「広告」にまつわる記事

『Spotify』のオリジナル広告に登場する “女性陣” が優しすぎる件について

今や生活に欠かせない、音楽ストリーミングサービス。さまざまなサービスがあるが、記者は “Spotify(スポティファイ)” を活用している。利用のし易さは言うまでもなく、Spotifyはオリジナル広告が面白いのだ。むしろ、広告を聞きたいがためにSpotifyを利用しているところさえある。

あの手この手で繰り出される広告。「なるほど、そうくるか!」と膝を打つこともしばしばだ。そんな中、かねてより不思議に思っていたのが男女が登場するアノ広告だ。あそこに出て来る女の子たち、優しすぎない……? 

続きを全部読む

ティッシュペーパー「クリネックス」のラッピングバスが最高 / ペーパー不足のデマを吹き飛ばすデザインだった!

新型コロナウイルスの影響で、なぜか全国的に品薄状態となっているトイレットペーパーやティッシュペーパー。「紙類の不足はデマ」と報道されてからパニック的な状況は収まったものの、いまだに近所の薬局では “入荷した日のうち” に完売する状況が続いている。

どうやら在庫がたくさんあっても、配送がなかなか追いついていないもよう。だから焦らず必要な時に購入すればいいのだが、買い占めに走る人は不安なのかもしれない。そんな方にぜひ見ていただきたいのが、今回ご紹介するラッピングバスだ。不安な気持ちも吹き飛ぶぞ!

続きを全部読む

テプラにもほどがあるッ! ラフォーレ原宿の「テプラ」を使った広告ビジュアルがヤバい! 見やすすぎて逆に混乱する

ラベルライターの「テプラ」は、キングジムの看板商品の1つであり、職場や学校などでお馴染みのラベル作成機だ。持ち物に名前を記したり、器具の使い方を示すのに役に役に立つ。そのテプラを、ラフォーレ原宿がグランバザールの広告ビジュアルに採用した。

2020年1月23日に始まったバザールに行ってみると……建物には巨大なテプラ風広告が! 見やすい、めっちゃ見やすいのはたしかだ!! しかし視認性が高すぎて、逆に注目しすぎてしまう。ここは本当にラフォーレなのか? 若者のおしゃれの発信地に、そこはかとなく事務感が漂ってるぞ!

続きを全部読む

【逆転劇】山崎まさよしさんの名曲に乗せた『自虐看板』が話題に! 看板設置の約1年後にスマホ世代が拡散する流れが見事

福岡県筑紫野市にある西鉄紫駅のホームに設置された看板広告が、思わぬ形で注目を集めている。あるTwitterユーザー(@fishaction1)が投稿したツイート内容によると、看板には、山崎まさよしさんの名曲をオマージュした自虐コピーが披露されているようだ。

ということで、さっそく現場に行って確認してみたところ、ヒット曲『One more time,One more chance』に乗せた悲しすぎるキャッチコピーを発見!! これは「奇跡がもし起きるなら、今すぐ君に見せたい」秀逸な内容……だったのだがーッ!

続きを全部読む

33.496359130.522122

【二度見したッ】JR新宿駅に『バキ』の巨大広告が出現中! 人気キャラ30名の “相撲絵” が浮世絵師によって描かれるッッ!!

ボーっと歩いていたら思わず二度見した! という経験は誰にでもあると思う。意外なものが偶然目に入り、「え!?」って振り返る的なね。実は今日、近年稀に見る二度見をしてしまったのでぜひご報告させていただきたい。JR新宿駅での出来事だ。

改札内を歩いていると、通路の壁になにやら巨大な広告が掲示されているのを発見した。そこには数十名の力士たちの浮世絵が描かれている。ふーん……と通り過ぎようとした、その時。私(あひるねこ)はとんでもないことに気付いてしまった。いやこれ……『刃牙』やん!

続きを全部読む

【検証】インスタグラムに「自分の広告」を6日間出稿した結果! 意外な人たちに見られていたと判明!!

「俺のインスタなんか誰が見てんだ?」、自らに投げかけたこの問いの答えを得るために、私(佐藤)はInstagramをビジネスプロフィールに変更してみた。その結果、私の投稿を熱心に見ている人は「横浜のオッサン」であることが判明。

オッサンといえども、多少なりとも需要があることは有難い! そこで思い切って、Instagramに広告を出してみることにした。「もっと多くのオッサンに、私の投稿を届けたい!!」と思い6日間出稿してみたところ……かなり意外な結果にッ!

続きを全部読む

ダンサーかよ!「広告パネルをクルクル回しまくる大会」の出場者がすごい!! そのテクニックに脱帽

商店街やショッピングモールに行くと、店の看板や広告パネルを持って呼び込みをしている人を目にすることがある。彼ら・彼女らが、持っている広告パネルをクルクルと回し始める……というのは日本ではちょっと考えられない光景だが、アメリカではそんな大会まで開催されているのをご存知だろうか?

そして、その大会の出場者のパフォーマンスが、ブっちぎりでカッチョいいのだ。

続きを全部読む

ある海外男性が作る『昔ながらの貼り紙広告』がジワジワ来る~とSNSで人気に! 「このハトを見つけました。あなたのペットですか?」など

ひと昔前、中古品売買やメンバー募集などは町の掲示板に広告を貼って呼びかけていたものだが、現代では全てネットで事が済むようになってしまった。

そんな今の時代、ある海外男性が「昔ながらの貼り紙広告」を制作し、その内容がシュールで笑えるとSNSでジワジワと人気を集めているというので紹介したい。

続きを全部読む

海外スーツメーカーが『ラブラブな男同士の写真』を広告に使用してネット民がザワつく → インスタフォロワーが1万人減少

ドイツやスペインなどに続き、一番最近ではオーストラリアで同性婚が合法になり話題になっていた。世界的に同性愛者の権利が次々と認められるようになっている中、オランダのスーツメーカーが「ラブラブな男同士の写真」を広告に使用して物議を醸しているという。

その結果、同社のInstagramのフォロワーが1万人も減少したと報じられているのだが、読者の皆様は問題の広告を見てどうお思いになるだろうか!?

続きを全部読む

ゴディバの新聞広告『日本は、義理チョコやめよう。』に反響の声続々!! 「ホントそう」「義理はいらない」など

もうすぐバレンタインデー。2月14日が近いこの時期は、チョコレートメーカーにとってかき入れ時のはず。そんな中、「ゴディバジャパン」は意外な広告を日本経済新聞に掲載した。

広告のキャッチコピーは「日本は、義理チョコをやめよう。」だ。チョコメーカーなのに……なぜ? ゴディバジャパンの売上に影響を与えたりしないのだろうか?

続きを全部読む

これが英国風ユーモアなのか…!? イギリスの100均が「広告として下品すぎる画像」をツイートしまくり賛否両論

商売&ビジネスをしている人なら、どれほど広告の効果があるかを理解していると思うが、かきいれ時の年末年始は特に宣伝の力が物を言うのではないだろうか。

そこで、英100均がユーザーの気を引くために、広告として超~下品な画像をツイートしまくり! あまりにも不適切な内容にアカウントがハッキングされたのかと思いきや、実はそれを狙っていたというのである。

続きを全部読む

【泣ける】閉園間近のテーマパーク「スペースワールド」の広告が感動的 / どうかスぺワを忘れないでください

2017年12月31日をもって閉園することが決まっている福岡県北九州市のテーマパーク『スペースワールド』。営業終了が発表されてから、攻めに攻めた広告キャンペーンを連発して注目を集め、ファイナルイヤーイベントも連日大盛況だという。

最後の最後までポジティブな印象の “スぺワ” だが、最近発表されたお別れと感謝の広告が「本気で泣ける」と話題になっている。今回は最寄りの「スペースワールド駅」に掲示されているポスターと、スぺワの冬CM「グランドフィナーレ篇」を合わせて紹介したい。

続きを全部読む

【目の錯覚】この中に「隠しメッセージ」があるってよ / 英マクドナルドの広告が難解すぎ! 読めるかボケ!! と思ったら…

パッと見て読める人なんているんだろうか……。思わずそう呟いてしまうほど、こいつは難解だ。線の間を読めだって? ちょっと近づいて見た方がいいだって?

その通りにやってるんだけど、全然読めない。何が書いてあるのか、さっぱり分からない。なんだよこれ、デマなんじゃねえの? ——そんな斜に構えた態度でイスに腰かけたそのとき……! あっ! いま何か見えた!!  あああっっ! 読めたぞーーー!!

続きを全部読む

【どう思う?】人種差別的だと大炎上! 海外ダブの「黒人女性が服を脱ぐと白人女性に変身する」広告に非難殺到!! しかし出演した黒人女性はダブを擁護

ひと昔前に比べたら、徐々に状況が改善されてきているとはいえ、今でも深く社会に根づく人種差別。そんな差別問題が、大企業の広告でクローズアップされることとなってしまった。

世界中でビジネスを展開するユニリーバ社傘下のブランド「ダヴ」が、黒人女性が服を脱ぐと白人女性に……というコンセプトの広告を制作。それを見たネットユーザーから、「人種差別的すぎる」との声が相次ぎ大炎上! しかし、問題のCMに登場した黒人女性がダブを擁護しているというのだ。

続きを全部読む

広告でスネ毛を披露した “女性モデル” に賛否両論!「気持ち悪すぎ」「彼女の勇気に感謝」など

女子たるもの体毛は剃らなければならない……現在、この固定観念を覆そうとする動きが徐々に広まりつつある。過去にはマドンナなど、多くの有名人がワキ毛写真を SNS 上にアップしたり、女性写真家が「ワキ毛で女性の自然な美しさを表現した写真」を公開したことも話題になった。

この度も、ある人気女性モデルがアディダスの広告でスネ毛を披露。すると、ネット上では大バッシング&大賛同の両方が寄せられる事態となった。

続きを全部読む

「インタビューされるほどの有名人」と思わせるために誌面をカネで買ってみた

注目される人物には、様々なメディアからインタビューのオファーが舞い込んでくる。悪い気はしない。人気者の証でもあるし、むしろ良い気分だ。だがしかし、当然ながら、注目されていない人物にインタビューのオファーが来ることはない……。

そんなある日のこと。とある雑誌……というかフリーペーパーから、インタビューの話……ではなく、「広告ページを買いませんか?」との話が舞い込んできた。購入したページでは、何をやっても良いのだという。筆者は即答した。「買います!」と。

続きを全部読む

【☓】思わずスマホをブン投げたくなるほど「ウザい広告」7選

インターネットと広告は、切っても切れぬ関係にある。あなたがこの記事をどこのメディアで読んでくれているのかは分からないが、ほぼ全てのメディアは広告で成り立っている。当然、当記事の元であるロケットニュース24も、広告だけで食っているのだ。

そんなインターネットの広告は、はっきり言ってピンキリだ。質の高い広告もあれば、クソみたいな広告もある。思わずスマホをブン投げたくなるほどウザい動きをするクソ中のクソ広告なんてのも存在する。たとえば以下に紹介する7つのように。

続きを全部読む

【天才か】“10年乗り続けた愛車” を売るために超豪華な広告動画を作った男性に拍手喝采「過去最高の広告」「スズキは公式CMとして採用すべき」

サヨナラだけが人生だ。生きていれば、人とだけでなく、思い入れのある物とも決別しなければならない時もある。この度も、ある男性が “10年乗り続けた愛車” に別れを告げることになった。

俺とお前の仲はここまでだ。だが、あの輝かしい日々は決して忘れない……そんな思いを込めて、男性は愛車の広告動画を制作・公開。すると、それを見た人々から「最高の広告だ!」と拍手喝采が巻き起こったのだとか。一体どんな動画なのだろう?

続きを全部読む

「ムフフな広告」に目がくぎ付けになった少年 → そのまま目が離せず壁に激突

「君の気持ち、よーく分かるよ」。これからご紹介する動画を目にすれば、誰だってこう呟いてしまうはず。

街中を自転車で走っていたところ、「ムフフな広告」を見かけた少年。刺激の強い広告に彼の目はくぎ付け。ああ、ああ、目が離せない……!!

続きを全部読む

【なんだか分かる?】ある「目の錯覚」広告のアイディアが秀逸 / 気付けばアハ! その後に胸がジーン

素晴らしい広告は国境を越える。地図上に引かれた線をひとっ飛びに超えて、見る者の心をグッとつかむ。これからご紹介するのもそんな広告だ。

デザインの美しさだけでなく、一種の「目の錯覚」を利用したアイディアが秀逸。パッと見ただけでは、なにを訴えているか分からないかもしれないが、気付けば……アハ! そして胸がジーンと熱くなるのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3