「生活」カテゴリーの記事

耳の鼓膜が破れてしまった経験をもつ人は、世の中そう多くはないだろう。厚さ0.1ミリ、直径8ミリ程の薄い膜により外気と内耳が隔たれているわけだが、普段人々から完全に忘れられている存在ではないだろうか。

しかし記者は、膜の存在の有り難さを身を持って思い知ることになる。 続きを全部読む

一瞬で分かる心理テストが海外で話題になっている。そのやり方はいたって簡単。画像のような「うずまき」を紙などに描くだけだ。

何も考えずに、グルリと一気に描いて欲しい。

このうずまきから分かるあなたの性格は……

続きを全部読む

厚い胸板、隆々と盛り上がる胸筋……男らしさのシンボルのひとつ、「胸」。あなたのその胸がもし「女性化」してしまったら!? イギリスで男性の胸を小さくする形成手術数が増加している事実が明らかになった。

英国美容形成外科学会(以下Baaps)によると、2010年の男性の乳房縮小術件数は741件と、前年比28パーセント増。ここ数年右肩上がりに増加しており、1位の鼻部手術(993件)に次いで2位という件数だ。

続きを全部読む

海外旅行はもちろんのこと、ちょっとした国内の移動にも大活躍のソフトキャリーバック。愛用している人も多いのでは?

キャスターも付いているので移動もラクラク。スライダーの穴に南京錠やダイヤルロックを通せば盗難対策はバッチリだ!……と思われていたが、YouTubeにアップされた一本の動画が、ソフトキャリーバック愛好家たちの間で話題になっている。

なんと、ペン一本で簡単にバッグのファスナーを全開にしてしまうといった内容なのだ。

続きを全部読む

中国河南省洛陽市で新型消防車が公開された。消防車の荷台には巨大な筒が備え付けられている。実はこれは、中国消防が誇る新兵器「ウォーター・バズーカ」である! その名の通り、発射口からすさまじい勢いの水を発射させ、消火活動を行うのである。バズーカ砲の旋回可能範囲は360度。強力な消防車両の登場に消防官たちも、驚いているという。

続きを全部読む

幸せとはなんだろうか? お金、ご馳走、豪邸、仕事、権力、名声、理想の恋人……。 どんなに素晴らしいものであれ、それを手に入れてしまえば、幸せは薄れて行く。

幸せとは、得るものではなく、与える(愛する)ことではないだろうか? そんな、思いを裏付けてくれる、数々の調査結果が科学者より発表されている。

続きを全部読む

オレゴン大学のコーンウェル教授が、幼少期に食べたものの味付けがその後の味覚に大きく影響するという実験結果を発表した。

実験の内容は、未就学児童67人にフルーツ類、豆、野菜、牛乳などの自然食品11種と、アイス、ケーキ、スナック、キャンディー類、甘味飲料などの調味食品11種の写真を見せ、好きなものを選ばせるというもの。どれも普段から子どもたちが口にしている食物だ。

続きを全部読む

いつでもどこでも机に向かって勉強できる! それを可能にするのが子ども用の学習かばん、その名も「テディバッグ(Teddy Bag)」である。

カラフルな箱状のテディバッグを背負った子どもたちは、学校に着いたらまずは着席。かばんの中から荷物と「天板」を取り出して、かばんの上部に取り付けたら……ハイ、学習机の出来上がり!というわけだ。必要のない荷物はかばんの中に収入することも可能である。

続きを全部読む

Twitter、Facebook、 mixi。現在これらのソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)を利用する人は多く、今や私たちの生活に欠かせない重要なコミュニケーションツールのひとつだ。

しかし、そういったSNSが私たちの人間らしさを奪っているとすれば、あなたはどうするだろうか? そう警告するのはマサチューセッツ工科大学のシェリー・タークル教授。先日、SNSの危険性などを記した『Alone Together(一緒だけど、一人)』という彼女の本が出版され、現在注目を浴びている。彼女はその本の中で、SNSが私たちを現実世界から遠ざけ、現代の精神異常を生み出していると訴える。

続きを全部読む

絶対泊まりたくない!世界の汚いホテルランキング発表

旅行を計画する際、宿泊先は重要なポイントのひとつとなるだろう。内容によってはその旅の良し悪しをも左右する。誰でも値段と内容を考慮してできる限り素敵な場所に滞在したいものだ。

そんな悩める旅行者にとって、宿泊先を選ぶ際の参考になるかもしれないランキングが発表された。旅行クチコミサイト、トリップアドバイザーの「世界の汚いホテルランキング2011」である。

旅行者によるホテルの清潔感に関する評価を集計し、汚いと不評だった順にランキング付けしたもので、アジア、アメリカ、ヨーロッパの3つのエリアごとにそれぞれワースト10のホテルを公開している。今回は、その3つのエリアのワースト3をご紹介したい。 続きを全部読む

「朝食をとらないと太る」という通説がある。これは、朝食を抜くと、昼や夜に食べ過ぎてしまうのが原因と言われているのだが、ドイツの研究者によれば、それは間違いであることが明らかになった。どうやら、朝食の量は一日のカロリー摂取に、なんら影響を与えていないようである。

続きを全部読む

あなたは今の友達や恋人、どうやって選んだか覚えているだろうか? 共通の趣味があったから? 一緒にいて楽しかったから? それとも運命を感じたから? 友達や恋人になる理由は人それぞれだと思われがちだが、実はあなたの遺伝子がその友達や恋人を選んだかもしれないのだ。

そう発表したのは、ジェームス・ファウラー教授をはじめとするサンディエゴ大学の研究者たち。彼らの研究によると、私たちはある2つの遺伝子のもと、友人や恋人を選んでいるというのだ。つまり、私たちが生まれた時から誰と友達になり、誰と恋人になるのかが決まっているかもしれないのだ。

続きを全部読む

世界で初めて「鍵をかけない銀行」がインドに出現し、人々を驚かせている。鍵をかけないということは、当然、金品も取り放題なのだろうか? 何とも物騒な話なのだが、銀行のある村は、ここ数年の犯罪件数ゼロという世界有数の平和な村なのである。この大胆な施策を打ち出したのは、インド・マハーラーシュトラ州ムンバイの小さな村にできたユナイテッド・コマーシャル銀行の支社だ。

続きを全部読む

運動不足と同じように、長時間イスに座っているのは健康に良くないことがわかってきている。

長時間イスに座らないことも大切だが、イスやソファに座っているときは何度か適度に休憩をとることがとても大切らしい。たとえ1回に1分でもいいから、ちょっとした気分転換のための休憩をとることは、心臓やウェストのためには良く、しかも休憩の回数は多ければ多いほど良いそうだ。

続きを全部読む

子どもの肥満対策として、先日、台湾立法院(日本の国会に相当)で、ファストフード店の「玩具つきお子さまセット」販売を禁止する法案が通過した。法律成立前に先立ち、ファストフード各社への「玩具つきお子さまセット」販売自粛を呼びかけている。ケンタッキーフライドチキンは既に販売中止、バーガーキングは正式に施行され次第中止、マクドナルドは反対の姿勢を見せている。

同様の法律は2010年に、アメリカのサンフランシスコ政府でも決議されているが、サンフランシスコでは玩具つきのセットを販売する場合、総カロリーを600キロカロリー以下、必ず野菜か果物を取り入れ、ドリンクも脂質と糖質を控えなければならない、としている。それに対し台湾版は完全に禁止する動きだ。

続きを全部読む

フォートラベル株式会社の調査によると、今年の年末帰省ラッシュ予想は12月28日ごろから多くなり、ピークは30日、31日。帰着日のピークは2011年の1月2日との予測が出ている。海外旅行に行く人も多いようだが、やはり年末といえば里帰り。また、新幹線や飛行機ではなく、安さがウリの夜行高速バスを利用する人も多いだろう。

様々な人が利用する夜行バスでは、様々なドラマや事件が勃発する。ということでネット掲示板『2ちゃんねる』に書きこまれた、様々な「夜行バス・高速バス社内の出来事」を要約してお届けしたい。

続きを全部読む

年の瀬まっただなか。年賀状はなんとかOK。親戚のお年玉も用意した。部屋の掃除も……まあヨシだ。さあ来い新年、2011!
――と思いたいが、実は見えないところが全然整理できていないのだ。それはどこか? 答えはずばり、引き出しの中とパソコンの中身である。

会社のパソコンの中身はグッチャグチャで、プライベートのパソコンの中身もグッチャグチャ。日々積み重ねてきた「あとで整理するフォルダ」のシリーズは10を超え、そしてそのフォルダのバックアップで20を超え、そのまたバックアップで……もう何が何だか分からない状況。

現実に目を向けると、机の引き出しの中には名刺や手紙がグッチャグチャ。発掘してみると今年(2010年)の年賀状まで出てくる始末だ。

こうなった原因は薄々気付いてる。答えはそう、「一箇所にまとめなかったから」であろう。なんとかせねば! ということで神にもすがる気持ちで本屋へ行き、吟味の上に手にしたのが小学館の雑誌『DIME(ダイム)』。表紙にデカデカと「『クラウド情報整理術」と書いてあったからである。

続きを全部読む

今年もあますところ、あとわずか。1年を振り返りさまざまな言葉が、メディアやインターネットをにぎわせた。今年の流行語大賞に輝いたのはNHK連続テレビドラマの「ゲゲゲの女房」でおなじみとなった「ゲゲゲの~」に決定したのだが、その裏で意外に多くの商品に用いられた言葉があるのをご存知だろうか? その言葉とは、「フリー」である。この1年、ありとあらゆる分野の商品に、フリーと名のついた商品が登場していたのである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 744
  4. 745
  5. 746
  6. 747
  7. 748
  8. 749
  9. 750
  10. ...
  11. 756