「007」にまつわる記事

スマホにソックリな超小型拳銃が登場!『007』のガジェットにしか見えないぞ!!

アメリカでは銃による大量殺人事件が多発し、銃規制が大きな問題となっている。第45代米国大統領にドナルド・トランプ氏が当選した後、米国内でヘイト・クライムが増加したこともあり、銃の売り上げが倍増しているとも報じられている。

そんななか、スマホにソックリな超小型拳銃が開発されたのだが、誰かがその銃を持っていても、スマホを手にしているようにしか見えないレベルなのである!

続きを全部読む

【ライフハック】飲むのが大好きな『007』ダニエル・クレイグ様の「二日酔いの治し方」はコレだ!

忘年会でしこたま飲み明かして年が明けたら、新年会の季節である。飲み出したら楽しくて、ついお酒が進んでしまい、翌日二日酔いに悩まされてしまった……なんている人もいるだろう。

二日酔いから復活する方法は人それぞれだと思うが、映画『007』シリーズのジェームズ・ボンド役、‟ミスター・ダンディ” ことダニエル・クレイグ様の二日酔いの治し方が、ちょっと変わっていると言うので紹介してみたいと思う。

続きを全部読む

ダニエル・クレイグが出したアイディアのせいで『007 スカイフォール』の一部がオジャンになりかけていた!

スパイ映画の真骨頂といえば『007』シリーズだが、2006年公開の『007 / カジノ・ロワイヤル』から4作にわたって、ジェームズ・ボンドを演じているのがダニエル・クレイグだ。

すっかり、ボンド役が板についてきた彼だが、2012年公開の『007 スカイフォール』で、彼が良かれと思って出したアイディアが災いし、作品の一部がオジャンになりかけたというのだ。一体ダニエルは、何をヤラかしてしまったのだろうか!?

続きを全部読む

次期ボンドは女性!? 海外メディアが『007』で「女ボンド」を演じてほしい女優を選出! 日本人女優の名前も挙がっているぞ!!

スパイ映画の代表作と言えば『007』シリーズで、スパイと言えばジェームズ・ボンドである。ボンドを演じることは俳優として大きなステータスとなるが、現役ボンドを演じるダニエル・クレイグが、最新作『007 スペクター』をもって降板するとの噂が囁かれている。

新生ボンドを誰が演じるかも話題となっているが、「ボンドが男である必要はないんじゃないの!?」と、海外メディアが、‟女ボンド” を演じてほしい女優を数人選出。なんと、日本人女優の名前も挙がっているので、紹介したいと思う。

続きを全部読む

【絶景】世界遺産「軍艦島」が美しすぎるほどに荒れ果てていた

「廃墟の聖地」、長崎県の軍艦島(端島)が、2015年7月に世界文化遺産に登録された。かつては5000人余りが暮らしていた炭鉱の島が1974年に閉山。国内最初の「高層鉄筋アパート」や「炭鉱施設」などが島に置き去りにされ、軍艦島は伝説を残したまま無人島になったのである。

現在では大人気の「廃墟の島」。2009年に上陸が解禁されて以来、累計80万人を超える観光客が訪れているという。そこで実際に、筆者も取材ではなく観光客として、軍艦島クルーズを満喫してきたので報告したい。

続きを全部読む

地獄のような満員電車を生き抜くための乗車テク9選

大都会で仕事をしていく以上、多くの人が避けて通れないのが、地獄のような「満員電車」である。朝のラッシュ。夜のラッシュ。会社に行く人だけではなく、通学のために満員電車に乗らざるをえない学生も多いだろう。まるで戦場に向かうがごとく。

みんなは気づいていないかもしれないが、連日の満員電車経験によって、知らず知らずのうちに我々は「生き残るための満員電車テクニック」を身につけている。そう、たとえば、今回ご紹介する9つの「満員電車サバイバル乗車テク」のように……。

続きを全部読む

ジェームズ・ボンドも愛用! 魚のエラ呼吸の要領で水中で酸素を吸入できるガジェットが話題

ダイビングに興味はあるけど、免許を取るのに時間もお金もかかるうえ、重い酸素ボンベを背負わなければならないので手が出ずにいた……という人は多いかもしれない。しかし、そんなダイビング器材が不要になるかもしれないのだ。水中でも簡単に酸素を吸入できるガジェットが発表され、魚のように身軽に泳げるようになるかもしれないのである。

続きを全部読む

【大人の事情】英語学習サービスが『アバター』や『燃えよドラゴン』の映画の画像を勝手に自作 → 全く似ておらず作品から遠ざかる結果に

映画作品は何かと権利に厳しい。作品の映像や画像を無断で使うことは、ほとんどの場合許されない。そんな「大人の事情」に真正面から立ち向かう英語学習サービスが存在した。

英語学習サービス「iKnow」はホームページ上で映画の画像を使用したいと考えていたようだ。しかし画像を勝手には使えない。そこで自作したのである。しかし……その出来栄えがはっきり言ってひどい! 作品のイメージを伝えるはずが、かえって作品から遠ざかってしまっているのだ。

続きを全部読む

自分に眠るスパイの血が騒ぐ! 映画『007』の特別ミッションがあまりに楽しそうだと話題に!!

今や世界中にその名が知られている、イギリスの敏腕諜報員 “ジェームズ・ボンド”。そのジェームズ・ボンドの新作映画『007 SKYFALL』があと少しで公開を迎えるのだが、その映画のキャンペーン動画があまりに楽しそうだと現在話題になっている。

そのキャンペーン企画を映した動画「Unlock the 007 in you. You have 70 seconds!」は、駅に設置されたコーラの自動販売機に、道行く人が近寄るところから始まる。コーラを飲むために、彼らがボタンを押すと、こんなメッセージが表示される。

続きを全部読む