「父」にまつわる記事

【イタ電】くだせ怒りの鉄槌! 娘にたかる悪い虫! 四コマサボタージュ第322回「父」

続きを全部読む

【究極のせっかち】孫が生まれた3日後に父が放った「気が早すぎる一言」

最終的には個々人の資質によるのだろうが、人間は年齢を重ねると穏やかになるのだろうか? それとも逆に気が短くなるのだろうか? 幼い頃はなんとなく「おじいさん、おばあさんは穏やかなもの」なんてイメージがあったが、最近は「そうでもないな」と感じている。

というのも、私、P.K.サンジュンの最も身近にいる老人、父・ヨシオさんが、超が付くほどせっかちだからだ。特に忘れられないのは、今からおよそ4年前に父が放った一言。私の娘、つまりヨシオさんにとっては孫ができた時のことであった。

続きを全部読む

【本気にさせたな】ギアを一つ上げていくぞッ! 本気になったイクメンパパ! 四コマサボタージュ第246回「だんだんノッテきたお父さんがやらかしそうなこと」

続きを全部読む

【拝啓父上…】ドラ息子故郷へ帰る! 父の変わり果てた姿… 四コマサボタージュ第238回「親父…」

続きを全部読む

【火に油】見せろ誠意! 下げろ頭! 四コマサボタージュ第235回「あまり事態を重く受け止めないことがバレたお父さん」

続きを全部読む

【実話】父が映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」のラスト15分を見なかった理由が切なすぎて泣いた

2019年に公開された映画「ターミネーター」シリーズ最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』をみなさんはご覧になっただろうか? サラ・コナーの復活、ジェームズ・キャメロンの制作復帰……などなど、何かと話題になったあの作品である。

海外での評判はイマイチだったようだが、個人的には「アクション映画はこうあるべき」と感じるほど、最高に楽しめたことは以前の記事でお伝えした。今回お話させていただきたいのは我が父。My Fatherヨシオさん(70代)が同作を鑑賞しに劇場に足を運んだものの「ラスト15分を見なかった」というのだ。その理由に……全俺が泣いた。

続きを全部読む

【4コマ】第105回「家庭内バランス」ごりまつのわんぱく4コマ劇場

続きを全部読む

【4コマ】第104回「パパは霊能力者7」ごりまつのわんぱく4コマ劇場

続きを全部読む

【誰が言うとんねん】滅亡の足音…危険因子の排除を促す父に起きた悲劇… 四コマサボタージュ第102回「迫る危機」

続きを全部読む

【4コマ】第103回「パパは霊能力者6」ごりまつのわんぱく4コマ劇場

続きを全部読む

【4コマ】第102回「パパは霊能力者5」ごりまつのわんぱく4コマ劇場

続きを全部読む

【4コマ】第101回「パパは霊能力者4」ごりまつのわんぱく4コマ劇場

続きを全部読む

【4コマ】第100回「パパは霊能力者3」ごりまつのわんぱく4コマ劇場

続きを全部読む

【4コマ】第99回「パパは霊能力者2」ごりまつのわんぱく4コマ劇場

続きを全部読む

【4コマ】第98回「パパは霊能力者1」ごりまつのわんぱく4コマ劇場

続きを全部読む

【実話】スーパー鬼ガンコ者の父に「運転免許証の返納」を決意させた言葉

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。いやー、ラグビーW杯すごかったですね。日本が南アフリカに敗れてから数日が経ちますが、私の中のラグビー熱はむしろ燃え上がるばかりです。早くラグビー日本代表の試合が観たい!

さて、明るい話題ではありませんが、高齢者による自動車事故が後を絶ちません。最近でも群馬県で85歳の男性が運転する車が、ベンチに座っていた男性3人に突っ込み1人がお亡くなりになりました。運転免許証の返納について、そろそろ本格的な議論が始まってもいい頃ではないでしょうか?

続きを全部読む

【4コマ】第2回「複雑な家庭事情」四コマサボタージュ

続きを全部読む

【悩み】70歳の父に「運転免許証」を返納させるにはどうしたいいのか?

2019年4月に池袋で起きた自動車事故の件を挙げるまでもなく、近年は特に高齢ドライバーによる悲惨な事故が後を絶たない。「一定の年齢になったら自動車運転免許は返納すべき」なんて声も聞こえてくるが、今のところ法的な整備まで追いついていないのが現状だ。

さて、この一件は私、P.K.サンジュンにとっても他人ごとではない。というのも、70歳の父がリタイアを機に「キャンピングカーで日本一周したい」と言って聞かないからだ。果たして父に自動車運転免許証を返納させるために、私は、そして家族はどうしたらいいのだろうか?

続きを全部読む

【実話】高校受験のときに「裏口入学」をすすめられた話

東京医大で発覚した『裏口入学』が大きな話題を呼んでいる。この件には文部科学省の幹部も携わっていたことから国民的な話題まで発展しているが、思い起こせば「なべやかん」さんの “明治大学替え玉受験騒動” なども、当時は多くの報道がなされたものだ。

きっと「裏口入学なんて都市伝説でしょ?」とお考えの方も多いとは思うが、私、P.K.サンジュンにとって裏口入学は意外と身近なものである。なぜならば高校受験を控えた中学3年の夏、父から裏口入学をすすめられたからだ。

続きを全部読む

【コラム】子供に自分の趣味を押し付けて炎上している大学教授がいるけど「うちの父のここだけは立派だった」って今になって思う話

どこぞの大学教授のTwitterが炎上している。すでに投稿は削除されているので詳細については割愛するが、自らの趣味であるミュージカルに興味を示さずゲームが大好きな我が子に「これが自分の子か」「今度楽しまなかったら許さない」などと投稿し批判を浴びたものだ。

大目に見れば親が我が子と趣味を共有したい気持ちはわかる。ただ押し付けであってはならない。そういう意味で私、P.K.サンジュンの父はとんでもない変人ではあるものの、今になって思えば「あ、ここは立派だったな」と思う部分が1つだけある。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3