最近の糖質制限ブームで、ライスを豆腐に変更したり、麺をブロッコリーに変更するなど、炭水化物の摂取を抑えるサービスが続々と登場している。

そんななか、キリンが運営するレストラン「キリンシティ」ではライス・パンを意外なものに変更できるサービスを行っている! 何に変更できるのかというと……


ビールである! これはダイエットのための変更サービスではないだろう。むしろ、飲みの需要に応えたサービスだ。ランチのおかずをツマミにビールを飲む。これこそ、キリンが運営するレストランのスタイル! ビールメーカーの真骨頂である。

・3種のランチメニュー

ビール変更に対応したランチメニューは3種類。こがね鶏の立田揚げ(800円)、ラムの甘辛炒め(800円)、ごがね鶏のチキンカツレツ(780円)。いずれもライスかパンを選択できるが……

俺はビールが飲みたいんだッ!」という酒好きの方には、さらなる朗報がある。選べるビールはラガー、ハーフ & ハーフ、スタウト、ブラウマイスター、達人ブレンド、ハートランド、一番搾り……と、全7種類も用意されているのだ。このうちから1つを選んで、ランチのおかずをツマミに飲める!

・注ぎにこだわり

今回注文したのは、ラムの甘辛炒めだ。そしてライスをビールに変更! 頼んだビールはスタウト。ちなみに同店は “注ぎ” にこだわりを持っており、ビールが出てくるのに4~5分かかる。すぐにでもキューッ! と飲み干したいところだが、美味しいビールが出てくるまで我慢我慢……。注ぎの時間も含めて約10分待った後、ついに出てきた!!

本来であれば、ご飯のある位置にビールがいる。本当はランチのはずなのだが、「ライス → ビール」に変更したことにより、完全に呑べえセットになってしまった。価格がそのままというのがうれしい。

グラスのフチからあふれるほどのキメこまやかな泡。すぐにでも口をつけてグッと飲み干したい! 昼時に飲むビールがまたウマいんだよな~。

日の高いうちに飲むビールは格別だ。それが仕事中であれば、なおさら。まさに禁断の味であるッ!!

ライスとタッグを組まされるはずだったラム肉は、甘さと辛さのバランスが絶妙でツマミに最適。これはもう、ライスとのタッグを解消して、ビールと新しいタッグを組むべきだ


なお、今回訪問したのは、東京・上野のキリンシティである。キリンシティは店舗によってランチのメニューが異なるので、あらかじめご了承頂きたい。もしかしたら、他の店舗でも独創的なランチメニューを提供しているかもしれないぞ。

・今回訪問した店舗の情報

店名 キリンシティ上野店
住所 東京都台東区上野6-8-8 1F
営業時間 11:30~23:00 日祝11:30~22:00
定休日 なし

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

▼Twiterでメニューを紹介したら、酒好きの間で話題になった