中澤星児 (Seiji Nakazawa)

ライター

大阪府泉南郡熊取町出身。「フリサト」と「ソレカラ」という二つのバンドでギターを弾いてます。死にかけのところを奇跡的にロケットニュース24に拾われました。

「中澤星児」担当の記事

【2020年福袋特集】ディズニーマニアもがっかり…「ディズニーストアの福袋(3000円)」の中身とは?

ディズニーブランド商品を販売する公式グッズストア「ディズニーストア」。そんなディズニーストアのオンラインショップを見ていたところ福袋が売られていた。はたして、福袋にも夢は詰まっているのか? さっそく購入してみたぞ!

続きを全部読む

【2020年福袋特集】消えつつある「アニメイト店舗オリジナル福袋(税込2000円)」を買ってみたら悲しい現実に直面した

各所で盛り上がりを見せる福袋ムーブメント。しかし、生があれば死があるのは宇宙の理(ことわり)だ。このムーブメントの中、ひっそりと消えつつある福袋がある

それは『アニメイト』店舗オリジナル福袋。秋葉原や池袋など規模の大きい店舗は、中身が明示された予約制の福袋になり、今年も店舗オリジナル福袋の販売はなし。確かに、中身を明示するのは世の流れである。

しかし、私(中澤)はたまに思い出すのだ。2016年池袋のアニメイトで、開店2時間前に集まった人々に漂う静かな連帯感を。店員さんが開店を告げた瞬間に巻き起こった拍手を! また、あの熱狂を味わいたい。そう願い、吉祥寺へと赴いた。

続きを全部読む

【2020年福袋特集】吉野家で唯一福袋を販売している店舗がここ! 激レア「吉野家福袋(税込2000円)」の中身が衝撃だった

外食系でも福袋はすっかり定番となった。本サイトの2020年福袋特集でも、「すき家」「ココイチ」「いきなりステーキ」などをご紹介しているが、吉野家って福袋ないの

分かってる。公式ウェブサイトではレトルトパックの詰め合わせ「福箱セット」が通販されていることは。でも、そんなんちゃうねん! ワシは店舗で何入ってるかワクワクしながら福袋を買いたいねん!! そこで、吉野家の広報に聞いてみたところ、なんと唯一福袋が販売される店舗があるという

続きを全部読む

【2020年福袋特集】行列なしで買える最強お菓子袋! 1080円「二木の菓子」の福袋の中身を大公開!!

福袋と言えば長蛇の列もできる年始のビッグイベント。欲しいものを手に入れるためには「行列も致し方なし」と思っている人も多いだろう。

でも、行列なしで買えるならばそれに越したことはないと思う。そこで、最強コスパなのに特に並んだりしていない福袋をご紹介しよう

続きを全部読む

【2020年福袋特集】最高額1000万円! 隕石ショップ『宇宙村』は福袋も宇宙の果てまでぶっ飛んでた

果てしなく続く青い空。あなたは考えたことはないだろうか。「宇宙人っているのかな?」と。この問に私(中澤)は自信を持ってこう答えよう。宇宙人はいる。なぜなら、東京の四谷に宇宙人が経営している店があるからだ

その名も隕石ショップ『宇宙村』。ここの村長・景山八郎さんが、オリオン座星人と地球人のハーフであることは以前の記事でお伝えした通り。そんな村長に新年のあいさつに訪れたところ、なんと福袋が売られていた。でも、1000万円って何入ってんの

続きを全部読む

【衝撃】googleで「ハゲ」と検索したらハゲしく動揺した

男が背負う悲しき宿命・ハゲ。多くの男性は加齢と共にハゲていく。たまにフサフサの人もいたりするが、そんなのは例外中の例外だと私(中澤)は思う。なぜなら、私もハゲているから。これは神が与えたもうた試練である。

そして、試練に立ち向かうため、もしくは、同志の存在を確認してハゲみにするため、googleで「ハゲ」と検索する薄毛者は多いだろう。照れなくていい。私もたまにやっている。

そんな「ハゲサーフィン」を久しぶりに実施したところ、検索結果がとんでもないことになっていた。マジかよォォォオオオ!?

続きを全部読む

【狂気】2019年「富士そば」の荒ぶる店舗限定メニューを振り返ってみよう

東京ならどこでも見かける『富士そば』。関東圏で最も大きい立ち食いそばチェーンであり業界をけん引する存在だ。そんな富士そばは、店舗限定メニューが攻めていることでも知られている。巨大なトマトをそのまま入れた「丸ごとトマトそば」など、脳裏から離れないインパクトのメニューがあったりするのだ。

2019年は、そんな富士そばが特に荒ぶっていた気がする。そこで、今年、衝撃を受けた富士そばの店舗限定メニューをまとめてみたぞ

続きを全部読む

【保存版】立ち食いそば屋195店を回った男が選ぶ「2019年そばベスト7」 立ち食いそば放浪記まとめ

2019年ももうすぐ終わり。年号が令和になった今年は変化の年と呼べるかもしれない。古いものが終わり、新しいものが産声を上げるサイクル。一方で、私(中澤)が平成から続けているものがある

うまいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ち食いそば放浪記」だ。2015年から開始して第195回を数えるこの連載。今年レポートした店を数えてみたところ58店だった。話題の店から変わり種まで放浪した2019年。その中から独断と偏見で選ぶベスト7をここに発表したい。

続きを全部読む

【関西の富士そば】『都そば』が東京都心部で唯一出店している場所がここだ! 立ち食いそば放浪記:第195回 銀座~有楽町~日比谷

街を歩けば『富士そば』に当たる。それほどに東京ならどこにでもあるこの店。そばチェーンと言えば富士そばという人も多いのではないだろうか。一方、関西ではこれが『都そば』になる

大阪出身の私(中澤)の実家の前にも『都そば』があった。安い・早いで、本当になんでもない味なんだけど、たまに食べたくなるのは大阪生まれ大阪育ちの性(さが)なのか。そんな『都そば』が都心で食べられる唯一の場所を発見したので行ってみたぞ

続きを全部読む

2020年冬アニメで注目の作品6選 / 放送前にアニメオタクが来期のダークホースを大予想してみる

年の瀬ですね。クリスマスが終わり、約1週間で大晦日がやって来るこの時期は、街中に年末感がバリバリ出始めます。しかし、私(中澤)が1番年末を実感するのは家の中。秋アニメが最終回を迎えることです

それは終わりの寂しさだけでなくワクワクも連れてきます。なぜなら、1月に入ると冬アニメが一斉にスタートするから。

前評判の高いアニメが不発だったり、ノーマークからブームを起こすダークホースがいたり、アニメの1クールはまるでレース。蓋を開けてみるまで分からないんですが……「アニメオタク」こと私が、制作陣などから来期の “勝つ” アニメを予想してみたいと思います

続きを全部読む

【私的ベスト】記者が厳選する2019年のお気に入り記事5選 ~中澤星児編~

あー! 忙しい忙しい!! なんて言ってる間に2019年も気づけばあと1週間ほど。本当に1年って早い!

私(中澤)はロケットニュース24の記者になって4年目に突入。あわあわしているうちに4年が経ったが、今年は特にひとネタが終わったら、次の準備と、自転車を漕ぐように慌ただしい年だった。早く感じるのもそのせいかもしれない。そんな私の2019年をお気に入りの記事と共に振り返ってみたいと思う。

続きを全部読む

【クリスマス限定】「餃子の王将」でチャーハンが実質無料になる方法

本日12月24日はクリスマス・イブ。聖夜、イルミネーションが綺麗だね。言うとる場合かッ! クリスマスカラーの飾りつけとか、鈴の音から作られたようなBGMとか、そんなんええねん!! 雰囲気だけじゃなくて、なんか実際得するヤツをくれェェェエエエ!

そんなあなたに伝えたい。『餃子の王将』でチャーハンが実質無料になる方法を

続きを全部読む

2019年秋アニメ終盤戦! 今期アニメオタクが継続視聴しているオススメ作品7選がこれだ!!

暇さえあればアニメを見ている。その時間だけは現実から解放されるような気がするのだ。そんな私(中澤)を周りはこう呼ぶ。「オタク」と

新しいクールが始まると全作品をチェックするのはもはや定例行事。しかし、1クールは長い。途中で内容がダレて見なくなるアニメも多い。そんな私が、最終話も放送され始めている終盤戦の今でも、継続して楽しめている2019年秋アニメをご紹介しよう

続きを全部読む

【ミルクボーイに伝えたい】1個食べだしたら止まらないモナカが発見される

年末の風物詩となっている漫才コンクール・M-1グランプリ。2019年12月22日に開催された「M-1グランプリ2019」では劇場からの叩き上げコンビ『ミルクボーイ』が優勝をかっさらった。

モナカをネタに、ファイナルラウンドで爆笑を起こした彼ら。そんな彼らに伝えたい。我々スタッフ一生懸命探しました。 そしたらね、見つかりましたよ、1個食べだしたら止まらないモナカ

続きを全部読む

そば屋なのに今川焼が人気! 三軒茶屋かしわやの『チキングラタン今川焼』が激ウマだった!! 立ち食いそば放浪記:第194回

意外性にキュンとする。映画版ドラえもんのジャイアンは正直カッコ良い。たとえ、「見せ場でだけ善行をする性根が腐ったヤツは余計たちが悪い」というのが正論だとしても、私(中澤)は本能的に痺れてしまう。ギャップ萌えおそるべし。

立ち食いそば界においてもギャップ萌えは人気だ。例えば、そば屋だけど本格インドカレーを出す『よもだそば』や、そば屋なのに焼きそばが激ウマな『後楽そば』もその1つ。そして、この度、新たなギャップ萌えの立ち食いそば屋を発見した。

続きを全部読む

レトルトカレーなのに牛肉の塊がゴロリ! S&B『牛肉三昧』が私の常識を覆した日のこと

腹減ったァァァアアア! でも、作るのも外に出るのもめんどくせェェェエエエ!! そんな時、私(中澤)はレトルトカレーを食べる。

手軽にできるレトルトカレーは、食べるものがなくてやる気もない時の強い味方。いわゆるズボラ飯みたいなもんである。だがしかし、あるレトルトカレーによって私の常識は覆されてしまった

続きを全部読む

富士そば4店舗のみで販売している特別な「きつねそば」に隠された秘密 / 立ち食いそば放浪記:第193回 北浦和

ふわふわの油揚げを噛むと「じゅわぁ……」とあふれ出すつゆ。きつねそば is ジャスティス。「所詮油揚げ」という声もあるけれど、ゆえに安く、何よりつゆとの相性が素晴らしい。もはやきつねそばは改良の余地がないほどに完成されている。

と思っていたのだが、富士そばが画期的なきつねそばを発明していた。2019年12月10日現在、4店舗のみで販売されているこの1品。見た目は何の変哲もないきつねそばだが、実は秘密が隠されている

続きを全部読む

2019年12月19日は『ファミスタ90’』発売から30年! ファミコン版初期ファミスタでありがちだったこと30連発

野球ゲームの名作『ファミスタ』シリーズ。本日2019年12月19日は、中でも名作と名高い『ファミスタ90’』発売から30年DA

発売当時7歳だった私(中澤)は、野球は特に好きでもなかったが、『ファミスタ90’』にはお世話になった。それほどに、ゲームとして愛されたのが『ファミスタ』である。

編集部メンバーもほとんどが世代のため、全員で当時の記憶を掘り起こし「あるある」という形でご紹介したい。ファミコン版初期のファミスタってこういうことあったよね

続きを全部読む

【衝撃】竹内力さんの「ガチャガチャ」を組み立てていたら事件現場みたいになった……

ジングルベルの鐘の音が大きくなってきた今日この頃。クリスマスはすぐそこに迫っている。そんな中、Vシネの帝王・竹内力さんが『力祭』を開催した

伊勢丹・三越で竹内力さん直々に店頭販売をするこの祭り。全国の三越・伊勢丹を行脚し、各地を狂乱のるつぼに叩き落していることは以前の記事でお伝えした通りである。

私(中澤)は2019年12月8日に開催された伊勢丹浦和店の祭りに参加したわけだが、その際、恐るべき計画を耳にしてしまった。

続きを全部読む

【潜入】竹内力さんが伊勢丹で店頭販売する「力祭」に行ってみた結果 → 狂乱の宴だった

イルミネーションが街を彩り始めた今日この頃。クリスマスの足音が大きくなるにつれ、吹き抜ける風も鋭さを増すばかり。冬が本気出してきてる。そんな2019年12月8日、埼玉県浦和の伊勢丹は日本で最も熱い場所だったに違いない。そう、『力祭』が開催されたのである。

Vシネの帝王・竹内力さんがデパートで店頭販売するこのイベント。京都、府中、新潟、名古屋と行脚していることは以前の記事でお伝えした通りだが、はたして現場は一体どんなテンションなのか? この目で確認すべく、浦和の『力祭』に潜入してみたぞ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 108