中澤星児 (Seiji Nakazawa)

ライター

大阪府泉南郡熊取町出身。「フリサト」と「ソレカラ」という二つのバンドでギターを弾いてます。死にかけのところを奇跡的にロケットニュース24に拾われました。

「中澤星児」担当の記事

くら寿司マスターに「くら寿司No.1のスイーツ」を聞いてみた! その名は「堕天使わらびもち」

高コスパ回転寿司チェーンの大手「くら寿司」。寿司がウマいのはもちろんのこと、ショートケーキやプリンタルトなど品揃え豊富なスイーツも魅力の1つである。ちなみに私(中澤)はチーズケーキが好きだ。100円にしてはしっとりしてて十分ウマい。

だが、くら寿司マスターに言わせれば「チーズケーキを選ぶのは素人」なのだという。な、何を!? じゃあ、チミのNo.1を教えたまえ!

続きを全部読む

ソニンが波乱万丈な芸能人生をガチ泣きで語った授業に称賛の嵐「見入ってしまった」「周囲の人がおかしい」

人間誰しも失敗する。それは歴史に名を残す偉人でも同じ。それだけに、偉人たちが残した名言に失敗に関するものは多いが、大体「失敗しないことよりも、そこから何を学ぶかが大事」という趣旨である。どんな人でもうまくいく人はトライ&エラーの繰り返しなんだと思う。

大きな失敗をしてしまった講師が失敗から学んだ教訓を授業するテレビ朝日の番組『しくじり先生』。毎回、講師が自分の人生を洗い出すような授業をすることで話題のこの番組。2017年3月13日のソニンさんの授業が話題を呼んでいる

続きを全部読む

【実録】ネットで彼女募集したらヤバすぎる手紙が届いたでござる

気がつけば2017年も2カ月が過ぎた。もうすぐ春がやって来る。春と言えば出会いの季節……1年前、私(中澤)はロケットニュース24で彼女募集を行った。だが、現在も私には彼女がいない。なぜか?

あわよくば進行状況を記事にしていこうと思っていた彼女募集だが、記事化どころか企画自体を諦めざるを得ないほどヤバい手紙が届いたのである。その時のことを今、明らかにしたい。

続きを全部読む

ローソン、セブン、ファミマの「ゆで卵」を食べ比べてみた結果 → ローソン超ウメェェェエエエ!!

ゆでるだけで完成する超簡単料理「ゆで卵」。その簡単さとは裏腹に、まろやかな黄身の食感などなかなか侮れないのも事実だ。ゆで卵にフォーリン・ラブな私(中澤)は、毎日コンビニのゆで卵を食べている

そんな生活の中で、ふと気づいたことがある。ローソンのゆで卵めっちゃウマくね? これは気のせいか? 食べ比べたことがないので、いまいち確信が持てない。というわけで、改めてローソン、セブンイレブン、ファミリーマートの主要コンビニ3社のゆで卵を食べ比べてみたぞ!

続きを全部読む

【熱闘】猪木が絶対に言わなさそうなこと選手権

プロレス界伝説の男・アントニオ猪木。本人やプロレスを見たことがなくとも、誰かがモノマネしているのを見たことがある人は多いはずだ。かくいう私(中澤)も、猪木がプロレスをしてるのを見たことがないが、なんとなく猪木像が自分の中にある

そんな “なんとなく” をガチで追求してみたい。というわけで今夜、己の中の猪木に問いかけよう……「猪木が絶対に言わなさそうなこと選手権」ここに開・幕!!

続きを全部読む

「森友学園」の籠池理事長が緊急会見! マスコミ批判の嵐「淀川警察に避難してもオートバイが追いかけてくる」

国有地が鑑定価格より大幅に安い価格で学園側に売却されていたことなどが問題となっている「みずほの国記念小学校」。「森友学園」が開校を目指していたこの学園が、2017年3月10日、大阪府への設置認可の申請を取り下げた。さらに、退任の意向も示したという。

そんな中、渦中の籠池理事長が本日17時30分から緊急会見を開いたのだが、その内容がマスコミ批判の嵐だった。

続きを全部読む

もはや芸術! 熊田曜子さんのクビれが美しすぎて彫刻も嫉妬するレベル!! 女性の声「尊敬します」「私もきっといつか…」

グラビアアイドルが全盛期だった2000年代、彗星のように登場した熊田曜子さん。抜群のスタイルとトーク力ですぐにテレビで引っ張りだこになり、バラドル界のトップにまで上り詰めた。

現在は2児の母親となった彼女だが、その肉体は輝きを失っていない。いや、それどころかさらにスタイル抜群になっているようだ。2017年3月9日のインスタグラムの投稿で、そんなスタイルが惜しげもなく披露されているぞ! キレてるキレてるーッ!!

続きを全部読む

【深イイ】WBCで「幻のホームラン」をキャッチした少年への山田選手のメッセージがイケメンすぎる「またグラブを持って応援に来てほしい」

2017年3月7日、「第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」の1次リーグB組・日本対キューバ戦が開催された。11−6で日本の勝利に終わったこの試合。いまだにネットで騒がれているのが、4回裏に山田哲人選手が放った「幻のホームラン」である。

4回裏、山田選手が放った打球はスタンドへ。あわやホームランかと思われたが、フェンス手前で観客の少年がキャッチしたことにより、2塁打に訂正された。本日3月9日、日刊スポーツにこの少年に向けた山田選手のコメントが載っているのだが……これがとても深イイ

続きを全部読む

【衝撃動画】たった1人でクイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』をバンド演奏する男 / ネットの声「魔法」「信じられない」

「20世紀最高のロックの名曲」と言えば、必ず候補に挙がるのがクイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』だ。美しく歌い上げる前半、コーラスが複雑に絡む中盤、激しいロックに変わるエンディングと目まぐるしく入れ替わるその構成は、オリジナリティーと理論とテクニックの三位一体。

それだけに演奏難易度も高く、クイーンと同じメンバー構成でも、まともに演奏するのが難しい曲の1つである。しかし、そんな難曲をたった1人で再現するギタリストがいた。無謀だろ……と思いきや、この人スゲェェェエエエ! 1人でバンドアレンジ再現してるーーーーー!!

続きを全部読む

自分で作った曲をアイドルに歌わせてみた

アイドルアニメの隆盛、地下アイドルの勃興……世はアイドル戦国時代だ。そんなアイドルたちをウォッチする者なら、1度は憧れるだろう職業がある。そう、プロデューサーだ

アイドルたちが成長していく姿をすぐ近くで見守り、肌で感じることができるプロデューサー・is・至高! マジでプロデューサーになりてェェェエエエ!! というわけで、自分で作った曲をアイドルに歌ってもらってみた! これぞ、リアルアイドルマスターや!!!

続きを全部読む

『あの花』のじんたんは脚本家・岡田麿里さん自身!? 自伝『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』が発売

もはやすっかり「引きこもり」という言葉は一般的になった。SNSではネタとして使う人もいるくらいだが、一方で本当に悩みを抱えている人が多いことも忘れてはならない。そんな引きこもりの少年が主人公のアニメが『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(以下、あの花)』である。

なんと、この作品の脚本家の岡田麿里さんが自伝『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』を発売するという。岡田さんいわく、主人公のじんたんの行動は引きこもっていた自分の経験とのこと。

続きを全部読む

【サメカレー】くら寿司の新メニュー「シャーク☆シャリカレー(450円)」を食べてみた!

海の殺し屋・サメ。その獰猛(どうもう)なイメージと鋭い牙は、今も昔もパニック映画の王者である。サメってマジで怖いよな! なんでも食べるようなイメージあるし。

そんなもっぱら食べる側のサメってどんな味がするんだろうか。気になったので、くら寿司に行くことにした。なんでくら寿司かって? それは、くら寿司の新メニュー「海賊シャリカレー(450円)」にサメが入っているからだ! これまで散々ビビらせてくれたお礼参りじゃー!!

続きを全部読む

『ちゃお4月号』付録のルンバ的家電・プリちぃおそうじロボ「ちぃちゃん」に掃除してもらった

3大小中学生向け少女マンガ雑誌の1つ『ちゃお』。以前の記事で、JSのバイブルと言われている『12歳。』が33歳のオッサンでも胸キュンするレベルであることをお伝えした。

そんな『12歳。』の新章が始まるというので『ちゃお4月号』を買ったところ、なんと、付録でルンバみたいなお掃除家電がついてきたのである。その名も「プリちぃおそうじロボ」のちぃちゃん。付録のレベル超えすぎィィィイイイ! というわけで、さっそく使ってみたぞ!!

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】路地裏に隠れた上質の信州そば! 激戦区・秋葉原に輝く『みのがさ本店』

広大な大地の恵み・長野県。私(中澤)は大阪出身だが、長野県が好きだ。というのも、親が大学時代長野に住んでいたため、子供の頃から年1回、多いと2~3回通っていたのである。ウチの家族にとって旅行と言えば長野県だった。というわけで、信州そばも子供の頃からよく食べている。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。今回は、本格信州そばが食べられるという立ちそば屋を訪れた。店の名は『みのがさ本店』。激戦区秋葉原の路地裏にひっそり佇む店である。

続きを全部読む

【悲報】元セクシー女優の西川ゆいさん、逮捕により「本当の年齢」が公開される

2017年3月1日、無修正のわいせつ動画を撮影し、インターネットで配信するのを手助けした疑いで、動画制作会社の関係者数人が逮捕された。

フジテレビによると、逮捕されたのは、社長・石崎宣行容疑者(35歳)、AV男優の小嶋実容疑者(48歳)、元AV女優の「西川ゆい」こと、菊地彩花容疑者(25歳)ら5人……。ってマジかよ! ゆいにゃん25歳やったんかい!!

続きを全部読む

【追憶】みんなムッシュに憧れた! 日本ロック界のレジェンド・かまやつひろしの名曲5選

2017年3月1日、ミュージシャンのムッシュかまやつさんががんで亡くなっていたことが判明した。実は、私(中澤)は、かまやつさんに会ったことがある。あれは2年ほど前の夏、自分のバンドのライブの合間に下北沢を歩いていると、ライブハウス下北沢ガーデンからかまやつさんがフラっと出てきたのだ。

その時も「よぼよぼやな!」と思ったが……そうか、ついに逝ってしまったか。最後までライブをし続けたその姿勢やオリジナリティーあふれる音楽性など、かまやつさんはミュージシャンにこそ尊敬されるミュージシャンだった。そこで、ムッシュかまやつの名曲を5曲、独断と偏見で選んでみたぞ。

続きを全部読む

【突撃】伝説の番組『あいのり』が復活!“ラブワゴン” で世界を旅する男女を募集してたので応募してみた!!

あなたは恋愛番組『あいのり』を覚えているだろうか? ピンク色のワゴン「ラブワゴン」に数人の男女が乗り込み、世界を旅して真実の愛を探すこの番組。1999年10月から2009年3月まで9年半の放送の中で、数々のカップルと名シーンが誕生した。

2017年、そんな伝説の番組が帰ってくるという。し、しかもしかも! 現在「ラブワゴン」で世界を旅する男女を募集してるだとォォォオオオ!? 応募するっきゃねーーーーーー!!!!!

続きを全部読む

【なぜ?】堀北真希の芸能界引退でミスター赤ヘル・山本浩二に批判の声「とりあえず山本浩二は地獄に落ちろ」

2017年3月1日、女優の堀北真希さんが引退を発表した。人気・実力ともにトップを走っていた彼女。『野ブタ。をプロデュース』や『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』『ALWAYS 三丁目の夕日』などなど、その出演作を数え上げればキリがない。

そんな彼女の突然の引退だけにネットも朝から騒然。「お幸せに」という祝福の声から「死にたい」とショックを隠せない人など、色々な声が飛び交う中、なぜか広島東洋カープで長きに渡って活躍した往年の野球選手・山本浩二さんがディスられている

続きを全部読む

マックの裏メニュー『てりやきチキンフィレオ』が激ウマすぎる / マクドナルド秋葉原昭和通り店

ハンバーガーと言えばマクドナルド。そのメニューはバラエティーに富んでおり、レギュラーメニューはもちろんのこと、定期的に発表される新作も冒険心を刺激してやまない。中でも、私が I’m lovin’ it なのは「てりやきマックバーガー」である。

甘辛いてりやきソースとマヨネーズの絶妙なコンビネーションは、マックならではのウマさだ。マクドナルドはてりやきのタレが支えてると言っても過言ではないだろう。なんと、そんなてりやきに裏メニューが存在したのでお伝えしたい。その名も『てりやきチキンフィレオ(360円)』である!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 35