「酒」にまつわる記事

【酒好きに朗報】24時間浸けるだけで安物ウイスキーが高級品の味に!!  魔法のような木製スティックが登場!

お酒にも色々種類があるが “大人なお酒” のイメージが強いのは、やはりウイスキーではないだろうか。だが熟成期間が長い高品質のウイスキーは値段が高く、ナカナカ手が出ないのが現実……。

そんな人工香料やカラメルなどで着色された安物で我慢している人に朗報だ! 「1日浸けておくだけで安物ウイスキーが高級品の風味に変わるスティック」が開発され、話題になっているので紹介したい。

続きを全部読む

【命の水】スゴいぞお酒! 猛毒を口にして瀕死に陥ったニャンコにウォッカを点滴 → ベロベロになって生還

大好きな人にとってはまさに “命の水” でもあるお酒。「酒なしでは生きていけないよ〜」という人もいるかと思うが、今回お伝えするのは、実際にお酒が命を救った事例だ。

なんとあのウォッカが、命の危機にひんしたネコを救ったのである! え!? ネコにお酒を与えても大丈夫なの? どうやってウォッカが命を救うの? とビックリしてしまうこの話。一体どのような背景があったのだろうか?

続きを全部読む

【コラム】電車の中で「この上ないほど切なく」酒を飲んでいた人の話

電車の中で酒を飲む人をどう思うだろうか? 旅行で新幹線や特急に乗っているのは別として、在来線で、しかもラッシュ時に飲酒する人を、どうも私(筆者)は好きになれない。というか、煙たいと感じてしまう。どうしても「帰ってから飲めよ」と思ってしまうのだ。

そんな私が、心の底から「この人ならラッシュ時の電車で飲んでても許せる、仕方がない」と思ったことがある。なぜならそれが、“この上なく切ない酒の飲み方” だったからだ……。その話をしたい。

続きを全部読む

【検証】9月23日は「酒風呂の日」やで! 入浴剤感覚で簡単にできて体ぽかぽか肌ツルツルやん!!

9月23日は季節の変わり目、秋分の日だ。同時に、「酒風呂の日」とされている。四季の節目である春分、夏至、秋分、冬至に酒風呂に入り健康増進をはかろうと、長野県信濃町で蔵元を営む『株式会社高橋助作酒造店』が制定した。

「酒風呂」という言葉も存在も知ってはいるが、実際に試したことがある人がどれだけいるだろうか? かくいう私もその一人。そこで今回は、家庭で簡単にできる酒風呂を試してみたら、体はポカポカ、肌はツルツル! ビックリするほど効果絶大だったので紹介するぞー!

続きを全部読む

やっぱりそうだった! 海外サイトが選ぶ「各国 お酒のあとに食べたくなるもの」13選 / 日本「ラーメン」米国「ピザ」トルコ「ケバブ」

酒の後のラーメンのウマさは異常。どう考えてもカロリーオーバーなのに、こってりしたものほど美味しく感じ、もうスルスルとイケてしまう。もはや、人間の力ではどうにもできない神に定められた習性だと言わざるをえない。

そんな状況に陥っているのは、日本人だけではないようだ。海外サイト BuzzFeed によると、世界中に、飲んだ後に食べたくなる「国民的シメの一品」があるという。早速動画「The Most Popular Drunk Foods Around The World」で確認だ!

続きを全部読む

危険なネット投稿型「一気飲みゲーム」で若者の死亡が相次ぎ物議に

日本でも、お酒の入ったおちょこをビールジョッキに落として一気飲みするアメリカ発のサケボム(酒爆弾)など、ちょっと変わった飲み方が浸透してきている。そんな中、ネックノミネート(Neknominate)と呼ばれる危険なネット投稿型一気飲みゲームで、若者の死亡が相次ぎ物議をかもしているのである。同じような事故を未然に防ぐためにも、このゲームについて取り上げたいと思う。

続きを全部読む

Posted by Pouch[ポーチ]

3Dならぬ3Bee〜! 8万匹のミツバチの力でボトル型の巣を作ちゃった〜!!

世は3Dブーム真っ只中。しかし本日ご紹介するのは、「3D」ならぬ、「3B」です。

「3B」のBは、「Bee」、つまり蜂。なんとこのたび、8万匹におおよぶミツバチたちの力で、お酒のボトルを模した蜂の巣を作るという、驚きのプロジェクトが遂行されたんですって!

続きを全部読む

ついつい飲みすぎちゃうアナタへ! 深酒を防止してくれる時計『Kisai』が登場!

「今何時かよくわからない」など、その個性的すぎるデザインで常々注目を集めている日本の時計メーカー、『Tokyoflash』。

本日みなさまにご紹介するのは、同社から発売されている時計『Kisai』です。海外サイト『Mashable』によると、こちらにはなんと、飲み過ぎを防止してくれる機能が搭載されているのだとか。日頃ついついお酒を飲み過ぎてしまうというあなた、コレ、今後の生活において必需品になり得るかもしれませんよ!

続きを全部読む

【実体験】人生で初めて人間ドックを受けてみた → 経過観察で「3カ月後に再検診をお受けください」

人間誰でも歳をとる。いつまでも若いつもりでいても、次第に体に年齢相応の変化があらわれてくるものだ。「心はいつでも20歳」を自負する記者(私)も、気が付けば40歳目前。

・人間ドックを受けた → 結果は「C」判定
普段からまともな生活を送っているとは言えないのだが、体の状態はどんな感じなのか。それを知るために人間ドックを受けたところ、総合所見で「C」の判定がつき、3カ月に再検査することになってしまった。

続きを全部読む

未成年飲酒がダメな理由「思春期にアルコールを飲み始めると酒におぼれやすくなる」

「お酒はハタチになってから」というが、未成年の飲酒はなぜダメなのか? 最近はスーパーやコンビニなどでも年齢確認が必須になった。それにしても20歳という基準は少し厳しすぎないか?

そんな疑問に答えてくれる研究結果が発表された。なんと、思春期にアルコールを飲み始めた人々は酒におぼれやすくなるのだという!

続きを全部読む

【閲覧注意】 最強の万能薬と呼ばれる「ヤモリ酒」を飲んでみた / 見た目のグロさもアルコール度数も最強だった

唐突であるのだが、記者(私)は酒が好きだ。「酒のない人生は、人生ではない」と人前で豪語するくらいに酒が大好きだ。そんな記者を大満足させてくれる酒はないものか!

しかし調べてみれば世界にはありとあらゆる酒がある。ただ、どこの酒も普通のモノばかり! もっとガッツンとくる酒はないのかよ、と…調べていると、ブルース・リーの銅像でお馴染みのあの香港に、ヤモリで作った酒があるらしい。それじゃ、ちょっくら飲んでくるぜ アチャー!

続きを全部読む

生きたスズメバチで作った焼酎を飲んでみた → 塩っぽい味がした → 「それ毒成分です」

スズメバチはハチのなかでも攻撃性が高く、かなり危険。むやみに近づいたりするものではない。だが、熊本県には、生きたスズメバチを使った酒を作っている猟師がいるそうだ。スズメバチ酒は一般的に販売されているようなものではない。どうやら、その猟師が個人的に作っているようなのだ。

しかし、スズメバチは前述の通り危険な生物。襲われたら死に至ることもある。そんな命の危険を冒してまで飲みたいと思うものなのか!? 今回、記者(私)は熊本県のこの猟師の家に行き、実際に飲んでみることにした。

続きを全部読む

【実践中】上司が不在だから酒を飲みながら仕事してみた

お仕事中の皆さん、ご苦労様です! 皆さんの会社では上司が不在にする日というのがありませんか?

記者(私)の職場では、本日たまたま上司がいません。一人もいません! ラッキ~!! 何やっても怒られないぜッ! ということで思い切って酒飲んで仕事してみたぞッ!

続きを全部読む

酒もタバコも大好きな人必見! 飲む前から喫煙量を減らしておくと二日酔い予防に効果的

飲酒しながらのタバコ。酒とタバコの両方が好きな人にとってはこの上ない至福の時である。だが、もしあなたが二日酔いに悩まされているのならば、アルコールとニコチンの同時摂取は控えたほうが良さそうだ。米ブラウン大学の研究によると、喫煙によって二日酔いになる確率が上がり、症状もより辛いものになるという。

続きを全部読む

入門薬物は大麻ではなくアルコール!? 飲酒経験のある高校生は違法薬物を使用する確率が高いことが判明

より危険な薬物を将来使用するきっかけになるといわれる「入門薬物」。入門薬物としてしばしば取り上げられるのがマリファナ(大麻)だ。たとえば、よりハードな薬物であるヘロインやコカインに進む危険性があるからマリファナはやめろ、と言われることがある。

しかし、最新の研究で入門薬物として注意すべきなのはマリファナではないとする見解が示された。その研究によると、入門薬物としての作用が最も強いのは、なんとアルコールであるという。

続きを全部読む

【仰天アイデア製品】口に吹きかけるだけですぐに数秒間酔った状態にさせてくれる驚きのスプレー

口に一吹きスプレーするとすぐに数秒間だけ酔った状態になれるというスプレーが近々ヨーロッパで発売されることになった。これは、「Wahh Quantum Sensations (Wahh)」という名の製品でデザイナーのフィリップ・スターク氏とハーバード大学教授のデビッド・エドワーズ氏によって開発されたものだ。

「数秒酔って、何の意味があるんだ!?」という冷めた反応も目立つものの、このかつてない「瞬間アルコールスプレー」というアイデアが話題を呼んでいる。

続きを全部読む

気のせいではなかった! 酔っぱらうと異性が魅力的に見えるのは顔の対称性を見分ける力がにぶるため

一緒にお酒を飲んでいた女性といい雰囲気に。だが、酔いから醒めて、相手の顔をあらためて見つめたときに「あれれ、なんか違う……」と戸惑いを感じたことはないだろうか? これは気のせいではない。酔っぱらうと、どんな女性も美人に見えるという「ビール・ゴーグル効果」の仕業である。

でもなぜ酔っぱらうと異性が魅力的に見えてしまうのか。この原因を真剣に追究した研究結果がこの程発表された。それによると、酔った時に異性を魅力的に感じる理由は相手の顔が左右対称かどうかの判断がにぶるからだという。しかも、男性よりも女性の方が判断力が落ちるというのだ。

続きを全部読む

お花見シーズン到来! 覚えておきたい「二日酔い対策」あれこれ

「う、うう……、飲みすぎた~」、西日本を中心に桜の開花が宣言され、早くもお花見に足を運んだ人も多いかもしれません。シーズンが始まったばかりなのに、すでに二日酔いに苦しんだという人もいるのではないでしょうか。

新年度を迎えて歓迎会で飲むという方のためにも、役立ちそうな二日酔い対策をご紹介しましょう。

続きを全部読む

お酒を搭載したカクテルを作るドレスが近未来的でカッコイイ

オランダの女性デザイナーが、斬新なドレスを考案し脚光を浴びている。彼女は過去にも、独自のセンスでファンション界に旋風を巻き起こしてきたのだが、今回発表したドレスは今までのものに増してユニークなアイディアが詰め込まれたものだ。

そのドレスとは、カクテルを作ることのできるドレス。服のあちこちにリキュールが隠されており、ボタンひとつで胸の小窓からカクテルが出てくるのだ。オランダのクラブシーンで、アルコールメーカーのプロモーションに活用されるものと思われる。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6