ファーストクラスにでも乗れない限り、長時間のフライトが大好きという人はあまりいないだろう。いわば密室状態の部屋で、大勢の他人と何時間も過ごしているのと一緒なので、常識外れな事をする人と隣り合わせになることもある。

そんな乗客の迷惑行為や悪行をバッチリ撮られた写真が集められて、スゴいことになっているぞ! トイレを我慢できずに袋に出してしまう人や、通路に横になってしまう人など、やりたい放題な行為が満載なのだ!!

・ヤバい写真をみんなから集めて公開!

客室乗務員だった米ニューヨーク在住のショーン・キャスリーンさんが始めたのは、航空機内で乗客たちが行った自由奔放(?)な姿が撮影された写真を募集して、「Passenger Shaming(パッセンジャーズ・シェイミング)」と名付けた Facebookページやインスタグラムで公開すること。そこでは、“乗客の恥”を意味するタイトルを裏切らない、目を疑うような光景が映し出されている。

・信じられないような迷惑行為の数々が登場!!

すこし見てみるだけで、トイレの洗面台の流しに尿がたまっている写真や、ビニール袋に入った尿、横になりたいからと通路で寝てしまう男性など、あり得ないような迷惑行為の数々が登場する。

まるで、ワイルドなパーティーが終わった直後のような散乱状態の座席もあり、「一体何をしたら、こんなに散らかるのか!?」と、思わず目を覆いたくなるような写真のオンパレード! これを見たら、椅子の背もたれに脚を載せるぐらいカワイイものだ、と勘違いしてしまいそうだ。

写真は乗客が撮影したものが多いようだが、客室乗務員が撮影したものも多数ある模様。乗客にしても乗務員にしても、迷惑な行為に遭遇したら、投稿して鬱憤(うっぷん)を晴らしたくなるのだろう。

・客室乗務員はネットコミュニティでのつながりが深い

海外を飛び回って家を空けることが多い客室乗務員は、気軽に家族や友人と連絡を取れる SNS を利用することが多いらしい。それだけに、同業者同士におけるネットコミュニティのつながりも深いのだそうだ。そのためか、フォロワーが現在のところ、Facebook は35万人を超え、インスタグラムも30万人に迫る勢いだ。

飛行機内では、普段の生活で巡り合わないようなタイプの人と隣り合わせに座ることもあるだろう。今までに筆者は、エコノミー席のフライトでも不快な思いをしたことが一度もないので、もしかしたらラッキーだったのかもしれない。

参照元:FacebookInstagramMail Online(英語)
執筆:Nekolas

▼通路で寝ちゃうオジさん

▼流し台にたまっているのは……

▼そして、ビニール袋に入っているのも……

▼どうやったら、こんなに散らかるの!?

▼脚を上げるぐらいなら、まだカワイイほうかも!?