伝えしたが、まさに非日常な光景がそこにはある。それでは、もう少し若手のヤンキーたちは、この震災をどのように捉えているのだろうか。自己紹介ページが作成できるサイト「前略プロフィール」を使って調査してみた。

キーワードは主に、ヤンキーたちのバイブル雑誌『チャンプロード』と、放射能、福島など。ヒットしたプロフィールをチェックしてみると、ヤンキーたちの意外な一面が明らかになった。

続きを全部読む

「日本の妊婦が危険にさらされている?」米FOXニュースが報道

原発事故の余波が次々と押し寄せている。野菜や水、土壌の放射能汚染に関するニュースが海外でも報じられる中、アメリカのFOXニュースが「日本の妊婦は危険にさらされているのか?」と、放射線が妊婦に影響を懸念する記事を発表している。

胎児期の放射能被曝(ばく)は、母親の腹部への放射線照射や放射性物質の吸入、経口摂取によって起きる。子宮に守られているため、放射線量は母親自身がさらされるよりは少ないが、それでも細胞分裂が活発な時期の胎児への影響は非常に大きい。

続きを全部読む

重婚していたアメリカ人男性 / Facebookでバレて逮捕される

世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)であるFacebook(フェイスブック)には、プロフィール欄に「交際ステータス」というのがあり、「独身」「交際中」「既婚」など、自分の交際状況を選択できるようになっている。

なかには、「複雑な関係」という選択肢もあるのだが、まさにその「複雑な関係」だったといえるであろうひとりのアメリカ人男性が、Facebook上に掲載した写真をきっかけに逮捕されたそうだ。

ミシガン州出身の34歳、リチャード・バートンさんは、インターネット上で知り合ったアディーナさんと2004年に結婚した。しかし過去に住居侵入の罪で逮捕され、仮釈放の身であったリチャードさんはある日、仮釈放中の規則を破ったために再び収監されてしまった。これをきっかけに2人は連絡を取らなくなり、釈放後も別居状態は続いたそうだが、一方でFacebook上ではつながっていた。

続きを全部読む

アメリカの都市、被災した日本の姉妹都市の支援へ

東北地方太平洋沖地震を受けて、世界各国から支援を受けている日本。先の主要8カ国(G8)外相会合においても、日本に対する支援を確認した。このような各国の協力・支援体制に深く感謝せずにはいられない。そういった支援の中、カリフォルニア州ナパ市では、津波の被害によって押し流された宮城県岩沼市の写真を見て、住民が募金キャンペーンを企画した。また、テキサス州ガルベストン市では、ある市民グループが、雪や雨とともに落下する恐れのある放射性物質から新潟市民を保護するためのブランケットを縫った。また、アラバマ州タスカルーサ市では、東京湾に面する千葉県習志野市の市民のための募金活動を行った。 続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 742
  4. 743
  5. 744
  6. 745
  7. 746
  8. 747
  9. 748
  10. ...
  11. 757